学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

11時間勉強した

SN3S0313

先ほど、この春に卒業したOくんがポスターをもって来校した。

近隣の自修館中学校に進学したので、公立中学校対象の学心塾は小学校の卒業と同時に卒業となった。

新しい中学校の様子を尋ねてみると、「楽しい♪」との返事で充実した生活を送っているようだ。

たまたま同じ時間に、同じ学年の生徒が試験対策勉強会を実施していた。

少し前まで一緒に勉強していたのだが、お互いに懐かしそうであった。

でも、やはり私立、Oくんは「11時間勉強した~。」とそれは特別な出来事としてではなく、それは当たり前というような口調でいう。

金目中の中1は本日「5時間勉強会」を開催しているのだが、5時間で一杯いっぱいな様子。まだまだ、甘い。

少しは自分がどれだけ勉強が足りないのか自覚するきっかけになったならば、Oくんが来校した意味もある。

明日も、「中3 8時間勉強会」&「中2・中1 5時間勉強会」を開催します。

Oくんに負けないように頑張りましょう。

SN3S0310

SN3S0311

明日は金目中試験対策『中3 8時間勉強会&中2・中1 5時間勉強会』を開催

SN3S0234 いよいよ次週は金目中の試験です。 中間テストは大幅に点数をあげるチャンスです。

学年が進級し、また新たに始まる単元も多く、比較的学習しやすい単元が試験範囲になっています。

つまり試験に向けた準備がしやすく、準備さえしっかりとすれば、高得点が狙えるのが前期の中間テストです。

そして、学心塾では生徒の中間テストで高得点をとるための応援として、明日(5/31) と明後日(6/1)に試験対策勉強会を開催いたします。

試験対策勉強会では、塾のワークや配布した試験対策問題集でも、学校で配布されたワークやプリントでも、中間試験に向けた質問はなんでもお答えします。

次の中間テストで高得点がとれるように週末2日間を充実させましょう。

中3試験対策勉強会 9:30~17:50

中2・中3試験対策勉強会 13:00~17:50

持ち物:勉強道具 中3はお弁当持ち

算数はどのように勉強したらよいですか?

今日、ある小学生に「算数はどのように勉強したらよいですか?」と質問を受けた。

本人にとっては苦手意識があるから、そのような質問をしてきたのでしょう。

自分は、その子の実力を知っているので、どんなアドバイスが一番良いのを考えて、あることを聞いてみた。

「学校の算数でわからないことある?」

そうすると、

「学校は大丈夫」

と返事が返ってきた。

おそらくはそのような返事が返ってくるだろうと思い、その質問を聞いたのだが、算数は意識で大きく変わる科目。

算数ほど苦手意識で不得手が変わる科目もない。

例えば社会ならば、社会が苦手でも時間さえかければ何とかなりもするが、数学は少しちがう。

だから、その子には「数学は苦手科目ではないよ。」と教えてあげる意味もあり、

「大丈夫!」

という言葉をその子から聞き出したかった。

その上でアドバイスをすることにした。

確かに学校のテストのような基礎的な問題は問題はないが、塾で解いている応用問題は少し戸惑っている。

他にも数学をどのように勉強したらいいか悩んでいる人も実践してほしいのだが、『あれこれとやらないこと』がいいと思う。

もちろんある程度の量は必要なのだが、学習する内容を絞って、それを反復していくようにしてほしい。

あれも、これもと手をつけて中途半端になるよ余計不安になる。だから、1冊の問題集をやると決めたら、それ以外はやらない。その1冊だけを2回、3回と解くようにする。

それともう一つが、算数はミスがない方がすごいと思ってほしい。

よく「みんなができないような問題を一人だけ解けると凄い。」と思われがちだが、最終的にはミスが少ない生徒の方がテストでは高得点をただき出したりする。

本当にすごいのはミスなく解くこと。

それを考慮にいれると、算数は基礎学習が一番大切なんだと思う。

結局は基礎学習の積み重ねが応用につながるわけで、基本的な問題を丁寧に解くことをつづける。

「それが一番効果的な学習方法」ってわかってほしい。

中3保護者会日程変更のお詫びとお知らせ

キャプチャ

先日、こちらのwebサイトでお知らせしました、中3保護者会『今春の入試結果を踏まえた、高校入試説明会』の日程ですが、6月28日(土)中体連の市内大会と日程が重なることがわかりました。

お子様の最後の大会ですのでたくさんの保護者様が応援に行かれると思われます。

事前に確認しておけばよかったのですが、中学最後の大会はとても大切な大会ですので、平塚の七夕まつりとは重なりますが、7月5日(土)10:00~11:30に日時を変更させていただきます。

