学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

O君からの挑戦状

 こんばんは、山ちゃんです。

 今日で2013年の授業納めです!さぁ、ここ数日の寝不足を解消するために帰って寝るぞ~!と言いたいところですが、そうもいかないんです。

 なぜかといいますと、昨日の夜、山ちゃんの元に岡崎校のO君からビデオによる挑戦状が届いたんです。

真ん中がO君です。

2013-12-22 12.34.44

 今夜、岡崎校では朝まで勉強会が開催されているそうなんですが、その勉強会に「お前も来い!」とのご指名を受けたんです。そこまで言われて行かなければ、"男、山ちゃん"の名に傷がつきます。

これから、岡崎校に乱入(殴り込み)してきます!

 でも、他の校舎の生徒からお呼びがかかるなんて嬉しいことです!夏の合宿でほんの少し関わっただけなのに、いまだにお辞儀をしてくれたり、挨拶をしてくれる生徒がいます。One Day合宿の帰りには、旭校の生徒に「旭校にも来て」と声をかけられました。

「必ず行くから、待っててな!」

大井松田校の生徒は"組長"と恐れて(?)くれているそうです。

生徒の皆さん、本当にありがとう。

この山ちゃん、「クシャミされれば、どこでも行くよ~。」ってハクション大魔王じゃないっすか!じゃなくて、「呼んでいただければ、どこでも行きますよ!!」(大磯校はちょっと恐い人がいるんで遠慮しますが…。)

 では、ちょっくら岡崎校で暴れてきます!

この無茶苦茶でアナーキーなブログをご愛読頂いている皆さん、検閲が入って発禁処分にならない限り、これからも暴走し続けますのでどうか来年も宜しくお願いします。

それでは皆さん、良いお年を!!

以上、山ちゃんでした。

良いお年を!

 こんばんは、教室長の山口です。

本日で2013年の授業が終わりました。保護者の皆様、生徒諸君、今年は本当にお世話になりました。来年が皆様にとって、最良の年になりますように心から願っております。

 [新年の授業]

 ●小3・小4 1月5日(日)10:00~

 ●小5・小6 1月5日(日)12:35~(小6英語は11:45~)

 ●中1・中2 1月4日(土)19:00~

 ●中3     1月4日(土)11:00~

 それでは、生徒の皆さん、新年も元気に通ってきてください。

 皆様、良いお年を!

「悔い」と「悔しさ」

 こんばんは、山ちゃんです。

今日は何だか語ってみたい心境です。山ちゃんとか言ってますが、実はおっさんですし、気持ちは若いですが年齢的には紛れもないおっさんです。おっさんになると今までの自分の人生について色々と考えることがあります。少し前までは今までの人生に悔いはないし、挫折や失敗を経験しながらも、その延長線上に今の自分があると考えていました。

 今の生活や境遇に不満があるわけではないし、後悔はしていません。「あの時、こうしていれば…。」ということは一度も考えたことはないです。だから、悔いが残っていたり、後悔はしていません。

 でも、今でも悔しいと思うことがいくつかあるんです。一つ目は、高校時代の部活のことです。この試合に勝てば創部以来の悲願だった関東大会出場の切符が得られる試合です。相手は強豪校ではありましたが、直前の大会で接戦で勝っていました。もちろん、気の緩みなどはありませんでしたが、わずか1点差で涙を飲みました。二つ目も部活の試合です。この時も相手は私立の強豪校、こちらはレギュラーに怪我人が続出してベストメンバーでのぞめなかったんです。とはいえ、66対3の大差で本当に何もできずにボロ負けしました。三つ目は、現役合格した大学を蹴ってまで浪人した時のことです。第一志望の大学は当然のこと、どこの大学だって合格できるほど力を付けていたにも関わらず、大惨敗を喫しました。

 結果については受け入れていますし、「たら、れば」なんかは考えたことはありません。でも本当に悔しいんです。20年以上経った今でも悔しいんです。それはなぜかといいますと、全てこれ以上はできない、もう一度やれと言われてもできないほど一生懸命やっていたからだと思います。よく、悔いが残らないように一生懸命にやれと言います。確かに悔いは残らないと思いますが、悔しさは残ると思います。「悔い」と「悔しさ」は同じなんでしょうか?違うと思っているのは、山ちゃんだけでしょうか?まぁ、本当はそんなことはどうでもいいんですけど。

 ただ、一生懸命やったからこそ悔しさを感じられるのかもしれません。そういう意味では限られた人間にしか経験できないことなのかもしれません。だから、こうも思います。「何年も忘れられない悔しさを持っている自分は幸せなのかもしれない。」それに、結果は伴ってはいませんが、何か誇れることや胸を張れることがありますかと聞かれても、迷わずに「一生懸命やったことです!」と答えられます。「一生懸命やって、結果が出なくて、何を誇れるの?」という人もいるかもしれません。負け惜しみではありませんが、きっとそんなことを言う人は何かを一生懸命やったことがない可哀想な人なんだと思います。

