学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

「昭和の日」にちなんで

こんにちは、山ちゃんです。

今日は「昭和の日」ですね。ところで、皆さん「昭和」ってどんな時代だか知ってますか?今日は「歴史王」の山ちゃんと一緒に「昭和」という時代を勉強しましょう。

さて、昭和は元年(1926年)から64年(1989年)の間に様々なことがありました。本当は64年間全てについて書きたいのですが、あまりにも膨大な量になってしまうので、いくつかの年をピックアップしながら当時がどんな時代だったか考えていきましょう。

●大正15年/昭和元年(1926年):12月25日 大正天皇崩御 「昭和」に改元

実は昭和元年は7日間しかなかったんです。昭和64年も7日間でした。始まりと終わりがともに7日間ずつというのも不思議な気がします。

・総人口…6074万1000人 

・公務員初任給…75円

・タバコ1箱…7銭(ゴールデンバット)

・ガソリン1ℓ…18銭

・流行語…「アッパッパ」→頭からすっぽりかぶれる夏用ワンピースのこと

 

●昭和16年(1941年):12月8日 太平洋戦争開戦

日本がアメリカとの太平洋戦争に突入した年です。

・総人口…7221万8000人 

・公務員初任給…75円

・タバコ1箱…10銭

・流行語…「ニイタカヤマノボレ」、「進め一億火の玉だ」、「月月火水木金金」

 

●昭和20年(1945年):8月15日 終戦

昭和12年(1937年)から続いた戦争が全て終結した年です。

・総人口…7199万6477人(男性:3389万4643人 女性:3810万1834人) 

・公務員初任給…75円

・タバコ1箱…35銭(ゴールデンバット)

・自動車1台…200円

・流行語…「ピカドン」、「一億総懺悔」、「戦犯」

 

●昭和26年(1951年):9月8日 サンフランシスコ講和条約調印

翌昭和27年4月28日に講和条約が発効し、日本は独立を果たしました。

・総人口…8454万1000人 

・公務員初任給…5500円~6500円

・タバコ1箱…40円(ピース)

・国鉄初乗運賃…10円

・流行語…「親指族」→パチンコに熱中した人々を指す

「社用族」→会社の交際費をつかって飲み食いをするサラリーマンたちを指す

 

●昭和39年(1964年):10月10日 東京オリンピック開幕

日本は高度経済成長期のど真ん中でした。

・総人口…9718万2000人 

・大卒初任給…2万1190円

・タバコ1箱…40円(ピース)

・平均寿命…男性:67.67歳 女性:72.87歳

・白黒テレビ普及率…87.8%

・流行語…「コンパニオン」、 「ウルトラC」

 

●昭和45年(1970年):4月20日 山ちゃん誕生

山ちゃんが生まれた昭和45年は特に詳しく振り返ります。

3月14日 日本万国博覧会(大阪万博)開幕

3月31日 よど号ハイジャック事件発生

4月1日    アニメ「あしたのジョー」放送開始

7月1日  救急車のサイレン音が現在の音に変更

8月     「ジャポニカ」学習帳発売

11月21日 ケンタッキーフライドチキン1号店が名古屋にオープン

11月25日 三島由紀夫が割腹自殺

・総人口…1億466万5000人 

・大卒初任給…3万9900円

・タバコ1箱…50円(ピース)

・テレビ普及率…白黒:90.2% カラー:26.3%

・流行語…「男は黙って」、 「鼻血ブー」

 

●昭和55年(1980年) 

この年の出来事や流行から振り返ります。

・週間少年ジャンプに「Dr.スランプ」連載開始 

・「ポカリスエット」発売

・モスクワオリンピック不参加

・ウォシュレット販売開始

・山口百恵が引退

・漫才ブーム

・ルービックキューブが大流行

・チョロQが発売

 

●昭和64年/平成元年(1989年):1月7日 昭和天皇崩御 「平成」に改元 

この年の出来事や流行から振り返ります。

・手塚治虫死去

・3%の消費税導入

・ゲームボーイ発売

・美空ひばり死去

・オタク族が社会問題化

・「平成名物いかすバンド天国」放送開始

・「一杯のかけそば」騒動

<流行語>

「オバタリアン」、「24時間戦えますか」、「セクハラ」

<映画配収ベスト3>

1位:「インディー・ジョーンズ最後の聖戦」

2位:「レインマン」

3位:魔女の宅急便

<ヒットシングルベスト3>

1位:Diamonds (プリンセス・プリンセス)

