学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

「中3入試特別対策授業」のお知らせ

PIC_0602

中3にとっては,いよいよ重要な時期に入ってきました。

そこで、入試に向けた最重要項目を中心に、確実に入試で点数をとるための基礎をつくることを目的とした授業を以下の日程で実施します。

これから、中3生にとって非常に大切な期間です。入試に向けてのスタートがより良いものであって欲しい。

こういう願いで、「中3入試特別対策授業」の指導に臨む所存です。

10月4日(土)   13:00~17:30
10月18日(土)  13:00~17:30
11月1日(土)   13:00~17:30
11月15日(土)  13:00~17:30
12月6日(土)   13:00~17:30
12月20日(土)  13:00~17:30
1月10日(土)   13:00~17:30
1月24日(土)   13:00~17:30
※ 模試などで日程を変更させることがあります。日程変更の際はその都度連絡します。
※ 高校説明会などで欠席の際は必ずご連絡ください。

期末結果速報《9/29判明分》

期末試験結果の一部が判明しました。本日判明分を速報します。

80点以上の生徒《主要5科》※すべて100点満点に換算

中3男子 数学満点

中3男子 社会92点

中3男子 社会90点

中3男子 英語98点

中3女子 社会92点

中3男子 社会98点

中3男子 国語94点

中3男子 社会98点

中3男子 数学92点

中3男子 社会92点

中3男子 社会90点

中3男子 社会94点

中3男子 数学90点

中2男子 英語94点

中2女子 英語92点

中3男子 社会81点

中3男子 社会86点

中3男子 数学86点

中3男子 数学87点

中3男子 理科80点

中3女子 国語88点

中3女子 理科82点

中3男子 国語84点

中3男子 理科88点

中3女子 社会88点

中3女子 英語84点

中3男子 国語80点

中3男子 社会84点

中3男子 理科84点

中3男子 社会80点

中3男子 社会80点

中3男子 数学80点

中2男子 社会86点

中2男子 数学80点

中2男子 理科88点

中2男子 社会86点

中2女子 社会88点

中2女子 数学82点

中2女子 理科86点

全科目・全学年が返却されましたら再度集計し、結果報告をいたします。今回は、本日判明した分のみです。

月報を生徒を通じ配布します《ご確認をお願いします》

10月分の月報を生徒を通じ配布しております。

内容物は以下の通りです。ご確認ください。

・10月岡崎校予定表

・学心新聞

・小5・小6公立中等教育学校受検対策をされるみなさまへ(小5・小6のみ)

・「中3入試特別対策授業」のお知らせ(中3のみ)

・保護者面談のお知らせ(中学生のみ)⇒提出〆切10/10(金)

 

学心新聞(10月号)古いエクセル用-001

パワーアップする岡崎校にするために、今日と明日は仕掛けを考えます

0101

学心塾生のみなさん、昨日で期末試験も終わりましたが、試験の出来具合はいかがでしたか。

みんなは、わかってる?

テストは、返却されたあとも大切なことを。

試験の結果から見えてくることがたくさんあります。

“自信を持つこと”と、“反省すること”

これが次への成長につながります。

目標点は個々違います。

自分自身の目標点に達した人。「自信を持ってください。」そして、さらに上の目標を立てましょう。

目標点に届かなかったひと。「何が自分に足りなかったのか考えてください。」“学力不足”なのか、“時間配分ミス”なのか、“勉強不足”なのか。

そのままにしないことが大切です。

さて、期末後より曜日は変更しませんが中学生の時間割を少し変更します。今後“中3は受験モード”に“中2・中1は難易度が増す後期カリキュラムに対応する”ために、より、効率的に学習できるように時間割を変更します。また、10月から中3入試対策授業も開始します。中3入試対策授業のお知らせは月報に同封して生徒を通じてご連絡します。

後期に向けてよりパワーアップする岡崎校にするために、今日と明日は仕掛けを考えます。ご期待ください。

大住中・金目中のみなさん、勉強するなら、学心塾岡崎校です!


 

地域のみなさま学心塾岡崎校の教室長武山です。

ただいま、10月の無料体験生を受付ております。

学心塾岡崎校がどのような教室かは、上記の動画を参考にしてください。

尚、現在、新入塾生の受付は小3~中2となっております。中3につきましてはただいま定員となっておりますので指導体制が整うまで募集停止とさせていただきます。募集できる体制が整いましたら、募集を受付をこちらのサイトよりご連絡いたします。