「失敗」、「挫折」、「悔しさ」。どれも経験しないにこしたことはないと思うかもしれません。でも、頑張らない限り、挑戦しない限り、一生懸命やらないかぎり、これらを経験することはできないんです。これらの経験が人の器を大きくすることも確かです。今、こうして子どもたちに向き合って、偉そうに説教ばかりしていられるのは、今までの自分の人生が良いことばかりではなかったおかげだと思います。

 長文、乱文で申し訳ありません。もし、これを読んでいる子どもたちがいたら、どうかたくさんの「悔しさ」を味わってください。それは、きっと君たちにとってかけがえのない財産になるはずです。だって、ここに多くの「悔しさ」を味わっている、幸せな人生を送っている生き証人がいますから。

以上、山ちゃんでした。

The History of Yama-chan#5

 こんばんは、山ちゃんです。今日は山ちゃんの受験秘話(最終話)です。

さて、オープン受験をした私立高校に無事合格し、進学先が確保できた山ちゃんは現金なもので、失っていた自信を取り戻し、完全復活を遂げました。残すは第一志望校の公立高校入試でしたが、ものすごくリラックスをして肝が据わってきました。

 試験当日、教室に入ってまず感じたことは、

「大した奴はいないな、たぶん俺がこの教室で一番できるに違いない。」←嫌な奴ですよね~。でも本当にそう感じたんです。あの時、周りの受験生が自分より上に見えていたら合格はなかったと思います。完全に入試を飲んでかかることができたんだと思います。試験中も「俺が解けない問題は他の連中も解けないに決まってる。」と思ってますから、焦りも全く感じませんでした。さらに、塾の先生の言いつけを守って過去問をやり尽くしたことで、出題パターンは頭に入っていましたし、自分が苦手とする問題もわかっていたので、本当に無心で試験を受けることが出来ました。

 確かな手応えを感じながら帰宅しました。夕方から入試問題の解答速報の番組を見ながら自己採点をしました。あくまでも自己採点ですが、

なんと235点も取れちゃったんです!

 そして待ちに待った合格発表の日が来ました。友達と一緒に発表を見に行くことにしましたが、友達は可哀想なくらい緊張していました。山ちゃんは点数もクリアしましたし、合格を信じて疑っていなかったということもありましたが、何よりもあそこまで頑張ったんだから、これで不合格なら仕方がないと開き直っていました。当時は掲示板に受験番号と氏名が張り出されることになっていました。不思議なもので、合格するときは遠くからでも自分の受験番号や名前はすぐにわかるものなんです。

ありました!逆転で合格したんです!15人に1人しか合格していないと言われ、250点中230点を追いかけた山ちゃんは、とうとうやりきったんです。

 この経験が山ちゃんのその後の人生でどれだけいきたか計り知れません。人間、その気になれば大抵のことはやってやれないことはないと常に思っています。

勝因は何かといいますと、頭が良かったとかそんなわけはありません。

①決して弱気にならず、自分の力を信じたこと。

②最後まで諦めなかったこと。

③同じことを何度も何度も繰り返したこと。

そう、誰にだってできることです。みなさんにだって、きっとできるはずです。もし、できないのなら、それは「できない」のではなく、「やろうとしていない」だけです。

 最後に山ちゃんが感じた、この上ない喜びと達成感をこのブログを読んでくれている全ての人に経験してほしいと心から願います。山頂からの景色は登った者にしか見られないものです。そして、その風景を見た者は価値観が変わるはずですし、また登ってみたいという気になるものです。

 勉強という小さな山ですが、一緒に頂を目指しましょう!(完)

以上、山ちゃんでした。

 

小学生も頑張る冬期講習!!

 こんばんは、山ちゃんです。

報告が遅れましたが、冬期講習のスタートから今日で三日目を迎えました。今日からは小学生の授業も始まり、本格的に講習会がスタートしました。

今日のショットを2枚紹介しちゃいます。

まずは、小3の元気なチビっ子たちです。

2013-12-25 10.33.02

実はこの子たちは春期講習や夏期講習の時に山ちゃんにこっぴどく怒られているんです。しかも初日の一番最初の授業で。それがこんなにしっかり授業が受けられるようになっていました。成長の跡を感じて、とても嬉しかったです。

次に、いたずら好きな小6の坊主どもです。

2013-12-25 12.29.01

英語の授業の1コマですが、最近は「習うより慣れろ」ということで演習漬けなんです。それでも黙々と頑張る子たちです。

ということで、熱い冬期講習開催中です!

