学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

保護者のみなさま(新中3~新小4)

キャプチャ

昨夜、授業終了後残り、岩崎先生と新年度要項類の最終仕上げ&印刷&発送準備をしておりました。本日、新年度要項の準備が完了しましたので、できるだけ、早くお届けしたほうがよいと思い、土曜日ですが平塚郵便局の本局に持ち込み発送しました。おそらくは明日までには各家庭にお届けできると思います。

郵送物

 1,平成27年度 年間授業料及び諸費用一覧・年間授業料及び諸費用納入規定<新小4~新中3>
 2,中学生 一括・二分割納入一覧表 平成27年度用<中学生のみ>  提出〆切:2/27(金)※希望者のみ
 3,平成27年度(2015年度)学心塾年間授業予定表<新小4~新中3>
 4,平成27年度(2015年度)要項<新小4~新中3>
 5,平成27年度(2015年度)岡崎校校時間割<新小4~新中3>
 6,平成27年度 小学生科目選択登録用紙<新小5・新小6のみ> 提出〆切:2/27(金)
 7,2015年2月 岡崎校予定表<新小4~新中3>
 8,2015年度 春期講習要項<新小4~新中3>
 9,新年度説明会のお知らせ<新小4~新中3> 提出〆切2/13(金)
10,保護者面談のお知らせ<新小4~新中3> 提出〆切:2/27(金)

お忙しいとは存じますが、全ての書類をご一読の上、ご提出の必要な書類については、それぞれの書類の提出期限までに岡崎校へご提出をお願い致します。

また、今回よりご兄弟姉妹同時在籍の場合の兄弟割引制度を変更させていただきました。

これまではご兄弟姉妹が同時在籍の場合は、年長者の授業料を2,160円引き、年少者の講習費を半額とさせていただきましたが、新年度より同時在籍のご兄弟姉妹は、

・2人目のご兄弟ご姉妹の毎月の授業料…年少者の授業料の半額

・3人目のご兄弟ご姉妹の毎月の授業料・・・無料 

・年少者が小学生の場合、夏期講習料の費用半額 と、なります。

そして、郵送物の中にもご案内を入れましたが、塾生保護者様を対象とした、『新年度説明会』を2月15日(日)に開催することになりました。お子様の進学・進級を見据え、私共が志すものや子どもたちの想い、そして実際の取り組みについて、改めて皆様に直接お話する機会を設けさせていただきます。

お忙しいこととは存じますが、ぜひご参加くださいますよう、お願いいたします。

平成27年度 学心塾岡崎校 説明会要項

◎日時     

2月15日(日) 10時~11時半          

◎内容         

①現在の高校進学情報と中学校生活について

 ②来年度の学心塾の指導内容とカリキュラムについて(時間割・月謝・送迎・テキスト・判定テスト 他)

③塾の有効的な活用方法について

78

 

平成27年度神奈川県公立高等学校の受験倍率が発表されました(1月30日時点)

キャプチャ

先ほど、平成27年度神奈川県公立高等学校の受験倍率(1月30日時点)が発表されました。

岡崎校の生徒が対象となる普通科と専門学科の倍率をアップします。(PDF形式)

志望校を変更するかどうかは、今夜分析の上、明日以降変更する必要がある生徒には連絡します。

普通科

専門学科

 

他のコース(クリエイティブ・専門・単位制)については学心塾webサイトトップページをご覧ください。

77

 

 

小学生学力診断テスト開催中

キャプチャ

PIC_0966

先週の中2&中1のテストに引き続き、今週は小学生に学力テストを実施です。

学心塾で実施している学力テストは、現在小学校で実施されているような「100点をとって当たり前」なテストではありません。生徒によっては半分もとれない生徒だっています。小学校のテストでは当たり前のようにできるので、欠点を見つけることはできません。「小学校の頃は成績が優秀で満点もたくさん採っていたのに、中学生になったらとれなくなった」という保護者様からのお話を聞くことはよくあります。

それは当たり前のことなのです。小学校のテストは多くの生徒が満点をとり、学力のふるいにかけるようなことはしません。でも、中学校では学力のふるいにかけられ、成績がついていく。小学校では満点をとることが当たり前なのですから、逆に「これが本当の実力」と過信しないことが必要です。だから、本当の学力を知らないで中学に進学すると、授業についていくことができないことだってあります。

そこで、学心塾では小学生であっても、学力テストを実施。地元の小学校内での出来具合ではなく、全国規模でどの程度の位置ににいて、どの程度の実力があるのかを試す機会として学力診断テストを実施しています。

また、学心塾岡崎校では、60点の生徒を対象に毎回補講を開催。そのままにするのではなく、60点以下の科目を再度学習&フォローしていっております。

PIC_0967

PIC_0968

PIC_0969

願書提出。そして、今週末の金曜日の夜には倍率が判明します。その後、志願変更期間を経て、いよいよ本番です。

キャプチャ

今日、生徒たちの多くが志望校へ願書をもっていった。倍率がどうなるのかはわからないけれど、漏れてきている情報によれば、昨年度まで低倍率の高校が意外と希望者がたくさんいるとのこと。

