学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

GW期間休講のご案内

Taro-休校案内

大澤大魔神が岡崎校にやってきました!!

昨日、1年ぶりくらいに岡崎校を訪れ、生徒達との再会をしました。

1年も会わない間に雰囲気が変わった生徒もいれば、1年前と全く変わっていない生徒もいました。

自分に会いにくるために通塾日ではないのに通塾してくれた生徒もいてとても嬉しかったです。

また、中3生に関しては早くも「夏期勉強合宿」の時にまた日本に戻ってきてください!!

とオファーまで頂きました。

生徒からオファーを頂いた以上、今年も合宿にしなくてはと思います!!

(合宿担当の先生方、今年も参加することが可能であれば、今年こそは大人しくしていますので、よろしくお願い致します。)

PIC_0105

また、卒業生もブログを見て岡崎校まで顔を出してくれてありがとうございます!!

高校生らしくなっていたので安心しました。勉強頑張りながら高校生活を大いに楽しんで下さい!!

PIC_0099

岡崎校は、今日も「個別課題学習」を実施しております。

中学生は、指示されたコマ数を必ずクリアするようにしましょう。

(多い分にはたくさん来ても大丈夫です。)

 

スペシャルゲスト登場

今日は個別課題学習日、スペシャルゲストも登場します。

そう、大澤大魔神。

PIC_0428

先ほど、本部にて久しぶりにお会いしましたが、相変わらずのパワフルさ。今日、岡崎の生徒たちと会えることを楽しみにしていましたよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、本日開催する個別課題学習は、個々に自分で学習し、解決できるようにすることを目標にしています。つまり勉強内容を教えるのではなく、勉強の仕方を教える時間でもあります。個別演習は学力向上に直結し、演習の時間数が多ければ多いほどその効果は高まります。授業を聞いて「わかった」と思っていてもテストでは点数がとれないことありませんか。学心塾では「わかる」よりも「できる」を目指します。そのためにも、多くの問題を解く時間を確保していきます。

そこで、学心塾岡崎校で演習を担うのが「習熟度別個別学習システムeトレ」です。eトレにより、個々に合った学習内容をご提供できる学習方法を実践しています。

みなさんはDUT理論はご存知ですか?成績をアップさせるの必要な3つの要素と言われるものと言われています。

1. Desire: 成績を上げたいという欲求

2. Understand: 先生の指導による正しい理解(授業)

3. Training: 理解したことを定着させるための練習(eトレ)

これは勉強で目標を達成するために有効な考え方です。成功を収めるために必要なことはたったの3つです。つまり「D・U・T」の3つの要素です。

まず1つ目は、「テストで良い点を取りたい」「希望の学校に入りたい」という「欲求(Desire)」です。
しかし、「良い点を取りたい」と言っているだけでは、その欲求を満たすことはできません。

そこで必要なのは2つ目、学校や塾で授業をよく聞き、内容を「理解(Understand)」することです。

そして最後に必要なことはもう言うまでもありませんが、理解したことを定着させるためにはたくさんの問題を解いて「練習(Training)=eトレ」をすることです。

スポーツの世界ではこの「DUT理論」は広く浸透し、誰もが練習を一番大切にしています。

しかし勉強となると、「欲求」、「理解」に比べて「練習」が圧倒的に不足しているのです。
たとえ教わって理解できたとしても、練習が足りなければ本物の実力は身に付きません。

つまり、理解することと同じくらい練習することが大切で、eトレプリントでトレーニングの量を増やすことが学力アップのための一番の近道なのです。

学心塾の個別課題学習で、「わかる」を「できる」にかえる学心塾の指導をご体験してみてください。

5月チラシ

今週、下記の新聞折り込みを入れさせていただきました。

ご覧いただけたでしょうか。岡崎校の前塾長石川先生がメインとなっています。卒業生の皆さんは懐かしい想いになった方もいらっしゃるのではないですか。

ただいま、5月体験を受付中ですので、塾をご検討中のみなさまよろしくお願いします。(小学4年生と金目中の2年・3年は現在定員により募集停止中です。6月より募集を再開する予定です)

omote

ura

さらに今週は手巻きポスティングも作製しました。もちろんすべて手作りです。とよ爺に見せたところ「平凡なチラシ」と苦言を言われてしまいましたが、自分にセンスでは限界があるので、こちらで勘弁していただき、GW前後から5月にかけて近隣の家庭にポスティングさせていただきます。