以上、山ちゃんでした。

少し凹んでます。

 こんばんは、山ちゃんです。

今日は中3生は模試がありました。昨日の激戦の疲れも見せず、頑張っていました。まぁ、昨日あれだけ頑張ったんだしと思っていましたが、模試の結果のあまりの不甲斐なさに山ちゃんの怒りが炸裂しました。

 もちろん、一回の模試の結果だけで怒ったりなんかはしません。昨日のOne Day合宿の結果について不満があったんです。

 昨日の結果は第7代One Day合宿王者はうちのS君が各校舎の強者たちを振り切り、見事勝ち取りました。そのことについては大満足です。S君は夏の合宿も制覇していますので、夏冬連覇の偉業を達成してくれました。本当によく頑張る受験生の鑑のような子です。

 では、何が不満だったのかといいますと、校舎ごとの合計点の平均が全体で4位だったことです。模試の平均点などでは負けたことがない校舎にまで負けたんです。合宿の課題を中途半端にしかやらなかった結果です。受験というものはひたむきに努力をした者、志望校への思いが強い者が必ず勝ちます。うちの生徒はまだそのことが分かっていなかったんです。

 でも、悪いのは生徒ではなく自分です。今回の合宿でも他の校舎の先生と生徒の信頼関係や絆の強さを見て、自分の力のなさを嫌というほど見せつけられました。うちの生徒達に危機感が足りないのも、生徒達から受験に対する熱い気持ちを感じないのも全て自分がそういう気持ちにさせてあげられていないのだと思います。生徒に対する気持ちは他のどの先生にも負けていないつもりでしたが結果が全てを物語っています。

 公立高校入試まであと50日弱です。山ちゃんだって凹んだり弱気になったりもします。でも、基本的には一晩寝れば大丈夫です。明日からまた大暴れするために、今日はもう帰って寝ます。

 お前ら覚悟しておけよ。明日からは"鬼"の山ちゃんでいくからな。

「先生はこわ面白い」、あれ「おもこわい」だったっけ?まぁ、どっちでもいいけど、そんなアホなこと言ってる場合じゃないからな。

全員が志望校に合格するためなら、鬼にでも悪魔にでもなるから!

T3

以上、山ちゃんでした。

2013 One Day合宿リポート

 こんばんは、山ちゃんです。

2013 One Day合宿 "神大決戦"から戻って参りました!今年は例年になくハイレベルで熱い戦いが展開されました。では、2013 One Day合宿 "神大決戦"をハイライトで振り返ってみましょう。

AM8:10 出陣式 みんな気合いのこもった表情です。

2013-12-22 08.21.05

 いざ!決戦の地、神奈川大学平塚キャンパス

2013-12-22 08.57.29

2013-12-22 08.59.20

開会式前の勉強風景

2013-12-22 09.10.10

いよいよ2013 One Day合宿 "神大決戦"が開幕! 2013-12-22 09.13.11

1000問 1200点満点の熱い戦い!

2013-12-22 09.48.18SN3S0260

 

 

 

 

 

 

しばしの休戦、lunch time

2013-12-22 12.16.592013-12-22 12.16.37

 

 

 

 

 

今日の山ちゃん

2013-12-22 12.27.38

そして、1000問テスト終了後は、テスト直しの時間が取られました。 2013-12-22 18.45.11

頑張っているみんなに夜食が配られました。 2013-12-22 18.46.11

山ちゃんのパワー入りおにぎりも

2013-12-22 19.34.45

こうして長い長い一日が終わりました。本当にお疲れ様でした。

SN3S0255

決戦の朝!

 お早うございます、山ちゃんです。

いよいよ2013 One Day合宿 "神大決戦"の朝を迎えました。

OneDayT3

必ず学心No.1を勝ち取ってきます!!

では、行ってきます!

以上、山ちゃんでした。

冬期講習まだ間に合います!

 こんばんは、田村校教室長の山口です。

本日で第2期の平常授業が終了しました。いよいよ来週から冬期講習がスタートします。

プレ冬期講習の企画として小3~中2対象の"弱点診断テスト"を23日(祝)に実施します。

本講習は25日からのスタートになりますので、まだ申込を受け付けております。

冬期チラシ表

冬期チラシ裏 詳しい日程等はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

田村校 2013冬期講習日程表

お問い合わせ先 54-1605 担当:山口

The History of Yama-chan#4

 こんばんは、山ちゃんです。山ちゃんの受験秘話(第4話)始まります。

 さて、よもやのすべり止め校の不合格で崖っぷちに立った山ちゃんでしたが、翌日にはオープン受験をした私立高校の一次(筆記試験)の合格発表がありました。朝から両親の口数も少なく重苦しい雰囲気でした。明らかに最悪の展開を予想しているようでした。正直に言って、筆記試験の出来はわからなかったので、合格する自信はありませんでした。

