学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

漢字検定&英語検定の合否が発表されました。

先日、漢字検定と英語検定を受験されたみなさん。検定の合否が発表されました。

今回、学心塾岡崎校で漢検を受験した生徒は、全部で23名いましたが、そのうち合格者は21名とみんなよく頑張りました。

受検生の中には当該学年の級を飛び越えた受験生もたくさんいた中での、高い合格率。みなさん、よくやってくれたと思います。

漢検については夏休み中にもありますので、塾生のみなさん、是非ともチャレンジしてみてください。

漢字検定の合格証書などは後日届くことになっていますが、合否は受検者にお伝えすることができます。

そして、英検ですが今回合格者の中で3級以上の皆さんは二次試験が、今週末開催されます。場所は神奈川大学平塚キャンパスです。受験票をお配りしますので、そちらも気負いせず頑張ってください。2次試験は平常心で受検することさえできれば大丈夫です。

すべての科目の要は国語です。ですが、どのように学習したらよいのかわからないのも国語です。だからこそ学心塾では生徒に体系的に指導することが使命だと考えました。

論理エンジンビラ

本日のトップニュースに記事がアップした通り、全国の有名中学や高校で使用されている「論理エンジン」を学心塾でも取り扱うことになりました。

『勉強はしているのに結果がでない。』

『漢字で書きなさい等を見落としてひらがなで書き間違いとされた。』

『算数や数学で計算はできるのに、文章題になると急に解けなくなる』

このような経験はありますよね。理由はいくつかありますが、最も考えられる理由は、「問題を把握できない」ことと、「論理的に考えられない」ことが考えられます。

だからこそ、ものの考え方を学び、自ら考えながら学習できるようになるため、「論理エンジン」の導入を決めました。

すべての科目の要は国語です。ですが、どのように学習したらよいのかわからないのも国語です。だからこそ学心塾では生徒に体系的に指導することが使命だと考えました。どのような教材なのかは教室で確認することができます。これからの学心塾の取り組みに是非ご期待ください。

最後の大会が始まります。頑張ってください。

今日から中学生のみなさんは中体連・・・、のはずですがこの天候。

天気には勝てませんが、屋外競技は残念でした。

中学生はここ数週間、放課後遅くまで部活動を精一杯こなしてきました。送迎に出発しているくらいに帰宅する生徒の姿を見ることもあり、遅くまで頑張っていたようです。塾にに来るときにはくたくたな様子の子どももいましたね。

でも、頑張ることは大切なこと。勉強は当然ですが、やはり部活動も頑張っていただきたいものです。

一生懸命にやらなければ気が付かないことはたくさんあります。楽しくやることもいいかもしれないけど、自分は楽しくやるより懸命に努力し。中学校時代の部活動でなにか一つでも得てほしいですね。

それはきっと生涯の宝になるから。

自分自身も学生時代のことを思い出せば、部活動のことばかり。テニスをしていたのですが、つらい想い出もたくさんありますが、それ以上に頑張っていたことの方がはるかに覚えています。

また、今でも会う学生時代の友達は部活を一緒にやってきた仲間が多いです。そんな経験もあり、中3にとっては最後の大会です。「頑張りましょう」

6月28日(土) 休講のお知らせ

6月28日(土)は、指名学習&欠席補講は休講となります。

自習室は16:00~開講しますが、追試や欠席補講は対応していませんのでご注意ください。

夏期(青)

7月度月報配布のお知らせ

今週生徒を通じて、7月度の月報を配布しました。ご確認をお願いします

内容物

・2014年7月 岡崎校予定表

・保護者面談のお知らせ

・漢字検定実施のお知らせ

・お友達・ご兄弟紹介キャンペーン

・イベントのご案内(小3~中2)

・勉強合宿のご案内(中3)

また、現在夏期講習のお申込みを承っております。

夏期(青)

学心塾では適切な学習環境を保つため、塾生、保護者様のご紹介による募集活動をさせていただいています。

是非、学習塾をご検討中の方がいましたら、ご紹介ください。

 

中3生に「中1・中2総復習問題集」理科(56ページ)、社会(97ページ)の一問一答形式の問題集の演習を開始しました

昨日から、個別課題学習の取り組みとして、中3生に「中1・中2総復習問題集」理科(56ページ)、社会(97ページ)の一問一答形式の問題集の演習を開始しました。

中3入試対策表紙rika

中3入試対策表紙

期限はおよそ一か月の7/19(土)まで。生徒からは「こんなの無理だよ~。」という悲鳴に近い声が挙がっていましたが、大変でも生徒自身のためにやってもらいます。

解いてもらう目的としては、たまに生徒の中から「何を勉強したらいいかわからない」という声を聞きます。だから、今夏に何を学習したらよいか自分で判断できるようにするために、「どこの単元・内容が理解、暗記ができていて、どこの内容を忘れてしまっているのか。」を洗い出すために、中1・中2の単元をすべて、一問一答形式の問題集で学習していただき、自己分析していただくために、生徒には個別課題学習の時間を使って学習していただき、夏期の学習計画に役立ていただきたいと思ってます。