また、9月中は中2金目中の募集を停止していましたが、指導体制が整いましたので若干名の募集を受付します。

ご入塾等の関して詳細は、担当の武山か岩崎にご連絡ください。

お問い合わせは、学心塾岡崎校《℡0463-59-0855》

生徒同士が刺激を与え合い、アドバイスをする雰囲気。どんな講師が素晴らしい講義をすることよりも、はるかに効果的な学習方法だと言えます。

PIC_0603

本日のトップニュースの記事に取り上げた『「こんなの問題を解いた方が早いよ。」ある生徒が友達にこのようなアドバイスをしていました』は岡崎校の中3S君が昨日、試験勉強をしているときに同級生に話していた言葉です。S君は何気なく話した言葉だと思いますが、自分も全く同意見。暗記方法はいくつかあるけれど、この方法は全生徒に実践してほしいと思い、今回取り上げました。彼は経験の中でそのような暗記方法があるとわかっているのでしょう。でも、残念ながらそれをわかっていない生徒もいます。そんな中で彼が同級生にアドバイスをしてくれたことがうれしかった。岡崎校には習熟度別個別学習eトレが完備してあります。「今回の問題を解く」という点はeトレが担ってくれます。つまり大住中や金目中の他のお友達よりもたくさんの問題を解ける環境が岡崎校にはあります。それも習熟度に合わせた学習もできるし、類題を何度も解くことも可能です。暗記できるまで何度でもスモールステップの学習ができるのです。

「友達からのアドバイス」これほど生徒にとって効果的なものはない。よく我々も「もっと勉強しよう!」という言葉を生徒に投げかける。学校の先生も、ご家庭でお父様、お母様も同じようなことはおっしゃっていると思います。しかし、子どもは心の中では、「言われなくてもわかっている」もので、それが反発の材料になってしまうこともある。そんな大人からの「勉強しなさい!」という言葉よりも、お友達同士の「試験が近くなったから、勉強しないといけないよね。」という言葉の方が生徒にははるかに効果があるものである。特に今回はS君が言ってくれたことに意味があった。彼は現在学心のNO.1で、彼が言ってくれたことで他の度の生徒も納得することができた。

学心塾岡崎校では『そのような雰囲気をつくり出せる教室でありたい。』と思う。

生徒同士が刺激を与え合い、アドバイスをする雰囲気。どんな講師が素晴らしい講義をすることよりも、はるかに効果的な学習方法だと言えます。

このような雰囲気づくりをしていきたいと思えた瞬間でした。

明日の試験に向け、精一杯努力をすること!

 

0146

期末試験の一日目が終わりました。

今も自習にはたくさんの生徒が勉強にきています。

自習室に来た生徒に今日の成果を聞いてみると、

「思ったよりできた。」や「時間が足りなかった。」など様々な意見を聞くことができる。中には「習っていない問題が出た。」という生徒も。しかし、問題を見てみると試験範囲内の問題で、習っていないわけではない。多少問題の切り口が変わった程度で、「習っていない。」という類いの問題ではなく、「問い方が変わって、初めて見るように感じた」という方が正しい。数学や英語の内容を指導することと同時に、これからは問題をしっかりと読む力を身につけさせる必要があると、その話を聞いたとき思いました。

さて、生徒の中には落ち込んでいる生徒も数名います。特に中3にとっては進学に関係する大切なテスト。強い想いで受けた生徒ほど、成果を出せなかったときの落ち込みは激しい。でも、考えてみてください。「まだ結果はわかりません。」これまでも一生懸命に学習したのだからもしかすると、高得点かもしれません。今日の金目中3年の英語等はほとんどの人が時間が足りなかったと思います。大住中の3年生数学はは昨年度の先生が作る問題とはレベルが違いますので、昨年度と比べればできなかった生徒がいると思います。つまり一概にできていないわけではないです。得点は下がっても順位は上がっているという可能性はあります。

逆に落ち込んでいる生徒は一生懸命にやっている生徒だから、それほど心配していません。自信過剰な生徒の方が心配です。

今、やるべきことは、

明日の試験に向け、精一杯努力をすること!

生徒たちには何度も言ったことがありますが、「努力をしたって1番にはなれない。」という人もいます。たしかにその通りです。努力をしたからって、成果が必ずでるわけではない。ただし、結果を出してきた人は、例外なく努力をしています。だからみんなには明日に向けて今できることをしてください。

ただいま40名以上が自習室を使用中♪

ただいま40名以上が自習室利用中です。

eトレもフル稼働中です。

講師も質問対応に大忙しです。

何を家勉強するかはすでに伝えている。あとは目標に向かって家庭学習者も頑張れ!

PIC_0642

PIC_0640

PIC_0638

PIC_0633

PIC_0639

PIC_0634

PIC_0635

PIC_0641

PIC_0636

PIC_0643

今日も早速、生徒がたくさん自習ににやってきました。

SN3S0354

この二日間のA4用紙の消費量が半端なかった。

eトレで使用したプリントの一部です。生徒が持ち帰ることもあるのですべてではないけれど、これだけのプリントを印刷した。

試験前なので、eトレはフリー。eトレで学習している生徒もいれば、学校ワーク類を学習している生徒もいた。特に学校のワークやプリントは提出をしないといけないので優先的にやってもらった。

だから、学校の提出物や過去問が解き終わった生徒中心に学習したので、全員がeトレを学習していたのではない。この二日間はそれでも多くのプリントが印刷されていった。プリンターがまた壊れるのではないかと思うほどに。

きっと今日も明日も多くのプリントが印刷されて、生徒たちが一生懸命に取り組む姿が見られると思う。早速、中3が自習室にやってきました。

これは生徒たちの頑張った証。

けれども、「頑張ったからOK」ではなく「結果を出してこそ勝利」です。結果を出すためにものを言うのが演習量です。どれでけ勉強時間を割いても、演習量が少なければ得点力はあがりません。テストで大切なのは、学力以上に得点力です。どれだけ普段の授業を真剣に聞いて、何が出題されそうか考え、出題されそうな項目を中心に学び、問題演習をする!これが得点力を上げるコツなのです。

ガンガン問題を解いて得点力を身につけよう!