2位:世界でいちばん暑い夏 (プリンセス・プリンセス)

3位:とんぼ (長渕剛)

 

いやぁ~、こうして振り返ると懐かしいですね。お父さん、お母さんも同感じゃないですか?また機会があれば、昭和の話をしたいと思います。

以上、山ちゃんでした。

 

 

休校のお知らせ

こんばんは、教室長の山口です。

先日、5月度の予定表でお伝えした通り、4/29(火)~5/6(火)まで休校とさせて頂きます。授業の再開は5/7(水)からとなりますので、お間違えのないようにして下さい。

お子様には、休校期間中の宿題・課題を出しております。休み明けの授業で確認しますので、忘れないようにして下さい。

<宿題・課題>

小4算数:テキストより宿題を出しております。(次回の授業は5/13)

小5国語:漢字のプリントを出しております。(次回の授業は5/8)

小5算数:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/7)

小6国語:漢字のプリントを出しております。(次回の授業は5/13)

小6算数:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/8)

中1英語:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/7)

中1数学:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/7)

中2英語:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/7)

中2数学:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/7)

中3数学:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/8)

中3理科:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/13)

中3社会:課題プリントを出しております。(次回の授業は5/13)

また、第1回英語検定の申込締切りが5/9(金)となっておりますので、受検を希望される方は忘れずに申し込んで下さい。

なお、休校期間中は、電話は山口の携帯電話へ転送されるように設定しておきますので、緊急連絡の必要が生じた場合には田村校の方へご連絡下さい。

 

 

 

5月無料体験を大募集しております!!

こんにちは、田村校教室長の山口です。

先週より田村・大神・横内地区に5月無料体験募集のチラシを配布させて頂きました。田村校では5月限定企画として、5月中に無料体験・ご入塾頂いた方は入会金を半額(5,400円→2,700円)にさせて頂きます。

詳しいお問い合わせは、54-1605 (受付時間 14:00~21:00)

または、http://www.gakushin.net からもお問い合わせ頂けます。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

page001

page002チラシはこちらでご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓
5月無料体験募集

今日も『男』について語ります!

こんにちは、山ちゃんです。

いよいよ、GWに突入しましたね。ここ数年、GWにアメリカでボクシングのビッグマッチが開催されます。今年は、5月4日にフロイド・メイウェザーvsマルコス・マイダナのWBA・WBCウェルター級王座統一戦が開催されます。ボクシングマニアといえば、芸能界では香川照之さん学心塾では山ちゃんというぐらいのマニアぶりで、早く試合が観たくてウズウズしてます。ボクシングに興味がない人にはつまらない話かもしれませんが、ボクシングの話ができる相手はなかなかいないので、長々とつぶやきたいと思います。

さて、先日23日に日本でもダブル世界タイトルマッチが開催されました。その日、長谷川穂積選手がIBFのスーパーバンタム級タイトルマッチに挑戦者として挑みました。長谷川選手は2000年代にWBCバンタム級チャンピオンとして5年間に10度の防衛(具志堅用高選手の13度防衛に次ぐ記録!)に成功し、さらにフェザー級でも世界チャンピオンになり、2階級制覇も達成した日本ボクシング界屈指の名チャンピオンです。今回の試合は階級を1つ下げて、3階級制覇をかけていました。

結果は3度のダウンを奪われた末のTKO負けでした。1Rは全盛期を彷彿させる動きを見せてくれました。相手のチャンピオンは、バンタム級当時の長谷川選手なら間違いなく勝てるレベルの選手でしたが、2Rに打ち合いの中でダウンを奪われ、そのダメージを引きずったまま試合は進んでいきました。長谷川選手の試合をずっと観てきた山ちゃんは、KO決着にせよ判定勝負になろうと長谷川選手の勝ちはないと思いました。ダメージもあったのは確かですが、何よりもはっきりと衰えがわかってしまうような出来でした。勝負が決したラウンドに2度のダウンを喫するのですが、最後のダウンははっきりと心が折れたことが見て取れました。ボクシングというスポーツは残酷です。勝者と敗者のコントラストがここまではっきりと表れるスポーツは他にはないでしょう。かつて、無敵とも思えた長谷川選手が無残にも顔面を血まみれにし、リングに膝をつくシーンは言葉では表現できないものでした。そして、一つの時代の終わりを感じさせる象徴的なシーンでした。