 雪が残る道をトボトボと一人で歩いて行きました。高校に着くと、既に合格者が発表されていて喜んでいる親子や泣いている生徒もいました。意を決して掲示板に自分の番号を探すと、あったんです!奇跡的に!泣きはしませんでしたが、ものすごくホッとしたのを覚えています。ホッとするぐらいでやめとけばいいのに、家に帰る頃にはいつもの調子に戻ってしまい、翌日の二次(面接試験)は楽勝、もう合格したぐらいの気になっていました。

 そして、迎えた面接試験、とりあえず子どもの頃から相手に悪い印象を与えないことだけは自信がありましたから、堂々と受け答えができました。面接試験が終わり、中学校に戻った山ちゃんに学年主任の先生が心配そうに駆け寄ってきて、

「面接はどうだった?どんなことを聞かれた?」と聞いてきました。

「公立高校に合格したらどちらに行きますか?って聞かれたから、はっきりと公立に行きますって答えたよ。」と山ちゃんが言うと、

先生は「バカ!正直に言うことないじゃんか!」と頭を抱えてしまいました。

 こうして迎えた合格発表の日、またまた重い足取りで高校に行きました。今度こそダメだろうと諦めていました。あとは公立一発勝負しかないと考えたり、全部落ちたらどうなるんだろうとか、道中にいろいろなことを考えました。

 ところが、受験の神様はそんな山ちゃんを見捨ててはいなかったのです。

なんと合格したんです!!

1goukaku1

崖っぷちというか、奈落の底からの奇跡の生還です。人生初の合格です。両親も塾の先生も喜んでくれました。というよりは安堵したと言った方が正解かもしれません。

 でも、この合格は奇跡の大逆転、そして山ちゃんのジェットコースターのような人生の序章に過ぎなかったのでした。(つづく)

平常授業終了及び冬期講習のお知らせ

 こんにちは、田村校教室長の山口です。

今週で第2期の平常授業が終了し、来週からは冬期講習がスタートします。12月の予定表等と一緒に冬期講習日程表を配布しておりますのが、改めて日程を確認させて頂きます。

 

 ●12月22日(日) 中3対象 One Day合宿 8:00田村校集合

 ●12月23日(祝) 小3~中2対象 弱点診断テスト

   小学生は16:40~18:10 中学生は19:20~21:00

   ※送迎はいつもと同じ時間帯で運行いたします。

            中3 冬期講習スタート 11:00~18:25

 ●12月25日(水) 小3~中2 冬期講習スタート

  小3・小4 10:00~11:35

  小5・小6 12:35~14:10

       (小6の英語選択者は11:45~)

  中1・中2 19:00~21:25

  ※中3の授業はありません。

 

 また、冬期講習をご検討中の皆様、受付は今週一杯となっております。座席数に限りがございますので、早めにお申込み、お問い合わせ下さい。

<12月18日現在の残席状況>

小3:残り1席

小4:残り2席

小5:残り2席

小6:残り2席

中1:残り1席

中2:残り2席

中3:申し訳ありません、締切らせていただきました。

日程等はこちらになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

田村校 冬期講習日程表

詳しい内容につきましては

54-1605 担当:山口 までご連絡頂くか、

または、http//gakushin.net/ よりお問い合わせ下さい。

中3G模試④

 こんばんは、山ちゃんです。

今日は関東地方の平野部でも雪が降るとの予報でしたが、幸い冷たい雨ですみました。空気も乾燥して、風邪も流行りつつありますから恵みのお湿りですかね。

 さて、今日は中3のG模試がありました。

2013-12-18 18.47.32

 

2013-12-18 18.47.39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①模試は結果に一喜一憂しないこと。

②模試は日をおいて必ず解き直すこと。

③他の模試と見比べて、いつも間違えている問題は必ずクリアすること。

④模試は目標点を決めて受けること。

これからも数多くの模試をこなしてもらいます。今日は採点をしていて、手応えを感じさせる生徒が多くいました。これからが正念場です。自分は必ず伸びると信じて勉強を続けること。君たちなら必ずできると信じてます。

以上、山ちゃんでした。

 

The History of Yama-chan#3

 こんばんは、山ちゃんです。今日は山ちゃんの受験秘話(第3話)です。

さて、過去問を徹底的にやることで順調に得点を伸ばしてきた山ちゃんは、いよいよ私立高校の受験を迎えました。緊張のあまり口数の少なくなっている友達を尻目に、山ちゃんはお前も少しは緊張しろよってぐらい余裕たっぷりの楽勝ムードでした。というのも、成績が落ちたために併願校のランクも下げざるをえなくなっただけで、失敗したって落ちっこない高校でした。そのため、オープン入試でもう1校私立高校を受験することにしていたので、意識はすでに翌日のオープン入試に向っていました。