明日、23日(祝)は10時より自習室を開放いたします。

『中3&中2 8時間勉強会』と『中1 5時間勉強会』2DAYS二日目終了!

PIC_0604

『中3&中2 8時間勉強会』と『中1 5時間勉強会』2DAYSが終わりました。

朝から、先ほどまで生徒たちは本当によく頑張りました。でも頑張っても結果でないと意味がありません。頑張ることが大切なのではなくて、テストで高得点採ることが大切なのです。どんな問題が出題されるのかを予想してから勉強に取り組んでください。学校の授業を大切に受講していれば、学校の先生が何を出題しそうなのかわかるはずです。しっかり的を得た学習をしてください。そして、その単元(内容を)集中して学習するのです。その時に学習する教材や内容もわかりますね。eトレも個別課題学習や自習室で活用してください。

ここで、eトレの学習方法で、一つアドバイスです。成績上位者ほど同じ単元を反復して学習している生徒が多いです。eトレにはハイチャレンジやテスト対策など様々な内容がありますが、一度解いたことがあるステップやチェックを解いている生徒が多くいます。勉強方法がすでに身についている生徒は反復学習の大切さとどの単元を学習すべきかが成績上位者をどわかっているようです。昨日も書きましたが、あれこれやっても中途半端な学習になるので、何を学習べきかしっかりと考えて、それが定着するまで反復する学習を実践してください。

さて、今週ですが中学生は試験期間なので変則的になります。試験対策日程表を必ず確認してください。(9月予定表は変更になってます。)

また、予定ですが、火曜日の予定を変更します。

火曜日の塾開放は午後からの予定でしたが、生徒からの希望が多かったので、午前10時からの開放とします。早く塾を開放してほしいというような意欲のある姿勢はうれしいですね。

『中3&中2 8時間勉強会』と『中1 5時間勉強会』2DAYS初日終了!

SN3S0115

本日と明日は試験前恒例の『中3&中2 8時間勉強会』と『中1 5時間勉強会』です。

岡崎校の生徒が全員来ると壮観で、1階と2階の全フロアーが一気に埋まります。

今日から本格始動させた『個別課題学習専用ルーム』も生徒たちのやる気で溢れていました。

勉強会は、学習する内容は生徒によって異なります。

・過去問を学習する生徒

・学校のプリント類を学習する生徒

・学校のワーク類をを学習する生徒

・塾プリントをを学習する生徒

・追試をを学習する生徒

・塾テキストを学習する生徒

と、生徒にとって一番必要なことをやらせ、わからない内容を個別に指導しています。

『個別課題学習専用ルーム』では習熟度別個別eトレも活躍。たくさんの生徒がスモールステップで学習していました。特に苦手な科目には効果的な学習方法です。

SN3S0116

生徒を個々みていくと、まだ中1に的を得た学習ができていない生徒が多くみられました。的を得られていないというのは、

・学校の白プリやワークが終わっていないのに、市販の問題集をやっている⇒どこからテストは出題されるかわかってますか?

・あれこれ様々な教材をやっている⇒中途半端に終わる可能性があります

・難題にやたら時間をかけている⇒わからない時はすぐに質問してください

中3や中2は散々指導してきたので、この時期何を学習しないといけないのかわかっているようですが、中1はまだ手探りで「自分なりの学習方法」を模索している生徒が多くいました。

今回は技能四科目もある期末試験なので要領よく学習しないと時間が足りなくなります。「何から学習しないといけにのか?」を考えて学習しましょう。

「おや!?」見たことある顔が‼

SN3S0114

昨日のタウンニュースを見ていると、「おや!?」見たことある顔が‼

中3の佐藤真心くんが取り上げられている‼

彼は夏休み期間一生懸命に準備をしていた。そして、英語弁論大会にチャレンジそして、予選を通過したことは聞いていたが、こうしてクローズアップされるとは!

記事を読むと『持ち味は、会場全体に届く大きな声と、制限時間を目いっぱい使ったダイナミックな構成。「スピーチを通じて、諦めない心を持つことが大切ということを伝えられたら」と話している』と書かれている。なんとも彼らしい。

今、弁論大会のような大会はチャレンジしようとする生徒が昔と比べると減っているように思える。そんな中で、チャレンジしている彼のスピリットを讃えてあげたい。

まだ、予選の段階なのでこれから続いていくが、「もちろん優勝を狙っていきます」と自信満々の彼の姿勢に頼もしさを感じます。

褒めてあげたい生徒がたくさんいました

キャプチャ1

中3保護者のみなさま、8月の最終週に実施した入試模試(業者模試)の結果が届きましたので、生徒を通じ帳票をお渡ししますのでご確認ください。(昨夜自習室に来校した生徒にはすでに渡してあります。)