自分の弱点を早期に発見できれば、eトレなどを使い、その単元を集中的に学習することができるようになり、より効果的な学習をできるように指導していきます。

 

夏期講習をご検討中のみなさま【小3~中2夏期イベント 八景島シーパラダイス】

keiji

学心塾の夏期イベントで『八景島シーパラダイス』を企画しました。

昨年度までは、自然とふれあうデイキャンプを開催していましたが、今年は少し企画をかえ、『八景島シーパラダイス』です。

もしかすると、一度は行ったことがあるかもしれませんが、遊園地だけではな、水族館もあるテーマパークで自分自身も何度か遊びに行ったことがありますが、いつ行っても楽しめるテーマパークです。特に、日本の中でも有数の水族館は一度は行くべき場所ですし、107m垂直落下のブルーフォールや海にせり出したサーフコースターなど一日遊んでも飽きない場所です。

学心塾の夏期講習は学習塾ですから、勉強中心ですが、この日ばかりは、子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。

こちらのイベントは申込み制です。参加を希望されるかたは是非お申込みください。費用をみていただいてお分かりになるように、一切集金目的のイベントではなく、実費のみの企画です。多くの生徒のご参加をお待ちしております。

★日程 7月30日(水) ※当日は教室は休館日となります

★対象 小学3年~中学2年 ※中3は対象外です

★費用 ¥5,600 ※遊園地&水族館のフリーパス、観光バス、保険代等

★持ち物 昼食

夏期講習をご検討中のみなさま【中3超受験対策勉強合宿】

勉強合宿ポスター2014

 学心塾の夏期講習には毎年おこなっている名物行事「中3勉強合宿」があります。

今年の夏も、受験生として大勝負に臨む中学3年生に向けて、「精神を鍛錬する場」「限界に挑戦する場」となる「学心塾超受験対策 中3勉強合宿」実施します。

卒業生に
「一番記憶にに残っていることは何か?」と聞くと、

「勉強合宿!」と答える大多数で、「己の限界に挑む」を目標に、起きている時間の大半を勉強にあて、卒業生の誰もが、強烈な体験としてあげる2泊3日間です。

参加した生徒からも「また、やりたい。」との声をよく聞く、中3勉強合宿。この3日間で、飛躍する自分を見つけましょう。

☆日程:8月11日(月)~13日(水)

☆場所:富士calm[山梨県富士吉田市新屋1400番地]

☆費用:塾生及び夏期講習生 42,000円 (合宿のみ参加者62,000円)

☆内容※まだ検討中なので、変更するかもしれません。
気合いが入る1日目:5教科入試問題演習+確認テスト①
○合宿専用の入試対策テキストを勉強していき、その後確認テストを行います。分からない問題は、個別で指導します。(確認テストは、テキストの中から出題します。)
○勉強時間は1コマ60分を2コマ。その後に30分間の確認テストを実施。
○1日目の流れは、勉強→テストのサイクルで行います。計5科目。
○5教科のテスト終了後、夜間勉強会に入ります。夜間勉強会は、深夜2時過ぎまで勉強します。            
                            
 受検を意識する2日目:補習・追試+入試記述対策授業
○1日目のテストで合格にならなかった教科は、2日目で追試を実施。合格するまで何度でも解いてもらいます。
○勉強時間60分。その後20分間の追試を行います。
○各単元別の補講も行います。苦手分野の克服に活用してください!
○追試が無い生徒や終了した生徒は、問題演習の時間となります。合宿専用テキストを3日間で5科目全て解くことを目標としましょう。※その他課題等に取り組んでも結構です。
○夜の部は、神奈川県公立入試記述対策演習講座を行います。
○その後、夜間勉強会に入ります。

根性と精神力の最終日:5教科入試問題演習+確認テスト②
○午前中は問題演習をし、午後から合宿最後のテストを行います。このテストが合宿最大の目標です。1日目のテストよりも高得点を取って、自分の成長を感じましょう。
○2日間の夜間勉強会を最後まで参加した場合、この3日の勉強時間は最低でも1800分(30時間)を越えます。
  

達成感を味わって帰宅できるよう頑張りましょう!

昨年度の様子

 

 

夏期講習にむけて

長いようで短い夏期講習があと一か月で始まります。

夏期講習の学心塾の方針は「たくさんの問題を解いていただくこと。」やはり学力を向上させるにはこれが一番!

でも、現代の小学生や中学生に「問題を解け!」と言っても、自ら解答を導く力が身についていないと机上の空論で、こちらがどんなに良いと思ってもやりきれないと効果はない。

そこで、たくさんの問題を解くために「自ら問題を考えて、答えを導く力」を育てることが塾の使命となる。

だから夏期講習では、問題演習とは他に自ら問題を解くために、「考えながら問題を解く力」「頭の使い方」「ものの考え方」を養うプロジェクトを実施します。

詳細は後日お知らせします。

夏期講習をご検討中のみなさま【塾生兄弟割引キャンペーンについて】

夏期講習兄弟キャンペーン

塾生のみなさま、保護者のみなさま、日頃より当教室にご理解ご協力いただきありがとうございます。

今夏の夏期講習ですが、現在通われている塾生様のご兄弟はキャンペーン料金で夏期講習を受講することができます。

夏休みはおよそ40日と長いお休み期間です。この期間計画的に学習し、新学期に自信をもって学習に臨むためにも、ぜひ学心塾の夏期講習にご参加くださいませ。

兄弟姉妹割引料金

小3・小4⇒¥2,160

小5・小6⇒¥4,860

中1・中2⇒¥9,450

中3⇒¥10,800

ご不明な点は、武山か岩崎にお尋ねください。

間違い直しは有効的な学習方法のひとつです

本日で大住中学校の中間テストが終わりました。

昨日までたくさんの生徒が自習室を利用していたので、今日の教室は落ち着いたように見えます。

さて、みなさん結果はどうでしたか?