5月ポスティング-002

5月ポスティング-001

部活と勉強の両立にチャレンジ

0082

各中学では中1の仮入部期間が終わり、正式に入部が決まるころでしょうか。みなさん、部活は決まりましたか。各中学部活には顧問の先生の熱心さなどで、活動量にもかなりの差がありますね。

そして、中学生にとっては、部活と勉強の両立は永遠のテーマです。子どもによっては両立が困難な生徒も少なくありません。私としては部活も、勉強もできる限り、一生懸命にやってほしいと考えています。時間割や予定を組む時もできる限り、部活の事情を考えて組ませていただいています。

部活は学校の授業が終わってから始まります。ときには土曜日や日曜日に練習や大会もあります。また、授業後何時までやるかは顧問の先生の熱心さや、強豪かどうかで違ってきます。もし、入部した部活が強豪クラブならば、午後錬だけではなく朝練や、土日は一日練習だってある部活もあります。練習がほどほどの部活ならば時間が圧迫されることはないのですが、ハードな部活の場合、家に帰って食事して寝るだけというケースのあります。

部活は「自分で決めて入ったもの」です。どうしたら両者を上手に両立できるか。GWが終われば中間試験もすぐです。個々にあった最適な学習方法を考えましょう。我々学心スタッフからもアドバイスをしていきます。

GW期間の休講のご案内

4/29(祝)~5/6(祝)の期間は「集団一斉授業」及び「個別課題学習」は年間予定の通り休校とさせていただきます。

ただし、一部生徒は指名学習を実施することもありますので、指名された生徒は必ず参加してください。

中1保護者会『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』開催のご案内

0047

毎年、学心塾岡崎校ではGWが終えると、中1の保護者様対象に『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』と題した保護者会を開催しています。

今年も、5月16日(土)に開催させていただくことが決定しました。内塾生には生徒を通じてご案内を配布いたします。

初めて、中学校の試験を経験する中1生にとっては、不安もあれば期待もあるかもしれません。

特に初めて中学生のお子様をお持ちの方はご心配をお持ちかと思います。

おそらく不安なのは、

「どんな準備をすればよいのか」

「どんな問題がでてくるのか」

「小学校のテストとはどのようにりがうのか」などでしょうか。

そこで、『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』についての説明会を催したいと思います。

時間が許せば、中間試験に向けての学習法だけではなく、高校入試についてもお話させていただきます。

開催日:5月16日(土)

時 間:午前10時~午前11時半ごろ(1時間半程度)

場 所:学心塾 岡崎校

内 容:

①定期試験に向けての取り組み方について
②各中学の試験傾向と対策
③高校進学概要について
④公立高校、私立高校の基準概要について

なお、当日は塾外生の保護者の方もご参加いただけます。
お知り合い等でご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、お誘い合わせのうえご参加下さい。

中1英語&数学のポイントはココだ!

PIC_0064

いよいよ新学期が始まって、ようやく中学校生活に慣れてきたころでしょうか。そこで、英語&数学について、これからの学習に対するアドバイスをしたいと思います。

まず英語ですが、最初のことは「ABC」から始まり、「I am~.」「You are~」から始まります。この段階では、なにも難しいことはありません。きっと最初の中間テストでは半分の生徒が満点近くとるはずです。

でも、本当の勝負はここからです。I have a picture.といった一般動詞がでてくるあたりから、最初の分かれ道が始まります。ここできっちりとやっておかないと、次にlikesのような三単現、~ing、what、whereなどが出てきたら、もうナニがナンだかわからなくなってしまいます。

だから、一般動詞は徹底的に!

