学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

嵐のような日々が

PIC_0874

今年度の公立高校合格発表が終わり、そして中2&中1の学年末試験も終わりました。

今日は小学生の授業が終われば教室は静かです。先週までの嵐のような日々がうそのようです。

生徒のみなさんご苦労さまでした。

そして、保護者のみなさまもありがとうございました。特に受験生のお子様をお持ちの保護者様はここ数週間は気が休まらない日々が続いたかとおもいます。そんな中、当教室に対してのご理解とご協力を感謝いたします。

さて、明日(2/28)と明後日(3/1)は岡崎校を休館とします。

お問い合わせ、ご連絡がある方は、3/2(月)9:30以降にご連絡いただくか、2/28(土)は10:00~15:00の時間帯は学心塾本部(℡34-5951)までご連絡ください。

また、新年度も学心塾岡崎校をよろしくお願いいたします。

岡崎校公立高校合格速報

本日、神奈川県の公立高校合格発表です。

朝から、胃がいたいです。待っているのはツラいですね。

自分の想いはまた書きますが、合格速報です。

岡崎校公立高校合格実績

平塚江南⇒3名

秦野⇒2名

弥栄国際コース⇒2名

大磯⇒3名

伊志田⇒1名

厚木東⇒1名

茅ヶ崎⇒1名

秦野曽屋⇒4名

高浜⇒1名

伊勢原⇒2名

平塚農業⇒1名

みんなおめでとう♪

頑張った証

PIC_0872

今日、中3の女の子が発表を前に不安な気持ちを抱えていた。

おそらく、神奈川県の中3生の大半は同じ気持ちなのでしょう。

不安を抱えていない中3生の方が稀有な存在だと思います。

実際、神奈川県の公立は学力検査から合格発表までがとても長い。それゆえ、卒業遠足を中途半端な気持ちで行く生徒も中にはいて、少し可愛そうな気持ちに毎年なります。

だから、不安な気持ちになる生徒の気持ちはとてもよくわかります。でも、それも明日の発表までです。

「不安な気持ちになるのは、一所懸命に勉強した証だから」

その女の子に自分はこのように伝えました。きっと、適当に勉強してい生徒は不安な気持ちにはなりません。あなたは、一所懸命に頑張ったから、その成果がでなかったときのことを考えてしまうのだと。

だから、一生懸命に頑張った証を持って、明日を待ちましょう。これは胸を張っていいことです。

明日はみんなのよろこぶ声を首を長くして待っています。みんな以上にドキドキしながら。

どちらも頑張れ!

今日は大住中が試験中なので、早い時間帯から自習にきています。

だから、小学生が多く学習にくる時間帯に中学生が混じっています。どちらも頑張れ!

ちなみに前3名が小学生で、後2名が中学生です。

PIC_0045

小学生は、学力テストの結果から今日はeトレを使って理科を学習していました。塾の授業では小学生理科は取り扱っていませんが、「学習しようという気持ち!」大切にしたいです。

PIC_0046

 

我々が考える子どもが伸びる瞬間とは

PIC_0044

有難いことに春期に向けお問い合わせとお申込みを多数いただいています。

感謝の一言です。

昨日、ツイッターのように連投という記事で、岡崎版のチラシを作成していることを記事にしましたが、今日はもう片面の作業です。

せっかく、自らチラシ作成するのだからこだわりを持って作成したいと思う。正直、チラシは以前ほど効果はないというのはわかっています。生徒募集で一番効果があるのは塾生や保護者様からのご紹介です。でも、岡崎校とはどういう教室かを知っていただくためにもチラシはとても大切な物だと思う。また、作成するときに何を書くか考えることも大切なことだと考えている。

大手塾のようにたくさんチラシを投入できるわけではない、だからこそ、こだわりを持って想いを書きこんでいきたいと自分は思い作製しています。

今回は、‟塾生のがんばりの結果”と‟我々が考える子どもが伸びる瞬間とは ”について書きました。

塾生のがんばりは結果です。やはり塾では、良かろうと、わるかろうと数字を追っかける必要があります。そこから、自信と反省が生まれるわけですから。もう一つの記事が「子どもが伸びる瞬間というのは必ずある」です。その機会をたくさん設けてあげることが我々の仕事なのだと思います。