また、帳票を確認する際に、志望校判定にあまり一喜一憂しないようにお願いします。生徒にはその旨は伝えておきますが、あくまで8月時点での結果であり、入試の結果ではありません。参考にすることは大切ですが、これから生徒の頑張り次第で、大きく変わります。たとえ今、「再検討」でもこれからの頑張りで結果はひっくり返ります。過去にも逆転していく生徒は多数いました。大切なのことは、模試の結果を受け止め、今後どのように生かしていくかです。また、今回「安全圏」の判定がでた生徒も油断しないように気を付けてください。ここからの逆転劇は珍しいことではないです。

でも、今回の岡崎校の生徒はとても頑張っていました。褒めてあげたい生徒がたくさんいました。学心塾の上位10傑に5名が入り、またトップ30名にも多数が入りました。

中位の生徒も数字を伸ばしてきているので全体としてみれば良い結果と言えます。

しかし、個々で見ていくと志望校に対し判定が不足している生徒もおり、ここからの頑張りが一番大切ばのです。

さあ、油断せずに期末も高得点を狙おう!

SN3S0113

中3勉強合宿2014のハイライトムービーが300回再生となりました

勉強合宿2014の様子をまとめたハイライトムービーが、まもなく300再生回数となる。アップしてから3週間ほどの期間で、一地域の小さな学習塾の取り組みを見ていただけたことはうれしいことです。

中3にとっては「あれだけ頑張ることができた」という自信を思い出すために、後輩にとっては「これから始まっていく受験への決意」を芽生えさせるために、この動画を見ていただきたい。それが次への原動力になることを期待して。

今、中3は入試まで半年となり、それぞれが「志望校絶対合格」という熱い想いを持ち、勉強に取り組んでいる。その気持ちは合宿で培われたということは間違いない。しかし、半年は長い。全力疾走で走りきることは困難である。合宿というのは一つの特効薬であるが、それを継続させることは難しい。だから生徒にはこれからも新しい刺激を与えていくことが必要になる。「やる気に火をつける」ような企画をいくつか検討しているので楽しみにしていてください。

答えがわかると「そっかぁ」とか「わかったぁ」っていう子がいる

IMG00639

「本当にわかっている?」

小学生や中1に多いが、答えがわかると「そっかぁ」とか「わかったぁ」っていう子がいる。『半端な学習では通用しないということをわかってもらいたくて』で書いたケースと別パターン。大切なのは答えよりも解き方なのだが、それがわかっていない。答えがわかれば先に進めると思い「わかったぁ」と言う。こういうタイプは、そのままにしておくと伸びない。

このように理解していないのに「わかったぁ」という子は大体決まった生徒なので、わざと「本当にわかっている?」といって数字を変えたり、問い方を変えたりして確認をする。

そうすると案の定解けない。

「教わる⇒わかった⇒問題を解く⇒解けない⇒教わる⇒わかった⇒問題を解く⇒解けない」これを繰り返すと、最終的には反復しているので解けるようにはなるが、高い意識をもって取り組むことができたのならば、「もっと短時間に理解できるようになるのに・・・」と思う生徒は少なくない。やはり生徒にはより効率的な学習方法を身につけてほしいと思っている。

だから、何も考えず「わからない」という生徒も心配だが、わかっていないのに「わかった」という生徒も心配になる。

塾講師ならばこの状態を見抜くことは簡単なことだし、注意することも当たり前のこと。でも注意しているだけでは子どもは何も成長しない。だから、勉強を教えることよりも「何のために勉強するのか」を教えることを重要している。ここがわかっていないから勉強に対して真剣になれていないから。

普段の講義ではこの点を意識した授業を心掛けている。自分で学習できる生徒は、進研ゼミやZ会のような通信教材でも通用するかもしれない。けれど、塾に通っていただいているメリットは人が介していること。

ただ勉強を教えるだけではなく、勉強に取り組む意義のようなものも含めて指導できることが塾のいいところ。勉強だけではなく、何のために勉強するのかという気持ちを育てることが今はとても大切だと思います。

今週は試験対策週間

PIC_0603

今週は今月末の期末試験に向けた、超特訓試験対策週間です。

今日と明日は試験対策授業で平常授業とは異なる時間帯での実施となる学年がありますので予定表を確認しておいてください。

試験に向け下記の学習はきっちりとやること。

①試験範囲の英単語/漢字を完璧に覚える⇒覚えていないといけないことがまだ暗記できていない生徒が多数います。ここが高得点の鍵です。

②試験範囲の教科書をよく読む(反復して読むこと)⇒暗記ができない生徒ほど教科書を読まずに暗記しようとしています。しっかりとつながりも理解してからの方が暗記しやすくなります。

③ノートを整理する⇒全科目・全単元をやらないことがポイントです。学校のノートを活用して、個々の弱点に絞ってノートまとめをしてください。すべての単元でやろうとすると中途半端に終わり逆効果になります。