倍率が1.1倍未満か?それとも1.2倍を超えてくるか?たかだか0.1倍の違いで、様相はかわる。稀に、1.4倍を超えるような学校があるが、そうなると想定していた予想点とは激変するといっていい。過去のデータを崩すほどの破壊力がある。

そのような勝負に子どもたちはチャレンジしている。

昨日のトップニュースに以下の記事をあげた。

私たちが受験指導をするときに、こだわることがあります。

『それは不合格者を出さないこと。』

学心塾では毎年、全校舎で約95%の第一志望合格率を誇っています。また、私たち学心塾は○○高校に何名合格したという実績を我々は余り重視していません。なぜなら、入塾テストでふるいにかけたある一部の上位層の生徒のみを相手にしているわけではないからです。

そして、我々は子どもたちが行きたいと目標にした高校を合格させることに喜びを感じるからです。

我々が重視しているのは第一志望の合格率です。

しかし、堅い進学指導(不合格にならないように志望校のランクを下げさせる進路指導)をしているのではありません。その結果として毎年、内申点(学校成績)からは考えられないような高校へ合格させています。

我々は、子どもたちが行きたいと思った高校に合格させることとだれ一人として不合格者を出さないことということをモットーに毎年、進学指導をしています。

まさに不合格をださない。ださせない。これが我々の一番強い想い。

今週末の金曜日の夜には倍率が判明します。その後、志願変更期間を経て、いよいよ本番です。受験生のみんな、後悔だけはしないように残りの短い期間を全力で取り組みましょう。

連絡事項が3つあります

キャプチャ

一つ目、本日自作チラシの制作・印刷・乾燥・折りの工程が終わり、配布のみポスティング業者依頼するためポスティング業者様にに搬入してきました。昨日アップしたチラシが今週の木曜日、金曜日に岡崎地区・ふじみ野地区・片岡地区・北金目地区・南金目地区に配布されます。学心塾岡崎校がどんな教室かを知りたい方は是非ご覧ください。

二つ目、本日の中3授業ですが、G模試を実施します。通常は21:30に終了していますが、本番と同じ時間で解かせたいので終了時刻を30分延長し22:00終了とさせていただきます。既に生徒を通じて告知済みですが、もしご家庭に連絡が行き届いていない場合はこのようになりましたので、よろしくお願いいたします。

三つ目、昨日と本日で中2&中1には『学年末試験対策日程表』を配布しています。これから試験が終了するまでの期間、通常とは異なるカリキュラムで行うことがありますので、日程表の方をご確認願います。また、試験に向けて、お子様が学習をしていない様子ならば、塾の自習室を利用するようおススメください。日程表については下記をクリックしていただいてダウンロードすることができます。

後期期末試験日程表 後期期末試験日程表

学心塾岡崎校をよろしくお願いします《今週の29日(木)か30日(金)に学心塾岡崎校のチラシを投函いたします》

キャプチャ

「塾を選ぶこと。」それはとても悩むことです。

お探しなのは個別指導塾ですか?大手進学塾ですか?世の中、いろいろな学習塾があります。

塾を選ぶのは慎重に決定してください。それはお子様の将来への道を決めることにもなるかもしれないことだから。

今週末、エリアによって日程は異なりますが、今週大住中学区と金目中学区にチラシを投函させていただきます。

今回のチラシは制作から印刷まで自力で作成しました。先ほど印刷が上がり、今は乾燥作業に入っています。

予定では29日(木)か30日(金)に投函予定です。

今回のチラシは春期講習のご案内と2月&3月の無料体験のご案内、そして学心塾とはどんな教室かを載せてあります。学習塾をご検討している皆様、是非、他塾様と比較してお子様に合った塾選びの参考ししてください。

そして、学心塾岡崎校もご検討対象として、よろしくお願いします。

春期チラシ(岡﨑第一弾)表

春期チラシ(岡﨑第一弾)裏

心配なことが・・・

キャプチャ

本日は岡崎校で、中3ファイナルゼミを開催。ファイナルゼミも3回目です。

本日の講師は、

石川先生

PIC_0932

長谷川先生

PIC_0898

簑島先生

PIC_0915

小澤先生

PIC_0894

岩崎先生

PIC_0892

横川先生

PIC_0344

あれ?武山がいない。

自分は、渋沢校で開催しているファイナルゼミの様子を見に行って来ました。こちらでも中3たちの熱い気持ちと講師の熱い想いを感じることができました。

PIC_0946

PIC_0957

岡崎校にはないPOPで生徒の気持ちを高める工夫が様々な箇所にありました。(参考にします)

PIC_0947

PIC_0954

さて、生徒のことも心配ですが、留守の岡崎校で一つ心配なことが。

昨日、外そうと思っていた掲示物の貼ったままにしてしまった・・・。

それがこちら・・・。

どん!