伸びる瞬間がわかりやすいのは成績がアップしたときでしょうか。今年も、たくさんの生徒が成績アップに成功しました。大住中や金目中の対策ならば、どの大手塾にも負けないでしょう。実際、10段階以上アップした生徒もいます。学心塾全体でみれば田村校で、驚異の成績21段階アップにも成功してました。これこそまさに子どもが伸びたと実感する時と言えます。

しかし、成績以外にも子どもが伸びる瞬間というのはたくさんあります。先日書いた記事の、「中2生8時間勉強会&中1生5時間勉強会×二日間 for 大住中」のときにも感じることができました。これまでがガミガミ言わないと勉強しなかった子が、自ら取り組む姿勢を見れたとき、この生徒は必ず伸びると思える瞬間です。

人それぞれ個人差があるにしろ、伸びる瞬間と言うのは誰にでもある。その瞬間を見逃すことのないよう、きっかけをつくってあげるようにしてあげたい。それが我々の使命です。

岡崎版チラシ(第2弾)記事抜粋

『我々が考える子どもが伸びる瞬間とは』

子どもは本来知識欲のかたまりです。特に小学生の思考能力は非常に伸びやかで、教えた知識や思考方法が素直に入っていきます。しかしなぜ、多くの子どもたちは勉強が嫌いなのでしょうか。
答えは簡単です。
今、子どもたちに与えられているハードルが低すぎるからです。子どもたちは皆、それらに興味が持てずに知らず知らず基礎的な学力まで失っているのです。高いハードルが子どもたちの学習意欲をそぐことは決してありません。
現に子どもたちの間で流行っているコンピューターゲームを考えてください。次々と難しいゲームを攻略していき、チャレンジしているはずです。
彼らの学習意欲を満たすためには、まず子どもたちの前に小学生で学ぶべきハードルをきちんと与えることです。そしてそれが達成できるまで、大人たちは見守り、達成できたときは、共に喜んであげるのです。このことを繰り返していけば、必ず子どもたちは、自ら進んで勉強するようになります。
学心塾の春期講習が子どもたちの能力を十二分に開花させる契機になれば幸いです。

さらに連投します。明日から保護者面談を実施します。

塾生保護者のみなさま、日ごろより当塾にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

岡崎校では、明日より保護者面談を実施いたします。

お子様の塾での様子、勉強の方法、進路等についてのご相談を承ります。

保護者面談はお申込み制となっいますので、お申込みがまだの方はご連絡ください。

◎面談実施日

2月25日(水) 午前10時~午後4時
2月26日(木)午前10時~午後4時
3月2日(月)午前10時~午後4時
3月3日(火)午前10時~午後4時
3月5日(木)午前10時~午後4時
3月7日(土)午前10時~午後6時

ツイッターのように連投

岡崎版チラシの片面を今日一日で一気に作り上げました。

一部を公開します。

PIC_0044

まだまだ、誤字チェックやら、上司のチェックやら、印刷やら待っているので完成は先ですが、完成しましたら岡崎、ふじみ野、片岡、北金目、南金目地区に投函させていただきます。

 

ディズニー土産

今日は大住中が卒業遠足でした。

疲れているだろうに、帰りに立ち寄ってお土産&土産話を聞かせてくれました。

ありがとう。

PIC_0042

考えてみれば、最近ディズニーランドもディズニーシーもどちらもいってないなあ・・・。中学生がうらやましいです。

次のステージへ向かうみなさんへ

PIC_0026

キミたちは、なぜ高校へ行くの?

本日は中3の集結日。こんな質問を中3にぶつけてみた。

中3はこれから中学を卒業してそれぞれの道に進んでいく。

様々な意見が返ってきた。少しふざけたお話から、真面目なお話まで。

「部活をしたいから」

「友達を増やしたいから」

「就職するため」

志を高く持つことは大切なことだと思う。

では、キミたちは、大学を目指しますか?

