学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

さぁ、倍率も出た!

こんにちは、山ちゃんです。

いよいよ今年度の公立高校の倍率が出ました。皆さんの志望校の倍率はどうでしたか?倍率が出た途端に蜂の巣をつついたような騒ぎになったことでしょうね。例えは悪いですが、ここからは、いわゆる「チキンレース」みたいなものです。ビビった奴が負けです。

願書を出しに行ったあたりから、弱気になったり、ネガティブな発言を連発したりする臆病者どもを見ていて、ついならず者の本性が出てしまい、お聞き苦しい言葉を発してしまったことを、この場を借りてお詫びします。と口では申しましたが、腹の底ではそんなこと全く考えていません。

今日は、臆病風に吹かれている皆さんを、超スーパー・ウルトラ・サディストの山ちゃんが超攻撃的な性格丸出しで激励しちゃいます!

 

①1.3倍程度の倍率でビビるな!

倍率は2倍を超えない限り、不合格者よりも合格者の方が多いんだぞ。例えば、倍率が1.5倍だったとしても、合格者は志願者の2/3、不合格者は1/3ってこと。つまり、3人のうち2人は合格する。何で自分が残りの1人の方に入るって思っちゃうの?50人だの100人だの溢れている志願者の数ばかり見ているから弱気になるんだよ。ここまで来たら、数字は自分の都合の良いように解釈できる人間が勝つんだよ!

お前ら、ビビってんじゃねぇ!

T3

②志願変更してくるヤツらなんかメじゃねぇ!

上の高校から志願変更してくるから、自分は落ちると悲観的になっている悲劇のプリンス&プリンセス様が多いこと。アホかお前ら!志願変更してくるってことは、内申が足りないとか、点数が取れていないなど不安要素がある連中じゃない。そいつらを相手に対等以上に渡り合えないと思っているなら、今すぐあなたも志願変更しなさい。一番怖いのは、ダメもとで受験してくる肝の据わった連中だ。こっちが覚悟を決めて、挑んでいかなきゃならないのに、ビビっていたら勝てる勝負もかてねぇよ!

殿下もご立腹だぞ!

CA3G0885

 

③ビリでも合格は合格!

合格したい、合格したいって言うけど、余裕を持って合格したいとか思っているからいけないんじゃないの?ビリでもいいから合格すればいいんでしょ?この際、贅沢は言ってられないんだし、ビリで合格でもよしとしなさい!

福井で飯田先生も怒ってるぞ!

120611_223230

 

お聞き苦しい点があったことを、お詫び致します。

また、来週の土曜日(2/7)には最終倍率が出ますが、ガタガタ言わずに目の前のことに集中すること。「チキンレース」はビビって先にブレーキを踏んだ奴が負けだ。正々堂々と勝負して負けたのなら仕方ない。ビビって負けたら一生悔いが残るぞ。

皆さんの健闘と成功を祈る。

hamaya003

以上、山ちゃんでした。

メンタルエンザ克服法

こんばんは、山ちゃんです。日付も変わって、公立入試までちょうど3週間、そしていよいよ出願の時がきました。受験生にとって最も苦しい時期です。そこで、今日はメンタルエンザにかかっている受験生にメンタルエンザの克服法を伝授します。

①無理に我慢せず、弱音を全て吐き出してしまえ。

この時期に不安や悩みを抱えていない受験生など一人もいません。山ちゃんもそうですが、学心塾の熱い先生達は「弱音を吐くな」と言い続けてきたと思います。でも、不安や悩みに押しつぶされたり、それが前へ進めない原因となっているなら、誰かに思いを全てぶつけてしまうのが一番良いでしょう。スッキリしたら開き直って頑張ることです。

 

②失敗を恐れない「勇気」を持て。

何かを成し遂げようと思ったら、失敗はつきものです。失敗の可能性がないことは挑戦とはいいません。誰にとっても失敗は恐いものです。でも、世の中には失敗を恐れない人もいます。そういう人たちだって失敗は恐いんです。ただ、そういう人たちは失敗を恐れる気持ちに打ち克つ「勇気」を持っているんです。誰でも「勇気」は持っているはずです。心の奥底に潜んでいる「勇気」を奮い立たせろ!

