学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

4月28日(木)授業報告及び宿題

 

小3

◎国語:テキストP1~17、漢字テキストP22~24

◎算数:テキストP38

宿題:国語(漢字)P25~27

算数(テキスト)P39

 

小4

◎国語:テキストP11~12、漢字テキストP16~18

◎算数:テキストP14

宿題:国語(漢字)P19~21

算数(テキスト)P15

 

小6算数

◎計算基礎特訓

◎分数×分数

◎分数÷分数

宿題:プリント3枚

 

中1英語

◎テキストP20~23、27~30

◎「you are」 の文、疑問文・否定文

宿題:テキストP31~33

 

中1数学

◎乗法

◎計算特訓

宿題:トレーニングテキストP16まで

 

中2英語

◎未来形の説明

◎テキストP57~61

宿題:テキストP62~65

 

中2数学

◎文字式による証明

宿題:トレーニングテキストP10まで

5月度月報配布のお知らせ

DSC_0144[1]

保護者のみなさま、今週生徒を通じて、5月度の月報を配布しました。ご確認をお願いします

内容物

・2016年5月 岡崎校予定表

・28年度各種検定日程のお知らせ

・学心塾岡崎校メール配信サービス開始のお知らせ

・数学検定受験案内

・小5・小6公立中等教育学校受検対策をされるみなさま(小5・小6のみ)

・「中1試験に向けての取り組み方保護者会実施のお知らせ」お知らせ(中1のみ)⇒出席希望の方は参加申込書を塾にご提出ください。

 

中1「試験に向けての取り組み方」保護者会実施のご案内

キャプチャ

GWが終わると、はじめての定期試験まで、ひと月ほどとなります。

そこで、当教室では、中1保護者様対象「定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について」を開催します。

試験に向けての取り組み方と、高校選抜方式について皆さまにお伝えし、参考にしていただきたいと考えております。

日程は下記のとおりになっております。参加される方は参加申込書に記入していただき、塾 へ提出して下さい。

開催日:5月21日(土)

時 間:午前10時~午前11時半ごろ(1時間半程度)

場 所:学心塾 岡崎校

内 容:①定期試験に向けての取り組み方について
②各中学の試験傾向と対策
③高校進学概要について
④公立高校、私立高校の基準概要について

  なお、当日は塾外生の保護者の方もご参加いただけます。
お知り合い等でご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、お誘い合わせのうえご参加下さい。
※お車でのご来校はご遠慮下さい。

4月26日(火)授業報告及び宿題

小5算数

◎直方体や立方体の体積

宿題:宿題プリント配布

 

中2国語

◎テキストP4~5、8(アイスプラネット)

宿題:テキストP9-11

 

中2社会(大住)

◎ヨーロッパ世界の発展と安土桃山時代

宿題:テキストp10、11 練習問題

 

中3国語(大住)

◎テキストP6~8(握手)

宿題:テキストP9-11

 

中3社会(大住)

◎日清・日露戦争のまとめテスト

宿題:テストにむけて今回の内容を復習しておきましょう

 

中3国語(金目)

◎テキストP6~8(握手)

宿題:テキストP9-11

 

中3理科(金目)

◎記録タイマー(力と運動)

 

GW休校について

いつも当塾にご理解・ご協力をいただきありがとうございます。

4月29日(金)~5月5日(木)の期間ですが、 ゴールデンウィーク休校となります。

5月通常授業は5月6日(金)より開始させていただきま。

どうぞ宜しくお願い致します

4月25日(月)授業報告及び宿題

中2理科

◎消化と吸収

宿題:後日、小テストを実施します。その準備をしておいてください。

 

中3大住理科

◎電気分解

宿題:後日、小テストを実施します。その準備をしておいてください。

 

中3金目社会

◎第一次世界大戦と日本(2)

宿題:復習を行いましょう

4月22日(金)授業報告及び宿題

小5国語

◎テキストP26~23

宿題:漢字プリントNo.3&No.4

 

小6国語

◎テキストP22~23

◎漢字テストNo1・2

宿題:漢字プリントNo3・4

次回:漢字テスト

 

中3A英語

◎Let’s Talk 1、call A・B、make A・B の説明

◎テキストP20~21

宿題:テキストP96~98

中3A数学

◎因数分解

◎いろいろな因数分解

宿題:100問プリント月曜日まで

 

中3B英語

◎Let’s Talk 1、call A・B、make A・B の説明

◎テキストP15~17、20~21

宿題:テキストP96~98

 

中3B数学

◎因数分解

宿題:100問プリント月曜日まで

効果的な学習法について考えました

正しい、勉強方法ってどれ?