想像ではありますが、長谷川選手は今回の試合で勝っても負けても引退をする覚悟だったのではないかと思います。いや、むしろ勝てると思っていなかったようにすら感じました。長谷川選手の戦いぶりや雰囲気には、死に場所を求めて討ち死に覚悟で戦う武士を感じさせるものがありました。

スポーツ選手なら誰でも引退をする日が来ます。そして、一流選手が引き際を自ら決めることを許されます。「余力を残して惜しまれながら引退を決意する」選手がいる一方、「無残と思えるほどにボロボロになって引退を決意する」選手もいます。長谷川選手は間違いなく後者を選んだのだと思います。今回は3年ぶりの世界タイトルマッチでした。本来ならば、3年前に引退をしていても不思議ではありませんでした。ただ、その時は本人も周囲もまだやれるという気持ちだったと思います。この3年間で衰えたことは自覚できなかったはずはありません。やはり、最後は燃え尽きて引退、そして後進に道を譲りたかったのではないでしょうか。

長谷川選手は、『男』だと思います。かっこいいです。

負けるとわかっていながらも力尽きるまで戦う

ボロボロの格好悪い姿を隠さない

そうです、『男の格好良さ』体面や外見なんかじゃないんです。花に例えれば『咲き方』と『散り方』にこそ『男の格好良さ』が表れるのです。

もっと言えば、日本人が桜の花が好きな理由はまさに『咲き方』と『散り方』が鮮やかだからです。山ちゃんも『男』に生まれたからには、『鮮やかに咲いて』、『鮮やかに散りたい』と考える、今日この頃です。

蛇足ですが、新聞等で長谷川選手の試合結果について、日本人として「二人目」の3階級制覇ならずなどと報じられていましたが、日本人で『真の3階級制覇』を達成した選手はいません。亀○選手が記録上達成したことになってはいますが、弱い相手ばかり選んで戦って達成した記録など何の価値もありません。ボクシングファンを馬鹿にしてるとすら思います。『真の3階級制覇』を達成してくれるのは、井岡一翔選手だと思います。彼は日本ボクシング史上屈指のセンスを持った選手です。興味があったら、5月7日に行われる、彼が『真の3階級制覇』に挑む試合を観て下さい。きっとボクシングの面白さがわかると思います。

以上、山ちゃんでした。

山ちゃんの心がけ

こんばんは、山ちゃんです。

実は最近、心がけるようにしていることがあります。それは、子どもたちにいろいろと厳しい要求をする以上、自分にもより厳しくするということです。具体的には、

「目標は高く置く、そして目標は簡単に諦めない。」

具体的には書けませんが、目標(夢)を追い続けています。目標や夢を追わなくなったら、『男』として終わりだと思ってますから。

「失敗を決して恐れない。」

失敗を恐れて何もしないというのは、『男』として最も恥ずべきことだと思います。目先の成功や勝利にこだわって、安全路線を歩むことだけはしたくないと思っています。

「人としてどうあるべきか常に考える。」

『人』としてよりも、『男』としてどうあるべきか考えてます。

不真面目そうな山ちゃんが、そんなこと考えているようには見えないでしょうが、実は人一倍『男らしさ』にこだわっています。いつからかは覚えていませんが、気がついた時には『男らしさ』を追い求めるようになっていました。

山ちゃんが考える「男の風上にも置けない奴」

①夢を見ない奴

②勝てる勝負しかしない奴

③かっこよく生きたいと思っていない奴

④自分に対する諫言を聞けない奴

⑤自分の非を認めない奴

⑥いざという時に体を張れない奴

 

世の男性諸君、草食系とか言われてんじゃないよ!これ以上『男らしさ』を風化させてはいかん!『漢(おとこ)』を絶滅危惧種にしてはいかん!

本気で長谷川塾(男塾)ができないかと考える、今日この頃です。

やる気に火をつけろ!

以上、山ちゃんでした。

 

facebook始めました!