大住中は次週より結果が返却されてきますが、テストは返却された後も大切です。

「優秀な生徒との差は何か?」

どれだけ効率的に学習するかです。つまり、せっかくテストをしたのだからこれを利用しない手はありません。

これから先、何を学習していくかの道しるべが返却されたテストにあります。

「自分はどのような問題で取りこぼしたのか?」

「解けない問題が多くあったのか?」

それとも、「解けたけどミスで間違えたのか?」など。

これから同じ間違いをしないように普段から心がける事が出来れば自然と点数はアップするわけですから、それにはテストの間違い直しをすることが、有効的なな学習方法の一つです。

せっかく一生懸命にやったテストなわけですから、それをさらに有効的に学習するために、間違い直しは必ずしてください。

eトレ新機能追加

だらだら学習を防ぐためeトレに印刷の時刻を印字する機能を追加しました。

必ず、印字してから10分以内(おそくとも15分以内)には先生に提出するようにしましょう。

それ以上かけて解いている場合は、ダラダラやっていると判断し、指導の対象とします。おそらく、10分以上かけてやるということは、真剣にやっていないか、わからないかのどちらかだと思います。

だから、一回につき10分(遅くても15分)をめどに今後は管理し、一人ひとりができるだけ多くの問題をより集中して解いていくように促進します。

そして、夏期ですが、近隣(駅前含め)のどこの学習塾よりも多くの問題を生徒には解くように指導します。やはり、問題を多く解かなければ学力はつかないことがはっきりとしています。だから、生徒の学力アップのためにも、誰よりも問題を解き、そして今後の自信に繋がるような取り組みをさせていきます。

a0299375_9474650

受験生保護者様対象の『今春の入試結果を踏まえた、高校入試説明会』開催のお知らせ

父母会ディス

ただいま学心塾各教室で開催しています《受験生保護者様対象の『今春の入試結果を踏まえた、高校入試説明会』》は岡崎校でも7月5日(土)に開催します。

今春は高校入試が大幅に難化し、これまでのように毎年同じ傾向のパターン化した高校入試から、実力重視の思考力・読解力重視の問題へと変更されました。その入試に対してどのような取り組み方が必要なのか、また学心塾ではどのように取り組むのかなど、入試の概要から今後の取り組み方まで時間の限りご説明いたします。

今回は模試業者さんや高校の先生に直接情報をお聞きするなど様々な方からの情報をいただき資料を作成いたしました。その内容を塾生の保護者様ならびに地域のみなさんに報告いたします。

参加を希望される方は、資料の準備がありますので、事前にご連絡ください。

高校進学説明会

 

 

本日より中学生の授業開始時間を変更します。

中体連に向け、生徒たちも部活一年間の中でももっとも盛んな時期となりました。

部活動によっては、塾の平常授業に間に合わない生徒も出てくると思います。

そこで、中体連開催の期間ですが、平常授業の時刻を変更します。

金目中→本日の平常授業より、授業の開始時間と送迎の時間を20分遅らせます。

大住中→試験明けの平常授業から20分遅らせます。

期間は、部活の状況を確認しながら判断しますが、約一ヶ月ほどの予定です。

多少授業の終了時刻も遅くなりますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

夏期講習をご検討中のみなさま【指名学習について】

Taro-ブログパーツ

夏期講習では、理解不足の生徒や欠席者のフォローとして、『指名学習』を実施します。

指名学習はLive講義で、「学習内容が定着しないない。」と講師が判断した場合や演習で「まだ定着していない。」と演習の結果が良くない場合に実施します。

指名学習の目的は『わかるを実感させる』こと!

指名学習は他の生徒とは別に、指名された生徒の授業なので、ネガティブにとらえられることがありますが、これは違います。

子どもたちにとっては勉強は「楽しくないもの」がスタートです。それをさらに呼び出されるわけですから、「つまらない」と考える生徒もいます。

さて、ものごとが楽しいか、それとも楽しくないか、一体何によって決まるのでしょう。いろんな要素がありますが、わかりやすいものとしては次のようなものがあげられます。

★やらされることは楽しくない。自分から進んでやることは楽しい。

★やらなきゃいけないことは楽しくない。やるかやらないかを選べることは楽しい。

★できないことは楽しくない。できることは楽しい。

★否定されることは楽しくない。認められることは楽しい。

これは、大人でも子どもでも同じこと。仕事や家事、そのほか日常的な場面を思い出してみてください。例えば、毎日誰かがうるさく「洗濯をしなさい」と言い続け、1日でも休もうとすれば「そんなこともできないのか」と否定されるとします。これではただの洗濯でさえ、一気に一日のうちでいちばん楽しくないことになってしまうでしょう。