この質問をぶつけてみたとき、ほとんどの生徒が手を挙げてくれた。

高い希望を持ってくれたことはうれしい。

真面目なことを言えば、日本ではある程度学歴社会なのかもしれない。学歴がすべてではないが、行く方がよいのか、行かない方がよいのかと言えば、間違いなく行った方が良い。自分自身の経験値からも大学時代に糧になったことは学問以外にもたくさんあった。だから生徒たちには「大学は考えた方がいいよ」「大学は楽しいよ」と話すことは多かった。

高校受験とは違って、まだ、わからないことの方が多いでしょうが、志を高く持つ中3生のために、萩原先生によるガイダンスを実施した。話した内容は次の内容。今日のお話は次のステージへ向かうキミたちへのエールです。

・高校での心構え・高校生活全般について

・国立大学・私立大学の入試システム

・一般入試と指定校推薦・AO入試について

・関東近郊の大学について

・準備講座→春期講習→新学期に至る今後の流れ

・高校準備講座テキスト配付

PIC_0025

中2生8時間勉強会&中1生5時間勉強会×二日間 for 大住中

PIC_0020

PIC_0017

PIC_0018

今週、大住中では学年末試験が実施される。

それに向け、岡崎校では、昨日と本日、中2生8時間勉強会&中1生5時間勉強会を開催している。

指示したことは、一つ。

「試験に直結する勉強ならば、何をやってもいい。学校のワークでも、塾のワークや試験対策問題集でも、もちろん超膨大問題ベースのeトレだってある」

ただし、「何をやってもいいが、自分に何が必要なのかを決めてから勉強しろ」

指示はこれだけだ。

今日の生徒たちの様子をみてうれしいことが一つあった。取り組み方がこれまでとは違い、各段によくなってくれていた。

中3の姿を見ていたおかげなのか、大住生には成長している様子を伺うことができた。質問も本当にわからない問題のみで、くだらない質問をすることなく、黙々と机に向かう姿が見ることができた。通常は、学力上位層はこの学習スタイルが身についている。だから、身についていない生徒との差がひらく一方なのだが、今日は全員が何を学習すべきか考え、粛々と机に向かい、私語一つない雰囲気の勉強会となっていた。

この姿をみることができて、自分は頼もしい気持ちと期待が膨らんだ。そして、先週の金目中とはすこし、雰囲気がちがうので、これは金目中生にも話していかないといけないと思った。当教室の金目中の子もいい子で、真面目な子は多い。休み時間などは大住中の生徒も金目中の生徒も変わらないとみているが、今回の勉強会の様子は大住生の方がしっかりと取り組んでいるよに思える。早く、一体感をもって取り組めるようにするためにも、勉強するときの意識や取り組みの指導が欠かせないと痛感した勉強会であった。

PIC_0022

PIC_0021

PIC_0023

 

私事ですが・・・

予定表を見ないと思い出せない・・・。

う~ん、前回お休みを頂いたのはいつだったか?

本日は教室を岩崎先生にお任せして、久しぶりのお休みを頂きました。

塾講師という仕事なので、この時期はどうしても忙しくなります。以前休んだ日はいつだったか・・・。おそらくは一か月ほどぶりの休暇となりました。自覚しているのは正月休み以降は一日しか休むことができなかったこと。

その大切な休暇なのだが、久しぶりだとたまっていたことがたくさんあります。それらを片付けていくとあっという間に終わります。

そして、久しぶりに実家にも行きました。私事だが、今週自分の妹から電話があり、両親の様子がおかしいと連絡があった。お恥ずかしい話、自分は長男なので先に自分が察知しないといけないのでしょうが、妹の方が先に察知して自分に連絡が入った。

さすがに両親はもういい歳なので、心配になる。今回は母の様子が特におかしい。

正直、親孝行ということは真剣には考えられない自分がいました。というよりも避けてきたのかもしれませんが、「これからは真剣に考えないといけない。」と考えさせられた休日となりました。

明日は大住中の試験対策勉強会を開催します。

PIC_0877

金目中の生徒は本日で試験が終わりましたね。

「お疲れ様でした」

来週から早速試験が返却されると思います。金目中の2年生と1年生の生徒とは、今回の試験の反省、次の目標、志望校、将来のことなどを話す機会をつくるため、次週生徒面談を行います。特に中2は今年度の入試が終わり、いよいよ「キミたちの順番だ!」その覚悟があるのか。そして、将来のことをどれだけ真剣に考えているのかなどを話したいと思ってます。