我こそが殿下である(ギレンザビ風)

バレたらしょうがないです。長谷川先生がいないときの限定品だったのですが・・・。もう、おとなしく怒られます。

これはガンダム世代にはわかるかもしれませんが、ギレンザビの演説をもじりました。

我が忠実なる学心の民たちよ。

今や大磯校に続き、旭校・田村校の講師、生徒たちも我が熱意によって、やる気に火がついた。これこそが学心魂である。

次は成瀬校、そして学心グループのすべて教室の番である。

『あえて言おう、我こそが殿下であると‼』

これを見た生徒たちはとても喜んでいてくれました・・・。

ベトナムの大魔神も絶賛してくれました・・・。

先週は、ほしいという生徒が何名か。さすが、学心塾のフラッグシップ講師です。

「やる気アップゼミ」も参加希望者がいるみたいですよ。

『感動と熱い魂に出会える』貴殿にピッタリのキャッチです。

でも、「殿下・・・、ごめんなさい。・・・」

学心塾岡崎校【春期講習要項】

キャプチャ

おかげさまで毎日忙しい日々を過ごさせて頂いている。この時期、世の中に暇な塾講師がいれば稀な存在で、受験ロード真っ最中であり、定期試験までひと月をきり、春期講習やら新年度に向けた準備やら次から次へやらなくてはいけないことがでてくる。また、様々なことがこれから最終決定していく。その都度、こちらのwordpressの更新や岡崎校オリジナルサイトの更新がある。この忙しい日々が自分は塾の講師であると実感させられます。

さて、春期講習の概要が正式に決定しましたのでご案内します。

春期講習前の早期申込み特別キャンペーンとして、『2月全日程無料体験受講可能(学心塾の授業に初めて参加される方対象)』を開催。

さらに春期講習を申し込まれたすべての方に、『3月全日程無料体験受講可能』を開催します。

上記の二つを合わせれば、2月+3月の無料体験+春期講習(特別料金)と入塾までロング受講が可能になりました。

お子様も親御様も「この塾でいいのか?」を じっくり考えられるように長期無料体験を開催いたします。短期の体験ではなく、長期の無料体験で安心・納得の 塾選びをしてください。

そして申込みの受付は2月2日(月)より開始しますが、要項は下記よりダウンロードできます。春期講習の詳細は「 春期講習要項」をご確認ください。

66

 

もうすぐキミたちの番だ!《中2&中1志望校判定テスト実施》

PIC_0944

中1の様子

PIC_0942中2の様子

PIC_0945

昨日は中2、そして今日は中1の志望校判定テストです。

キミたちはどういう気持ちでチャレンジした?

少しでも未来のことを考えてチャレンジしたのならOKだ。キミたちは‟自分の未来をつくる覚悟”があるのだから。

逆に、「今日はテストのひだから。」という気持ちで受けたキミ。入試までの長い道のりを乗り越えることができないぞ!

まもなく、中3の闘いも最終局面になり、すぐに中2生、中1生の順番となる。

覚悟はできているか?

キミたちの目標は、成績を上げることと、‟入試に勝つこと”である。

そのために大切なことがあります。‟夢をかなえるための準備を怠らないこと”

そのためにも志望校判定テストは学校の定期テスト同様に気持ちを入れて頑張ってほしい。キミたちの成績の伸び、そのときそのときの本当の学力、これらを計るためには学校の内申だけではわかりづらい面があります。目標とする高校の合格ラインと自分の学力の差はどれくらいなのか?志望校判定テストはまさにそれを把握するためにあります。

受け身な受験ではなく、積極的な取り組みを期待します。

申込み者はご確認ください➡英語検定について【1月24日(土)開催】

キャプチャ

今週の土曜日、1月24日は英語検定の実施日です。

今回申し込みをした方は、検定日時は下記のようになっています。遅刻のないように気をつけてください。

準2級・4級⇒10:00集合 11:00検定開始

2級・3級・5級⇒12:30集合 13:00検定開始

※尚、3級以上の一次合格者は二次(面接)あります。二次は2月22日(日)です。

正しい手順で問題を解く練習をすれば、大抵の生徒は理解できるようになる

Microsoft PowerPoint - 新入生受付中2015春

一番効果的な勉強方法ってなんだろう?

この仕事をやっていると常に考える。ある程度これが正解だろうと思われることは、自分の中にはあるのですが、それがすべての生徒に当てはまるとはいかない。理解するスピードも違えば、問題を解くスピードも違う。不得手の科目が異なれば、勉強方法も勉強時間も人によって変わる。

だから答えが一つではない。

でも「正しい手順で問題を解く練習をすれば、大抵の生徒は理解できるようになる」とは思っている。

学力をアップさせにはある程度の勉強時間の確保は必要。でも、‟何時間も机に向かえばOK”ということはない。「正しい手順」で練習することが大事だ。

生徒の中には長時間勉強している生徒がいる。でも、多くの生徒がそれは勉強ではなく、‟作業”になってしまっています。例えば、英単語を覚えるとき、どうしますか?『12月』という単語覚えようとして、『December』とノートに何度も書く練習をします。ノートが埋まることで、勉強をしているという実感も得ることができます。でも、その勉強は頭をつかっていない。そこに思考はなく、ノートに写しているだけでは単なる‟作業”と言えます。

学力アップさせるための勉強方法とは、‟自分で考え、そこから正しい答えを引き出す”ようになることが必要です。だから、意図のない反復練習は全く意味がないとは言えませんが、効果的な学習方法とは言えません。