④学校のワーク/プリント類⇒ここから多くの類題が出題されます。わからない問題が内容にしっかりと学習し、わからない内容や問題は質問してください。

⑤塾のテキスト⇒授業で一度解いているので、すべてやろうとせず、集中して学習しないといけない単元をもう一回解きなおしてみてください。

⑥eトレ演習⇒学心塾自慢の学習システムです。習熟度に合わせて必要な単元をスモールステップで学習できます。

⑦塾配布の試験対策問題集(過去問集)⇒得点力は問題数に比例します。

これらのことをきちんとやりましょう。

今週は塾の指導項目として、学校のワークやプリントもやりますので、まだ完了していない学校教材は持ってきてください。

本日、中3の数学特別補講を実施します。

昨日は平塚市内の各中学で運動会が開催。生徒たちも暑いなか普段とは異なる姿を見せてくれていました。

SN3S0109

運動会を見ると各中学で色があるなぁと思います。

さて運動会が終われば期末試験です。こちらも運動会同様本気で頑張らなきゃいけません。

岡崎校では、明日と明後日に下記の時間で試験対策を実施します。

15日(祝)・16日(火)

中3⇒13:00~17:50

中2・中1⇒19:20~21:30

さらに本日ですが、全体補講ではないです、中3の心配な生徒のを対象とした数学の補習を行います。14時からみんなが理解できるまで補習しますので、試験で高得点がとれるようにしっかりと準備しましょう。

 

個別課題学習専用ルームを設置します。

ただいま教室を改造中です。

ある教室を個別課題学習専用ルームに変更します。
before
SN3S0097 SN3S0101

ここにあった壁を撤去。広々とした個別課題学習専用ルームを設置します。

after
SN3S0106

SN3S0108

壁を撤去したばかりなので机のレイアウトなどはこれかだらけれど、広々とさせることで、“質問しやすい教室”、“eトレ演習のしやすい教室”にしていきます。
完成までもうしばらくお待ちください。

半端な学習では通用しないということをわかってもらいたくて

0082

昨夜の授業で、あるクラスに雷を落とした。

落としたと言っても、諭したという方がただしいのだが。

ある生徒が、考えもせずに「わからない」と言ったからだ。

それと日ごろの取り組みの甘さが感じられたからだ。

昨夜は授業で、夏期にやった問題と同様の問題をやった。夏期の時は、できなかった生徒を対象に補習も追試も行い、生徒も「大丈夫!」と言っていた。でも昨夜やってみると、残念な結果に・・・。もちろん全員が残念な結果なのではなく一部の生徒がなのだが、その生徒はおそらく追試の際に「解き方を学んだのではなくて、答えを覚えた。」のだ。だから同様の問題をやらせても解けない。やらせたのは一週間前ほどだから、やったことは覚えている。でも、その半端な学習では通用しないということをわかってもらいたくて生徒にはきつく話をした。

以前も書いたが、生徒が言う「わからない」には二通りある。

本当にわからない場合。これはしょうがない。そのために塾に通っているのだからこれから少しずつわかることを増やしていけばいい。

もう一つが、考えていない場合。こちらがよくない。生徒は面倒くさい問題になると「わからない」とすぐに口にする。でもその大半が、考えればわかる問題なことが多い。要は「考えたくない」という方が正しいのだろう。

この姿勢がよくない。だから、キツいことを言った。生徒に対しキツくいうことは正しいことではないかもしれないが、ここは子どもたちの気持ちの問題だと想い少しキツい口調で生徒には雷を落とした。

次に生徒たちが来校するときに少しは変化が見られることを期待して。

「この悔しさを忘れずに・・・。」本気でがんばった人だからこそ意味のある言葉だと思います。

0364

昨日のニュースや新聞は錦織選手一色でした。

学生時代にテニスをしていた自分にとっては、こんなに楽しませてくれた大会は久しぶりです。

結果は残念でしたが、今後に期待が持てる活躍だったことは言うまでもありません。

錦織選手VSチリッチ選手でしたが、その背景にはマイケルチャンコーチVSイワニセビッチコーチという昔のテニスファンにはたまらない組み合わせ。昔も今もストローク(粘り)VSビックサーバーという形は変わらない組み合わせに心躍りました。

錦織選手が試合後に、「この悔しさを忘れずに、・・・」と話していました。

彼がどれほど悔しい思いをしたかは、容易に想像できますが、本気でがんばった人だからこそ意味のある言葉だと思います。

我々も似たようなことはよく言います。でも、「悔しい」とか「うれしい」の言葉の意味はそれまでどれだけがんばってきたのかで変わってきます。「悔しい」という言葉も「本気でがんばったからこそ」でてきた言葉と、「努力をせずに結果がでなかった」からでてくる「悔しい」は全く重みが違います。

生徒たちからも試験が終わると予想していた結果より低くて「悔しい」とか「もっとがんばれば良かった」という言葉をよく聞きます。でも、本気で言っている言葉なのか?