ここで注目なのは、「できないことは楽しくない。できることは楽しい。」です。

そうです、指名学習の目的は、「できない問題」を『できる問題』へとすることです。

だからこそ、指名学習はポジティブな気持ちで学んでください。「できない問題」が『できる問題』になる。これこそが、「つまらない」から『楽しい』に代わる秘訣なのです。

 

指名学習実施日時※時間は生徒と相談して決めます。

●7月26日(土) 12:00~20:00

●8月2日(土) 12:00~20:00

●8月6日(水) 12:00~20:00

●8月9日(土) 12:00~20:00

●8月23日(土) 12:00~20:00

●8月28日(木) 15:00~21:00

●8月29日(金) 15:00~21:00

Book1

高校判定模試について

先日実施した、高校判定模試の結果が届きました。

順次生徒には結果を帳票をつけてお渡ししていきます。

今回は中3と中1から団体トップの生徒が岡崎校からでるなど、うれしい結果もありましたが、全体の結果をみていると少し気になることが一つあります。

通常、模試を受けさせると、

「学校のテストよりも模試の方がとれるひと」

「学校のテストの方が模試よりもとれるひと」

上記2タイプが必ずいます。もちろん、学校のテストと模試の偏差値がほぼ同じひとも多数いますが、どちらかに偏る生徒も必ずいるものです。

さて、今年の受験生を見てみると、「学校のテストの方が模試よりもとれているタイプ」が多い。

これはわるいことではないけれど、入試の結果が心配になってくる。

やはり入試に強いタイプの方が、塾講師としては安心できる。

全体の結果をいろいろ分析してみると、おそらく不足しているのは、『読む力』と『書く力』の二点。

学校のテストのようにある程度出題範囲が限定されていれば、必ず一度は解いた問題から出題される。

しかし、入試や模試は範囲が広く、必ずしも直前にやったことがある問題ばかりが出題されるということはない。

だから、問題の意味をしっかりと把握し、どの知識をつけって解くのかを考えなくてはいけない。

その時、問題をしっかりと読むことができなければ、「問題を理解できない」、だから「問題に対応できない」生徒がでてきてしまう。

同様のことは今春の入試にもいえます。

今春の入試は確かに難易度は上がりました。難易度が上がったとき、生徒たちは「今年度は入試傾向が大幅に変わった」と口を揃えたかのように同じことを多くの生徒が話していました。

ですが、そうでしょうか?

難易度の違いはありましたが、しっかりと問題を把握することができれば、対応できないことはなかったと思います。

一部、理科で中学の範囲を逸脱しているような難問がありましたが、その他多くの問題は、これまで考えなくても解けるパターン化されていた問題から。少し考えなくては解けないような思考力が必要な問題に変更しただけで、全国的に見てそこまで難易度が上がった、傾向が大幅に変わったというほどではないです。

つまり、その場で問題を読み取り、理解する学力を身につけていれば全く問題なく、今のうちに通っている学心生の課題はこのあたりあるように感じています。

今回の模試結果を踏まえ、生徒に欠けている学力の補強が今夏のテーマとなります。そこに踏まえたカリキュラムに少し予定を変え、『読む力』と『書く力』の育成に力をいれます。

 

中間試験対策 8時間勉強会 1日目

いよいよ大住中の試験が近づいてきました。

本日は、試験に向け徹底的に問題を解く中3「8時間勉強会」&中2・中1「5時間勉強会」を開催。

勉強会の目的は、テストで高得点をとるためには、学習した内容を定着させる作業が必要です。勉強は効率的に短時間も学習することも必要ですが、十分な勉強量を確保して、努力することも大切です。だから、生徒たちが試験に向けた勉強量の確保と、努力の経験を課す機会です。

必ず、生徒たちには頑張ったという経験が自信へと繋がると信じてます。

今日は生徒たちは、塾で用意した試験対策過去問題集やeトレ、学校のワークなど各々にやるべきことを学習していただきました。

明日も、中3は9時半から(弁当持ち)、中2と中1は13時から本日と同じように勉強会を実施します。

みなさん、どこの中学生よりも勉強時間を確保して中間テストに挑んでください。

PIC_0140

 

PIC_0144

 

PIC_0142

 

PIC_0146

 

PIC_0149

夏期講習をご検討中のみなさま【演習講座について】

Taro-ブログパーツ

よく「真面目に取り組んでいるのだが、テストになると力が発揮できない。」や「勉強時間の割には成果がでない。」という話を聞きます。

たしかに能力は人それぞれだから、勉強に必要な時間は同じではありません。

生徒個々で定着するまでにかかる時間は異なります。

でも、定着するまでの効率を大幅に良くする方法はあります。

勉強は『学ぶ』時間と『演習』する時間の見直しです。

勉強時間の割に効率的な学習ができていない生徒ほど『学ぶ』時間が長く『演習』する時間が少ないといえます。

逆に効率的な学習ができている人ほど『演習』する時間の割合が長いように思えます。

『インプット&アウトプット理論』というものがあるようです。

―鍛えるべきは知識をアウトプットする能力―

「授業はまじめに受けているのに成績が上がらない」、よくそんな生徒がいますね。塾にはしっかり通っているし、普段怠けている様子もないのに一向に成績が上がらない。実はその理由はとても簡単で、授業は内容を頭に入れるインプットの作業、試験はそれを上手に吐き出すアウトプットというまったく種類の異なる作業をしなければならず、得点が上がらない生徒はアウトプットの作業に決定的に慣れていないのです。