以前、このブログで‟何を学習するのか考えて、勉強することが大切である”と書いたことがありますが、生徒が正しい勉強方法ができるようにアドバイスすることが自分の役目であり責任なんだと思っています。

自分は合格しないとわかっていれば、受験させようとはしません。大丈夫と判断したから、「大丈夫」と話していきました。

PIC_0872「高校受験を経て、自分の進路が決まっていく。」

人生には何度かターニングポイントあるが、まだその経験をしたことがある受験生は少ない。受験は子どもたちにとって大きな人生の岐路です。

当然、不安もあるでしょう。これから入試までの期間はメンタルが重要になる。ときには、一人の子が抱えている不安の種が、クラス全体に広がることだってある。

受験に至るまでのこの期間に、子どもの自信をどうやって育んでいくのか。それこそが、我々が今、もっとも大切なことです。

どうやって自信をるけさせるのか?

これには特効薬はない。一歩一歩、一問一問確実に解ける問題を増やしていくこと以外に方法はない。

昨日と本日で中3生と一人ひとり個人面談をした。

「本当に受かりますか?」など不安を口にする生徒もいた。模試の結果や内申から見ても合格圏内にいてもマイナスな想像ばかりしているようだ。なかには自分を信じることができないで、目指していた志望校を変えようとする生徒もいる。

そんな生徒一人ひとりと面談をし、嘘は言えないので、感情よりもデータから合格の可能性を話し、そして精神的に不安が表にきている生徒には精神的なフォローをしていきました。

自分は合格しないとわかっていれば、受験させようとはしません。大丈夫と判断したから、「大丈夫」と話していきました。もちろん、まだ少し入試までの期間があるので油断はできませんが、やるべきことをしっかりとやれば大丈夫です。

なかには、データ的に厳しいを思われる生徒には正直に話をしました。今後、厳しいと思われる生徒の家庭には確認の連絡をさせていただきますが、もしかすると本日は落ち込んで帰宅する生徒もいたかもしれません。不安を取り除けるようには話をしましたが、もしも落ち込んで帰宅している様子でしたらば、声をかけてあげてください。

よろしくお願いいたします。

岡崎校オリジナルサイトのトップページを変更しました。コンセプトは塾らしくないページです

キャプチャ

お探しなのは、大手学習塾ですか?個別指導塾ですか?個人塾ですか?

塾といってもたくさんあります。個別指導塾だけ見ても、講師1人:生徒2人から生徒が7.8人でも個別と謳う個別指導塾まで。

大手学習塾もオールマイティな塾から、学力トップの生徒を対象とする塾も。

個人塾だって、一人のプロ講師が見ている塾から、空き部屋を利用して開放している教室まで。

塾を選ぶことは大変なこと。

どんな塾かよく調べて選ぶことは大切なことです。

講師とお子様の相性は?自習室はあるの?映像授業のみじゃないの?何科目に対応してくれるの?模擬試験は開催しているの?

選ぶための要素はたくさんあります。

お子様の未来を左右することだってあるかもしてません。

だから、簡単に選ぶのではなく様々な情報を集めて、お子様にあう塾を選択してしてください。学心塾だって、体験をしてお子様に合わないと判断したら、体験後にお断りしていただいても構いません。。何よりお子様に合う塾を選ぶことが大切です。

学心塾はどんな教室なのか?

どんな先生が教えているのか?

どんなイベントがあるのか?

入試対策はどのようにやっているのか?などを見ていただくためにこのブログがあります。

塾の様子ってわかりづらいですよね。だから私たちはできる限り塾の様子をご報告していきます。

また、岡崎校オリジナルサイトも開設しています。

こちらは、画像をたくさん取り入れ、学心塾岡崎校の様子をご覧いただけます。

塾をお探しのみなさま、岡崎校オリジナルサイトへもぜひお越しください。

キャプチャ

 

学心塾岡崎校オリジナルサイトはこちら

ファイナルゼミ二日目《岡崎校のPOPが他校の生徒に好評でした》

ファイナルゼミの二日目が終了!

今日はNくんが海鋒先生に、Sくんが山口先生に喝を入れられていました。喝を入れられることを感謝するように。この時期に喝を入れられる意味を考えてください。気の緩みは即、不合格に繋がります。もう一度、気持ちを引き締め直すこと。海鋒先生、山口先生ありがとうございました。

さて、今日は、

国語はミスター学心、石川先生。迫力がありました。PIC_0932

数学が学心塾進学分析室室長の伊藤S先生。(伊藤Kではない方)

PIC_0927今日、成瀬校の生徒から、岡崎校に貼ってある「伊藤先生が載っているポスターください。」と言われました。「伊藤先生に内緒に成瀬校に掲示するのならいいよ」とバレバレでしょうが、プレゼントしました。それが、こちら。成瀬校に掲示してください。(実は他にも掲示を依頼。)ファイナルゼミ(伊藤編)

そして、英語はオールマイティの簑島先生。生徒もわかりやすいと評判でしたよ。

PIC_0915

理科が海鋒先生。今日は生徒に喝をいれていただきありがとうございました。

PIC_0920

社会は学心塾迫力No.1講師の山口先生。圧巻でした。

PIC_0903

それと、今日の私立受験対応は武山が担当しました。

次に本日のAクラスの様子

PIC_0930

学心塾の看板クラスです。

次がBクラスがこちら。

PIC_0916喝を入れられたSくんはこちらのクラスです。

Cクラスの様子。

PIC_0904マスク着用率高いです。予防のためにに良い心掛けです。

Dクラスです。

PIC_0937今年はDクラスから80点以上がガンガンでています。

そして、Eクラス。O君、もっとやる気をだせ!チンタラやっていたら、合格できないぞ!