生徒たちには一生懸命にがんばったからこそ言える「うれしい」や「悔しい」という言葉を言えるようになってほしい。

近々には期末試験がある。そこでは努力したからこそ言える言葉を期待したい。

前期期末試験対策講座について

SN3S0407

平塚市内の中学では今月末に各中学で期末試験が開催されます。

そこで、期末試験に向け、試験対策補講&試験対策勉強会を無料で実施します。また、期間中は通常期間以上に自習室とeトレ学習を利用し、期末試験で自己最高点を取ることを期待しています。我々、学心塾スタッフも全力で皆さんをサポートします。

◎試験期間に向けて下記の日程表を本日より配布いたします。平常授業とは異なることがありますのでご確認ください。

◎また、試験対策問題集(過去問集)も印刷が完了した中学、学年から配布していきます。そちらも学校のワーク・プリント類と合わせてしっかりと学習してください。

◎期間中のeトレ学習はあいている時間は自由に使用してください。

◎自習室も積極的に利用してください。ただし、私語など他の生徒の迷惑になるような生徒は利用をお断りすることもあります。

◎自習室やeトレ学習にきた生徒で帰りの送迎を希望する生徒は講師にご相談ください。既定の送迎で余裕があれば一緒に送ることが可能です。

◎試験対策期間中は個別課題学習の時間に学校のワークやプリント類のフォローを実施します。

前期期末試験日程表
前期期末試験対策日程表

期末試験まで16日だ

SN3S0434

 

みんなは、『まだ16日!』or『もう16日!』どっちですか?

学心生のみんなは、『期末試験はいつからわかっている?』

『この時期は何をすべきかわかっている?』

『運動会の練習で疲れた」とか言っていないかい?』

期末試験まであと16日だ。

試験に向けて何を学習していくのかはこれまで散々話してきているから、学心生のみなさんは何をすべきなのかわかっているよね。あとはそれに向けて取り組めるかどうかだ。

「期末試験は頑張らなきゃ!」とはきっと全員が考えている。でも、実際に頑張ることができるのかが問題。人はわかっていても、サボってしまう弱い面を持っている。だから、期末の結果は学力以上に気持ちで差が開くものである。

中3生は言わなくてもわかっているな!残り16日間をどのように使うかを計画的に学習しろ。

中2生は中だるみに注意!先日、個人面談をした時の目標設定を思い出せ。「もっともたるむのがこの時期だ!」ということを自覚しろ。

中1生は初めての期末、初めての9科目、しっかりと計画を立てろ!中間テストと同じペースで学習していたら、時間が足りなくなるぞ!

ここから期末までの期間は、自分に厳しく。そして、規則正しく。

岡崎校では今週末から試験対策補講を行う。少し、予定が平常とは異なってくるので注意してほしい。今週中に予定表も配布します。

マイケルチャンが、体格体にも似ている日本人の錦織選手のコーチをしていることがうれしい

今回は全く教室とは関係ないことを書かせてもらいます。うれしくて書かずにはいられないできことがあったから。

今日は朝から錦織選手のことがニュースで一色。

「全米オープン決勝進出」

すばらしい。体格的に劣る日本人男子がここまで来るなんて全く想像できなかった。

自分もテニスをしていたので、このことがどれだけすごいことなのかがわかる。以前では考えられないことが本日起きたということだ。

錦織選手も凄いが、自分は彼のコーチがあのマイケルチャンという事にも注目している。マイケルチャンは自分の中では憧れの選手の一人だ。今の中学生が生まれる前なので知らないだろうが、89年ローランギャロス(全仏)は衝撃的だった。特に対レンドル戦は今でも忘れられない。おそらく探せは当時のVHSがあると思う。今はユニクロに錦織モデルが人気があるみたいだが、自分は全仏優勝の時のリーボックのウエアを購入したことを覚えている。

彼のテニスは当時、賛否があったのことも記憶している。体格的に劣るマイケルチャンが当時のNO.1のレンドルとの試合。自分ができるすべてのことを駆使して勝利した試合で、自分の記憶している中でも最も面白い試合だった。錦織選手も試合時間が長すぎると話題になっているが、これはコーチの影響もあるのかもしれません。マイケルチャンはとにかく粘り強く、さらに戦略家であった。話題になったアンダーサーブや必要以上にロブでつなぐプレイ、マッチポイントでベースラインの内側に大きく入り、ダブルフォルトを誘うスタイル。このプレースタイルには賛否が分かれていた。でも、パワーテニスに勝つために何をすべきかわかっているテニスであり、自分に足りない所はどこで、相手より勝っている所はどこかをしっかりと分析していたテニスだった。だから、あの体型でも世界で勝負できていた。

マイケルチャンは自分の中では伝説的なプレーヤーで憧れの選手。彼が、カップヌードルのCMで見せていたボールを追いかけて背面で打ち返す技は当時自分たちは真似をしようと練習していたことを思い出す。そんなマイケルチャンが、体格体にも似ている日本人の錦織選手のコーチをしていることがうれしい。マイケルチャンのコーチのもと彼とそれほど体格が変わらない錦織選手が学ぶことは必然なことで、きっと学ぶことは多くあったに違いない。それが今大会の快進撃に繋がっているのでしょう。

