学心塾 田村校

tamura_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市田村5-6-6
電話
0463-54-1605

cpt_mail

 

 神田小・相模小・横内小・神田中・横内中の生徒が通ってきております。
 当教室は開校以来40年間、毎年、平塚江南高校をはじめ、数々の高校へと進学している伝統ある教室です。“楽しく・厳しく”をモットーに講師一同、一生懸命教えておりますので、皆様もぜひ一度、教室をのぞきに来てみて下さい。

ohno_img

「あのおかた」が降臨 ーKの日本史・番外編ー

学心塾のホームページがリニューアルして、約1年。

 

そして、去年の11月15日、学心の新しいブログに、あの世から降りてきた「あのおかた」が、

1年ぶりに現世(「うつしよ」という)に降りてきました!

 

日本を変えた男・坂本龍馬どのです!

100814_172806

(高知県・桂浜にて撮影)

 

坂本「いやあ~、やはり日本はすっかりさむいのう。今年も寒くて寂しい季節がやってきたっちゅうもんぜよ」

インタビュアー「坂本さん、お待ちしてましたよ。今年もし生きていらっしゃったら、何歳になっていたんですか?」

坂本「1834年生まれじゃきのう。ワシが生きとったら、2014年だから、180歳ちゅうことになるけんのう」

インタ「1年ぶりにいらっしゃいましたが、今の日本を見て、何を感じられますか?」

坂本「なにやら、またセンキョっちゅうもんがおこなわれるらしい言うとったが、そもそもせんきょっちゅうモンを、やったらええって、ワシが最初に似たようなことを言ってたけんのう」

インタ「今の政治のありかたの基本を作っていたのが、坂本さんですからね!」

坂本「そうじゃき。あの時(大政奉還・1867年)古い幕府をなくして、外国ともおんなじレベルで渡り合える国にせんかったら、今みたいな素晴らしい国には、なっていなかったき!」

インタ「もし、坂本さんが大政奉還をするように言っていなかったとすると・・・」

坂本「みんんんな、いまごろ、ちょんまげにハカマで、平気でかたなを振り回すような、もんのすごい、時代遅れの国になっていたかもしれんかったがじゃき!

まあ、それはそれで、見てみたかったりするかもしれんけどな。 ハッハッハ」

インタ「それにしても、33歳のお誕生日に、暗殺されてしまうとは、本当に残念でたまらないですよ」

坂本「運命とはわからんもんよのう。 もしヤツらがワシを襲ってくると分かっていたら、あらかじめその部屋じゃないところに隠れて、襲ってきたヤツらを後ろから張り倒して、壁に追い詰めて顔ドンでもして、もだえ苦しませようっちゅうことだって、できたはずじゃがのう」

インタ「・・・顔ドン? ですか・・・??」

坂本「いやいや、こっちの話じゃ」

インタ「では、高校受験を控える中3生や、定期テストが近い1・2年生に向けて、一言お願いします」

坂本志(こころざし)は高くないといかんぜよ。辛いときも、落ち込んでしまうときも、誰だってあるがじゃ。

  とにかく、前を見て、前を見て、進んで行ったらええがじゃ!

インタ「ありがとうございました!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05