学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

2014学心塾流行語ベスト5

こんばんは、山ちゃんです。

早いもので2014年も残すところ1日となりました。振り返ってみると、今年もいろいろとありました。

世間では、この時期になると今年の流行語などが話題になります。そこで今日は山ちゃんが独断で選ぶ、「2014学心塾流行語ベスト5」を発表したいと思います。

第5位:「メンタル」

この言葉は旭校では最も流行したのではないでしょうか。

メンタルといえばこの人、Y川先生の代名詞ですね。

PIC_0344

第4位:「恐縮です。」

この言葉は、この人が乱用してましたが、来年は消えそうです…。

IMG_20141031_215253

失礼、写真を間違えました。この人です。

どくどくゾンビ

おっと、お約束のボケでした。今度こそこの人です。

IMG00507
第3位:「他者の視点を持て!」

学心塾最恐講師、長谷川先生のお言葉です。

PIC_0174

第2位:「前に出てこい!」

山ちゃんが、夏合宿で連発したフレーズです。

夏合宿以降、学心塾最恐講師は山ちゃんという声もあがったそうです…。

SN3S0472

お待たせしました。2014学心塾流行語大賞に選ばれた言葉とは

第1位:「殿下」

学心塾の先生はみんな、大磯校の長谷川先生を敬意を込めてこう呼んでいます。

One Day合宿では、ついに「殿下」から「拳王」にまでなってしまいました。

PIC_0812

もはや、我々一般講師とは違う世界の人になってしまいましたね。はたして、このお方はどこまで行ってしまわれるのでしょうか?

皆さん、今年一年ご愛読頂きましてありがとうございました。

来年も変わらぬご贔屓を頂けたら幸いです。

では、よいお年をお迎えください。

以上、山ちゃんでした。

負けるな!俺のかわいい生徒たち!!

こんばんは、山ちゃんです。

まずは、他の校舎のブログでも既に紹介されていますが、12月21日(日)に相洋高校にて2014 One Day合宿が行われました。

今年の横断幕の文字は「刻苦勉励」

DSC_0848
右上の方は気にしないで下さい…。

山ちゃんの解釈では、「苦しみを心と体に刻みつつ、勉強に励め。」といったところでしょうか。

当日の様子や内容などはトップニュースや、他の校舎のブログで詳しく紹介されていますので、そちらをお読み下さい。

 

さて、どうして山ちゃんがこんなにOne Day合宿についてテンションが低いかと申しますと、昨年に続き今年も悔しくて仕方がないからです。

はっきり言って、今年も田村勢はOne Day合宿は惨敗でした。今年は昨年の轍は踏まないように、生徒たちに「気持ちで負けるな!」と言い続けてきました。

昨年もOne Dayで惨敗、12月頃から失速して旭校にも抜かれるようになりました。今年も、今まさに同じ状況になりつつあります。ついに模試の校舎平均点トップの座を大磯校に奪還されてしまいました。12月の頭に、「このままでは近いうちに大磯に抜かれるぞ。」と言っていたのが現実になってしまいました。

力負けしたのであれば、仕方ありません。今年の中3生は、間違いなく学心塾No.1です。山ちゃんが悔しいのは、弱気になって下を見始めたことが原因で負けたことです。

でも、負けたのがこの時期で良かったとも思っています。また、山ちゃんのかわいい生徒たちなら、きっと巻き返してくれると信じていますし、そんな生半可な鍛え方はした覚えはありません。明日(24日)から冬期講習が本格的にスタートしますが、最初の授業は「お説教」に決めました。

「いいか、お前たち、ここから這い上がって見せろ。下を向くな、自分を信じろ。そして、何よりもこれまで歩んできた道のりを信じろ。お前たちの力はこんなもんじゃない。結果を恐れるな、苦しみを乗り越えてこそ、新たな道が拓かれる。勇気を奮い立たせろ。失敗しても失うものは何もない。逃げても得るものは何もない。もう後戻りはできないのだから、前へ進むしかない。微かな光は見えているはずだ、それを決して見失うな。真っ直ぐに突き進め。お前らは一人じゃない、俺がついている。」

以上、山ちゃんでした。

 

【お知らせ】冬期講習生募集中

こんにちは、田村校教室長の山口です。

田村校では冬期講習受講生及び通塾生を募集しております。つきましては、12/14(日)現在の募集人数(空席数)をお知らせします。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

中3:募集終了

中2:2名(お申込み・お問い合わせアリ お早めに!)