詳細につきましては、今週生徒を通じてご案内をお渡しいたしますので、参加、不参加のどちらかを記載して、塾に参加申し込み書をご提出ください。

日程変更のことお詫び申し上げます。

当日は、一人でも多くの受験生の保護者様が参加していただくようお願いいたします。

Taro-高校進学説明会

試験予想問題

金目中が間もなく中間試験なので、本日は中1に試験予想問題を解かしてみた。

すると、できていない訳ではないけど完璧には仕上がっていないこと。

一気に心配に・・・。

授業の最後に、中学生のテストはどれだけ勉強しないといけないのか、

何を学習すればよいのか、

試験に向けての心構えはどうすればよいのか、

などを話をした。

少しでも生徒に自覚が生まれてくれるとうれしい。

「試験が終わった後に生徒とはこんな言い訳をする子が多い。」という例をいくつか話すと、生徒も「言いそう~」との声が。

みんなはそのようにならないように、しっかりと準備をしてほしい。

何をやるのかは散々言いているのでわかっていると思うが、一つひとつを確実にやる。

小学校のころとは異なると自覚して取り組んでください。

6月&試験対策無料体験受付中

0047

さて、もうすぐ中間テストです。

中1の皆さんにとっては初めてのテストです。準備はしっかりできていますか。

中2は中だるみ学年ですが、気を引き締めてますか。

中3はいよいよ勝負の年です。覚悟はできてますか。

学心塾では中学生たちの夢を応援するためのお手伝いをさせていただきます。

学心塾では、入塾前に2週間の無料体験を受講していただき、本当に学心塾がお子様に合っているかご判断いただいております。

子どもにとって、本当に合った塾を選ばないと学力向上は望めません。

それには実際に授業を体験するのが1番です。 そのため、学心塾では2週間の無料体験期間を設け、生徒・保護者とも納得をして入塾をご判断していただきます。

当然、その間は既塾生と同じように宿題もあれば居残り学習もあります。 もし、合わないと思われた場合、入塾をキャンセルされるのに何の遠慮もいりません。

お気軽にまずはお電話0463-59-0855までご連絡ください。または資料請求のページから資料をご請求ください。

 

42

無料体験のお申込み書はこちらから

 

ベトナムの大沢先生へ

ベトナムの大沢先生が作成した、合宿ハイライトをさっそくトップにあげさせてもらいました。

昨年度の様子がよくわかります。

今夏もたくさんの受験生に参加していただきたいですね。

今年の夏期合宿は昨年度以上のイベントにしようと講師全員が燃えています。

昨年度は、自分も生徒も疲労と寝不足で3日目はフラフラでしたが、今年は最後まで生徒と一緒になって頑張りたいです。

内容も今、全講師が一生懸命に考えていて、さらにメリハリをつけ、生徒が長時間学習するうえで、より集中力が持続できるように思案しています。

そして、夏合宿の準備でも磯丸命令が良原先生にでていました。

「大沢先生が作成した合宿ハイライト以上の、生徒が熱い気持ちになる夏期合宿に向けたPVをつくれ‼」らしいです。

そちらは、暑いとは思いますが、体調管理にはくれぐれも気をつけてください。

 

 

高校進学説明会

ブログパーツ
今日から、来月の説明会に向けた資料の準備を開始しました。

先週の中1向けの保護者会を開催しましたが、来月は受験生の保護者を対象とした「高校進学説明会」を開催を予定しています。

それに向けた資料です。

これまでは、資料作成に向けた情報集め。

昨日の模試業者さんの高校入試報告会に参加せせていただき、他にも様々な方からの情報を収集しました。

そして、今日からそれをまとめ、皆様にわかりやすい資料を作成したいと考えてます。

今回は学心塾岡崎校だけではなく、他の教室でも同時開催するので各スタッフと相談して作成します。特に進学担当の成瀬校伊藤先生と情報交換しながらわかりやす資料を準備します。

学心塾岡崎校では来月末の6月28日(土)に開催予定です。詳細は次週配布する月報にいれます。
高校進学説明会

週末の教室開放について

定期試験が近づいてきましたので、今週末の塾の開放時間は普段より延長します。

◎自習室&セルフeトレ学習対応時間

5/24(土) 13:00~22:00

5/25(日) 13:00~18:00

◎金目中試験対策補講(全学年)