PIC_0931

 

チラシ作製

PIC_0874

今日は昼から一気にチラシを一つ仕上げた。

まだ、春期講習や新年度の内容で流動的なことがいくつかあるので完成というわけではないが、残るは最終的な手直し程度なので、ほぼ完成と言ってよい。(石川本部長、いつ最終決定になりますか?)

まだ本部の了承を受けていないので公開ができないのだが、頑張って作製したので近々に公開しようと思う。

チラシを作成するのは以前は専門の業者さんに発注していました。しかし、最近はパソコンでなんでも作成できる時代になったので、学心塾のチラシはすべて自主制作になっている。学心塾のスタッフでも何名かが分担して作成するが、「個性がでるものだなぁ」と思って他のスタッフが作ったものを参考にする。また、好みの作成ソフトもスタッフによって違う。世間ではwordが主流なのだろうが、学心塾の主流はなぜか一太郎。一太郎で作成するスタッフが多い。他には旭校の小澤先生の影響かExcelで作成するスタッフも増えてきた。自分は当初Excelで作成するという発想は全くなかったが、最近チラシをつくるときはExcelが多い。本部の二見さんは花子派。花子を使うのは学心塾スタッフでは少数派。そ自分はPowerPointやpublisherなども使う。それぞれが慣れているソフトで作成するので、チラシにはそれぞれスタッフの色がでる。

自分はどれが一番扱いやすいかと思って様々なソフトを試す傾向がある。最近は作成しようとするイメージで「今回はこのソフトが一番適している。」と判断できるようになってきた。いつも作成する内容によって使い分けていたが、wordは苦手なのであまり使うことはない。今回は自分のスキルを上げるために新しいソフトでチャレンジしてみた。いつもは一般的なワープロソフトや表計算ソフトを使うのだが、あの有名なドローソフトにチャレンジしてみたくなったからだ。チラシを専門につくる人たちはこのソフトを使うらしいので、どれだけのことができるのかと想いチャレンジしてみたが、これが誤算だった。使いなれていないせいで、いつも以上に苦労することになった。今回のチラシは悪戦苦闘の末に完成したチラシとなった。とりあえず勉強にはなった。

本部の承認を頂けたら近々にチラシを一回入れます。いろいろな想いを込めて作った内容ですので是非、ご家庭に届きましたらご覧くださいませ。投函する日程が決まりましたら再度ご報告します。

慌ただしい時期になりました

Taro-ポスター(赤)

この時期は入試直前の質問対応と春期講習&新年度の準備で今週はあっという間に過ぎさります。

 月曜日はファイナルゼミで岡崎校に120名の受験生が集結。

 火曜日は授業終了後、新年度のカリキュラムについてのミーティング(帰宅は明け方4時半)。

 水曜日と木曜日で要項類&チラシの検討と作成。

 今日も会議と要項類の作成。

このように慌ただしい時期になりました。(昨日はブログを書くことをサボってしまった・・・。)

忙しいということは、わるいことではないと思っています。やるべきことがあるということは良いことだから。我々は子どもたちが持っていいる探求心を引き出すために魅力ある教室になるよう、今、いろいろなことを考え、それに向けた準備を進めています。

今月中に新学期の案内を作成、完成します。完成次第、まず塾生の家庭に配布させていただきます。

その後、2月2日(火)の14時より新年度の受付を開始します。

定員になり次第、受付を終了しますのでお早目のお申込みをお待ちしております。(現在は予約受付中)

もう一度、公立入試について考える《効率的な学習をするために》

PIC_0872

私立入試までは残すところ一か月をきり、公立入試もひと月あまりとなりました。生徒の中にはメンタル的にフォローが必要な生徒もでてきており、ここからが勉強量にしても、精神面にしても厳しい時期となります。昨日も不安を吐露する生徒がおり、多くの受験生にとってここからが勝負になります。我々もできる限りのバックアップをお約束させていただきます。

さて、今回は公立入試について書きます。生徒には常に言っていることですが、きちんと傾向を把握することが、今後の学習に繋がります。公立入試ですが、近年難化していることは間違いありません。ですが、公立の入試で教科書を逸脱した問題が出題されることはありません。教科書レベルの基本問題が多く出題されるのが通例です。特に上位高校を受験する場合、‟ミス”が致命的になります。公立の入試では‟ミスをしない”ことこそが一番のポイントになります。そのためには、わかっていることを繰り返す作業が必要です。反復の作業は、どちらかというと単純な作業ですが、これを怠ってはいけません。