 試験も何事もなく終わり、面接もバッチリだったので意気揚々と帰宅して、翌日の試験に備えて勉強をしました。夜になって降り出した雪は、寝る頃にはかなり積もっており、交通機関の遅れなどに備えて翌日のオープン入試は歩いて行くことにしました。朝起きてみると、雪は止んでいましたが完全な銀世界になっていました。当時でも珍しい積雪量でした。雪のため、普通なら40分ほどの道が1時間以上かかりましたが、無事にたどり着き試験もそこそこできました。ただ、オープン受験なので合格の保証はありませんでした。試験を終えて、再び歩いて家に向いました。行きと違って緊張感からも解放されていましたし、何よりも前日の入試の結果が待っています。山ちゃんは軽い足取りで帰宅しました。

 併願校の私立とはいえ、人生初の合格です。合格発表は手渡しでしたので、試験の重なった山ちゃんの代わりに母ちゃんが受け取りに行ってくれました。一番最初に自分が結果を見るので、絶対に封筒を開けるなと何度も言いました。結果は合格に決まっています。結果はわかりきっていますが、まだ中学3年生の子どもでしたから真っ先に「合格」の2文字を目にしたかったのです…。

 まるで凱旋したかのように大声で帰ったことを伝えました。おかしなことに誰も出迎えに出てきませんでした。不審に思いながらも部屋に入ると、机の上に封筒が置いてありました。「はいはい、どうせ合格だけど。」と思って、中身を取り出した瞬間、信じられない3文字が目に飛び込んできました。

「不合格」

juken_goukakuhappyou_cry

一瞬、何のことかわかりませんでした。次にたちの悪いいたずらかとも思いましたが、そんなことをするはずがありません。絶対に落ちるはずのない安パイの私立高校に落ちてしまったんです!同じ中学校から18人受験して、落ちたのは山ちゃんだけだったんです。しかも、成績も実力も1番だったのに…。いきなり崖っぷちに立たされてしまいました。だって、残る私立高校と第1志望の公立高校は合格する保証がないんですから…。父ちゃんはものすごく荒れていました。塾に電話をかけて、どこでもいいから行ける高校を探してくれと怒っていました。それを正座して聞いている山ちゃんの頬を悔し涙が止めどなく流れていました。(つづく)

The History of Yama-chan#2

 こんにちは、山ちゃんです。山ちゃんの受験秘話(第2話)を始めます。

こうして、無謀とも言える受験に挑むことになった山ちゃんでしたが、当時住んでいた横浜市は11月に市の診断テストというプレ入試のようなものがありました。その結果は学校や塾の進路指導のおいて、かなりの重要度を占める資料でした。

 さて、山ちゃんはそのテストで何点ぐらいだったかといいますと、

180点ぐらいです!!(たしか数学は24点!)

 

 そりゃあ、学校の先生だって塾の先生だって無理だと思いますよね。山ちゃんだってそう思います。でも、塾の先生は230点とれば合格するって言ったんです。山ちゃんも不可能な点数ではないって思っちゃったんです。

そして、塾の先生は一言こう言いました。

「明日のために、その1 ジャブ!」

img_20131118T232539546

じゃなくて、

「230点とるためには、5年間の過去問を5回やれ!」

山ちゃんは単純なので、それで合格できるのならとひたすら過去問を解き続けました。3回目ぐらいになると点数が230点を超え始めました。それで山ちゃんはきっと合格できると思い込みました。山ちゃんの思い込み(勘違い)パワーはすさまじく、さらに得点は伸び続け、ついに240点を超えるようになったんです。

この先、山ちゃんの身に思いもよらぬピンチが訪れることになるのを、この時には山ちゃんも両親も、塾の先生も知るよしはありませんでした。(つづく)

以上、山ちゃんでした。

冬期講習募集中!

 こんにちは、田村校の教室長をしております山口です。

現在、田村校では冬期講習の外部生を募集しております。昨日より一部の地域に以下のような案内を配布させて頂いております。ご迷惑に感じられたご家庭におかれましては、大変申し訳ございませんでした。また、数に限りがございますので、配布できないご家庭もございますが、どうかご容赦下さい。

田村校 2013冬期講習日程表

田村校 2013冬期講習日程表

詳しいお問い合わせ先は

54-1603(受付時間14:00~22:00)

または

http://gakushin.net(24時間受付)

お問い合わせ、お待ちしております。

学心塾田村校 教室長 山口 崇

 

 

The History of Yama-chan #1

 こんばんは、山ちゃんです。

いよいよ公立高校入試までちょうど2ヶ月になりました。山ちゃんも神奈川県立高校出身です。実は受験生みなさんの大先輩です。当時は、ア・テストなんてものがあった時代で、ある意味では今よりも受験が大変でしたし、別の意味では今よりも受験が楽な時代でもありました。