よく、「勉強法がわからない」という声を聞く。

先日、子どもたちが宿題の答え合わせをしているときに生徒に伝えたことがあります。

きちんと、丸つけをして、ミスした問題は正しい答えを赤ペンで書く。

これは悪いことではありません。

ただし、「そこで終わりじゃないよ!」

赤で直して済ましている生徒はいるが、それではせっかく間違い直しをしてもあまり意味がありません。「同じミスをしないようにするにはどうすればよいか?」まで取り組んで初めて学習効果があります。生徒の中には赤で書くことで、勉強した気になり、それで終わりにする子はいますが、解き直しをし、再度似た問題がでたときに解けるようになることが大切です。

「優秀な生徒と勉強が苦手な生徒の差は何か?」

どれだけ効率的に学習するかです。

「自分はどのような問題で取りこぼしたのか?」

「解けない問題が多くあったのか?」

それとも、「解けたけどミスで間違えたのか?」など。

これから同じ間違いをしないように普段から心がける事が出来れば自然と点数はアップするわけですから、それには間違い直しをすることが、有効的な学習方法の一つです。

効果的に学習するために、間違い直しは必ずしてください。

4月21日(木)授業報告及び宿題

小3

◎国語:テキストP14、漢字テキストP13~18

◎算数:テキストP33~37

宿題:国語(漢字)P19~21

算数(テキスト)P38

 

小4

◎国語:テキストP9~10、漢字テキストP7~12

◎算数:テキストP12~13

宿題:国語(漢字)P13~15

算数(テキスト)P14

 

小6算数

◎計算基礎特訓

◎円の面積

宿題:プリント3枚

 

中1英語

◎テキストP15~19

宿題:テキストP20~21

 

中1数学

◎小テスト実施「加法と減法(加減混合算」

◎( )のない加法・減法

◎乗法

宿題:トレーニングテキストP2~P4

 

中2英語

◎テキストP12~20(how can I get to ?)

 

中2数学

◎小テスト実施「多項式の計算&単項式の乗法・除法」

◎等式変形

◎文字式による証明

宿題:トレーニングテキストP4~P6

4月19日(火)授業報告及び宿題

小5算数

◎小数のかけ算と割り算の利用

宿題:宿題プリント配布

 

中2国語(大住)

◎テキストP2~3、6~7

宿題:テキストP4~5

 

中2社会(大住)

◎歴史Ⅰの復習

宿題:テストにむけて今回の内容を復習しておきましょう

 

中3国語(大住)

◎テキストP3~5

宿題:テキストP6~7

 

中3社会(大住)

◎日清・日露戦争

宿題:テストにむけて前回・今回の内容を復習しておきましょう

 

中3国語(金目)

◎テキストP3~5

宿題:テキストP6~7

 

中3理科(金目)

◎記録タイマー

 

 

今回の地震に想う

ここ連日、テレビをつければすべての番組で、 熊本県の大地震のニュースが流れています。

関東ではゆれを感じることはなかったですが、東日本大震災を経験している我々にとっては他人事ではありません。

地震の後に、結婚して現在九州に住んでいる、卒業生のSさんからのメールで、「私が住んでいるところは大丈夫ですが、余震が多くて寝不足です。」とのメールがありました。直撃した地域も、その周囲も、そして九州以外の人も、日本に住んでいる限りはいつ起きるかわからないので、他人事の出来事とはいえません。

今回、報道をみて思ったことは「余震」という言葉。今回は一度目の大きな地震のあと「余震にはご注意ください。」というアナウンスがあり、その後実際の本震と言われる、マグニチュードの大きな地震がきました。余震という言葉は、本震よりも大きくならないという印象を持っていた人は自分だけではないと思います。最大限の注意を払える言葉にした方がいいのではないだろうか。

それと昨日の東京新聞のコラムには、考えさせられました。

事故で息子さんを亡くしたお母さんがお医者さんにある頼み事をした。「涙を止める薬をください」。

この一文には、なんとも言えない想いになる。

そして、見慣れた故郷の光景が一変する。これからどうなるのか。どうすればいいのか。涙は止まるまい。それを止める薬はない。少しでもその代わりになる物があるとすれば、支援、手助けしかあるまい。

本当にその通りだ。九州なので直接何ができるわけではないが、現地のことを想うこと。募金など、現地にいなくてもできること。そして、こちらで同じことが起きたときのための備えること。それら少しでもできることをやることが今できる支援なのだと信じたい。今回の地震は同じ日本でのでき事として、想いは共にあると現地の人伝えられればと。

今回の地震では 余震回数が多く、規模も大きいのが特徴で、 現地の人々の不安をより一層大きくしていると思います。日に日に 被害が大きくなり、多くの 死傷者出ています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