次に科目ごとに考えてみます。

数学

数学は問7の図形が記述問題になったことで、時間が足りなくなる生徒が続発しています。時間配分にもっとも注意が必要と言えます。ですが、計算などの易しい問題もたくさん出題されます。ここでもミスはご法度と自覚してください。「こんなの簡単!」と言ってしまう生徒ほど落ちし穴にはまります。正確さとスピードがポイントと言えます。

英語

神奈川県の場合、文法の問題よりも、長文読解が多くだされます。「資料を読み取る問題」や「英語の質問に英語で答える問題」などが出題されます。そうなると読むスピードやグラフや表と関連つける対応力が必要です。これは、ある程度、同パターンの問題を経験しておかなければ対応ができないので、これまでの模試や過去問を再度解きなおすといいでしょう。

国語

生徒が苦戦しているのは「資料から書く作文」と「古典」でしょうか。また、作文は配点が高いので差がつきやすいです。実際に書いて練習することが必要です。採点が我々講師の方でしますので、日ごろから記述を書く訓練をしてください。また、漢字の読み書きの取りこぼしが多いのが岡崎校の生徒にいます。漢字の読み書きは大切な得点源なので、そこでの取りこぼしが人は、毎日漢字に取り組んでください。

理科

過去問を解けばわかっていると思いますが、問1~問4と問5~問8は出題傾向と難易度が大きく違います。まだ理科が完成していない生徒は問1~問4のパターンを多く解いた方が結果がでるでしょう。逆にある程度理科が仕上がっている人たちは、問5~問8の計算問題や、条件を読んで判断していく問題の練習を重ねてください。目標点によって学習の内容が変わるのが理科です。

社会

岡崎校の生徒の欠点は社会です。社会を他の科目と比較すれば疎かにしているように思われます。ある程度までは暗記量が差になる科目なので、十分な学習時間の確保が必要な科目です。また、近年「資料を読みとる問題」が出題されています。全体的に記述が多い科目といえるので、時間配分の意識も大切なポイントです。

中3朝まで勉強会⑤《完結》

朝は抜き打ちの英単語テストと、数学の問1&問2テストを実施。こちらも理科&社会の100問テスト同様に苦戦する生徒もいました。

それにしても今年の中3は朝でも元気であったということが印象として残っています。明け方の4時や5時になると睡魔に襲われる生徒も例年たくさんいますが、今年は負けることなく元気に朝まで頑張ってくれました。この気持ちが入試までの厳しい道のりを乗り越えていけると思える朝まで勉強会でした。

PIC_0869数学問1&問2テスト。全問正解で当たり前のテストです。

PIC_0870

PIC_0871

PIC_0873

最後にみんなで記念撮影。朝までよく頑張りました。でも、これで終わりではありません。これからも頑張りましょう。

PIC_0874

PIC_0875朝、教室を出ると本当に良い天気でした。朝日が校舎に当たり、すがすがしさを感じられます。このきれいな朝日はみんなが頑張ったご褒美か?

刺激的で壮観な一日

PIC_0887

今日の始動はいつもよりも早い。塾講師は普段は夜の仕事だが、今日は中3ファイナルゼミなので、朝からの始動となった。

昨日までで、ファイナルゼミに向けた準備はほぼ完了していましたが、最終確認と他教室の生徒をお出迎えするための準備と普段にはない仕事があった。

準備のあと、送迎。自分は田村校の生徒と成瀬校の生徒の担当。どちらの教室もしっかりと挨拶ができる良い子たちばかり。岡崎校の生徒にも挨拶の指導をしっかりとしなくてはいけないと思わされました。

そして、送迎が終わり教室に入ると、いつもとは異なる教室の雰囲気が。他教室の生徒がいるおかげで、ピリピリとした雰囲気が教室を包んでいます。

“これこそがファイナルゼミの醍醐味”

120名ほどの生徒が一堂に集結して、刺激的で壮観な一日がはじまります。

ファイナルゼミは“模試演習&解説講義”の講習。自分は数学を担当することになっています。

模試を受ける前に、“試験を受ける心構え”について話をした。数学は他科目と比べれば、意識によって得点が左右しやすい。ケアレスミスをもっともしやすい科目が数学であり、一題の配点が大きいのも数学なので、少しの気のゆるみで大幅に点数を下げる可能性がある科目が数学です。だからこそ意識をもって解くように模試を始める前に話をしてから、今日は解いてもらいました。

今日は朝から夕方まで岡崎校に生徒を缶詰にして競いあってもらいます。いつもとは違う環境のなかで何かを感じてもらえるとうれしいです。

Aクラスの様子

PIC_0880

Bクラスの様子

PIC_0881

Cクラスの様子

PIC_0883

Dクラスの様子

PIC_0882

Eクラスの様子

PIC_0884

下駄箱もいっぱい

PIC_0885

PIC_0886

国語担当は、岩崎先生

PIC_0892

社会担当は、山口先生

PIC_0888

英語は、長谷川殿下

PIC_0898

理科は小澤先生

PIC_0893

そして、数学は武山が担当させていただきました。

 

 

 