中1:4名(お問い合わせアリ お早めに!)

小6:2名(お申込み・お問い合わせアリ お早めに!)

小5:5名(お申込み・お問い合わせアリ お早めに!)

小4:7名(お問い合わせアリ お早めに!)

小3:3名(お申込み・お問い合わせアリ お早めに!)

●田村校の実績をごらん下さい。

冬期チラシ④

●田村校の教室の様子をごらん下さい。

冬期チラシ③

 

冬期講習申込受付中です!

こんばんは、田村校教室長の山口です。

小・中学生の皆さん、並びにご父母の皆様、学心塾田村校では現在、冬期講習の申込を受付けております。

キャプチャ

2014 田村校 冬期講習 
↑ ↑ ↑ ↑ クリックをお願いします。

中学3年生以外は、まだ座席に空きがございますが、満席になり次第締切らせて頂きますので、お早めにお問い合わせ、お申込み下さい。

 

 

自分だけしか歩めない大事な道

こんばんは、山ちゃんです。
田村校では中学1・2年生が明日から後期の中間テストが始まります。11月の志望校判定模試の結果も上向きでしたし、とても真剣に試験勉強ができていました。今からテストの結果が楽しみです。

中学3年生は受験に向けて内申点も確定し、あとは入試の勉強一本に絞って頑張るだけです。23日~29日に保護者の方と面談をさせて頂きました。お話しさせて頂いて、改めて保護者の方々の不安や期待、覚悟など熱い気持ちがひしひしと伝わってきました。

それらの気持ちを生徒たちと共に背負って、残りの2か月半を全力で戦い抜く所存ですので、ご理解並びにご協力をよろしくお願い申し上げます。

さて、今日は受験に対して少なからず迷いや不安を抱えているであろう中学3年生の皆さんに、松下幸之助さん(パナソニック創業者)の言葉を紹介したいと思います。

 

自分には自分に与えられた道がある。

天与の尊い道がある。

 

どんな道かは知らないが、

他の人には歩めない。

自分だけしか歩めない、

二度と歩めぬかけがえのないこの道。

 

広いときもある。

狭いときもある。

のぼりもあれば、くだりもある。

 

坦々としたときもあれば、

かきわけかきわけ汗するときもある。

 

この道が果たしてよいのか悪いのか、

思案にあまるときもあろう。

なぐさめを求めたくなるときもあろう。

 

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。

 

いまたっているこの道、

いま歩んでいるこの道、

とにかくこの道を休まずあゆむことである。

 

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。

自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

 

他人の道に心を奪われ、

思案にくれて立ちすくんでいても、

道は少しもひらけない。

 

道をひらくためには、

まず歩まねばならぬ。

心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 

それがたとえ遠い道のように思えても、

休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

深い喜びも生まれてくる。

 

どうですか?これから試験を迎えるまでの2か月半の間に、何度も不安に押しつぶされそうになったり、心が折れそうになったりすることだと思います。そういう苦しい経験こそ、志望校に合格するためには決して避けては通れない試練なんです。そして、その試練は誰の力も借りず、己の力で乗り越えなければなりません。試験を受けるのは他の誰でもない、君たち自身です。受験とは、そういう孤独な戦いという一面もあります。

でも、本当に苦しい時には後ろを振り返って見て下さい。君たちを支え、後押ししてくれているご両親や俺の手が見えるはずです。

頑張れ!学心塾の中学3年生!!

以上、山ちゃんでした。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05