5/24(土) 19:20~21:30

※送迎は、中3と中2は月・木の送迎時間、中1は別途連絡

試験まで間もなくなので、塾を活用し、我々講師を質問攻めにしてください。

「努力をすれば、必ず願いはかないます。」

磯丸命令

長谷川①

今回は岡崎校とは全く関係ないのですが、学心塾の内部をお教えします。(ある人は怒るかもしれませんが・・・)

学心塾の指揮系統にはいくつかある。どこの組織でもあるだろうが、面白い指揮系統が今年度できた。

まず、現場の指揮系統。これはどこの組織にでもあること。各教室長と現場の講師。現場の話し合いが最も大切な指揮系統であり、これが各教室の雰囲気をつくる。

そして、最も絶対的な指揮系統がいわいる「社長命令」と「本部長命令」。これもどこの組織にでもある。

学心塾では代表である中本先生と、本部長の石川先生からの指示は絶対で、みんながそれに向かって動く。

それと学心塾では、今年できた面白い指揮系統というのは、本人はこのように言われることは嫌がるだろうが、大磯校の教室長長谷川先生からでる、いわゆる「磯丸命令」!

今年、学心塾では多少組織が変更した。

昨年度まで成瀬校の教室長だった、飯田先生が福井のKGMARKSを立ち上げるため北陸に行き、自然と次の世代である我々が学心塾の中心となりつつある。

それにより、みんなが変わりこれまで以上に責任間もでてきたからか、その中で「磯丸命令」の凄みがでてきた。

若手の講師には絶対的な指揮系統となっている。若手は磯丸命令に恐々としているようだ。

これはある意味、社長命令や本部長命令よりも人によっては効果がある。

それほど今年度の長谷川先生はすごい。

自分が何とかしなくてはという意気込みが感じられる。

学心塾の名物講師の一人だが、今年はこれまで以上のアドレナリンがでていて、やりすぎて倒れないかと逆に心配になる。

学心塾のスタッフには良い薬を与えていて、彼が発言するとみんなが心の中で「来たー!」と身構えていることが見て取れる。

組織の中では1人は必要な存在だ。

自分も若いころに一緒に入っていた先輩にはそのような先生たちがいた。その先輩たちに鍛えられて今の自分がある。

自分の方が先輩なので、彼と話していても今の若手ほどは緊張感は持たないが、若手育成には彼のような人間が必要なのだろうと頼もしく感じられる。

PS.ベトナムのトトロ先生ご期待にお答えし、長谷川先生ネタを書いてみました。

小6指名学習について

来週は小学生の学力診断テストを実施します。

昨日はその対策として予想問題を解かせてみました。

しかし・・・、

少し心配な結果。

半数の生徒はしっかりと学習している結果だったのですが、半数の生徒は試験に向けた学習をしていない結果に。

そこで、小6を対象とした算数指名学習を開催することにしました。

対象とする生徒は、

①算数テキストの学習ノルマが達成していない生徒

⇒すべて解けるようになるまでやってもらいます。(時間は決めません)

②昨日実施した予想問題で合格点に届かなかった生徒

⇒2時間の学力診断テストに向けた学習をしてもらいます

上記①と②の片方でも対象となった生徒は以下の時間から都合のよい時間を選び参加してください。

・5/21(水) 15:30~18:00

・5/22(木) 19:20~21:30

・5/24(土) 13:00~18:00

・5/25(日) 13:00~18:00

・5/26(月) 15:30~18:00

しっかりとした準備が結果に繋がります。次週の学力診断テストで結果を出すためにもしっかりと学習しましょう。

成績アップの根底は規則正しい生活リズム

「どうすれば成績をアップさせることができるのか?』

この仕事をやっていると毎日のように考えさせられる。

正解の一つとして『規則正しい生活態度』があると最近は考えている。

これが正解ではないけれど、一つの正解な気もする。

一例として、中学3年間の中で少なからず、友人関係やら勉強面やらで誰しもが一つや二つのトラブルを抱える。

特に中学2年生が中だるみの時期なので、トラブルが多いのだが、この学年が一番差が開く。

一つひとつのトラブルが原因となり集中できなくなってくるのだろう。

もちろん、それらを克服することで人間のしての成長もあるから、わるいわけではない。

むしろ、成長していく過程で誰しもがあるから、それはそれで良い面もある。

だからこそ、規則正しい生活態度を心掛けて毎日を過ごしてもらいたい。

もちろん全員に当てはまるわけではないが、生活態度が乱れてくる生徒ほど成績は伸びていかないように思われる。

もう一つが携帯(スマホ)の使い方に、成績がアップする生徒とアップしない生徒の差が出てくる。

塾屋としては携帯(スマホ)は禁止としたいが、もうそんな時代ではないと承知している。それでもあえて禁止にすることも検討はしたのだが、塾が夜に授業があることを考えればある程度は認めないといけない。