いざ、ファイナルゼミ開幕

ファイナルゼミに向けて

ファイナルゼミ(小澤編)

昨晩から今日はファイナルゼミの準備で大忙し。

今回は、周辺の学心塾が岡崎校に集結するので、一気に120名ほどの受験生が岡崎校に集まる。なかなか壮観な講習になることは間違いない。生徒たちにも非日常的な雰囲気に刺激を受けてもらえれば良いと考えています。明日の会場模試もだが、日ごろと違う環境でも実力を発揮できる用意をすることは大切なことです。

その非日常的な雰囲気を演出するためにしっかりと準備をしようと思い、昨日から慌ただしい時間が過ごした。

昨日、ファイナルゼミで使用する5回分の模試が届く。届いたらそのまま使えるのではなく、問題の仕分け作業が必要になる。120名分となるとそれなりに時間がかかるが、他教室のスタッフにも手伝ってもらい完了。

150110_1928

次に、クラス分けと座席表の作成。ある程度志望校別、もしくは同程度の高校別にクラスを編成して、その中で、冬期模試の結果で座席を決めていく。

そして、となりのコンビニへの挨拶。昼休みになると一気に生徒がいくので、他のお客様の迷惑にならないようにしなくてはならない。他にも、掲示物のリニューアル。今回はファイナルゼミで授業をしてくれる先生をつかったポスターを作製してみました。机のレイアウト変更。整理整頓など。

150110_1928

ファイナルゼミ(伊藤編)

そして、一番大切な当日の予習も。受験前の大切な時期なので、少しでも成果が出るようにしっかりとした準備が、生徒の為になると想い、生徒を迎える準備をしました。

ここから入試まであと一か月と少々。一気にラストスパートをかけましょう。

中3朝まで勉強会④《理科&社会100問テスト×3回×2科目開催》

PIC_0832

夜食タイムが終了すると、私立専願の生徒と公立を受験していく生徒に分かれて、公立受験組は理科と社会の100問テストです。これが、なかなかのボリューム。理科&社会は記述問題が増えたとはいえ、暗記による要素が高い科目。ここで最低限覚えなくてはいけないことを丸暗記してもらうつもりで、100問テスト×3回×2科目を用意しました。これまで理科&社会を手抜きしていた生徒にはかなり苦しい時間。まさに刻苦勉励であります。でも、一つ一つを合格するまで何回でも実施。生徒の中には朝までかかる生徒もいます。でも、ここで頑張らせることが合格への近道だと思い、生徒には頑張ってもらいました。

PIC_0736

OneDay合宿を思い出せ!

PIC_0863

PIC_0865

PIC_0866

PIC_0868

もう睡魔が襲う時間ですが、生徒はみんな真剣に取り組んでくれました。

朝までもう少しです。

“一生懸命、それが学心塾の生徒と講師の合い言葉”

新学期の目標をたてましょう

Microsoft PowerPoint - 新入生受付中2015春

あっという間に冬休みもおわり、一月はとても慌ただしい月です。まだ正月気分が抜けきらないままこの慌ただしさに紛れてしまうと、勉強が手につかないで間にあっという間に学年末試験になります。そこで、この時期にやっていただきたいことがあります。中3生は入試までの、中2生&中1生は学年末までの、小学生は3月までの自分にあった学習目標と学習計画を立てましょう。

小6生なら、小学校最後の学期です。できれば中学校に上がる前に科目ごとの総復習をしておきましょう。例えば、小学校で学んだ計算をよどみなくできるのか?小学校で習得すべき漢字がどれだけ暗記できているのか?県庁所在地をすべて答えることができるのか?など、小学生で身につけておくべき事項はいくつかあります。確実に身につけておくとよいでしょう。中学生になれば学習内容もぐっと難しくなり、新たに英語も加わり、ゆっくりと小学校の内容を復習する時間はなくなります。やるならこの時期です。

中1なら、やはり英語と数学を中心に学習するとよいでしょう。この二科目はどちらも積み上げ式の二科目なので、一年生の内容がしっかりと定着していないとこの先苦労します。今後のことも考えるとしっかりと定着させましょう。数学はやはり方程式です。方程式が解けないと、今後の数学のほとんどが解くことができないと言っても過言ではありません。計算はもちろんですが、文章題まで掘り下げて学習してください。英語ですが、中1の段階は文法もそれほど大変ではありません。まず英文に慣れることが大切です。そこで教科書に載っている基本文などを暗唱することに努めてください。中1の基本文はそれほど多くはないので、それほど苦ではな思いまうす。

中2は、そろそろ入試を見据えた学習が必要になります。英語は不定詞や動名詞、数学は一次関数や図形と難しくなってきましたが、入試を見据えたとき理科と社会の復習も同じくらい大切です。どうしても疎かになりがちですが、理科と社会で点数を稼げる生徒は入試でも楽になります。だから、もう一度、中1と中2の教科書を読む(音読)することから初めてください。英語と数学に比べれば比較的短期間での学習が可能なはずです。

最後に中3です。ここからは新しい問題は手を付けない方が良いです。これまでに解いた入試の過去問や模試を再度解き直しましょう。中途半端な学習をするよりも、確実に解くために学習をしたほうが得点力が身につきます。

