学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

夏は苦手なんです…

こんばんは、山ちゃんです。

いよいよ夏ですね。皆さんは夏が好きですか?実は山ちゃんは夏が大の苦手です。寒いのは我慢できますけど暑いのは我慢できません。省エネ推進のこの時代に、クーラーガンガンってわけにもいかないんです。エアコンの温度は26℃~28℃に設定しましょうとか言いますけど、そんなのクーラーをつけていないよりはマシって程度ですよ。山ちゃんにとっての適温は23℃~24℃ですね。エアコンが寒いとか文句を言う人がいますが、山ちゃんに言わせれば、「寒けりゃ服を着ればいいだろ!こっちは暑いんだ、薄着には限界があるじゃねぇか!」ということです。おっと、つい熱くなりすぎて暴言を吐いてしまいました。

こう暑くなってくると、山ちゃんの頭脳も誤作動が多くなり、妄想が膨らんできます。例えば、夏だけは映像授業を行いたいなぁって本気で思います。山ちゃんはキンキンに冷やした部屋で授業を行います。それを生徒の皆さんは大きなモニターで見ているわけです。授業の終わりは必ず、「なお、この映像は終了後に爆発する。」というお決まりのセリフで締めくくります。爆発はさておき、技術的に実現可能だと思いませんか?山ちゃんも生徒の皆さんも、お互いに快適な環境で授業が行えます。

それが無理ならば、田村校の生徒を200人に増やして、教室が均等に冷える冷房設備、床暖房、シャワー室と仮眠室が完備、さらにカメムシやヤモリのいない建物に移転したいです。

250px-Acanthosoma_labiduroides_female01250px-Gekko_japonicus

こちらの方が実現の可能性は高いですかね。ということで、田村校の生徒の皆さん、OB・OGの皆さん、山ちゃんの妄想を実現するためにお友達をどんどん連れてきて下さい。お願いします!!

さて、夏が暑いのは当たり前ですけど、暑いだけならまだしも、夏は山ちゃんの嫌いな、蚊・お化け・ヤンキーの季節じゃないですか。最近、旭校の生徒に怖い話をしてとよく言われます。そんなこと言われても、最近は歳をとって自分がお化けの世界に行くのも遠くないせいか、あまり見ないんですよね。それに、他の人の話は怖くても自分の話は話してても怖くないですし、リアルに表現するのは難しいんですよ。

小中学生の皆さん、恐怖体験がしたいのならば、お奨めの恐怖スポットがあります。ただし、命の保証はしませんけど…。度胸に自信のある方、命知らずの方は、ぜひ行ってみてはいかがですか?

その恐怖スポットは…

大磯町大磯1031に存在します。

もう、おわかりかと思いますが、その恐怖スポットとは…

『学心塾大磯校』です!!

長谷川①
ついに言ってしまいました。山ちゃんの命運もここに尽きました。今度こそ、ダメだと思います。山ちゃんの命を救いたいと思われる方がいらっしゃいましたら、どうかご友人・お知り合いをご紹介下さい。

以上、山ちゃんでした。

コメント

  • ベトナムの番人O より:

    ついに、踏み込んでしまいましたね!!

    たしかに、あそこは「学心七不思議」以上に怖い場所かと思いますが・・・

    夏はまだまだ「肝試し」程度だと思います!!

    本当に恐怖を味わえるのは、自分の経験上「冬」です!!

    大磯ツアーを開催の場合は、是非「ガイド役」に任命してもらいたいと・・・(^o^)

    夏場に訪れて欲しいのは、「平塚市岡崎5800-4」ですかね(^o^)

    理不尽極まりない「演習地獄」を自分に替わって、今年は武山先生・岩崎先生が引き継いでくれているので、弛んでいる中3生は、合宿前に「岡崎」で行ってみるといいと思います!!

    それでも余裕であれば、ベトナムまで来ていただければ・・・!!

    冬に訪れて欲しいスポットです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05