 

③自分一人で闘っていると思うな。

よく受験は孤独な戦いと言われます。確かに受験をするのは自分だけど、一人で闘っているわけじゃないことを忘れてはいけない。君たちの家族だって一緒に闘っている。俺たち学心塾の先生だって同じだ。周囲の人たちの希望や願いをプレッシャーとしてではなく、心の支えとして闘うこと。

1goukaku1

 

学心塾の全ての受験生へ

これでもメンタルエンザが克服できない人は、受験カウンセラーの山ちゃんまで。

以上、山ちゃんでした。

さあ、入試まであと3週間だ!

こんにちは、山ちゃんです。

いよいよ、公立高校の入試まで3週間ほどになってきました。トップニュースにもあった通り、この時期に注意しなければならないのは体調管理(特にインフルエンザの予防)とメンタルエンザ(←山ちゃんの造語)ですね。

今日は、山ちゃんが受験生の皆さんにアドバイスしちゃいます。

ズバリ!「入試3週間前の過ごし方」

①過去問よりも模試の見直しをするべし!

過去問はあくまでも過去の出題例ですから、傾向をつかむために解くものです。特に新制度の入試に変わってからは、まだ完全に出題傾向が定まったわけではありません。身に覚えがある人も多いと思いますが、冬期講習の模試がG模試や会場模試のパターンと違っただけで苦戦したことだと思います。つまり、「こういう問題が出る」と決めてかかると、同じ内容を当問題であってもパターンが違うだけで、全く違う問題に感じてしまう受験生は非常に多いのです。

また、模試というのは入試の予想問題と言ってもいいでしょう。毎年、模試の中から類似問題が入試には出題されています。したがって、山ちゃんがオススメするのは、冬期講習以降にやった模試を徹底的にやり直すことです。その時に大事なことは、答案を見ながら、自分はどこの問ができないのかをしっかり把握することです。

 

②今までよりも先生に質問・相談をするべし!

模試の点数が伸びずに焦っている受験生は多いと思います。どうして点数が伸びないのか?理由は二つあります。

一つは、苦手科目よりも得意科目を勉強しているからです。仮にあと20点伸ばさなければならないとします。60点取れている科目を80点に伸ばすよりも、40点しか取れていない科目を60点まで伸ばす方が簡単なのですが、いろいろと自分に都合の良い理由をつけて苦手科目に取り組まないから点数が伸びないのです。

もう一つは、勉強方法が間違っているからです。結果が出ていない以上、自分のやり方とやらを変えない限り、状況が変わるわけありません。

理解ができていない分野の質問、勉強方法等の相談を今まで以上にすることをオススメします。

 

③本番で力がを発揮できるような精神状態を保つべし!

受験生の皆さん、君たちは春からは高校生とは言っても、まだまだ子どもですから、気持ち一つで大きく結果が変わってしまうことは仕方がないと思います。では、本番で力が発揮できるような精神状態とはどのような状態か?それは、適度な緊張感と冷静さを持ちつつ、自信に満ちあふれた攻撃的な精神状態ではないでしょうか。そんなの無理という声が聞こえてきそうですが、あくまでも山ちゃんが考える理想の状態ですから、決してこうでなければならないということではありません。皆さんに最低限を望むとすれば、「落ちたらどうしよう」など悪い結果を想像しないことと、目の前の問題に集中すること、そして終わった科目の結果をひきずらないことです。試験当日にこれができるようにするために、あと3週間はメンタルトレーニングも必要です。

寝る前に必ず、「○○高校に合格する」と5回つぶやいてみよう。「落ちる」、「ダメ」、「無理」等の言葉は決して口にしない。一日一回、一分間目を閉じて、自分が合格する姿を想像してみよう。こうやって、自分の気持ちを落ち着かせる訓練をしましょう。

ここまで来たら、あとは「気持ちの勝負」だ。

「気持ちの勝負」なら「学心魂」を持つ君たちにかなう受験生はいない!

1goukaku1

以上、山ちゃんでした。

 

入試対策ファイナルゼミ開幕!

こんばんは、山ちゃんです。

ご報告が遅くなってしまいましたが、今年も12日の祝日より入試対策ファイナルゼミが開幕しました。

まずは、熱気溢れる生徒たちの様子からお伝えします。

IMG_0002
IMG_0001
IMG_0007
IMG_0003
IMG_0004

どの教室も真剣そのものでした。

さて、彼らの熱意にさらに「火をつける男たち」です。

英語担当は長谷川殿下

PIC_0898
数学担当は武山兄さん
0066

国語担当は岩崎終身名誉監督

PIC_0892
理科担当は小澤総理
PIC_0894

社会担当は山ちゃん(D輔君を叱っています!)