 こんばんは、山ちゃんです。

実は最近、この歳にしてfacebookを始めることになりました。いやぁ、歳をとるのは嫌ですね~。いまだにガラケーをこよなく愛する山ちゃんにとっては、ライン・ツイッター・facebookなど無関係の生活を送ってきました。とにかく、使い方がわからない。何が楽しいのかもわからない。完全に浦島太郎状態です。

もし、山ちゃんが現在、中高生だったら、間違いなく彼女はできないですね。彼女はおろか、友達すらできないと思います。基本的にまめじゃないんで、女の子とメール等をするのは不可能です。群れることも面倒くさいから嫌いなんで、ラインやfacebookで不特定多数の人たちとコミュニケーションをとるのも不可能です。意外に孤独も好きなんで、今どこで何をしているかなんか他人に知らせたくありません。また、それをいちいち聞かれるのも嫌です。放っておいてくれって感じです。一人でいるの全然嫌じゃないし、寂しくもないです。

というわけで、彼女も友達もできないってことわかっていただけましたか?昭和生まれで良かったと心から思います。それにしても、今の若い人たちは何でこんな付き合い方が好きなんですかね?こんなんでも、誰かと関わっていたいってことですかね。おっさんの山ちゃんには全く理解できません。こんなこと言ってるから、おっさんなんですね。まぁ、いいや。

とにかく、facebookが使いこなせません。

 

以上、山ちゃんでした。

 

今日は何の日?

こんにちは、山ちゃんです。

ところで、今日は何の日かご存じですか?

実は山ちゃんの誕生日なんです!!
ところで、皆さんは自分と誕生日が同じ著名人を知ってますか?

山ちゃんと誕生日が同じ人は大物がいますよ。

まずは、ナポレオン3世(1808年生まれ フランス皇帝)

images

続いて犬養毅(1855年生まれ 内閣総理大臣)
images①

かなり大物でしょ?もう一人大物がいるんですよ。

最後は、アドルフ・ヒトラー(1889年生まれ ナチス・ドイツ総統)

images②

ね、すごいでしょ?

山ちゃんも生まれた日からいって、人の上に立つ人間なんです。(覇王色の覇気が出ます!)

あ、今、鼻で笑った奴いたな。今に見てろよ!まずは学心塾を制覇して、いつかは世界の王になる…ってことはないっすね。

以上、山ちゃんでした。

コメント怖いなぁ…

こんばんは、山ちゃんです。

 ついにこのブログにもコメント機能がついてしましました。恐ろしいことです。今までは反論・批判等をされないのをいいことに言いたい放題・やりたい放題に暴れてきましたが、これからも暴れちゃいますよ。山ちゃんのブログの愛読者はベトナムの1名を含めて世界中にいるんですよね~。アホなことばかり書いているから、笑いを求める読者が多いようですね。一部(岡崎あたり)に山ちゃんが長谷川先生をいじるのを楽しみにしている人もいますが…。傘下に入ったので共闘するとは言いましたが、今年こそ「打倒、大磯校」は果たすつもりですよ。
ところで、金曜日の旭校での授業での話です。旭校の小学5年生は優秀です。前の週に一度しか教えていないのに完璧にマスターしてきました。

山:「お前ら、学心塾で1番怖い先生は誰だ?」

生:「長谷川先生!」

山:「よ~し!じゃあ2番目は?」

生:「山ちゃん!」

山:「よし、完璧!よくできた!」

と、まぁちょいとふざけましたが、そんなことよりも5年生の子たちは好奇心旺盛で、これからが楽しみですよ。

そして、つづいては中学2年生の社会の授業です。

山:「幕府はキリスト教徒か確かめるために絵踏をさせたんだぞ。」

生:「??」

山:「キリスト様やマリア様が描かれている絵や板を踏ませたんだよ。踏めない人は信者だってばれちゃったんだよ。」

生:「へぇ~。」

山:「お前ら、小澤先生の写真踏める?」

生:「ムリムリムリ!」←全員が即答

山:「じゃあ、海鋒先生は?」

生:「「ムリムリムリ!」←全員が即答

いや~、どんだけ恐れられてんだよ…じゃなくて、どんだけ慕われているんだって正直に言ってうらやましかったですね。田村の生徒は喜んで山ちゃんの写真を踏みますよ。グリグリされそうです。

なぁんてね。そんな命知らずなことができるはずないです。月曜日が楽しみです。山ちゃんの留守中に悪さをしている生徒がいたらお仕置きですしね。中2や中3の男子あたりが何かしてくれてるんじゃないかと思ってます。

以上、山ちゃんでした。

何しに来たんだ?