携帯(スマホ)の怖いのは『ながら学習』をしてしまうこと。

「音楽をつけながら」

「テレビをつけながら」

など、これまでも『ながら学習』はいくつかあったが、最近一番やっかいな『ながら学習』が

「メールを待ちながら」だ。

もちろん勉強はしているのだが、メールを待ちながらの学習は集中力に欠ける。

やはり、やめてほしい。

携帯(スマホ)がわるいのではなく、それの扱い方がまだ未熟なことがいけない。

これからはその指導がとても重要な指導の一つになる。

先日の中1の保護者会でもお願いした、『成績アップの根底は規則正しい生活リズム』にあるということ。

これを促進していくことが成績アップにつながると思います。

若手

今日、本部では朝から、会議があった。

生徒募集や夏期講習のこと、次回の中3保護者対象の父母会のことなどについて話し合った。

その中で、仕事の割り振りで若手の先生にどれだけ任せるのかという話にもなった。

学心塾の若手講師はよくやってくれている。

だから、「これ以上に仕事を割り振っても大丈夫なのか?」と心配になったからだ。

でも、「そうやって成長していく。」という意見もあるから、やはり色々と業務を手伝ってもらうことになる。

会議の後も、引き続き、若い講師の育て方についての話になった。

若い先生たちも頑張ってはいるが、いっぱいいっぱいになり、空回りする先生もすくなくない。

いくつかの教室で起きた事案についてどのように対処するのか、そしてどのように指導するのかなどの話合をいをする。

難しいのは人には個性がある。

どこまでフォローをするのか?

一様なアドバイスではいけない。

生徒も同じなのだが、個々に話す内容を変え、それを受け止めてくれるようなことを伝えていかないといけない。

今は、自分たちがそれを考えて指導する立場にいるのだが、我々の考えかた(学心イズム)を後輩たちに伝えることは難しいと改めて思わされる。

きっと、自分の先輩も同様のことを考えてきたことだろう。

沢山の面倒と迷惑をかけてここまできた。

だから、今は自分たちが後輩たちに対してフォローする番で、できる限り相談を聞き、アドバイスができる立場にならなくてはいけないと考えさせられた。

 

 

切りかえスイッチ

中3が修学旅行から帰ってきました。

昨日の試験対策補講に来た金目中の生徒はみんな「楽しかった~♪」と満足顔。

みんながケガすることなく帰宅してくれて安心です。

明日から来る大住中の生徒もどうだったのでしょうか?きっと思い出に残る修学旅行だったのではないかな。

さて、中3にひとこと。

修学旅行から帰ってきたらすぐに中間テストの準備を。

一番いけないのは、写真などを見ながら「修学旅行はたのしかったなぁ」と思い出にふけること。

しっかりと中間テストに向けて準備する体制をつくってください。

今回のテストは、範囲も短く内容も比較的とりやすい。

だから、しっかり準備さえすれば必ず結果がでてくるから、頑張りましょう

本日はご参加ありがとうございました

010

PIC_0136

すでにお知らせの通り、本日は中1保護者会『定期試験に向けて、勉強の取り組み方と高校入試について』を開催。

昨日までは、毎日の授業の他に保護者会の準備でバタバタでした。

昨日の授業後に最終の準備をしていると、本日の保護者会で使用予定の2番教室の蛍光灯が故障していることが判明。蛍光灯がきれているのではなく、機械的な故障ですぐにはどうしようもない。

準備を3番教室に変更して、夜遅くまで資料の印刷&最終チェック。

プロジェクターのチェックをしていると、パソコン上では読めるけど、プロジェクタでは見づらい個所を夜遅くまで作業に取り掛かっていました。

さて、本日の保護者会はいかがでしたでしょうか?