PIC_0888
第2回以降の担当は変わるかもしれませんが、学心塾の講師陣が総力をあげて君たちをバックアップしますから、乞うご期待!

ところで、奇跡のツーショットが偶然撮れたので紹介しちゃいます。

殿下VS悪徳プロデューサー

IMG_0009

一見、和やかな表情で談笑しているように見えますが、実はここだけの話、この二人は冷戦状態なんですよ。今年、山ちゃんはあまり殿下にたてついていませんが、この武山兄さんときたら、趣味で殿下をいじり倒しています。さすがの山ちゃんも、いつ殿下の逆鱗に触れるかとヒヤヒヤしながら見ています。

山ちゃん、ITO-K、マサニーに続いて次に消されるのは間違いなく兄さんです。

兄さん、そろそろ止めといた方が身のためですよ。

以上、山ちゃんでした。

学心塾の天才マンガ家

こんばんは、山ちゃんです。

今日が2015年の仕事始めでした。今日は中3生しかいなかったので、新年の挨拶も兼ねて、今年初の喝入れをしちゃいました。昨日のブログにも書いた通り、もっぱら駅伝に絡めて熱く語っちゃいました。

ところで、皆さん、友達から年賀状は届きましたか?メールやライン、ツイッターなんかで済ませてはいませんか?お世話になった人や友人などに年賀状を書くのは礼儀ですから、今からでも遅くはないです。必ず返事を返すようにしましょう。

山ちゃん(田村校)は、学心塾が誇る天才マンガ家のITO-K氏に製作を依頼したところ、こんな傑作ができあがりました。

2015年賀状

普段のITO-Kさんは、ちょっと危ないです…。 

IMG00513

どうですか?すごいでしょ?Kちゃんは時々、大井松田校や田村校のブログ上で「Kの日本史」というマンガを載せています。いずれ山ちゃんから業務命令で「Kの日本史」を出版させようと考えています。

実はKちゃんは、かの長谷川殿下逆ギレまでする危険な男ですが、山ちゃんにかかっては年賀状の左下に描かれている羊のように従順になります。

Kちゃん、今年も山ちゃんと海鋒先輩で可愛がってあげるからね!

以上、山ちゃんでした。

箱根駅伝最高!

新年のご挨拶が遅れて申し訳ありません。改めまして、皆さん、明けましておめでとうございます。山ちゃんです。本年も宜しくお願い致します。

さて、皆さんは三が日をどう過ごしましたか?山ちゃんは、ほぼ毎年箱根駅伝にかじりついています。今年は行きませんでしたが、去年までは沿道に出て応援していました。山ちゃん宅は小田原中継所からやや箱根よりの所なので、これから過酷な山登りに挑戦する選手達に熱い声援を送っていました。初代「山の神」こと順天堂大学の今井選手や東洋大学の柏原選手が目の前を疾走していきました。去年は東洋大学の双子ランナー設楽啓太選手も見ました。今年は青山学院大学の神野選手が参考記録ながら、柏原選手の記録を上回る新記録を樹立し、初の往路優勝の立役者になりました。今年も見に行けばよかったと後悔しています。

今年の駅伝はご存じの通り、青山学院大学が初の総合優勝を果たしました。選手の皆さん、おめでとうございます。

第91回箱根駅伝参加校の襷箱根駅伝④
山ちゃんは大の箱根駅伝ファンなんです。仲間の汗と涙と思いが染みこんだ襷を胸に、歯を食いしばって走る選手の姿に胸が熱くなります。毎年、大ブレーキになってしまう選手や、繰り上げスタートになってしまい、襷を渡す相手のいない選手が泣き崩れる姿を見ると、思わずもらい泣きしてしまいます。駅伝には優勝校だけでなく全ての参加校に様々なドラマがあります。

受験を目前に控えた中3生だけでなく、これから困難や試練に立ち向かっていかなければならない全ての子どもたちに襷をつなぐために必死に走る選手の姿から、何かを感じ取って欲しいと思います。

第90回箱根駅伝 第1区の選手たち箱根駅伝②

早稲田大学 大迫傑選手駅伝名言②

走ることは人生にそのまま置き換えることができると思います。そこで、走ることに関する山ちゃんが大好きな名言をいくつか紹介します。

駅伝名言
駅伝名言④
 自分に負けない強い心を持つ。

諦めずに走り続ける。

3年生のみんな、もうすぐ夢は叶う。

最後まで一緒に走り続けるぞ。

以上、山ちゃんでした。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05