 こんにちは、山ちゃんです。

昨日、今春卒業をしていった2期生の二人がひょっこり顔を出してくれました。

IMG_0001

この娘たちときたら、来るなり「おなかすいた。お金ない。アイス食べたい。」です。

たかられました!

IMG_0003

そして、「うちらも成長したんだよ!」と言います。もともと意味不明な発言が多い二人だったので、何を言っているのかわかりませんでした。彼女らが言うには、合計金額が333円だったことがすごいらしいのです。全く、何しに来たんでしょう?

お前ら、今度来る時は手土産持って来い!

といいつつも、顔を出してくれたことが嬉しい山ちゃんでした。

以上、山ちゃんでした。

はりきってます!

 こんばんは、山ちゃんです。

 無事に新学期のスタートがきれてホッとしているところです。先日、ベトナムで頑張っている戦友より岡崎校にメールが届きました。そこには、「今年も大磯校vs田村校、長谷川軍vs山口組の仁義なき戦いが続くのを楽しみにしています。」と書かれていました。その構図を楽しみにしている人がいるのはわかっていますし、面白がって煽っている人(特に岡崎校のT山先生)がいるのもわかっています。

 しかし、皆様の期待に応えられないのは残念ですが、この度、山ちゃんは長谷川海賊団の傘下に入り、2番隊の隊長になりました。したがって、今年は長谷川先生と共闘していくことになります。きっと、そのうちに塾の名前も「学心塾田村校」から「長谷川塾田村校」に変わります。そうなると指導教科も「英・数・国・理・社」から「道徳・倫理・哲学・武士道」に変わることでしょう。というのは、いつもの冗談ですが、また好き勝手なことを書きすぎると当局からお叱りを受けるので、このあたりでやめておきます。

 さて、山ちゃんは金曜日に旭校で小5国語・中2社会・中3社会の授業をしてきました。少々緊張もしましたが、ものすごく新鮮でしたし勉強になりました。旭校の生徒さんたちは、「何だ、この先生?」って感じたと思いますが、よそ行きの授業ができるタイプではないので、ついいつもの調子でやってしまいました。(Oz先生、P先生ごめんなさい!)旭校の皆さん、来週は社会のスペシャリストとして恥ずかしくない授業をお見せできると思います…。そして、今のような"放送禁止"授業ではなく、まともな授業ができるようになって大磯校にも招待してもらえるようになりたいです。

 また、今週嬉しかったことは、火曜日の杉山先生、水・木曜日の小澤先生から田村校の生徒がいい生徒ばかりだし、よくできると褒めていただいたことです。正直に言って、まだまだな部分も多いですが、「うちの生徒はいい子ばかりですよ。」と胸を張って言えるようになりました。今年は他の校舎で教えたり、他の校舎の先生に教えてもらったりして、いい刺激を受け、いい経験がつめると思います。それらをすべて田村校の力に変えていけるように頑張りたいと思います。田村校のみんな、お互いに頑張っていこう!

以上、山ちゃんでした。

1点の重みを知れ!

 こんばんは、山ちゃんです。

 新学期も強力な助っ人先生たちのおかげで順調にスタートしました。いよいよ明日(水曜日)は旭校のOz先生が登場します。乞うご期待!

 さて、中学生は3年生のみ2クラス編成でスタートしました。2年生の時から能力別にクラス分けをしてきましたが、今回は数名の生徒を上のクラスから下のクラスへ移しました。実力とこれまでのテストの結果から判断すれば下のクラスにいるような生徒ではありません。2年生であれば、今回のテストはたまたま出来なかっただけだろうから、やる気をなくさせないためにも上のクラスに残していたと思います。

 しかし、今年は受験生なんです。受験はプロ野球やJリーグ等のように、今日は負けたけど明日勝てばいいやってわけにはいきません。トーナメント戦と同じく、1回でも負けたらそれで終わりです。本当は力があるんだし、こんなところで負けるわけはないから敗者復活戦ということはありえないのです。受験は一発勝負の非情な世界だということを理解してほしいです。力はあったのに、一発勝負に負けて悔しい思いをした人は世の中にごまんといます。山ちゃんも、その一人です。だから、同じ思いを生徒たちにはさせたくありません。