火曜日の決勝戦が本当にたのしみです。ここまで来たら優勝を期待してしまいます。

我々は「生徒のためになることは何か?」を常に考え続けないといけない

先日アップした合宿のハイライトが意外と見ていただいているようで、学心塾の取り組みがみなさんに伝わっていったのならばうれしく思います。7分23秒あるので、すべて見られる方は少なくなるかもしれませんが、生徒のたちのがんばりが見られるの是非多くの方々に見ていただきたい。(次回はもう少し短くします)

今夏の合宿はこれまでの経験から、このタイミングは生徒が「たるむ時間帯」などを事前に話しあい、そこのタイミングで必ず生徒が再度気を引き締めるような仕掛けを用意した。それが良かったのか、合宿から帰ってきた生徒が口をそろえて「今までどれほど勉強していなかったか自覚した。」と話してくれる。

今週は長時間の打ち合わせ(会議)が3回もあった。平常授業が9月から始まり、夏期の反省やこれからのオペレーションがテーマなのだが、その中で、中3以外にも「合宿のようなことをやらせてみたいね。」という話がでてきた。

というのも、学心塾の各教室では例年以上に合宿の参加者の目つきが変わったとの話が上がっているからだ。たかだか二泊三日なので、学力面で大きく成長できるものではない。学力はコツコツ長期間やってこそ培われるもので、短期間でやったことはすぐに忘れ、定着していかない。短期的な目線でみれば合宿の勉強は効果はある。でも、長期的にみれば勉強面よりも精神的な成長の方が合宿では期待できる。

その効果が各教室で見られるとの報告があがっている。合宿に参加した生徒たちが、「積極的に学習に取り組み、これまで以上に意欲的なっている。」のだ。それが、他の生徒や下級生に波及し教室の雰囲気を盛り上げてくれれば、これほどよい学習環境はない。

だから、「他の学年にも勉強合宿のような、非日常的で刺激のある時間を過ごさせることで、子どもたちはもっと成長できるのでは。」との想いがでてきた。

他にも、「小学生にはもっと知的好奇心を抱かせるようなイベントを実施した方がいいのでは。」など多くの意見が出ている。

もちろんすぐに実行できる企画とそうではない企画があるが、我々は「生徒のためになることは何か?」を常に考え続けないといけない。

9月6日(土)13:00~18:00は岡崎校ではわかるまで個人レッスン「指名学習」を開催します

0364

「今週授業を欠席してしまった。」

「数学が難しくなって、質問したい。」

「試験が近いから、学校のプリントを教えてほしい。」など、生徒の要望はさまざま。

けど、平常授業では「なかなか質問ができない。」などありますよね。個別指導の学習塾さんはここを売りにしています。学心塾は集団授業を開催しながらも、個別の対応を実施。やはり、初めて習う内容や、競争が必要な内容は集団で、でも習熟度に差がでるポイントは個別でが学心塾の指導スタイルです。

だから、個々対応するために、学心塾では指名学習の時間を設定しています。指名学習は生徒個々のわからない場所や質問に対して、個人レッスンする授業です。指定された時間内ならば、直接講師に指名された生徒ではなくてもOK。少しでも勉強面で質問がある生徒は集合してください。どんな問題でも、わかるところまで遡って指導します。

学心塾岡崎校では毎週土曜日の13:00~18:00に実施しています。この時間帯でご都合が合わない場合もご相談していただければ、平日夕方に開催しています。

学心塾は「わかるまで情熱をもって指導」を心掛けながら生徒と向き合っていきます。

 

指名学習

集団一斉授業

個別課題学習

 

中2生徒面談を実施しました

DSC_0231

昨日は、中2を対象とした生徒面談を実施。

この時期に面談を実施したのは、中学生活のちょうど中盤にさしかかり、中だるみの時期になったので、引き締めをはかる目的と、今月にある期末試験の目標設定。もちろん個々話していく内容は違うが、大きく言うとこの二点。

まずは中だるみを引き締めるようにアドバイス。

中1の頃のような新鮮な気持ちや緊張感がなくなり、中3のような受験という明確な目標がないこの時期、毎年生徒はたるみがち。だから、ここでシッカリと取り組む生徒と、中だるみする生徒の差がくっきりとでてきます。生徒たちがまわりも遅れないように指針をつくってあげることも勉強を教えること以上に大切なこと。

もうひとつが期末の目標設定。

目標は個々違うので、生徒と一人ひとりと話し合い何をがんばるべきかの話をしました。夏休みボケしている生徒もいますが、ここでギアチェンジ。運動会の練習で忙しいかもしれませんが、何のために勉強をしないといけないのかなど、生徒に話をしていきました。

我々も、1回の生徒面談で生徒が変わるなんて思ってはいません。このような話をしていくことで、少しずつ何かに気がついてくれればと思いながら生徒面談を行っていきました。このような生徒面談はこれからも引き続き行っていきます。

これから、生徒たちがどのような意識に変わっていくかが楽しみです。

 

やらされる勉強をしている間は、成績が下がることはないかもしれないけど、上がることもない

0232

「やらされる勉強をしている間は、成績が下がることはないかもしれないけど、上がることもない。」

昨日、中3の大住生に話したことだ。

自分は中3にはあまり宿題をあまりださない。保護者様からはよく「もっと宿題を出してくれ。」という話をされるが、あえて多くはださない。

昔はちがった。ガンガン出してはやってこなかった生徒に喝を入れまくっていた。多くの卒業生は自分に喝をいれられた記憶があると思う。

宿題をあまり出さないことには、理由はいくつかある。上記したことも理由の一つ。これまで、成績を大幅に上げた生徒には共通点があって、それは「やらされる勉強」を嫌う生徒なこと。その代わり、自分で何をやるかをきちんと考えている。

他にも何個か理由がある。

例えば、夏休みの宿題って必要?