また、中1はまだ、勉強の方法や、学習姿勢が身についていない様子の生徒がいたので、その点についても厳しく指摘していきます。

そして、大住中の2年生と1年生のみなさん。次はキミたちの順番だ。中2はある程度しっかりした面子が揃っているので、各自でよく考え勉強して構わない。「勉強しろ!」と言われないと勉強しない生徒は成績は伸びていかない。だから、まずは自分でよく考えて、学習計画を決めてください。中1は、まだ心配な生徒がたくさんいます。「何をすべきか」「どのような心構えがよいか」などを指導しながらやっていきます。

自信を持って学習できるように頑張りましょう。

大住中2年生試験対策8時間勉強会 2/21(土)・22(日) 9:30~17:50※お弁当持ち

大住中1年生試験対策5時間勉強会 2/21(土)・22(日) 13:00~17:50※午前中から来校する中1はお弁当持ち

先輩からのアドバイス

PIC_0873

 受験を終えてから、初めて塾に中3が集合しました。

中3生とはほぼ毎日会っていたので、しばらく会わないだけで、‟久しぶり”という感覚がありました。

今日は、中3生に面接で聞かれたことの質問内容調査、これからの心構え、簡単に高校に習ってから学ぶ因数分解タスキがけと、因数分解のアルゴニズムなどについて話をしました。

また、中3に受験勉強アンケートを実施。

「いつ志望校をきめたのか」

「受験に向けて何を一番頑張ったのか」などについて書いてもらいました。

他にも項目の中に、「受験勉強する際に断捨離できなかったものは何?」という質問をぶつけてみると「ない」という意見があった一方で「スマホ」という意見も多くあり、時代なのかと思わされました。

そして、最後の項目に、「後輩に向けて受験のアドバイスをお願いします」という項目があります。そこに書きこんでくれた一部を紹介します。

「正直、受験勉強から逃げたいと思ったことがありました。でも、それを乗り越えるまで絶対にあきらめなければ、志望校に合格できると思います。」

「常に受験を意識すること」

「こわいのは解けない問題よりも、ケアレスミス」

「まずは自分に負けないように、自分を強くして言ってください。」

「内申点は必要」←痛感しているのでしょう(笑)

「早目に過去問を解くことが重要」

「あのね、頑張った方がいいよ。なめたらあかんよ。まじで」←ふざけてますね(笑)

「ずっと勉強だとモチベーションが下がるので、1時間くらいは自分の時間をつくることが大切」

「社会は今から絶対に勉強しておくべき」

「普段から、態度、言葉づかいに気をつける」←面接で苦労したのでしょうか?(笑)

「メリハリをつけて、問題になれること。」

「僕は家に帰って勉強はしなかったですが、塾では真剣にとりくみました」

「面接はあまり緊張しないぞ。(練習していればの話)」

よろしくお願いいたします

学心塾のフルカラーチラシを明日か明後日に投函させていただきます。

当塾のように小さい教室は、大手塾さんのように何度もチラシをいれることができません・・・。

今春はフルカラーチラシ2回実施します。そのうち1回が今回投函させていただくものです。当塾にご興味がある方は是非ごらんください。

2015 春期チラシ表
春期チラシ裏
※上記の画像をクリックすればPDFでご覧いただけます

数学・英語・理科を解いてみました。

自信あり?それとも不安?

みんなの気持ちはどっちでしょうか?ご存じの通り、昨日、今年度の高校入試学力検査が開催されました。

まだ、本日、特色検査が実施される学校では、特色検査が。また、本日か明日に面談が実施されています。

最後まで、気を抜くことは禁物です。

そして、生徒が気になることは、今年度の入試がどうだったのか?

易化した?

それとも難化した?

気になるところです。

岡崎校の生徒には既に伝えているように、木曜日まで状況分析ををして伝えることになっています。それまで、様々な噂が飛び交うと思いますが、一喜一憂しないようにしてください。

さて、昨夜から生徒が帰宅した後、今年度の数学・英語・理科をといてみました。解いた感想を言えば、この3科目についてはどれも難化したと思います。

例えば、数学ですが、問2で確率が出題された時点で軽いパニックになった人がいたかもしれません。これまで確率が出題されていた、問4が資料の整理に変更されました。

落ちついて対処できましたか?