人間の脳は実に多くの情報を記憶することができます。それは例えれば巨大な倉庫のようなものです。まじめに授業を受けていれば、荷物(=学習内容)は先生というベルトコンベアに運ばれてその倉庫にどんどん蓄積されていきます。これがインプットの作業です。

一方試験では、蓄積された荷物を必要に応じて外へ運び出して利用しなければなりません。これがアウトプットの作業で、蓄積されている内容が多いほど作業は複雑になります。このアウトプットの作業を容易にするためには、普段からアウトプットの練習(=演習のトレーニング)を行い、その力を高めることが重要です。ですからまじめに授業を聞くだけの生徒がテストで良い点が取れないのは、きわめて当たり前の結果ともいえるのです。

 

―アウトプットに必要なことは―

アウトプットの力をつけるためには、アウトプットの練習しかありません。これは言うまでもなく、自分ひとりでひたすら数多くの問題を解くということです。要するに、家で一人で問題集を解きまくれば、それこそが立派なアウトプットのトレーニングとなるのです。しかし、実はそれこそが一番難しいことです。塾や学校の教室という勉強のための環境ではない、テレビもゲームもお菓子まである楽しい我が家は、見方をかえればもっとも勉強にふさわしくない環境ともいえるのです。これは何も勉強に限ったことではありません。家で体を鍛えようと買い込んだトレーニングマシンは、9割の家庭ではその後1ヶ月もたたないうちに、粗大ゴミ化してしまいます。やはり、スポーツジムに通ってトレーナーの指示のもとで行うトレーニングとは違うのです。

勉強にしても運動にしても、本気で鍛えようと思ったら、ほとんどの人にとってはやはりそれなりの環境が必要なのです。体を鍛えようと思えば、スポーツジムという環境を利用するのが一番の近道であるように、アウトプットのトレーニングをしようと思ったら、それに最もふさわしい環境やシステムを利用するのが一番の近道なのです。

 

「なるほど」と思います。上記に書いてあるアウトプットの練習が勉強の『演習』です。

長時間の勉強をしてはいても、演習が足りていなければ成果にはつながりません。

だから、学心塾では演習量を圧倒的に他塾よりも多くすることを指導の根幹に置いています。

学心塾授業三本柱の『習熟度別個別演習(個別課題学習)』がそれです。この時間はひたすら問題を解いてもらうことで、アウトプットに必要な学力を育成しています。

さらに、夏期講習ではより演習に特化させた演習講座を実施します。

演習講座では、定期試験まで一か月のこの時期に、できるだけ多くの問題を解いてもらい、試験に向けての準備(試験対策)をします。

教材は過去問を研究した予想問題や、学校のノートやワークなどを分析し、より効果的な学習ができるようにします。

夏期講習の演習講座は、8/21(水)~8/27(水)の一週間。この期間は問題を解いて解いて解きまくります。さらにできるまで何度でも解いていただくため、時間外にも当教室に来校していただくことがあります。

尚、演習講座は総合講座を受講した前提の講義です。演習講座のみの受講はできません。
夏期講習2014 夏期講習2014

キャプチャ

大変な一日・・・

今日は朝の8時半頃からあるエリアのポスティングを行い、昼から始まる会議があるので、本部に出勤した。

ポスティングでは坂道が集中しているエリアを中心に行ったことと、湿度がかなり高かったこととで、会議前から脚がフラフラしている。

そして今回の会議がまた大変。

明日の全体会議前におこなう、事前会議なのだか、業務のことでまさに紛糾。

みんなの塾をよくしたいという気持ちからなのだが、喧々諤々と・・・。

熱い想いのぶつけ合いがはじまる。

そして岡崎校入り。

本日の教材準備が始まる。

塾屋は飲食店と同じで、仕込の時間が大切。どれだけ仕込みに時間を割いたかで、授業の良し悪しが決定する。

だから絶対に手を抜けない。生徒たちのためにも。

そして、メインの授業。

当塾は送迎もしているので、16時から22時半ころまでは息を抜く時間は全くない。

さらに今週は大住中学の試験直前のため、自習に多くの生徒が来校していて、合間でその質問を受けなどすると、時間の流れ早く感じられる。

それから掃除&整理整頓。

生徒に整理整頓ができない奴はダメだといっている手前ここも手を抜けない。

その後、スタッフミーティング。特に若手の講師には良かった点と悪かった点を指摘して今後に活かしてもらうべく、自分の経験を話していく。

最後に、これから溜まっている仕事を片づけていく。

今日は何時に終わるのでしょう・・・・。

以上、誰かに言いたくて愚痴でした。

夏期講習をご検討中のみなさま【総合講座について】

2014年度 夏期講習リーフレット(内ページ)