そりゃあ、ないよりはあった方がいいのはわかる。でも、効果的な宿題がたくさんあるとは思えない。夏休みだからこそできるような宿題は良い宿題。例えば、答えがない宿題。人によって内容が異なる宿題。作文や自由研究がそう。答えがない宿題は夏休みにこそやる意味のある宿題だと思う。(生徒はこういう宿題を嫌がるが、長期の休みだからこそできるもの)でも、答えがある宿題は中には友達の宿題を写したり、答えがあるのはそのまま答えを丸写しにする子も少なくはない。そんな宿題に意味があるとは思えない。

もちろん自分たちもプロなのだから、放置する訳ではない。宿題を出さなければ一切勉強しない生徒はいる。だから、その生徒には別に宿題を特別に課す。きれい事かもしれないけれど、全体の宿題は、何のために学習すべきなのかわかっている中3にはあえてださないようにしていく。きっと今後もそうなる。家庭学習ができるように、テキスト演習や試験対策問題集などの配布はするので、自分でどんどん学習できる生徒は、どんどん進めてほしい。塾の自習室を使えばeトレだって使える。どんな単元でも、どんなレベルでも学習ができるわkだから、これは自主学習には大きなアドバンテージツールになる。今の中2や中1もそのレベルに達したら、宿題はきっとださない。中3は自ら考えた学習ができると信じているから、あえて一律の宿題はだしていない。

期末はみんなを信じるから、やらされる勉強は絶対にするな。必要なのは自らする勉強だ!

昨夜、みんなに話した「何のために勉強するのか?」を考えて期末に向けた勉強をしてくれ。

おでんとコーヒー

コンビニへいくとおでんが70円均一のキャンペーン。ついつい手が伸びてしまします。でも、ここ数日の涼しさから暑さが戻ってきました。こうなるとおでんって売れるのか?

もう一つのコンビニマジックがコーヒー。毎日、一杯は必ず購入します。

さて、今日は夏期の反省と秋の企画会議が本部で開催。久しぶりの会議だからか話が白熱。

白熱する理由は一つ。この男が吠えるから。

CA3G0885

中3の合宿へ行った方は知ってますよね。

なんでしょう彼の熱さは。真似はできないけど見習わないといけない。

合宿のハイライト動画でもわかると思います。

さらに、今日はこちらも参戦。

0477

さすがっす!熱いっす!

彼らの姿勢は見習わないといけない。熱い姿勢、素晴らしいです。

全員が学心塾をよりよい環境にするために話し合う。喧々諤々話し合う。夏期講習中はなかなか長時間話し合うことができないので、今回は話し合う時間が全然足りない。

学心塾を良い学習環境にするためにも、良かった点と悪かった点をきちんと見つめ、今後に生かしていく。塾屋は進化していく。だって、指導方法だって進化していく。毎年同じことをやってはいけない。良いことがあれば、ドンドン取り入れていかないとおいていかれる。その為の話し合い。

最終的に今日だけでは話はまとまらなかった。だから、再度個々練り直して明後日話し合うことに。企画会議の結果、何か新しいことが始まる予感がします。本日のメンバーは木曜日に再集合です。

岡崎校オリジナルwebサイトを更新しました

キャプチャ1

学心塾ってどんなところ?

どこにあるの?

どんな先生が教えているの?

塾ってたいへん?

塾を検討するときの不安っていろいろあるよね。だから、なるべくオープンに塾の様子をわかっていただくべく開設したのが、岡崎校オリジナルwebサイト。学心塾サイトだけでは伝わらない岡崎校独特のの雰囲気をわかってもらうために昨年開設しました。でも、なかなか更新ができない・・・。けど、今回少しだけ更新してみました。新しく追加したページは夏期に実施した、「学心塾超受験対策勉強合宿」のページどうしても皆さんに受験生たちが頑張った姿を見てもらいたくてページを2枚追加しました。

キャプチャ2

大住中や金目中、岡崎小や城島小、金目小、みずほ小に通学中のみなさん。塾選びはきちんと選んでください。「お友達が行っているから」とか「近いから」ではなく、『自分に合っているかどうか』が大切です。だから、より教室内の様子をわかってもらうために、webサイトやブログを使って教室内のことを発信しています。もし気になるようでしたら、無料体験授業に参加してください。ご納得していただいた上でご入塾していただきます。もし、「自分には合わないな」と思えば遠慮なくお申し出ください。それくらい塾は慎重に選んでほしい。子どもたちの未来をつくるために。

 

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05