あと、問3の(ウ)が中堅層が対応でききたのか気になります。上位層は中点を通るときと発見し、解けたと思いますが、中堅層が解けたのかというと心配です。そして、今回気になるのが問6(ウ)の正答率。解いているとき、恥ずかしながら解法がすぐに発見できず、少し考えてしまいました。この問題を時間内に解けた中3生がどの程度いるのかは気になるところです。

このように、傾向が変わったり、難易度が高い問題を出題されたことで、難化したという印象です。しかしながら、平均点が下がるかといえばそうではないかもしれません。実際、岡崎校の生徒の平均点は昨年度の神奈川県平均よりもはるかに高い結果です。これは、極端に難しい問題があった一方で、確実に解ける問題も多数存在したということです。問3の(ウ)や問6(ウ)を飛ばせば、時間的に余裕ができ、見直しをしっかりできたと思います。生徒たちにも、「非パターン化したこの時代、どんな問題が出題されるかわからない。だから、難化した場合はこうこうこうでで、簡単な問題の解きは〇〇〇のように意識しなさい。」と言い続けたことが、昨年度よりもとれていた一つの原因かもしれません。

まだ結果はわかりません。正直、昨夜の自己採点会の結果をみて、全員安全圏とはいえない状況です。それでも、力を十分に発揮できた生徒もたくさんいました。本当にうれしいことです。合格発表まで少し時間がありますが、己の未来のことを考える時間だと思って過ごしてみてください。

尚、本日と明日で学心塾教務部のスタッフが問題分析をトップニュースにあげることになっています。そちらも参考にしてください。

中3のみなさん、まだ面接がありますよ&岡崎校オリジナルサイトを少しだけリニューアル

キャプチャ

中3のみなさま、本当にお疲れ様です。

自分も今年度問題を今夜解いてみます。みんなの様子を見てみると、国語は少し平均が上がりそうですが、数学と英語は下がるでしょうか?まだ、解いていないので無責任なことは言えませんので、解いてみたらブログを更新します。

今日はいろいろな生徒の表情を見ることができました。不安そうな表情もあれば、入試が終わった安堵感の顔をしている生徒もいて、最近は見ることができなかった表情見ることができました。

でも、まだ安堵感を持つのは早いです。

明日は、平塚江南の生徒は特色検査があります。

また、多くの生徒は面接が待っています。今の、中3の女の子が残って、岩崎先生と面接の練習をしています。この努力は絶対に報われると自分は信じてます。

そして、入試の日までカウントダウンしていた、学心塾岡崎校のオリジナルサイトのトップページを少しだけいじりました。

どこが変わったかわかりますか?入試までのカウントダウンを外しただけではないですよ。

「あれ?」

「シンプルになったか?」と思われたかた、カーソルを動かしてみてください。子どもたちが喜びそうな仕掛けを用意しました。(波打つサイト) 何事にも遊び心は必要かな。

他にもいくつかのページで同様の仕掛けを組み込んでみましたので、探検してみてください。

学心塾岡崎校オリジナルサイトはこちら

 

本日(2/16)の予定について

本日は、中3の学力検査当日です。

通常とは予定が異なりますのでご注意ください。

中3公立受検者⇒自己採点会開催※入試が終了次第、直接教室に来校してください

中3私立専願者⇒休講

中2大住中⇒平常授業開催

中2金目中⇒試験直前につき、自習日&質問日とします(通常授業は休講です)

中1⇒指名学習&自習日&質問日

がんばってこい!

PIC_0007

最後どうやって気持ちを盛り上げようか?

