学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

受験生の味方、参上!

 こんばんは、山ちゃんです。

今日は岡崎校で第3回のファイナルゼミが開催されました。今回も試験後に単科受講形式で各自の苦手な分野や必要な分野を学習しました。どの教室も熱気が溢れていました。山ちゃんは「長文読解のコツ」と「歴史(近現代史)」を担当しました。

 ここで、一部「山ちゃんの長文読解のコツ」を教えちゃいます。

<長文の問題に時間をまわす>

まず、長文読解に一番必要なものは何かと言いますと、それは『時間』です。時間にゆとりがあれば、決して読むのが難しい英文が出題されるわけではありません。いかに長く長文の問題に時間がかけられるかがポイントだと思います。そのために、他の問題を解く時間をなるべく短縮するように努める必要があります。

①リスニングの説明が流れている間に、解けるだけ解いてしまう。

②並べかえの問題や条件英作文の問題は後に回す。

→ここで考え込んでしまうから、時間が足りなくなるんだと思います。

<選択肢にしっかり目を通す>

選択肢の英文を簡単に訳しておいて、それと本文を照らし合わせながら読んでいきます。ポイントは頭の中で訳すだけでなく、書き留めておくことです。頭の中で内容を覚えていても、読んでいる間に忘れてしまうこともあると思います。書いておけば忘れることもなく、確実に照らし合わせながら読むことが出来ます。訳すのに時間がかかってしまうという人は、選択肢の英文のキーになりそうな単語に印を付けておくだけでも有効だと思います。

どうしても長文の問題で点が取れない人は一度試してみて下さい。

以上、受験生の味方、山ちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05