 「1点ぐらいいいじゃん。」とか「あと1点、惜しくない?」とかいう人がいます。1点足りないだけでも不合格は不合格です。合格者の最低点と不合格者の最高点。その差はわずか1点や2点かもしれません。でも、その差は果てしなく大きい差です。

「1点を軽んじる人は1点に泣く」

 自分に厳しい人は、1点を取りこぼしたことを真剣に悔しがります。99点じゃダメなんです!反対に自分に甘い人は、あと1点だったことを「惜しい、惜しい」と声高に主張します。

1点の重みを知る人と知らない人、1点にこだわる人とこだわらない人。その差は、今は確かに1点かもしれません。でも、気づいた時には途方もない差になっていることでしょう。

 3年生には、一日も早く受験生としての自覚と厳しさを身につけてもらいたいです。何度も言っていることですが、

「意識が変わらなければ、行動も変わらない。したがって、結果も変わるはずがない。」

そして、

「自分に甘い人は、相手に勝つことなどできるはずがない。」

しっかり胸に焼き付けて、厳しい受験を勝ち抜いてほしいです。

以上、山ちゃんでした。

 

頑張れ!中学1年生!

 こんばんは、山ちゃんです。

 いよいよ新学期が始まりました。塾生の皆さん、進級おめでとう。特に中学1年生のみんなは入学おめでとう!新学期初日の田村校では小学生の個別演習と中学1・2年生の個別課題学習が行われました。みんな一学年進級しただけなのに、どことなく雰囲気が変わってました。(一部あいかわらずの人もいましたが…。)

 さて、夜の時間帯に塾に来るのは、中学1年生にとっては初めての経験でした。今年は早い時間帯も選択できるようにしたため、今日は全員が18:30~20:55の時間帯で勉強していました。例年ですと、21時を過ぎると眠気に襲われる生徒が何人かいますが、今年は時間も早かったせいかみんな頑張っていました。

 中1のみんな、部活等が始まると一気に中学校生活も忙しくなります。でも、今日の希望とやる気を忘れないで下さい。頑張った先には、きっといいことが待ってるから。

頑張れ、頑張れ一年生!!

以上、山ちゃんでした。

 

新学期始まるよ!

 こんばんは、山ちゃんです。

 いよいよ明日から新学期の授業が始まります。以前このブログで少し触れましたが、田村校にも普段は他の校舎で授業をしている個性豊かなスーパーな先生方が来てくれます。今日はその先生方を紹介しちゃいます。

旭校の小澤先生

0390

タイプ:魔界の王

得意技:ムーンサルト・ジゴスパーク

こんな感じです。

chara10

渋沢校の杉山先生

T8

タイプ:賢者

得意技:イオナズン・ベホマラー

こんな感じです。

chara2

続いて個別専科の横川先生ですが、写真を撮り忘れちゃいました。

タイプ:神官

得意技:ザオリク・バギクロス

こんな感じです。

chara6

大井松田校のITO-K先生

T9

タイプ:くさった死体

得意技:パルプンテ・ステテコダンス

こんな感じです。

5_047

山ちゃんです。 2013-11-28 22.13.04

タイプ:バトルマスター

得意技:せいけん突き・ばくれつ拳

こんな感じです。

chara1

 

まぁ、どんな先生かは実際に会ってからのお楽しみだね。

以上、山ちゃんでした。

山ちゃんのHigh Level English

 こんにちは、山ちゃんです。

昨日で春期講習の全日程が終了しました。そこで、今日は春期講習で学習した英語の復習講座をブログ上で行います。久々に山ちゃんのHigh Level Englishです!

<中1>

中1生は主にアルファベット・ローマ字(ヘボン式)・I am~.(You are~.)の文を学習しました。

●アルファベット

小文字をしっかり復習しておくこと。形を覚えることも重要ですが、4本の線のどの位置に書くかをしっかり覚えないと中間テストで点はとれません。

①2番目の線と3番目の線(基線)の間に書くもの

→a, c, e, i, m, n, o, r, s, u, v, w, x, z

②1番目の線と3番目の線(基線)の間に書くもの

→b, d, f, h, k, l, t

③3番目の線(基線)と4番目線の間に書くもの

→g, j, p, q, y

 

●ローマ字(ヘボン式)

英語で使われるローマ字はヘボン式といって、小学校で習ったローマ字とは一部違っていました。主に人名や地名で使われます。また、人名や地名は必ず大文字で書き始めます。小学校で習ったローマ字とヘボン式の違いは次のようなものがありました。