今朝、教室に向かいながら、こんなことを考えていました。

今日は中3入試前日。普通に入試対策をやるだけではなく、最後に中3生の気持ちを高めようと思い教室に入りました。

そこで今年は、ダルマを用意していなかったので、「中3に片目を書かせよう」と思い、午前中の新年度説明会終了後、ダルマを探しに。まずは平塚市内の学問の神様が祀っている神社へ。ダルマはあったけど小型ダルマしかなく、次は平塚市内でも最も大きな神社へ。ここでも見つからず、次は伊勢原の神社まで、それでもなく、4件目の神社でようやく、上記の写真のダルマを発見。急いで教室に戻り、受験生たちに「明日、力が発揮できるようにお願いしながら、目を少しずつ書け」といってみんなでダルマの片目を書きました。

子どもたちには、「合格しますように」とお願いしては駄目だ。合格は自分の力で勝ち取るもの。だから、「明日、全力が出し切れるようにお願いしながら目をかいていけ」と言って一人ずつ目を書きこんでいきました。

そして、最後に黒木先生⇒岩崎先生⇒後輩代表⇒武山の順に生徒に声掛け。

最後、頑張ってくれることを信じ、生徒を見送りました。

今年の岡崎校の中3は近年の中では間違いなく粒が良い学年です。学区のトップ校平塚江南高校でもきっと上位を張るだろう生徒もいて、学心塾の各教室の中でも常にハイレベルな競争が教室内でできました。そんなみんながこれまで刺激を共有しながら、頑張って勉強してきたのだから、大丈夫!自信をもって明日チャレンジしてください。

高校入試は生涯のなかでも自分を成長させてくれる数少ない機会です。適度な緊張感を楽しむくらいの気持ちをもって、‟明日はがんばってこい!”

入試が終わったら、教室でみんなを待っているぞ。

 

中3最後の頑張りです。この姿をずっと見てきました。この頼もしい中3たちが明日やってくれることを信じています。

PIC_0005PIC_0004PIC_0006

黒木先生から最後の激励

PIC_0011

岩崎先生からも最後の一言

PIC_0012

後輩からも先輩にエールPIC_0015

ダルマもみんなの頑張りを応援しています

PIC_0008

みんな、最後まで諦めないで頑張れ!

平成27年度新年度説明会

PIC_0996

PIC_0992

新年度説明会に来ていただきましたみなさま。「本日はお越しいただき、ありがとうございました。」

何を話すべきか考えながら、この一週間は準備をし、昨日書いたブログのように、シミュレーション⇒訂正⇒シミュレーション⇒訂正の繰り返しの一週間でした。

終わった後に、本当に聞きたかったことは伝えられたのか、また、別のことを聞きたかったのではないかなど思いましたが、何かご意見、ご質問がありましたら、直接ご連絡いただくか、今月末より、個別の父母面談を開催しますのでその時にご確認いただければと思います。

本日の内容としては

①現在の高校進学情報と中学校生活について

②新年度の学心塾の指導内容とカリキュラムについて

③塾の有効的な活用方法について

お話させていただき、最後にスライドショーをつかい生徒の様子もご報告させていただきました。

いかがでしたでしょうか?もっとうまくお伝えできなかったのかとの思いも残りますが、次回はよりわかりやすい説明ができるよう努めます。

本日(2/15)の予定について

本日は、保護者向け新年度説明会を10:00より開催します。駐車場には台数に限りがありますのでなるべく車でのお越しはご遠慮ください。

尚、中学生は入試対策&試験対策補講です。

予定は以下のとおりになります。

中3⇒入試対策特訓日&面接練習※公立受検者のみ

中2⇒8時間勉強会for金目中※大住中は自由参加

中1⇒5時間勉強会for金目中※大住中は自由参加

※送迎は生徒を通じて連絡済です。

大忙しな一日

今週はとても大忙しな一週間でした。

入試一週間前で、試験対策期間で、新年度説明会の準備で・・・・、やることが次から次へと。

そして今日も、大忙しな一日。朝からバタバタで、合間をみつけて説明会の準備をしては、試験対策勉強会。説明会の準備をしては、中3理科・社会特訓やら、中3面接練習やら。また、新入会希望の面接が2件入り、ようやく22時になって最後の生徒が帰っていきました。

どんなに忙しくとも、新年度説明会は、多くのご父母のみなさまにご参加いただくので、力を抜くわけにはいかない。毎日、授業後、シミュレーション⇒訂正⇒シミュレーション⇒訂正の繰り返しでした。

そして、先ほどようやく準備完了。明日、みなさまのお越しをお待ちしております。

★中2 8時間勉強会&中1 5時間勉強会

PIC_0986

★中3 理科&社会特訓+模擬面談⇒本日、面接が上手にできなかった生徒は明日、再度模擬面談を実施します。そして、塾長指令です。明日は、早起きをすること。朝、きちんと起きれば夜は自然と眠くなります。最悪なのは、日曜日だからと言ってゆっくり起きて、明晩なかなか寝付けない状態になることです。そうならないように、明日は早起きをせよ!