そして、数学ですが、こちらの科目は最初がポイントになります。「正の数・負の数」で躓けば、今後やる文字式や方程式が解けなくなり、今後習う中学の数学だけではなく、高校の数学も解けなくなります。わかってしまえば以外に簡単なので、最初からしっかりとマスターしましょう。

わかれば、数学はとても面白くなっていきます。

このように学習を進めていくときに、必ず引っかかりやすいポイントがあります。一生懸命にやっていてもどこが重要なのかわからない場合もあります。

的を得た学習を心がけ効率的に学習しましょう!

明日(4/18)は指名学習開催です。

生徒のみなさんにご報告。あの男が越南よりやってきます。

DSC_0349そうです。以前岡崎校にいた大澤大魔神です。現在はベトナムのKG GLOBAL ACADEMYで頑張っている学心グループの講師の中でも自慢のパワフルスタッフです。

二年前の冬にベトナムに行き、異国の地で塾を運営する。我々にはわからない苦労もたくさんあることでしょう。彼の土産話を聞くことが今から楽しみです。

生徒の皆さんも運がよければ、岡崎校に顔を出すと言っているので会えるかもしれませんよ。

さて、明日の岡崎校は学心塾指導カリキュラム三本柱の一つ‟指名学習日”です。対象は、我々講師から‟指名された生徒”と今週の月曜日&火曜日に実施した達成度テストで‟7割に届かなかった中学生”が対象です。また、自主参加はOKです。

明日は13時より開講しますので、私と一緒に勉強しましょう!

 

新入塾生募集について※募集を一次停止させていただく学年があります。

Microsoft PowerPoint - ポスター(きみの未来をつくる) 2 [互換モード]

日ごろより当塾にご理解とご協力いただきありがとうございます。

春期講習及び4月体験に多くの新入塾生に集まっていただきました。「ありがとうございます。」

全スタッフ一致団結して、学力絶対向上という使命に邁進していきます。

さて、以下の学年は受け入れ準備ができるまでの期間、募集を停止させていただきます。予定としては6月より募集を再開します。募集を再開できても若干名の募集のみだと思います。体験入塾&ご入塾をお考えの方は6月体験入塾のご予約は今から承りますので、お早目にご連絡ください。

募集一時停止学年

★小学4年生(全小学校)

★中学2年生(金目中)&中学3年生(金目中)※大住中は受付可能です。金目中も送迎を希望されない場合は対応可能です。

受付体制を準備し6月をメドに募集を再開する予定です。対象の学年及びエリアのみなさまは大変申し訳ないのですが、ご理解とご協力をお願いいたします。

みなさんのご協力があって、無事一週間を終えることができました

学心塾岡崎校とは

今日で、今年度の通常授業が丁度一週間になりました。

毎年のことですが、どんなにしっかりと計画をたて、準備をしたとしても最初の一週間は緊張します。多少、送迎がタイトで、時間が前後することはありましたが、集団一斉授業、個別課題学習、送迎のすべてが皆さんのご協力もあり無事に一週間を終えることができました。

特に今年度は月曜日と火曜日に‟個別課題学習の日”を設置。これまで授業の間に個別課題学習を開催していましたが、‟個別課題学習の日”を設置したのは大きな改善点です。学心塾の個別課題学習は自立学習を確立と実力アップに必要な豊富な演習量を確保するための時間です。特にeトレを使って、近隣のどこの塾よりもたくさんの問題を解いていただく時間になります。「わかる」を「できる」に変えていくためには、より多くの問題演習が必要です。。そのための時間が個別課題学習になります。