「し」:si→shi 「ち」:ti→chi 「つ」:tu→tsu 「ふ」:hu→fu 「じ」:zi→ji

また、^等の伸ばす記号も使わないのがポイントでした。

例:Tokyo(東京) Osaka(大阪) Taro(太郎) Koji(浩二)

 

●I am ~.(You are ~.)の文

I:「私は」  you:「あなたは」→主語になる。

am, are:「です」→述語になる。be動詞と呼ばれる動詞。

★英文を書く時のルール

①英文の先頭は大文字で書き始める。

→2語目以降は小文字で書くが、人名や地名は最初の文字は必ず大文字で書く。

②単語と単語の間は少しあけて書く。目安としては小文字1文字分くらい。

③英文の最後は必ず.(ピリオド)を書く。

 

<中2>

中2生は一般動詞の過去形・be動詞の過去形・過去進行形・接続詞のwhenを学習しました。when以外は1年生で習った一般動詞・be動詞・進行形の「過去バージョン」ですから、一緒に「現在バージョン」も復習しておきましょう。

●一般動詞の過去形

否定文・疑問文でdidが使われること、動詞が原形に戻ることなどはdoesを使う3人称・単数・現在の文と仕組みは同じです。do,does,didは同じものなので「使い方は同じ」だということを理解すること。また、不規則変化動詞の過去形を覚えることが最重要課題です。中間テストで点を落とすのは間違いなく不規則変化動詞を覚えていない人です。さらに、2年生の最後に学習する「受動態」という単元で過去分詞形というものが出てきます。それまでに、過去形はマスターしておかないと3年生になってから、さらに英語に苦しめられることになります。

●be動詞の過去形

1年生で学習したam,are,isと使い方は同じです。are(aren't)と同様にwere(weren't)のスペルミスが多いことに注意すること。

●過去進行形

1年生で学習した「現在進行形」と形の上での違いはbe動詞が過去形であることだけです。現在進行形にならない動詞は当然過去進行形にもなりません。

●接続詞のwhen

疑問詞のwhenとは使い方も訳し方も全く違うので注意しましょう。

When do you play the piano? (あなたはいつピアノを弾きますか。)

→文の最後が?(クエスチョンマーク)になっています。

When I am free, I play the piano. (私は暇な時にピアノを弾きます。)

→,(カンマ)の前後で2つの文がつなげられているのがわかりますか?

③I play the piano when I am free.

→接続詞なので、このように文中にくる場合もあります。

また、whenがどちらの文の前にくるかをしっかりとつかむことが重要です。

例:私が帰宅した、父はテレビを見ていました。

  When I came home, my father was watching TV.

  My father was watching TV when I came home.

 

<中3>

中3生は現在完了の継続用法を中心に学習しました。まずは、現在完了の基本形を覚えること。

have (has) +過去分詞⇒現在完了形

●継続用法

①現在形の文→現在のことを言っている。(過去についてはふれていない。)

②過去形の文→過去のことを言っている。(現在についてはふれていない。)

例 ①I live in Hiratsuka.

  (私は平塚に住んでいる。)

  →10年前にどこに住んでいたかはわからない。

  ②I lived in Hiratsuka ten years ago.

  (私は10年前に平塚に住んでいた。)

  →現在はどこに住んでいるかわからない。

 【現在完了の文】

   I have lived in Hiratsuka for ten years.

  (私は10年間平塚に住んでいる。)

  →10年前も現在も平塚に住んでいることがわかる。

つまり、現在完了の文は現在形の文と過去形の文の両方の要素を兼ね備えたものなのです。また、現在形や過去形の文が、現在や過去の「ある時点」でのことを表す「点のイメージ」があるのに対して、現在完了(継続用法)は「過去のある時点から現在まで」の動作や状態の継続を表す「線のイメージ」があることを理解しておきましょう。ですから、agoやwhenといった「点」を表す単語は現在完了の文では使うことができません。

例えば、「私は10年前から平塚に住んでいる。」という日本文を英語で表すとします。

[誤] I have lived in Hiratsuka since ten years ago.

[正] I have lived in Hiratsuka for ten years.