 思い起こせば、当時から問題児の山ちゃんは両親や学校の先生、塾の先生に迷惑と心配をかけっぱなしでした。毎年、この時期になると、山ちゃんが通っていた塾の先生たちは、今の山ちゃんとは比較にならないくらい大変だったんだろうなぁと思います。さらに去年、娘の高校受験を経験して、初めて受験生を抱える保護者の方々の気持ちが痛いほどわかりました。山ちゃんの両親はさぞかし大変だったことでしょう。

 問題児の山ちゃんは、なんと高校に提出する3年生の2学期の成績が「世界恐慌級」、または「バブルの崩壊級」の落ち方をしてしまい、"名前さえ書けば合格する"安全圏だったはずの高校(当時はこう言われる生徒も本当にいたんですよ!)が「下克上」しない限り無理な状況に追い込まれてしまったんです。そして、迎えた三者面談の時に担任の先生が冷たくこう言いました。

「この成績じゃ、過去に15人に1人しか受かってない。」

05

 さぁ、山ちゃんは困りました。恐る恐る父ちゃんに高校のランクを1つ下げていいか聞いてみました。すると、父ちゃんは間髪入れずに

「じゃあ、高校はいかなくていい。」でした。

120611_223230

 この世で最も恐ろしい父ちゃんに逆らえるわけもなく、塾の先生に泣きつきました。塾の先生は一瞬困った顔をしながらも、山ちゃんにこう言いました。

「お前の成績なら入試で230点とれば受かる。」

その時、「230点とれれば受かるんだ。」と思ったんです。(山ちゃんの名誉のために断っておきますが、250点満点ですからね。)完璧な言葉のマジックですよね。塾の先生が山ちゃんの素直な性格(?)、いやただの単純なバカということを見抜いて言ったのかどうかはわかりませんが、

「15人に1人しか受かってない。」「230点とれば受かる。」、言葉の響きが断然違いますよね。

 こうして、230点とれば受かると思い込んだ山ちゃんは、この途方もない数字を迷わずに追うことにしました。(つづく)←○長の真似です。

以上、山ちゃんでした。

中1・中2の頑張りです!

 こんばんは、山ちゃんです。

中1・中2のテスト結果の集計が終わりましたので報告します。

<K中学校 1年生>

●ベスト10以内が1名(7位)

●塾生の英語の平均点は学校の平均点より+14.7点!

 

<K中学校 2年生>

●ベスト10以内が3名(1位・5位・6位)

→1位の男の子は入塾直後のテストの順位が104位でした。

●塾生の数学の平均点は学校の平均点より+11点!

 

<Y中学校 1年生>

●ベスト10以内が3名(3位・5位・7位)

●塾生の数学の平均点は学校の平均点より+11点!

 

<Y中学校 2年生>

●ベスト10以内が4名(1位・2位・5位・8位)

●塾生の平均点が5教科とも学校の平均点より+10点以上!

→数学の平均点は+19.2点!

 

 今回は特に2年生の頑張りが目につきました。さすが山ちゃんが3年生に勝るとも劣らず期待をかけている学年です。K中学校・Y中学校の1位を同時制覇の偉業を達成してくれました!

 

 さて、1年生だってこんなもんじゃないですよ。何を隠そう、山ちゃんの秘密兵器、または隠し球的な存在です。まだ覚醒してはいませんが、2年生や3年生を凌駕するダイアモンドの原石もいるんです。やんちゃ揃いなもんで、手綱さばきが大変ですが楽しみな学年なんです

「名馬は悍馬(かんば)より生まれる」と言いますよね。

「期待してるぞ1年生!次は倍返し程度じゃ許さないぞ!」

以上、山ちゃんでした。

自分に「負けない」こと

 こんばんは、山ちゃんです。

ここ数日、ブログの更新をしていませんでしたが、別にサボっていたわけじゃないですよ~。One Day合宿、冬期講習に向けて鋭気を養っていました。明日が初日なら、

「エネルギー充填120%、耐ショック・耐閃光防御、ターゲットスコープオープン!」って感じですね。

こんな状態です!

4c725aa3

 さて、今日は中2の生徒たちの頑張りを報告したいと思います。

K中学校・Y中学校の学年1位制覇しました!!

