学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

期待してるぞ、三年生!

こんばんは、山ちゃんです。

いよいよ神田中が15日から、横内中が18日から中間テストが始まります。今週は試験直前なので数多くの生徒が自習や追試を受けるために塾に来ています。

去年あたりから自習に来る生徒が目に見えて増えています。今年は中学一年生や二年生の姿も多く見られます。こんなことで感心してはいけないのですが、以前と比べて一生懸命に勉強をする生徒が増えたなぁとか、いつからこんなに勉強する校舎になったんだろうとか思ったりもします。

でも、まだまだ足りないところもあります。今日は三年生の英語の時間にテストを行いました。一応、合格点は決めていたのですが、合格点に達していない答案はすべて0点、空欄の数からして合格点に到達しない答案は丸付けすらせずにただ0点とだけ書いて返却しました。

子どもたちにはこう話しました。

ろくに採点すらせずに、0点ってひどいと思うかもしれないけど、現実は厳しいんだぞ。もし、入試で自己最高点をとったとしても合格点に届かなかったら価値は0点とかわらない。だから簡単に追試でいいとか、できないのは仕方がないとか諦めるな。もっと点数や合格することに執着心を持ちなさい。

子どもたちは真剣な顔で話を聞いていました。きっと心に響いてくれたと思います。こういう話を真剣に聞けるようになった姿を見て、成長したなぁとしみじみ感じました。あとは結果につなげるだけです。

期待してるぞ、三年生!後輩たちに、さすが三年生と言われる姿と結果を見せてあげてくれ!

以上、山ちゃんでした。

コメント

  • 山ちゃん より:

    殿下直々のコメント、恐縮です。

    ただ怖いとか、怒るだけが「厳しさ」ではないですからね。

    「厳しさ」=「優しさ」であることを子どもたちに伝えたいです。

    今年の三年生も大磯校と渡り合えるように鍛えていきます!

    山口

  • gakushin より:

    そのとおり!1つの試練に対してどれだけの準備と意欲をもって臨んだか、ですね。
    「たかが、塾のテスト」または「されど、塾のテスト」、答案を見れば一発で分かります。
    勉強の得手不得手など関係なし!
    自己ベストを常に更新していこうとする姿勢こそが成長ですね。
    価値観・考え方は人それぞれですが、「君はここまででいいよ」という安易な線引きは、俺は好きではありません。
    やりきることで初めてその先が見えるような気がします。どんなに時間がかかっても…。
    お互い頑張りましょう!!!

    長谷川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05