お伝えした内容は、

「定期試験に向けての心構え」

「中学別の定期試験傾向と対策」

「定期試験に向け何をすべきか」

「学心塾では定期試験に向けどのように取り組むか」

「試験に向け保護者様の心構え」

「中学別の成績のつき方」

「成績をつけるために大切なこと」

「高校受験に向けた準備とスケジュール」

「高校受験概要」

「学心塾では高校受験までどのように取り組むか」

「質疑応答」

「緊急連絡のためのブログ使用と授業報告&宿題ブログの告知」

などについてお話をさせていただきました。

保護者会が終わった後も何人かの保護者様に残っていただき、熱心に質疑を承り、我々もこれから責任をもって指導することを改めて思いました。

最後に、

  • 本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございました。お子様たちは、これからの3年間は最も多感な時期を過ごすことになります。勉強面や生活面でも予想外の様々なことが起こります。しかし、それらに対し、立ち向かうことが大切です。子どもたち、ご家庭、中学校の先生、塾が一致団結して、子どもたちのためになることは何かを考えながら頑張りましょう。

 

今週末開催 中1保護者会『定期試験に向けて、勉強の取り組み方と高校入試について』

すでにお知らせの通り、今週の土曜日に中1保護者会『定期試験に向けて、勉強の取り組み方と高校入試について』を開催します。

まだ、若干ですが座席に余裕がありますので、ご興味がある方は一度ご連絡の上、ぜひご参加ください。

 

学心塾ではまもなく中間試験に向けて対策授業を開催します。

特に初めて、中学校の試験を経験する中1生にとっては、不安もあれば期待もあるかもしれません。

また初めて中学生のお子様をお持ちの方はご心配をお持ちかと思います。

おそらく不安なのは、

「どんな準備をすればよいのか」

「どんな問題がでてくるのか」

「小学校のテストとはどのようにりがうのか」などでしょうか。

そこで、『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』についての説明会を催したいと思います。

時間が許せば、中間試験に向けての学習法だけではなく、高校入試についてもお話させていただきます。

中1保護者会ブログパーツ

開催日:5月17日(土)

時 間:午前10時~午前11時半ごろ(1時間半程度)

場 所:学心塾 岡崎校

内 容:

①定期試験に向けての取り組み方について
②各中学の試験傾向と対策
③高校進学概要について
④公立高校、私立高校の基準概要について

なお、当日は塾外生の保護者の方もご参加いただけます。
お知り合い等でご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、お誘い合わせのうえご参加下さい。

 

Taro-中1父母会のお知らせ

windows8.1ってさ・・・

中1保護者会ブログパーツ

今週は土曜日に開催する父母会の資料つくりに忙しい。

そんな中で、困ることが一つでてきた。

パソコンを新調したことは先日書いたのだが、不具合がたびたび出てきて仕事が中断する。

てか、windows8.1の使い方がよくわからない。

昨日はメールアプリが開かない。

なんで、OSを更新するたびに、主要メールソフトを変更するのだろう?

「outlook express」や「live mail」ではいけないのか?

「live mail」は別途ダウンロードすれば使用できるが、おそらく8にした人は、mailアプリを使う人のほうが多くなるでしょう。

メールアプリをアンインストールして、再インストールしようとすると、次はwindowsアプリのストアが開かない・・・。

さらには、PDFリーダーアプリも。

PDFアプリは他で代用できるのでいいが、他にもいくつか不具合が起こる。

さらにはwifiも制限ありと表示されてネットで調べ物が滞る。

どういうこと?すべてアプリとドライバ関連なのでハードのトラブルではないことは予想できるが、面倒くさい。

不具合の大半がwindows関連なので他に代用できるアプリがあれば大きな問題ではないのだが、それにしてもこんなに不安定には計算に入れていなかった。

その都度以前使用していたパソコンで処理したり、余計なことをしなくてはいけない症状となる。

まだ、windows8.1に慣れていないのも理由だが、新しいOSなのでもっと安定していると思っていた。

困ったものだ。

でも、忙しいなか父母会に参加してもらえる保護者様のためにも、しっかりとした準備をして、保護者の皆様を迎えられるようにしたい。

修学旅行

本日から2泊3日で金目中が修学旅行です。

いつもと違って金目中の3年がいないので、不思議な日でした。

昨日の授業では、生徒たちも多少ソワソワしたところもありましたが、今日から始まる3日間を考えれば気持ちはわかります。

どうやら良いお天気みたいなので、良かったですね。

金目中は広島に行き、原爆ドームなどで見学し、その時代の学習(修学)をしながらの旅行です。

今年度も実施されるのかはわかりませんが、ホテルマナーなども金目中は修学旅行で学ぶようです。

他中と比べればしっかりと、学ぶことができる修学旅行が金目の特徴です。

この三日間は思い出をたくさんつくってきてください。

そして、帰ってきたらテストモードに切り替えてください。

切り替えスイッチを持っている人が、受験生です。

 

 