中2の生徒たちは、中3の先輩たちに劣らず優秀かつ頑張る生徒たちです。全員というわけにいきませんでしたが、今回のテスト結果は各自の努力が反映されていたと思います。

山ちゃんは、常々生徒たちに「1点でも多くとってこい、一つでも順位を上げてこい。」と言っています。また、「勉強も勝負事と同じで、やるからには勝たなければ意味がない。」などとも言っています。

 一口に「勝ち」、「負け」といっても様々な解釈があると考えています。このことについて、書き始めるとエンドレスになりかねませんので、今日は子どもたちに望むことに限定して書きたいと思います。

 

 先程も書いたように、山ちゃんは子どもたちに「勝て」と言い続けています。ただし、本当に望んでいるのは「勝つ」ことよりも、むしろ「負けない」ことです。他人に「負けない」のではなく、自分に「負けない」でほしいのです。田村校の壁に貼られている名言集の中に、必ずこのことが書かれているものを入れます。特に厳しい勝負の世界で生きてきた人物は「己に勝つ」ことの大切さを異口同音に説いています。自分の弱さに負けてしまう人間が、どうして他人に勝つことができるでしょうか。山ちゃんは、ものすごく負けず嫌いです。他人に負けるのも我慢できませんが、自分に負けるなんて許せません。たまにスポーツの試合などでも、試合の途中で諦めているチームや選手がいます。はっきり言って、見苦しいし情けないし格好悪いと思いませんか?相手のチームや選手にも負けていますが、何よりも自分に負けているじゃないですか。山ちゃんは、自分に負けて途中で諦めるなら最初からやるなって思います。

うん、うん、俺(私も)そう思うから、「できそうもないし、途中で諦めるのは格好悪いから最初からやらないんだよ。」とか思ってる、そこの勘違い君と勘違いちゃん!

0484

それは間違っている。ちょっと恥ずかしいけど、山ちゃんが「語って」やる。

自分に負けるということは自分を否定すること。

他人に負けたって、自分に負けなければいつかは勝てる。

諦めない人間の元にしか幸運や奇跡は訪れない。

何が起こるか分からない、やってみなければ分からない。

何が起こるか分かってしまったら、つまらない。

結果が分かっていたら、やる意味がない。

長い人生、何が起こるか分からないからこそ楽しいじゃない。

結果が分からないからこそ、生き甲斐があるってもんじゃない。

だから、決して諦めるな。諦めなかった奴が、最後に笑うんだ。

これを寝る前に10回声に出して読むこと。そうすれば、

君たちも山ちゃんのような超ポジティブ人間になれるかも!?

「そんなのなりたくないし!」という罵声が聞こえてきそうなので、ここらで撤収します。

以上、山ちゃんでした。

こんなに頑張りました!

 こんばんは、山ちゃんです。ドタバタしていて遅くなりましたが、田村校の中3生の頑張りをご報告したいと思います。

●9科目オール5が1名。2年の成績もオール5なので、何と135/135のパーフェクトです。

●40/45以上が8人

●5科目オール5が5人。

●5段階up(中2:37/45→中342/45)が1名

●4段階up(中2:37/45→中341/45)が1名 などです。

これは、頑張った成果の一部です。一人一人が今回は頑張っていたので予想していたよりもよい結果が出たと思います。

 さぁ、成績は確定したから、あとは入試に向って全身全霊を傾けよう!

以上、山ちゃんでした。

冬期講習募集のお知らせ

 平素は私どもの教育活動に多大なるご協力とご理解を頂き、誠にありがとうございます。昨日と本日の二日間に渡り、田村地区・大神地区・四之宮地区の一部・横内地区に以下のような冬期講習のお知らせを配布させて頂いております。配布がご迷惑だったご家庭におかれましては、誠に申し訳ございませんでした。冬期チラシ表

冬期チラシ裏

 

詳細はこちらになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

田村校 冬期講習日程表

お気軽にお問い合わせ下さい。

学心塾田村校 54-1605 担当:山口

当ホームページからもお問い合わせ頂けます。お問い合わせフォームに必要事項を入力してご送信下さい。

誤解ですよ…(T_T)

 こんばんは、山ちゃんです。

今日は困ってます。なぜ困っているかといいますと、学心塾内で生徒からも講師からも最も恐れられている、あの長○川先生を本気で怒らせちゃったんです。

ご存じの通り、山ちゃんは打倒○磯校を目標に、常に生徒たちにも「○磯校に勝って1番になろう!」と言い続けてきました。ですから、このブログでもいろいろと書いてきたのは認めますし、ものすごく○磯校を意識していたのは確かです。

  ところが、岡○校などで山ちゃんが○磯校を挑発しているとの噂が広がり、それが長○川先生の耳に入り、とうとう長○川先生の逆鱗に触れてしまいました。今日、学心塾の本部で交わしたリアルな会話を再現します。

長:「山口先生、ビデオ見ましたよ。いろいろと言ってくれてますね。」

山:「あ、あれは、その…。すいません…。悪ふざけしすぎました。」

長:「フッ、フッ、フッ。おもしろい、受けてたちますよ…。」

山:「(心の中でヒェーッ)…。」

まぁこんな感じだったんですが、山ちゃんは心底ビビりました…。本当に恐かったんですよ。まさにこんな感じですよ!

「フッ、フッ、フッ、おもしろい。」

724

どうでもいいけど、長○川先生にちょっと似てませんか?