PIC_0071

明日からは再度シミュレーションをし、よりよく改善できる部分は改善します。

そして、新しい先生も岡崎校にはいりました。簑島先生と茂田先生です。

0332

昨年度から引き続き、武山と岩崎先生を中心に永田先生、杉山先生、今年度からの簑島先生、茂田先生の6名で岡崎校はよりパワーアップします。

よろしくお願いします。

「学心塾岡崎校 授業内容&宿題ブログ」について

キャプチャ

塾生保護者及び塾生のみなさま、昨年度に引き続き、下記のサイトより今年度も日々の授業内容と宿題をご確認いただけます。

日々の授業での進行具合や宿題については、「学心塾岡崎校 授業内容&宿題ブログ」にて、毎日更新していきます。

「復習をしたいとき何を塾で学習したか。」

「宿題は何か。」

「欠席した授業で何をやったか。」などは、「学心塾岡崎校 授業内容&宿題ブログ」をご確認ください。

54

5月無料体験受付開始しました

夢をつかめ!

今年は4月無料体験に多くの生徒さんに参加していただいています。

多くの学習塾の中から学心塾の授業にご参加いただいたことを感謝いたします。

体験生のみなさん、「体験したいただいてどうでしたでしょうか?」

体験生のご家庭には体験終了後、塾でのご様子のご報告をさせていただきます。

学心塾では、5月無料体験&入塾申し込み受付を開始させていただきます。

学心塾では、入塾前に2週間の無料体験を受講していただき、本当に学心塾がお子様に合っているかご判断いただいております。

子どもにとって、本当に合った塾を選ばないと学力向上は望めません。

それには実際に授業を体験するのが1番です。 そのため、学心塾では2週間の無料体験期間を設け、生徒・保護者とも納得をして入塾をご判断していただきます。

当然、その間は既塾生と同じように宿題もあれば居残り学習もあります。 もし、合わないと思われた場合、入塾をキャンセルされるのに何の遠慮もいりません。

お気軽にまずはお電話0463-59-0855までご連絡ください。または資料請求のページから資料をご請求ください。

安直な勉強をしていませんか?

Microsoft PowerPoint - ポスター(きみの未来をつくる) 2 [互換モード]

「なぜ勉強するのか?」

おそらく多くの人が中学生の頃に考えたことがあると思います。

「なぜ?」に答えるならば、「将来の夢をかなえるため」「志望高校に合格するため」など未来をつくるためといえます。

でも、単純に「学力をつけるため」というのも答えです。今、頑張ることが将来の糧になることは多くの人が大人になってから気が付くことではないでしょうか。

では、学力とは何でしょうか?

学校の成績や実力テストで良い成績を収めること。高校や大学へ入学試験を突破すること。いずれも大切な目安です。しかしそれはあくまでも目安でしかありません。学力の本質は、これらの関門を通過するための単なる知識の習得ではありません。勉強によって得た知識を、自分でよく考えることによって自分のものとし、さまざまなものに応用できる知識ではないでしょうか?

そしてその知識を身につけるためには、不断の努力が必要なことは言うまでもないことです。

塾に通っている生徒のメリットの一つに過去問題の演習があります。自分も過去問題は必ず解き、参考にして生徒に解かせる問題を決めています。過去問は塾に通っている一部の生徒だけが恩恵を受けられるもので、学校の先生も塾で配っていることを薄々知りながらも、同様の問題を出題しているのかもしれません。こういったことが学力低下の原因の一つです。過去問題をもらっている生徒は、日ごろの学習を疎かにしても、「これさえやれば試験でいい点がとれるからそれでいい。」という安易な気持ちを持たなかったでしょうか。誰もが試験では良い点を取りたいと思うでしょう。保護者の方もそれを期待されているはずです。

でも、自分は目先の試験で良い点を取るために、安易な手段を子どもたちが期するようでは、真の学力は身に付かないのではないかと思うのです。さらに、日ごろの学習姿勢を省みることなく、安易な道を求める風潮がこのような形で子どもたちに芽生えてしまうなら、子どもたちの将来にも大きな問題を背負わせてしまうように感じます。