そうです、先ほどの例文と同じです。なぜ、「10年間住んでいる」の文が「10年前から住んでいる」と同じになるのかというと、現在完了(継続用法)は「過去のある時点から現在まで」の動作や状態の継続を表すので、「終点」は現在に決まっています。したがって、「始点」も10年前に決まっています。

このように、中3の英語には国語力も必要になってきます。また、入試には英作文が出題されます。英作文を克服するカギは、与えられた日本文を見た時に自分が知っている(英文に直せる)日本文に直せるかどうかにかかっています。そういったセンスを磨いていくことが高校入試だけではなく、高校の英語につながっていくということを忘れないで下さい。

 

以上、山ちゃんでした。

 

 

今年も本気です!!

 こんばんは、山ちゃんです。

 春期講習はじゅんじろう先生のおかげで大盛況で幕を閉じようとしています。じゅんじろう先生が田村校に来てくれるのも5日が最後になります。そして、いよいよ来週からは新学期がスタートします。新学期の田村校のメンバーはさらに強力なものになります。というのは、今年度は大磯校・旭校・田村校の3校のコラボレーションが実現するからです。この3校は教室の色はそれぞれ違っています。それぞれの教室長の色が三者三様で、しかも偶然ですが、大磯校の教室のカラーは「赤」、田村校が「青」、そして旭校が「黄」です。

 「赤・青・黄」というだけで何のことかわかった人はかなりの通ですね。信号じゃありませんよ!

 そうです、海軍三大戦力(三大将)の色と同じなんです!

大磯校 長谷川先生=赤犬 「絶対的正義」

赤犬1

田村校 山ちゃん=青雉 「だらけきった正義」

青キジ1

旭校 小澤先生=黄猿 「どっちつかずの正義」

黄猿2

ドーン!!

黄猿&赤犬&青雉

いや~、マリンフォード頂上決戦の時のように興奮しますね~。その他にも強力な助っ人たちが田村校を盛り上げてくれます!これだけの戦力を投入してくれるということは、田村校にそれだけ期待してくれているということに他なりません。今年も山ちゃんは、君たちのやる気に火をつけるように精一杯頑張るつもりです。

それでもなお火がつかない時には、この男に登場願うしかありません。

ドーン!!

講師

あ、間違えました!ご存じ石川大先生でした。

今度こそ、ドーン!!

0300

 うぉ、社長!

おかしいなぁ、うりゃ!

0355

ITO大先生でした。

今度こそ、とりゃ!

SH3K00840001

西の「山ちゃん」 山本先生でした。

いいかげん、ボケもしつこいですよね。

今度はマジです。「君のやる気に火をつける」男と言えば

ファイヤー!!!

やる気に火をつけろ!

この人がコワイなら、山ちゃんが優しく教えているうちにしっかりやりなさい!

以上、山ちゃんでした。

追試と指名学習

 こんばんは、山ちゃんです。

春期講習は4月2日の達成度テストで全員必修の授業は終了しました。そして3日から5日は指名学習となっています。この期間で達成度テストの追試を行っています。

 さて、その追試についてですが、本来は必要ありません。極端なことを言ってしまえば、指名学習もない方がいいと思っています。なぜかといいますと、テストや追試も含めて、勉強というものは他人からやらされるものではなく、自ら進んでするものだからです。ところが、まだ追試や指名学習を懲罰的なものと捉えている子どもたちが多いのが現状です。追試をしても、答えを暗記して終わりなんて全く無意味なことです。指名学習に来ても、終わる時間や、どこまでやったら帰れるのかばかり気にしている子が多いです。そんな気持ちで勉強しても何も実にはなりません。自分の意志でやらない限り、どれだけ勉強しても力になるのはたかがしれています。できなかった問題のやり直しをすることや、理解ができていないことを理解できるまで学ぶことがそんなに嫌ですか?どうして誰のためでもなく、自分自身のためにやろうと思えないのでしょうか。

「練習が必要な者ほど練習をしない。」

あるプロゴルファーの言葉です。勉強でも同じことが言えます。

「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」

ある俳優の言葉です。的を射た言葉です。

 もっと進んでテストのやり直しや、自習や質問に来て欲しいと思います。塾に来る度に、玄関を入ってすぐの言葉をかみしめて欲しいです。

「塾とは習う場ではなく自ら学ぶ場である」

今年度の目標は、「自律と自立」を全ての子どもたちができるようにすることです。そのために、新たな意識改革から取り組んでいこうと考えています。

以上、山ちゃんでした。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05