学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

勝者と敗者

 こんばんは、山ちゃんです。

公立高校の合格発表から一日が過ぎた。学心塾の塾生は全員が志望校の合格を勝ち取るために、日々努力を積み重ねてきた。望む結果が得られた人もいれば、得られなかった人もいる。残酷だが、これが現実。あるボクシング漫画でこういう言葉がある。

「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力をしておる!」

そして、受験の結果が全てではない。なぜなら、昨日の合格・不合格はすでに過去のことだから。確かに昨日の結果だけで勝敗が決まるなら、「合格=勝利」、「不合格=敗北」かもしれない。しかし、高校受験という人生の第1ステージが終わると同時に第2ステージが始まっている。

過去の成功にいつまでも酔いしれていてはいけない。昨日の勝利が明日の敗北につながっては、勝利した意味がない。

 

過去の失敗にいつまでも打ちひしがれていてはいけない。昨日の敗北を明日の勝利につなげなければ、敗北した意味がない。

 

勝者が勝者であり続けるために、また敗者が勝者になるために、この言葉を噛みしめてほしい。

敗者は負けた時に勝負から離脱しようとし、勝者は仮に1000回負けても、勝つまで続ける。

敗者は恐れから逃げる。勝者は恐れと向き合う。

敗者は過去に生き、勝者は過去から学んだ人生に生きる。

敗者は勝者を運が良かったと思うが、勝者は自らが一生懸命働くことで幸運になると理解している。

 

まだまだ勝負はこれから。学心塾の生徒全てが勝者になれるように、一つの勝ち負けにとらわれることなく闘い続けてほしいと願っている。

以上、山ちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05