真の学力は安直な勉強では身に付きません。常日頃から堅実な勉強を積み重ねることが本道であるはずです。そして自分の目標に向かっていこうとするなら、それなりの苦痛も覚悟しなければいけません。その努力があるからこそ、達成の喜びもあるのです。

ですから、過去問に頼る安直な指導はせず、しっかりと学力を定着する指導をします。これから未来を担う子どもたちにそのことを教えていくことが私たちの務めです。

本日より新学期スタートします

PIC_0007

思わず、「寒む…」

4月とは思えない寒さです。

昨日はは多くの学校で入学式が開催されました。

今春、入学を迎えたみなさま、そして進級されたみなさまおめでとうございます。

新しい環境、新しい出会い、今年一年がどのような一年になるのか不安もあるかもしれませんが、ワクワクもしますね。

みなさんにとって充実した一年間を迎えられることを期待しています。

そして、学心塾は本日から平常授業が始まります。

学心塾岡崎校の時間割は以下です。

月曜日 個別課題学習《全学年対象※中学生必修》

火曜日 個別課題学習《全学年対象※中学生必修》

水曜日 小3・小4国語・算数(eトレ) 小6英語 中2・中3理科・社会・国語(eトレ)

木曜日 小5算数 小6国語  中1・中2英語・数学・国語

金曜日 小5国語 小6算数 中2英語・数学

土曜日 指名学習

注)時間割は学校の進度により、最適なカリキュラムを検討し、変更することがあります。

注)上記以外に指名学習が開催されます。

注)自習室は教室の開放時間は自由に使えます。

生徒各位「平成27年度 学心塾岡崎校注意事項」

学心塾岡崎校の生徒には以下の内容を指導します。

当たり前のことができない生徒は、ケアレスミスが多い生徒に多いです。以下のようなことが守れない生徒は、成績が上がらないといえます。当たり前のことを当たり前に実践できるようになりましょう。

◎挨拶・言葉遣いについて
学心塾の生徒に挨拶ができない生徒、横柄な言葉遣いしかできない生徒はいりません。挨拶等は、人として当たり前のことです。きちんとした言葉遣いをするように心がけましょう。

◎携帯電話・スマートフォンについて
教室内の使用は理由を問わず禁止します。持ち込む際は必ずカバン等の中にしまっておくこと。使用した場合及び着信音が鳴った場合は理由を問わず没収とし、保護者の方に取りにきていただきます。

◎欠席・欠席について
欠席・欠席の際は必ず連絡すること。また、授業時刻になっても席に着席していない場合も、今年度より遅刻扱いになりますので、講師が教室に入る前に必ず着席しておくこと。

◎自習室について
空き教室を自習室として開放しています。必ず、以下の規則を守ること。
1.無断で使用しない。
2.飲食をしない。
3.おしゃべりをしない。
以上のことが守れないときは、退出してもらいます。

◎掲示物について
掲示物には、触れないようにしてください。特に画鋲等での悪戯が目立ちますが、今後一切行わないこと。

◎観葉植物・芳香剤について
悪戯は一切しないこと。

◎机・壁・黒板・ホワイトボードについて
落書きは禁止です。特に休み時間等の黒板、ホワイトボードへの落書きは禁止とします。

◎送迎について
送迎車を利用する生徒は、送迎規則を必ず読んでおくこと。特に乗り降りの際に必ずあいさつをすること。もしできない時は乗車を断る場合もあります。

※以上のことは当たり前のことばかりです。ルールを守ることは、勉強以上に大切なことなので必ず守ってください。尚、ルールを守れない生徒は学心塾にはいりません。他の人の迷惑になるので退塾していただきます。こちらから退塾勧告をだす場合がありますのでご了承ください。