このポーズなんかどうっすか?

4970381180843

ほら、そっくり!

やる気に火をつけろ!

長○川先生ごめんなさい。挑発だなんて誤解です…。(T_T)

田村校の中3諸君、One Day合宿当日はおとなしく、黙々と頑張ろうな。長○川先生が恐いから、もう○磯、○磯って言うのはやめるから…。

なぁんて弱っちいこと、この山ちゃんが言うわけないだろ!!

無様な結果に終わった者は、走って帰らす!!

2013-11-27 23.09.50

以上、山ちゃんでした。

果報は寝て待て

 こんばんは、山ちゃんです。

今日でK中学校・Y中学校とも試験が終了しました。他の教室のブログを読んでいると、中1・2生もものすごく勉強している様子が伝わってきて非常に焦ります。勉強していないわけではありませんが、真剣味というか熱が伝わってきません。早々に諦める子やネガティブな発言を繰り返す子などもいて、再度意識から叩き直さねばならないと痛感しました。

 さて、今日は小5の国語の授業で扱った文章は「果報は寝て待て」ということわざについて書かれたものでした。最近は、「幸運は何もしないで寝て待っていなさい。」という意味で使われるのですが、本来の意味は違っていたという内容でした。本来は、幸運を得ようと焦ったり、見苦しい振る舞いしないよう戒めるために「寝て待て」というのだそうです。

つまり、このことわざの本当の意味は

「努力の上にも努力を重ねた後は、見苦しい振る舞いをせず、よい報いを待て」

ということです。

子どもたちにとって、特に中3生にとってはぴったりあてはまる言葉です。

と同時に、山ちゃんにとっても考えさせられる言葉です。

ちゃんと子どもたちを信じて、よい報いを待たなければならないですね。

中1・中2生が"よい報い"を持ってきてくれることを期待して待ちます。

以上、山ちゃんでした。

時事問題

 こんばんは、山ちゃんです。

K中学校・Y中学校のテスト初日が終わりました。定期テストの際には生徒に問題を持ってきてもらっています。早速、今日も問題に目を通したところ、K中学校1年生の社会で時事問題が3問出題されていました。たかだか2~3問ですが、必ず生徒は試験前に時事問題のプリントを用意してくれと言います。さらに、何が出そうか質問されるので、一応出題されそうなニュースを予想します。実は結構な高確率で的中するんです。

今日も3問中2問は当てました。(自慢できるほどのことではないですが…。)

当たった時は何も言わないくせに、外した時は非難の嵐です。まぁ、非難されて当然ですけどね。

「先生が言ったニュースなんか出なかった!」これくらいなら、へっちゃらです。

「先生のせいでできなかった!」これは、ちょっときついですね~。見た目と違って、意外とナイーブな山ちゃんは傷ついてるんですよ。

心の中で傷つきながら、

「文句言うなら、自分で勉強しろ!バカタレ!」と毒づきます。

T3

さぁ、明日は2年生の社会です。2年生ともなれば、「猪瀬直樹」や「東京都知事」がくると思うんですけどねぇ…。

それから、ゆとり教育の弊害ですかね…、必死に都道県名と都道府県庁所在地を覚えている生徒がいました。

そんなもんは一般常識で試験前に慌てて暗記するもんじゃないよ。

さて、山梨県の県庁所在地は何市でしょう?

28543368

答えは甲府市ですよ!

明日も朝練があるので、今日はこのへんでお休みなさい。

以上、オリジナル山ちゃんでした。

“朝練”実況中継

 おはようございます、山ちゃんです。

今日からK中学校・Y中学校ともに、中学1・2年生の後期中間テストが始まります。それに伴い、田村校では恒例の早朝特訓、通称"朝練"を行っております。

 

生徒たちの真剣な勉強風景をご覧下さい。

                                   社会の資料集をチェックする中1生

2013-12-02 07.31.45

続いて

Y中学校の2年生、全員が無言で集中

2013-12-02 07.31.12

最後に

K中学校の2年生、全員が参加です

2013-12-02 07.31.23

最後まで諦めずにやることが、最も大切なことです。あとは、力を発揮しきれるよう落ち着いて問題に取り組んでほしいです。

頑張れ!1・2年生!!

以上、山ちゃんでした。

悔しいです!!

 こんばんは、山ちゃんです。

本日で中1・中2の定期試験対策授業は終了し、いよいよ明日から本番です。

必ず前回の期末テストの借りを返すこと!負け癖がついて、悔しさを感じなくなったらおしまいです。

君たちならできる!必ずやってくれると信じてる。

K中・Y中ともに中1、中2のトップ独占を狙ってます!!

 

 悔しいと言えば、本気で悔しいことがありました。

img_924557_25129874_1

あまりにも悔しくて、その理由を今は書けません…。

以上、山ちゃんでした。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05