4月15日(金)授業報告及び宿題

小5国語

◎テキストP22~25

宿題:漢字プリントNo.2

 

小6国語

◎テキストP20~21

宿題:漢字プリントNo.2

次回:漢字テスト

 

中3A英語

◎テキストP40~41、12~17

 

中3A数学

◎因数分解

◎いろいろな因数分解

宿題:100問テストが完了していない生徒は進めておくこと

 

中3B英語

◎テキストP39~41、10~14

宿題:テキストP15~17

 

中3B数学

◎素数と素因数分解

宿題:100問テストが完了していない生徒は進めておくこと

成績アップのチャンス‼

無二無三

多くの生徒が抱える目標は、成績UPと志望校合格!これを達成するために、みんなががんばっています。

成績を上げるためには、気持ちの部分が大きく作用します。成績が上がれば、モチベーションがあがり、やる気もでてくる。しかし、逆のケースもある。

だから、全生徒には勉強の成果が目に見える形ででてほしい。

そのチャンスは各学年とも、2学期よりも1学期です。後期の成績は平均でつくことが多く、前期で失敗すると、2学期で結果がでても、数字には表れないことがあります。また、内容も、2学期の方が応用的な問題が多い。

それと比べ、1学期は比較的基本的要素が多く、ミスさえしなければ中間や期末で高得点が狙いやすく、成績UPもしやすい。

毎年、大幅に成績を上げる生徒は2学期よりも、1学期で上げてきます。

昨年の卒業生の中には、中2のときに14段階UPをさせた生徒もいました。

だから、生徒には今がんばるように話しています。ここでがんばれば、結果が出てくる可能性が高い。

また、具体的には理科と社会は上げやすい科目だと思います。

英数国の3科目に比べると、軽視されがちですが、非常に差がでる科目が理科と社会です。バランスのとれた学習も大切ですが、成績を上げるためには、科目を限定して、集中的に学習していくことも大切になります。

4月14日(木)授業報告及び宿題

小3

◎国語:テキストP12~13

◎算数:テキストP28~32

宿題:国語(漢字)P13~18

算数(テキスト)P33~34

 

小4

◎国語:テキストP9~10

◎算数:テキストP9~11

宿題:国語(漢字)P7~12

算数(テキスト)P12

 

小6算数

◎逆算

宿題:プリント3枚

 

中1英語

◎テキストP10~14

◎アルファベット(タイムレース)

宿題:テキストP15~16

 

中1数学

◎小テスト実施「正の数・負の数&加法と減法」

◎( )のない加法・減法

宿題:火曜日に配布したプリントを進めてください

 

中2英語

◎テキストP37~38、10~11

宿題:テキストP12~14

 

中2数学

◎小テスト実施「多項式の計算&単項式の乗法・除法」

◎式の値

◎等式変形

宿題:トレーニングテキストP1~P3

私たちが『習熟度別』『個別学習指導』にこだわる理由

岡崎校では、月曜日と火曜日個別課題学習の時間があります。通常の授業以上に課題の準備やテストの準備に時間を費やし、この両日は一週間の中でも最も授業準備の時間がかかります。そもそも、受動的になりがちな塾の講義を能動的なカリキュラムへと考え始まった個別課題学習。たくさんの問題を解かなくてはいけないこの時間は生徒にとっても普通に講義をうける以上に大変なようで、課題がドンドンたまる生徒も続出しています。ですが、これを一つ一つこなすことで学力向上が実証できていますので、これまで以上に生徒には頑張ってもらうことになります。

DSC_0129[1]

古くから授業は先生が黒板の前に立ち、それを子どもたちは聞くという形を取っています。しかし、この方法をとるのは、学校や塾など限られたところだけです。スイミングやピアノのレッスンなど習い事はこのような方法を取っていません。やり方を説明したら、すぐに子どもたちに練習させます。指導者は練習の様子をしっかり捉え、個々に直した方が良いところを伝えます。そしてまた練習させます。実際、この方法で子ども達は泳ぎ方や弾き方を習得していきます。「できる」というゴールがはっきりしていて、確実にマスターさせることができます。
私たちは、勉強も習い事も同じだと考え、トレーニングを通じて、「できる」状態にしていくことが大切だと考えています。
問題を通じて、子ども達一人一人に、「この問題は良くできているから、こういうパターンの問題に挑戦していこう!」「この問題では、こういうミスが多いので、こういうやり方をしてみよう!」など声をかけていきます。つまり、私たちは子ども達の能力を伸ばすために、コーチングをするのです。
このようなやりとりから、自ずと子ども達の演習量は増えます。子ども達の演習量が増えれば増えるほど必ず伸びます。問題を通じて、「できる」ようにすることが成績UPの近道だと考え、子ども達の指導に日々あたっています。