休日が

中1保護者会ブログパーツ

昨日は学心塾岡崎校はお休み。

仕事はお休みでしたが、やることがたくさんありすぎて、結局は次週に実施する中1保護者会の準備で一日が終わってしまった。

まず、資料を集めて、それらすべてに目を通す。

様々な資料を見ていると、数年前とは通信表の成績のつき方(比率)が変わっていることに目がとまった。

傾向としてはわかっていたが、資料を作るために改めて調べると様々な発見ができる。

やはり、毎年学校のことや、進学のことの勉強が必要だと再確認することができた。

それから、内容を吟味、検討。

伝えるべきことをまとめ、資料作り。

資料作りは、まだ制作中なのですが、とりあえず当日の話す内容や流れはある程度出来上がった。

保護者の皆様もせっかくお忙しいなか来ていただくのだから、有意義な会にしたものです。

とりあえず今週は、毎日のルーティンと中1保護者会の準備で大忙しな一週間となるであろう。

中1保護者会『定期試験に向けて、勉強の取り組み方と高校入試について』開催

学心塾ではまもなく中間試験に向けて対策授業を開催します。

特に初めて、中学校の試験を経験する中1生にとっては、不安もあれば期待もあるかもしれません。

また初めて中学生のお子様をお持ちの方はご心配をお持ちかと思います。

おそらく不安なのは、

「どんな準備をすればよいのか」

「どんな問題がでてくるのか」

「小学校のテストとはどのようにりがうのか」などでしょうか。

そこで、『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』についての説明会を催したいと思います。

時間が許せば、中間試験に向けての学習法だけではなく、高校入試についてもお話させていただきます。

中1保護者会ブログパーツ

開催日:5月17日(土)

時 間:午前10時~午前11時半ごろ(1時間半程度)

場 所:学心塾 岡崎校

内 容:

①定期試験に向けての取り組み方について
②各中学の試験傾向と対策
③高校進学概要について
④公立高校、私立高校の基準概要について

なお、当日は塾外生の保護者の方もご参加いただけます。
お知り合い等でご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、お誘い合わせのうえご参加下さい。

 

Taro-中1父母会のお知らせ

無料体験授業受付中

SN3S0265

さて、もうすぐ中間テストです。学心塾では初めて講義に出席する方を対象として、無料体験講義を実施します。

学心塾では、入塾前に2週間の無料体験を受講していただき、本当に学心塾がお子様に合っているかご判断いただいております。

子どもにとって、本当に合った塾を選ばないと学力向上は望めません。

それには実際に授業を体験するのが1番です。 そのため、学心塾では2週間の無料体験期間を設け、生徒・保護者とも納得をして入塾をご判断していただきます。

当然、その間は既塾生と同じように宿題もあれば居残り学習もあります。 もし、合わないと思われた場合、入塾をキャンセルされるのに何の遠慮もいりません。

お気軽にまずはお電話0463-59-0855までご連絡ください。または資料請求のページから資料をご請求ください。

 

42

無料体験のお申込み書はこちらから

 

驚いた

GWにパソコンを新調した。

以前使用していたものが使えなくなったわけではないが、軽く持ち運びしやすいパソコンがほしくなり購入の運びとなった。

新しいパソコンはこれまで使用していたものと比べれば、小さく軽い。でも、性能は大幅にアップしていて使いやすい。

以前使用していたのと比較すれば、驚いたのは熱の排出量。これまで使用していたパソコンが3年前のフラッグシップモデルだったので、スペックはそれなりだった。でも、corei7から放出される熱は相当なもので、ノートパソコンを膝の上に置いて作業することなどできないレベルであった。

今回も同じくcorei7だけど、二世代違うと熱の排出量が全く違い、長時間膝の上に置いてもそれほど気にならない。

それに伴って、静粛性も相当なレベルで進化していた。やはり、熱の排出量が抑えられていたので、ファンの勢いも少なくすみ、SSDの恩恵もすごい。

もちろん省電力も大きいであろう。

軽くて、熱もださないこのパソコンならば、持ち運びも楽なので、webの更新も相当楽に感じられるようになるかもしれない。

懸念は一つ。

まだ、windows8.1に自分自身が不慣れなこと、使いたいソフト(今はアプリか)を探すのに時間がかかることくらい。

せっかく、パソコンを新調したのだから、できることなら、もっと頻繁にブログを更新し、充実した内容を書き、皆様に必要な情報をたくさん発信できたならいいと思っている。

中1保護者会ブログパーツ

習熟度別の学習方法

学心塾の授業スタイルといえば、新しい内容を『集団一斉授業』で指導して、次のステップで『習熟度別個別演習』。さらに集団一斉授業や習熟度別個別演習で理解不足な生徒を対象とした『指名学習』で授業を行っている。