ほんの一例ではありますが、自分にあった学習目標をたててください。

中3朝まで勉強会③《夜食&息抜きタイム》

12時をまわりましたが生徒はまだまだ元気でした。後半は社会と理科に絞って100問テストを各3回。計600問を合格するまで何度もやってもらいました。ここからが大変な時間になります。

少しの息抜きとして夜食も用意。用意したものは、焼きそば、焼うどん、チャーハン3種、お餅、他菓子類です。

PIC_0848

PIC_0847

PIC_0846

差し入れありがとう。生徒たちもこれで頑張れました。

PIC_0854

PIC_0852

PIC_0850

かなりの量を用意しましたが、あっという間になくなりました。

PIC_0858

後半戦もがんばりましょう。

お土産ありがとうございます

生徒から年末年始に旅行に行った時のお土産をいただきました。

‟ありがとう”

PIC_0878

 

そして、大澤大魔神がいる、ベトナムのの海外出店校の‟KG GLOBAL ACADEMY HCMC”のホームページが完成したそうです。

Facebookだけではなくwebサイトからも大澤大魔神の様子を伺うことができるようになりました。

お時間がある方は是非立ち寄ってみてください。

キャプチャ

KG GLOBAL ACADEMY HCMCホームページ

残すところ、あと一か月と少し

ファイナルゼミ(山本編)[読み取り専用]

今日は何人かの中3生に志望校の再確認をさせていただきました。

冬期講習模試や会場模試の結果から、悩んでいる生徒や自信がなさげな生徒がいます。そこで、ボーダー上の生徒を中心に何人かの生徒に現状を説明しました。

中には現状では私立高校に行く覚悟がないのならば、「この志望校では厳しい」と伝えなくてはいけない生徒もおり、どのように話したらよいのか毎年悩みます。もちろんまだ時間はあるのでまだ奮起はできるので、子どもたちの頑張りを引き出すきっかけになれば良いと考えながら生徒と話していきました。

さて、残すところ、あと一か月と少しです。この期間でなにをするのか。どうすると最も効率がよいのか。ただ勉強するのではなく、‟考えて学習する”を実践し、非効率的な学習はしないようにしてください。

あと、今日の数学の問題についてひとこと。Bクラスの生徒たちは自分が問1~問3を完璧にしろと言っているせいか、そちらはかなり正解率が上がってきたと思います。けど、問4以降を捨てろとは言っていません。例えば今日の問6。空間図形は毎回正答率が低めなため、捨ててしまう生徒もいますが、今回の問題は公式さえ暗記していれば解けるような問題です。特に(ア)は点取り問題でした。難易度を判断して解ける問題を確実に解くことが、もっとシビアにできなくてはいけません。

ここから志望校をどうするのか。

入試までの期間、何を学習するのか。

よく考えてください。もちろん相談にはのります。でも、周りの意見に流されることなく自分でよく考えて決定と行動をしてください。

中3朝まで勉強会②《大澤大魔神もベトナムから参戦、卒業生も応援に来てくれました。》

朝まで勉強会は勉強の成果よりも、これだけ頑張ったという自信をつけることが目的。深夜になれば生徒の集中力もなくなることが予想されます。そこで、夕食のあと、集中力があるうちに模試を開催。まだまだ生徒は元気な様子です。

そして大澤大魔神もベトナムから激励の参戦。久しぶりなので生徒たちも元気をもらうことができました。大澤大魔神ありがとうございました。

PIC_0840

PIC_0841

PIC_0842

PIC_0843

PIC_0844

PIC_0845

模試が始まりました。

PIC_0839

ベトナムの大澤大魔神も参戦してくれました。

PIC_0846卒業生のM君とFさんも応援に来てくれました。

今年もよろしくお願いいたします

文書1

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!! 2015年が始まり、すでに3日目です。みなさんはいかが年末年始をおすごしでしょうか。元旦の雪には驚きましたね。今年は予想外のことが起きるのではないかと思いました。(うれしい予想外なことならいいのですけど)

さて、みなさんは初詣には行かれましたか?年末に受験生に伝えたことがあります。“初詣では、「高校に無事合格できますように」とはお願いしないこと。”受験生のみなさん言ったことを覚えていますか?神様にお願いをして合格できるなら楽です。しかし、そんな甘いことはないとはみんなはわかっていますよね。神頼みをして合格できるならば全員合格します。神様にお願いすることは、「力が発揮できるように。」とお願いするべきであって、合格は自分の努力によって勝ち取るべきです。そのために我々も全力フォローします。

そして今年の抱負を考えてみました。

今年の抱負は“塾としての使命を果たすこと”

塾としての使命は、“成績&学力をアップさせること”と“志望校に合格させること”です。当たり前のことですが、これこそが塾の使命です。何をすれば使命をはたせるのか?一人ひとり違います。だから、一人ひとりにあった、学習指導とやる気を引き出す言葉は何かを考え、常に実践していこうと思っています。

今年一年、誠心誠意に教鞭に当たらせています。今年も一年間よろしくお願いおたします。

 

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05