小3・小4年間キャンペーン

学心塾の小3&小4は、週一回(80分)国語・算数(2科目)セット受講で 一ヶ月 4320円で受講できます。

もちろん、その他諸経費も年間キャンペーン価格でご提供。

☆年間雑費⇒  無 料
☆教材費⇒6480円(年額)
☆テスト費⇒4320円(年額)
☆夏期講習費⇒8640円
☆冬期講習費⇒4320円0117

内容は国語も算数も学校準拠ではなく個々の学力に合わせた実力錬成になります。超膨大問題ベースeトレを使って授業を進めていきます。小学高学年や中学生に進級した際にミスを起こしやすい単元は、丁寧に指導をしています。もちろん、国語は、語彙力・作文力、算数は計算力の強化にも力を入れています。毎回の宿題も出します。この機会に、学心塾への入塾をご検討下さい。キャンペーンは年間通して実施しています。

学心塾の特徴⇒教えるだけの塾ではありません。
学心塾の平常授業は、集団一斉授業と個別課題学習という2つの授業があります。集団一斉授業では、ポイントを絞った授業を実践し、個別課題学習では、主に演習を中心とした授業により個別に対応しています。さらに、理解不足の生徒には、指名学習(強制的な呼び出し補習・追試など)を実施しています。このシステムによってより効果的に学習の理解度を深めることができます。

内申インフレを勝ち抜け

近年は、勉強する子どもと全くしない子どもという、学力階層の「二極化」が進んでいます。しかし、問題は、学力格差だけではありません。さらに深刻なのは、学力下位グループに属する子どもたちの自ら学ぼうとする意欲や、勉強に積極的に取り組む姿勢が減退しており、勉強離れが急速に進んでいることです。

子どもたちの生活時間の変化を見てみると、「家で勉強する時間が減っている」のに対し、「家でテレビを観る」「家でテレビゲームをする」時間が大幅に増えています。特に近年はスマートフォンの普及により、何時間もスマートフォンを使用しているというデータが最近のニュースでもありました。

塾生の保護者様からも「家庭学習をあまりしない」という相談をよく受けます。これは私たちの反省点でもあります。しかし、一様の宿題を出しても、勉強時間は確保できても、学習効果はどうかと言えば、それほどないということもあります。大切なのは、生徒自身が学ぼうとする心を育ててあげることでしょうか。

子どもは結果がでればやる気も出ますし、逆に成績が下がればモチベーションも下がります。生徒自身が学ぼうとする心を育てるには成績をアップさせることが特効薬になります。幸い、今は相対評価ではなく、絶対評価になり以前よりも成績がつきやすくなりました。中学によっては「5」が20%以上つく中学もあります。いわば内申インフレの状況にあります。

このような中で皆さんは、どう対処していけばよいのでしょうか。

まず、内申の取りこぼしをしないことです。努力すれば全員が高い評価を得ることが可能になったということは、逆に言うと内申が不足気味な生徒の受験は不利になってしまうということです。また絶対評価では定期テストのみではなく、小テストや宿題の提出状況、授業態度、意欲なども学校や教科によって様々に加味されます。実際に定期テストの結果がよかったにもかかわらず、その他の項目の評価が思わしくなかったためによい評定をもらえずつらい思いをした生徒もいます。定期テストの勉強にしっかり取り組むだけではなく、下に示した項目も注意してください。

絶対評価の学習評価項目の例
定期テスト・小テスト・授業プリント・発表・発言・スピーチ・授業態度・実験・宿題・提出物・忘れ物など

それに加えて大切なことはは、入試当日の学力試験で高得点できる「本物の学力」を身につけることです。
しかし、この学力が身についているかどうかは、様々な要素が複雑に総合されて評価される通知表では、測ることができません。内申では差がつかないと思われるこれからの高校入試においては志望校合格のカギを握るのはこの点です。
合格を手にするには、日々の復習や定期テスト勉強と同時に今まで習ったことの総復習が欠かせません。そして、通知表ではわからない「本物の学力」を身につけるため、目標となり努力の目安となる“ものさし”として塾のテストをしっかり活用してください。

新記録かな?