効率的な学習を考えれば、導入部分は一斉に指導し、演習の部分を個別に対応していくというのが学心塾のスタイル。

演習の際に、成績上位層と成績中位層、下位層では大きく差がでるし、解くべき問題レベルも差がある。だから、eトレなどを使い、演習の時間はできる限り個別に対応している。

習熟度によって学習方法が異なってくるのだ。

よく保護者の方から、勉強方法についての相談をお受けする。そんなとき話すのは、「もっとも良い学習方法など存在など存在しません。」というお話からする。

そんな勉強方法があれば、すでに全員が踏襲して実践している。でも、勉強方法は人によってまちまちである。

要は習熟度によって学習方法は異なるのが勉強の仕方になる。

つまり、優秀な生徒の勉強方法を真似しても、それが全員にとって最良の勉強方法とはかぎらない。

大切なのは自分なりの学習方法を身につけること。

例えば、成績上位層はあまり教えすぎないことを心がけている。最初は、浅くても、広く、そして確実に解くことの大切さを教えて、一通り指導したら、後は問題演習で仕上げていく。それも、できるだけ教えすぎず自分で考えさせていく。

逆に、成績中位・下位層はできるだけやる内容を絞り、ひたすら反復させる。授業で説明した内容を、演習でも学習してもらい、ひたすら反復する。そして、圧倒的に演習量が足りないから学力不足なわけで、演習量を上げていくようにする。

そして、全員に言えることとしては、やみくもに問題を解くだけでは駄目。よくいつまでたっても似たような間違いをする生徒はいます。同じ問題の反復だとしても、必ず全問正解することを意識して解くようにしてほしい。

思考力と読解力

中1保護者会ブログパーツ

最近は、即答できる問題は答えられても、ワンクッション入ると解けなくなる生徒が多くいます。

昨年度の理科の入試問題がそうです。

想像以上に難化し、大幅に平均点も下がりました。なぜ下がったのかといえば、暗記で解ける問題がほぼなかったからです。

しっかりと考えて解かないと対応できない問題になってました。

世間では暗記に頼らない良問といわれる類いですが、生徒にとっては大変です。

そこで今後大切になるのは、思考力の訓練と読解力の向上です。やはり、考えることを面倒臭がる生徒は通用しないです。

どんな問題がきても、すぐに答えを見たり、質問するのではなく、一度解法を考えて、「解法はこうじゃないかなぁ。」と考えてみることが大切です。

数学で、たまにとんちんかんな答えを書く生徒がいます。これは、単純ミスから起こることが大半なのですが、中には、単純ミスではなく、ありえないような答えを書く生徒もいます。

とんちんかんな解答を書く生徒は「なんとなく答えはこうじゃないかなぁ」と想像をして解いてほしいです。問題文を読んだあとにおそらく答えは○○あたりと想像してから解いていくことも一つの方法です。

もう一つが問題文をよく読むことです。問題文をしっかり読まないので解けない生徒もよく見ます。特に最近は資料から答えを導き出す問題も増えてきています。資料を読み取れれば、その内容を知らなくても答えを導ける可能性が高いです。

先日、小学生算数で『計算力より、暗算力」という話を書きましたが、さらに上にいくには、『思考力と読解力』も養っていければ間違いなく成績はアップします。

計算力より暗算力

 


45÷7=?

算数が得意な小学生を見ていると、必ずといっていいくらい計算が早い。

算数を不得意としている生徒を見ていると、ほとんどが計算が遅い。

不得意としている生徒も計算ができないわけではない。でも、簡単な計算でも筆算を使わなくてはとけない。

みなさんは45÷7あたりの計算はすぐにでますか?

小学高学年でも、筆算を使わないと解けない生徒は少なくない。

おそらく、算数の不得手は計算力でも、文章・図形問題が解けるかでもなく暗算力で決まるように思える。

公文やそろばんを習って塾に通い始めた生徒は、比較的算数が得意な生徒が多い。

でも、学校での算数のテストが満点だったので、「算数はできる」と思っていた生徒ほど中学生になると躓いたりする。

おそらく、「計算はできる。」でも、「暗算力が乏しい。」こんな生徒に躓く生徒は多いかもしれない。

これからの小学生にたいしては、単純計算の反復演習や小学校では学ばないが、インド式計算術を学んで、暗算力を磨くことが必要に思える。

だから、学心塾では、小学生には授業の頭に、ピラミッド計算プリントなどで反復演習をしたり、インド式計算などを使って簡単に暗算ができるような訓練を多くしている。

暗算力が高まれば、今以上に短時間で多くの問題が解けるようになり、それが自らへの自信へとつながるはず。

 