地域の皆様よろしくお願いします

0047

昨日より、新学期がスタートしました。

塾にとっては、春期講習が一年の始まりなので、新学期というのも、なんだか妙な気もしますが、やはり気持ちは新たなスタートでいきたいです。
春期講習からは、新たなメンバーも加わり、学心塾岡崎校も活気が出てきました。今春は春期講習の参加者は学心塾の中でも一番多くの生徒が参加してくれました。さらに春期講習に参加していただいた生徒さんが全員継続し、入塾となったことに感謝いたします。200%の力で生徒と向き合いますのでよろしくお願いします。新たな生徒が岡崎校に明るい風を吹き込んでくれることを期待いたします。
岡崎校では、やはり、明るく、元気に、そして時には厳しく指導していくことが大切だと考えています。
今年度の岡崎校はさらなるパワーアップをし、今年度も地域に愛される塾づくりをめざしていきますので、地域の皆様よろしくお願いします。

4月8日(金)授業報告及び宿題

小5国語

◎作文

◎テキストP18~21

宿題:漢字プリントNo1

 

小6国語

◎テキストP16~19

宿題:漢字プリントNo1

 

中3A英語

◎テキストP73~75、38~39

宿題:テキストP40~41

 

中3A数学

◎小テスト実施「多項式の計算(式の展開)&(乗法公式)

◎素因数分解

◎因数分解

宿題:なし

 

中3B英語

◎テキストP73~75、38

宿題:テキストP39~41

 

中3B数学

◎小テスト実施「多項式の計算(式の展開)&(乗法公式)

◎展開公式の利用

宿題:なし

学心塾 岡崎校【授業報告&宿題・連絡等】について

これまで、JUGEMにて学心塾 岡崎校【授業報告&宿題・連絡等】を書いてきましたが、今年度より、こちらのサイトに記載します。複数サイトがあることで、「どちらを見ればよいのか?」という意見がありましたので、一本化することとしました。

授業内容や宿題につきましてはこちらのサイトからご確認ください。

大幅に成績を上げる生徒は2学期よりも、1学期

0110

多くの生徒が抱える目標は、成績UPと志望校合格!

これを達成するために、みんなががんばっています。 成績を上げるためには、気持ちの部分が大きく作用します。成績が上がれば、モチベーションがあがり、やる気もでてくる。しかし、逆のケースもある。 だから、全生徒には勉強の成果が目に見える形ででてほしい。 そのチャンスは各学年とも、2学期よりも1学期です。後期の成績は平均でつくことが多く、前期で失敗すると、2学期で結果がでても、数字には表れないことがあります。また、内容も、2学期の方が応用的な問題が多い。 それと比べ、1学期は比較的基本的要素が多く、ミスさえしなければ中間や期末で高得点が狙いやすく、成績UPもしやすい。 毎年、大幅に成績を上げる生徒は2学期よりも、1学期で上げてきます。 昨年の生徒の中には、9段階UPをさせた生徒もいました。

だから、生徒には今がんばるように話しています。ここでがんばれば、結果が出てくる可能性が高い。 また、具体的には理科と社会は上げやすい科目だと思います。 英数国の3科目に比べると、軽視されがちですが、非常に差がでる科目が理科と社会です。バランスのとれた学習も大切ですが、成績を上げるためには、科目を限定して、集中的に学習していくことも大切になります。

ご入学おめでとうございます。

omedeto

 

本日は、入学式です。

天気は晴れとまでは言いませんが、今は雨がやみ、記念撮影があちらこちらでみられました。
私が塾に向かう時間、多くのご父母様と、真新しい制服をきた、子どもたちの姿が見られました。
保護者の皆さま、生徒のみなさま「ご入学おめでとうございます。」
皆が、新しい生活に期待で心弾んでいると思います。
新しい生活では、楽しいこともたくさんあると思います。
でも、中学生は勉強が大変になります。
勉強も部活もすべてのことを一生懸命やり、充実した中学生活を送りましょう。
塾生はもちろんですが、すべての進学するみなさん、「ご入学おめでとうございます。」

日本英語検定協会から奨励賞をいただきました

PIC_0002

英検協会より封書が届き、中を確認すると、英検「奨励賞」送付のお知らせと奨励賞の賞状が!

内容を見てみると、『平成27年度成績優秀団体選考委員会において、貴団体が表記の賞に選出されました。その栄誉を祝しますとともに、深く敬意を表します。』とのこと。

昨年1年間、多くの塾生や地域のみなさんががんばって挑戦してくれた証です。

ありがとうございました!

これからもより多くの生徒たちにチャレンジしていただき、多く合格を目指してスタッフ一同努力して参ります。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05