今日は春期講習の最終日でした。

本日はトレーニング授業の「個別課題学習」を実施。生徒個々に指示を出し、習熟度別かつ内容も個々に合わせてトレーニング授業を行いました。

PIC_0063

PIC_0062

本日の岡崎校の生徒たちはすごかった。

あまり褒めない自分ですが、今日は生徒たちを褒めてあげたいと思います。本当にたくさんの問題をeトレを使って解いてくれました。今日だけで、A4用紙6〆、およそ3000枚のプリントを一日で解いたことになります。おそらく、新記録です。私たちは常々言っていますが、学力は演習量に比例します。学習塾の授業は受動的な学習になりがちです。ですが、eトレを使うことで、能動的な学習が可能になります。大抵の生徒は演習量が不足しています。それを解消するのが、個別課題学習です。それぞれノルマの学習量を我々が設定し、決められた個人メニューに従って学習を進めます。この学習スタイルで、能動的な学習が身に付き、自分の不安な箇所を中心にした学習や、伸ばしたい箇所の学習等効率的な学習がでるのです。

本日一日でこれだけの演習量をこなした生徒たちの「学力アップが期待できる」と感じられる一日となりました。

これからの生徒たちの頑張りをさらに期待ですね。

 

このパソコンから個々の学習プランにそってプリントアウトします。

PIC_0066

このプリンターは、本日一日、本当に頑張ってくれました。ずっと印字し続けてくれました。

PIC_0067

 

PIC_0064

PIC_0069

PIC_0065

明日【4/4(土)】は13時より教室を開放します。

入塾テストはありますか?

PIC_0876

来週より始まる新学期を前に今週はお問い合わせ&お申込みを多数いただいています。みなさまに感謝です。お預かりした生徒一人ひとりを大切に見させていただきます。

また、春期講習から参加された新規生の保護者様に、ただいま教室より塾でのご様子の報告の連絡をさせていただいています。勉強面でのアドバイスや教室内でどのように授業を受けているか、宿題はきちんとやってきているかなどをご報告いたします。お忙しいかとは思いますが、多少お時間を頂ければと思います。新規生が多数により、一日では連絡しきれません。それゆえご報告には多少ズレがありますが、今週まだご連絡していない場合でも必ず今週中にご報告の電話をいれさせていただきます。

さて、新規にお問い合わせを頂く際、「入塾テストはありますか?」と尋ねられることがあります。

 それについて、学心塾は、このようにお答えしています。
Q
「入塾テストはありますか?」
A
入塾テストはありません。
学心塾では入塾時の学力に重きを置いていません。
なぜなら子どもには無限の可能性があるからです。
よくチラシには「子どもの可能性を引き出す」などというキャッチフレーズを使いながらも、一方で入塾テストがある塾を見かけますが、我々の考え方から言わせると、それは矛盾しているといえます。
しかし、学心塾も無条件に入塾を認めているわけではありません。
学心塾が入塾の際に重視していることは、素直さと物事に対する一生懸命さです。
その二点があれば伸びない子はいないと考えます。
よって、入塾テストのようなものは実施しません。
しかし、「やる気」は入塾の判断の材料にさせていただいています。
生徒自身にやる気がなければ、効果は少ないです。
月謝をいただく以上は、責任がありますので、無料体験授業の期間で、生徒にやる気がみられない場合は入塾をお断りすることがあります。
また、やる気がない生徒は他の塾生にも影響を与えるかもしれませんので、その辺りも考慮させていただくことがあります。
他には、他塾や家庭教師をオススメする場合もあります。
例としては、トップ校の私立中学受験をお考えの方は、私立中学受験専門の塾へ通われた方が良いと思います。
他には、基礎学力が著しく遅れている場合は家庭教師の方が効果があることがあります。
逆に当塾に通って最も効果的なのは、地元の中学に通われていて、特に内申のアップを目指す場合は、定期テスト対策だけではなく、学校のワークやプリントのフォローをしますので、他塾より最適だと思います。
よろしくお願いします
  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05