PIC_0985★明日の説明会会場

PIC_0987PIC_0989PIC_0988

 

本日(2/14)の予定について

本日は、入試対策&試験対策補講です。

時間は以下のとおりになります。

中3⇒入試対策特訓日&面接練習(理社×3セット実施予定)※公立受検者のみ

中2⇒8時間勉強会for金目中※大住中は自由参加

中1⇒5時間勉強会for金目中※大住中は自由参加

※送迎は生徒を通じて連絡済です。

最後は神頼みだな⇒は?

0066

「最後は神頼みだな」

中3からこんな声が聞こえた。

自分は、「は?」

「何考えているの」と突っ込んだ。

確かに神様に合格祈願をすることは大切なことかもしれん。でも、神頼みの必要は全くない。

だって、神様にお願いして合格できるなら、世の中の受験生全員合格できることになる。「そんなわけがないだろ。」

神様にお願いするなら、「入試当日は、力を発揮できるように」だろ。

合格は神頼みではなく、実力で勝ち取らなくれはいけない。だって、みんなはそれくらい頑張ってきた。

解いた問題数だって、どこの受験生よりもたくさん解いた。

G模試5科×6セット

会場模試5科×₃セット

冬期講習模試5科×5セット

ファイナルゼミ模試5科×5セット

塾内模試5科×5セット×2パターン

他にも過去問などなど

だから自信をもて。くだらないミスさえ押さえれば絶対に大丈夫!

私立高校の合格発表がありました

私立高校の合格発表がありました。

岡崎校の生徒はオープン入試者含めて、当然全員合格です。

今年の岡崎校の受験生は、私立専願者も多く、およそ30%が私立専願者です。

地域の私学が評判が良いのも一つの理由であろうかと思います。

公立入試もあとわずかです。公立でも全員合格を目指します。

山手学院 1名
平塚学園(特進) 2名
平塚学園(進学) 2名
平塚学園(文理) 3名
向上(特進) 1名
向上(選抜) 4名
向上(文理) 6名
アレセイア湘南(特進選抜・特待) 2名
アレセイア湘南(進学) 1名
立花学園(特進) 1名
立花学園(進学) 1名
立花学園(総合進学) 2名
相洋(進学) 1名
湘南工科(技術) 1名
山梨富士学苑 1名

本日(2/11祝)の予定について

本日は、祝日ですが入試直前及び学年末試験直前なので教室を開講します。

平常とは異なる予定になりますので、ご注意ください。

中3⇒塾内模試 13:00~17:30

中2⇒試験対策補講  19:20~21:30

中1⇒試験対策補講  19:20~21:30

※中2&中1の送迎は土曜日の試験対策のときと同じ送迎コースと時間になります。中3は送迎はありませんが、希望する生徒は連絡ください。

ただいま春期講習&新年度入塾生受付中です

Microsoft PowerPoint - 春期ポスター [互換モード]

学心塾岡崎校では春期講習&新年度生受付を承っております。

塾をご検討中のみなさま、ご不明な点等は一度直接お話させていただきますので、一度ご連絡ください。随時、入塾説明会を開催させていただきます。

ただいま、下記のキャンペーンを開催中です。超ロング体験でまずは塾の様子をご確認くださいませ。

春期講習前の早期申込み特別キャンペーン

『2月全日程無料体験受講可能(学心塾の授業に初めて参加される方対象)』を実施。

さらに春期講習を申し込まれたすべての方に、

『3月全日程無料体験受講可能』を開催します。

資料をご希望の方は、ご連絡もしくは資料請求いただければご郵送させていただきます。

また、「平成27年岡崎校時間割」「春期講習要項」「春期講習申込み書」「無料体験申込み書」は以下のサイトからPDFでとりだすことができます。

学心塾オリジナルサイト

また、塾生及び保護者のみなさま、お知り合いの方で通塾をご検討の方がいらっしゃいましたら、どうぞご紹介下さい。よろしくお願いいたします。

本日(2/10)の予定について

本日は、私立高校の入試日となっています。

そこで本日は平常とは異なる予定になりますので、ご注意ください。

中3⇒自習日&質問日(教室は22:00まで使用できます)