夏期講習の中心が総合講座です。

総合講座では、小学校や中学校でこれから習うことを学習していただきますが、ただ学校で学ぶことだけではなく、来るべき高校入試を見据え、記述の訓練や、特色検査に対応できるように思考力を鍛える講義で、主要科目+αの総合力育成を目指したLive講義を実施します。

特に今夏に力を入れたい学習は「読解力」。問題を解くためには、『問題を把握する』作業と『答えを記述する』作業が必要です。でも、問題理解ができない生徒多くなり、問題を理解する能力が低くなっています。だから、夏期講習では『丁寧に問題を読み、丁寧に解くことの大切さ』を教え、かつ演習量を増やすことで、処理する早さも遅くならないように指導します。

夏期講習の総合講座は、7/28(月)~8/20(水)(お盆期間は除く)の期間。学年により開校日がことなりますので、夏期の予定表をご確認ください。

夏期講習2014 夏期講習2014

キャプチャ

 

夏期講習をご検討中のみなさま【復習講座について】

Taro-ブログパーツ

様々な塾でも同様の復習を中心にした講習期間はあると思います。

やはり、新しいことを学んでいくうえで、これまでの内容を身につけていなければ効率的に学ぶことはできません。

だから、ある一定期間の学習をするときに効率的に学ぶためには復習をきっちりやることは理に適っているといえます。

ただし、復習をやるとき生徒個々で復習が必要な科目、単元は違ってきます。そこが復習を授業に取り入れていくときに難しい点です。

例えば、「数学が得意科目で学校の定期テストも満点」このような生徒に数学を復習しろと言っても、物足りなくなります。もっと、新しいことやハイレベルなことを学びたいと普通なら思うはずです。

そこで、学心塾岡崎校の復習講座は『習熟度別個別eトレ』を使って、個々に学習すべき内容のプログラムを組み学習していただきます。

もちろん単元も内容も個々必要な個所を、レベルも個々に合わせた学習で、7/21(月)~7/25(金)の5日間は徹底的に復習中心の学習をしていただきます。

また、中3(受験生は)この期間に中2・中1のころの理科と社会の復習もきっちりしていただきます。入試を考えたときこの時期から理科と社会を仕上げていくことは武器になり、入試のときに自信へと繋がります。

時間と参加のコマ数は自由にお選びいただけます。期間中は開講時間は何講座参加していただいてもOKです。

★必修コマ数(下記の授業コマ数は必修です)

中3 12コマ以上

中2・中1 10コマ以上

小5・6 5コマ以上

小3・4 4コマ以上

★時間(都合の良い時間をお選びください。)

1.10:00~10:40

2.10:50~11:30

3.11:40~12:20

4.12:30~13:10

5.13:20~14:00

6.14:10~14:50

7.15:00~15:40

8.15:50~16:30

9.16:40~17:20

10.17:30~18:10

11.18:20~19:00

12.19:10~19:50

13.20:00~20:40

14.20:50~21:30

キャプチャ

小3・小4ロング体験開催

Taro-ブログパーツ

学心塾での小3・小4の取り組みは、中学入学以後により飛躍ができるよう、国語・算数と+αの総合指導を実施。

地域の小学校で学ぶことに加えて、総合学力を養うべく、専任講師による万全の体制で子どもたちを迎えます。

講義は算数・国語の主要2科目ですが、授業日以外(月曜日・火曜日)にきて来れば「習熟度別個別eトレ」を使った+αの指導(理科・社会・受験対策・計算&漢字基礎訓練)と、総合学力向上を目指していきます!

そして、ただいま小3・小4を対象としたロング体験を開催します。

期間は、6/18~7/16の毎週水曜日。他の曜日にも指名学習を実施します。

【授業曜日】毎週水曜日⇒月曜日と火曜日も指名学習で個別対応授業を実施しています。
【時間】16:50~18:10(80分授業)

これから一か月間の講義内容

小3国語:初めて「国語辞典の使い方」を学習する学年です。色々な言葉を調べ、「語彙」を増やしていきます。説明文を読むことで、「書いてあることを理解する」という基本的な力を身に付けさせます。

小3算数:初めて「わり算」を学習する学年です。かけ算九九の復習をします。3×4=12, 3×□=12, □×4=12, 12=□×□など、 「なぜそうなるのか」ということを考えさせます。

小4国語:説明文に加え、物語文を読ませます。文章を読んで情景を浮かべたり、心情を想像したりすることが出来るようにしていきます。漢字をただ覚えるだけでなく、成り立ち、意味などに興味を持つように指導します。

小4算数:十進法をおさえながら、数の世界を広げていきます。生活の中で     小数・分数を使う場面をとらえさせながら、その意味を理解させ     ます。

【重要】6月17日(火)から一か月間中学生の授業時間を変更します。

中学生のみなさん、および保護者のみなさま、毎年、この時期は中体連に向けて、部活の活動が盛んになる時期です。

特に、中3にとっては最後の大会となり、全力で大会には挑んでいただきたいと考えています。

学心塾岡崎校ではそんな子どもたちの取り組みを考慮し、授業の開始時間と終了時間、および送迎の時間を6月17日(火)から約一か月間20分遅らせます。

塾のために部活動を早退していただく生徒も中にはおりましたが、やはり最後の大会は頑張ってもらいたく、また学心塾では部活と勉強の両立を支持していますので、このように時間を変更します。