中2⇒試験対策補講

中1⇒平常授業

※中2&中1の送迎は土曜日の試験対策のときと同じ送迎コースと時間になります。中3は送迎はありませんが、希望する生徒は連絡ください。

効果的な学習の方程式は、「質」×「量」

2015 春期チラシ表

春期チラシ裏

「毎日どのくらい勉強させたらいいですか。」

保護者面談をさせていただくと、よく尋ねられます。

また、生徒からも同様の質問をよく受けます。

この手の質問はまだ教えたことがない入塾面接だと大変困る。やはり、個々によって異なるし、勉強は時間だけでは計れない面もあります。

効果的な学習の方程式は、「質」×「量」です。

とくに、間もなく学年末試験を迎える中2生&中1生はしっかりと意識をしてほしい内容です。

「量」はそのまま勉強時間、「質」は‟何を学習したか”と‟集中してできたか”‟やる気はあったか”です。

「授業は真面目に受けているのに成績が上がらない生徒は、量ではなく質に問題があると言ってよいでしょう。もう一度、質のどの部分かを見直す必要があります。

逆勉強していないわりに、よい成績をとる人は地頭もありますが、高い質の勉強をしているといえます。

同じ勉強をするのなら、できるだけ質の高い学習をしたほうが点数はアップします。だから学心塾では学習面だけではなく学習の取り組みを重視して指導しています。

もしキミがただやみくもに学習しているのならば、「質」×「量」の何が足りないか少し考えてから机に向かってください。

効果的な学習の方程式は、「質」×「量」

「質」とは

⇒‟何を学習したか”

⇒‟集中してできたか”

⇒‟やる気はあったか”

「量」とは

⇒‟学習時間”

本日(2/9)の予定について

明日、私立高校の入試日となっています。

そこで本日は平常とは異なる予定になりますので、ご注意ください。

中3⇒自習日&質問日(教室は22:00まで使用できます)

中2⇒平常授業

中1⇒試験対策補講

※中2&中1の送迎は土曜日の試験対策のときと同じ送迎コースと時間になります。中3は送迎はありませんが、希望する生徒は連絡ください。

じぶんプロジェクトをはじめよう

PIC_0982

先ほど、中3ファイナルゼミが終わりました。

岡崎校に大野校、旭校、田村校、成瀬校、大磯校、KGMARKSの生徒が集まり、全5回、朝から夕方まで模試&解説live講義を開催してきました。普段とは違う環境と雰囲気のなか、適度な緊張感を持ったイベントだったと思います。岡崎校の生徒もたちも他校生徒たちがの頑張る姿をみれ、やる気に火をつける講師たちが集結したことで、意識が高まっていったのではないでしょうか。中には、やる気を見せないことで喝を入れられ、気合を入れなおしたり、普段以上に緊張感がある講習でした。

そしてファイナルゼミも終わり、これから受験という山を乗り越えようする、中3生たち、受験とは多くの中学生が初めて立つ岐路といえます。

きみたちはここから、様々な道へと分かれて進んでいくことになる。まさに、じぶんプロジェクトです。

きみたちがこれからどんな道へ行くかは未知数で、生徒全員に無限大の可能性があります。すべては自分次第。後悔をしないのならば手を抜いて楽な道を選ぶの道もあるかもしれない。でも、まだ、多くの選択肢がきみたちにはあります。まだ、将来の夢が定まっていなくても、受験を頑張ることで、選択の幅が広がっていくことでしょう。それは、合格や不合格で決まるものではなく、夢に対して最後まで諦めない気持ちを持てるかどうかで決まっていくものです。

ここから『じぶんプロジェクト』がはじまる。

それは周りから与えられる道ではなく、じぶんで築いていくプロジェクトです。

すべての受験生、‟がんばれ”

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05