期間は生徒たちの大会の勝ち進む具合をみて決めますが、おそらく1か月間は20分遅らせることになります。

帰宅の時間が遅くはなりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

教わっても練習が足りなければ学力はつかない

当教室は元々は集団授業を基本とした教室です。

今もそれは変わらないのだが、昔と比べると生徒をより個々見ることが大切になってきた。

これまで当たり前だと思っていたことが生徒によってはわかっていなかったり、逆にトップレベルの生徒にとっては学校で習うことが物足りなく感じるようになったりと、子どもの数だけ指導方法があり、それを個々対応していく必要があります。

特にその差が開くのは演習の時間。

講義は一同に説明。理解が早い生徒、遅い生徒といることはいるが、理解度が遅い子に合わせても、ある程度はそろえることができます。

しかし、問題演習の時間になるとその差が大きく開く。

解く問題のレベルも得意な生徒と苦手な生徒では異なるし、解く問題数も違ってくる。

ある生徒が一枚のプリントを解く間に、2枚、3枚と解いてしまう生徒は必ずいる。

これが、一年たつと解いた問題数の差は大きく、それが学力の差につながる。

演習の時間こそ、習熟度別に、そして個々に対応していかなくてはすべての生徒に満足させることはできない。

我々はそこを「習熟度別個別演習システムeトレ」が担っている。

これにより多くの生徒に対して、ピンポイントの教材を与えることが可能になった。

また、eトレには理解を深めるためにも良い教材だ。

eトレを使った演習(トレーニング)の大切さを知っていただくためにも次の文章を読んでいたださきたい。

eトレのコンセプトがこれです。

みなさんは『DUT(ダット)理論』という言葉を聞いたことがありますか。これは勉強で目標を達成するための基本法則なのですが、実はこれはスポーツにおける目標達成の法則と完全に一致しているのです。そのため誰でもその考えを理解することができる、とても分かりやすい考えといえます。

では、スポーツにおける目標達成の法則からお話ししましょう。まず、誰もが知っているあの野球選手、イチロー選手を例に挙げてご説明します。イチロー選手が大リーガーとして大活躍するようになった要因は、わずか3つに絞ることができるのです。それが、D・U・Tの3要素です。要素その1。それはなんといっても、「野球が上手くなりたい、そしていつかはプロの野球選手になりたい」という強い欲求(Desire)です。

では、強い欲求の次に必要なものは何でしょう。「ただ野球選手になりたい」と言っているだけでは、プロの選手にはなれません。次に必要なことは野球の上手な人に正しいフォームや理論を教えてもらい、それをしっかりと理解する(Understand)ことです。幸いなことに、イチロー選手にはとても教育熱心な父親がいました。チチローと呼ばれているこの熱心なコーチは、自宅にいるわけですから、さぞかし理解も進んだことでしょう。

そして3番目に必要なもの。もう言うまでもありません。強い欲求を持って正しい理解をしたあとは、誰よりもたくさんの練習(Training)を効率よくこなすだけです。この『効率よく』ということもとても大切です。時間は限られていますから、短い時間に最大限の効果を上げられるよう工夫することも大切です。いずれにせよ、この欲求(Desire)・理解(Understand)・練習(Training)の3本の柱が目標達成に必要な最大の要素なのです。それがDUT理論です。

次にこれを勉強に当てはめてみましょう。最初にお話ししたように、これが見事に一致するのです。成績を上げたいと思ったら、まず「テストで良い点を取りたい、好きな学校へ行きたい」という欲求が不可欠です。そして、もちろん勉強の内容が分からなければ仕方ありません。ですから、次に大切なことは、学校や塾での授業を良く聞き、内容を理解することです。そして最後に必要なことは、もう言うまでもありません。理解したことを身につけるため、それに要した時間の何倍も練習することです。ちなみに、勉強の場合の練習とは、教科書やノートを読むことではなく、練習問題をたくさん解くことです。

こんなことを書くと、「そんな当たり前なこと、言われなくても分かっている」と思われる方も多いと思います。しかし、よく考えてみてください。こんな当たり前のこと、欲求・理解・練習の3本の柱が大切だという考えは、スポーツの場合は浸透していて練習を一番大切にしているのに、勉強となると練習が圧倒的に不足してしまうのです。どうですか、成績が上がらない生徒というのは圧倒的に問題演習が足りないのではないでしょうか。

教わって理解できたことでも、練習が足りなければ本物の実力は身につきません。DUT理論、それは「理解すること以上に練習が大切である」という理論でもあるのです。トレーニングの量を増やすということが学力を上げる一番の近道という、当たり前のことを、もう一度考え直してみましょう。

eトレはこういう考えに基づいて作られているシステム。

要は、教わっても練習が足りなければ学力はつかないということです。

英語検定&漢字検定の時間確認

学心塾岡崎校では、明日「漢字検定」と「英語検定」がW開催します。

受検者は当然勉強をしていると思いますが、全員合格できるよう、明日へ向け準備をしてください。

漢字検定

集合:12:30 開始13:00

英語検定

4級 集合10:30 開始11:00

3級・5級 集合12:30 開始13:00

上記になります。

また、大住中の定期試験が近いので、自習室も10:00~22:00の12時間開放します。

 

金目中試験一日目終了

金目中では、中間試験の一日目が終わりました。

試験が終わってすぐに勉強しに来た中学1年生に話を聞いてみると、数学はできた様子。

でも、社会は「時間が足りなかった・・・。」との声も。

「金目中は問題数が多いから注意するように言ったろ!」

その反省を明日に活かせ。

既に多くの生徒が明日のテストに向け自習に来校しています。

お家ではついついマンガなどの誘惑に負けてしまう生徒は教室に勉強しにきてください。

さて、KG GLOBAL ACADEMY HCMCのfacebookを見ていると昨年度まで岡崎校にいたトトロ先生の姿が!

暑いだろうにネクタイをしめている写真。

でも元気そうな姿に安心しました。

本当に学心塾の勉強合宿に参加するのでしょうか?

彼のパワーは見習わなくてはいけない。 10270475_1480797322156995_1306247456863607530_n

夏期講習をご検討中のみなさま【学心塾岡崎校の夏期講習は、復習・総合・演習の3講座を実施】

Taro-ブログパーツ 夏期講習では、

「これまでの内容を理解していないまま講習に参加する。」

「教わるだけで定着できない。」

「理解はできたけど、テストで結果がでない。」

これらのことがないように、学心塾岡崎校の夏期講習は

苦手を克服するための『復習講座』(7/21~7/25)

先取り学習をする『総合講座』(7/28~8/20)※8/10~17は中3勉強合宿&お盆休館

試験対策のための『演習講座』(8/21~8/27) を開催します。

『復習講座』ですが、習熟度別個別演習eトレをつかって、理解不足な単元や苦手な単元までさかのぼって学習ができます。

しかも、期間中は何講座でもOK。徹底的に理解不足な単元を指導します。

そして、『総合講座』。 こちらは夏休み以降の先取り講座。

どの学年も夏休み以降は重要な単元が続き、内容も難しくなります。

この先、躓かないように総合講座でしっかり先取り学習をいたします。

最後に『演習講座』

学心塾は、「わかったつもり」「勉強したつもり」にさせません。

復習講座、総合講座で学んだことがしっかりと定着するよう、多くの問題演習を通じて指導していきます。

特に、中学生は期末試験が9月にあるので、試験に向けた予想問題を中心におこないます。

キャプチャ

夏時間開始のお知らせ(中学生のみ)

大住中、金目中ともに中体連に向け部活動が盛んになる季節になりました。

学心塾の生徒は勉強にも、部活動にも一生懸命に取り組む生徒であってほしいと思っています。

そこで、6月17日(火)~7月平常授業の期間は中学生の授業時間と送迎時間をそのまま20分間遅くします。

その分、授業終了時刻も遅くなりますが、ご理解とご協力を願います。

 

夏期講習受付開始【早期申込みのみなさまへ】

Taro-ブログパーツ

今回は早期に夏期講習に申し込みをされた方には、以下のキャンペーンが対象となります。

6月体験で、7月入塾の皆様⇒入会金全額免除&7月月謝免除&夏期講習特別料金

7月体験で8月9日までに入塾の皆様⇒入会金全額免除&夏期講習特別料金&9月月謝一部割引

早期に入塾されると、教材費など実費は必要ですが、月謝を免除、もしくは一部割引をさせていただきます。

ただし、塾内のようす、講師との相性をみるためにもどちらも体験授業にはご参加ください。

夏期講習に参加して、その後ご入塾をお考えの方が、お早目にお問い合わせください。

自習室完備&質問無料の学心塾岡崎校をどうぞよろしくお願いします。

夏期講習受付開始【よろしくお願いします】

Taro-ブログパーツ

お待たせいたしました。

6月2日より夏期講習の募集を開始させていただきます。

学心塾岡崎校の夏期講習は、

苦手を克服するための『復習講座』(7/21~7/25)

先取り学習をする『総合講座』(7/28~8/20)※8/10~17は中3勉強合宿&お盆休館

試験対策のための『演習講座』(8/21~8/27)

上記の3講座を実施します。

復習講座は完全無料!

講習料金は、総合講座&演習講座の価格になります。

そして、今年度初めて参加される方は、特別料金での受講が可能です。

小3・小4 通常料金⇒¥8,640    特別料金⇒¥4,320

小5・小6 通常料金⇒¥19,440 特別料金⇒¥9,720

中1 通常料金⇒¥55,080 特別料金⇒¥18,900

中2 通常料金⇒¥60,480 特別料金⇒¥18,900

中3 通常料金⇒¥66,960 特別料金⇒¥21,600

早期に申し込まれた方には特別なキャンペーンも実施。お早目にお申込みください。

お問い合わせ先

学心塾岡崎校 TEL.59-0855(担当:武山・岩崎)

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05