5月in岡崎校

5月はいくつか行事があるのでご注意ください。


●~5/6(祝) GW休校

●5/9(金) 英語検定申込〆切

●5/12(月)~ 試験対策開始

●5/17(土) 中1保護者対象「中間試験に向けての取り組み方と高校入試について」保護者会開催 ※塾外生の保護者様も参加できます。

●5/20(火) 中1高校判定テスト

●5/22(木) 中2・中3高校判定テスト

●5/27(火) 小6学力判定テスト(算数・理科)

●5/29(木) 小5・小6学力判定テスト(国語・社会)

●5/30(金) 小5学力判定テスト(算数・理科)

中1保護者会『定期試験に向けて、勉強の取り組み方と高校入試について』開催

中1保護者会ブログパーツ

GWが終えると、中間試験までまもなくになります。

初めて、中学校の試験を経験する中1生にとっては、不安もあれば期待もあるかもしれません。

特に初めて中学生のお子様をお持ちの方はご心配をお持ちかと思います。

おそらく不安なのは、

「どんな準備をすればよいのか」

「どんな問題がでてくるのか」

「小学校のテストとはどのようにりがうのか」などでしょうか。

そこで、『定期試験に向けての勉強の取り組み方と高校入試について』についての説明会を催したいと思います。

時間が許せば、中間試験に向けての学習法だけではなく、高校入試についてもお話させていただきます。

開催日:5月17日(土)

時 間:午前10時~午前11時半ごろ(1時間半程度)

場 所:学心塾 岡崎校

内 容:

①定期試験に向けての取り組み方について
②各中学の試験傾向と対策
③高校進学概要について
④公立高校、私立高校の基準概要について

なお、当日は塾外生の保護者の方もご参加いただけます。
お知り合い等でご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、お誘い合わせのうえご参加下さい。

 

Taro-中1父母会のお知らせ

毎日、コツコツ学習する習慣を身につけるには

0140

勉強の習慣を身につけていない人にとって、「毎日コツコツ勉強する」ことは、大変なことです。

これまでも、「勉強をしなきゃ。」と思いつつ、時間だけが経過していく経験がある人は多くいるはずです。

おそらく、家に帰り、休憩をするとズルズル時間が経過した経験がみなさんありませんか?

一度、スイッチを切ってしまうと、もう一度スイッチを入れなおすのに時間が、かかってしまいます。

そこで、帰ったら休憩をしないで、とにかく30分、かんたんな学習で構わないので、休憩をおかずにやりましょう。漢検の勉強でも、英単語の学習でも、計算練習でもいいので、やることを決めて、まず一ヶ月間、取り組んでみてください。

格好つけて、2時間とか長時間にすると、続かない可能性がある。だから、まず30分からはじめましょう。

今回の目標は、家庭学習をしっかりできるようにすることです。

自分から、勉強できるようになれば、必ず成績は上がります。

だから、みんな「帰宅、即30分勉強」。そこからはじめよう。

そこから、少しずつ時間を伸ばすことができればいいのだ。

家庭学習の習慣がみについていない人きは、「帰宅、即30分勉強」を実践してみてください。

一ヵ月後、必ず成果が見られるはずです。

見せたいもの

0220
岡崎校にはみなさんに見せたいものがあります。

一階のフロアに掲示している、卒業生たちによる色紙たちです。

岡崎校の歴史を感じられるもので、初めて見られる方にはご興味をもって見ていただけるものです。

最近では、過去にその色紙を書かれた卒業生のお子様たちも通塾していただいています。

親子二代で学心塾をお選びいただいたことは感謝としかいえません。

これからも地域のみなさまの期待に応えるべく、この色紙に中学時代の想いを書いてくれる生徒たちの応援をしていきます。

Taro-文書1

田村校の山ちゃんが伊達政宗について再び語っています。おもしろいですよ。

田村校 山ちゃんの記事

田村校の教室長の山ちゃんの記事に『大河ドラマ伊達政宗』についての記事がの載っていたが、山ちゃんが言うようにNHKの大河ドラマ史上に燦然と輝く名作」といのは同意見だ。

私の父親が仙台出身ということもあり、父親も伊達政宗のファンで、自分もその影響を受けた。

山ちゃんの記事の載っていた守役の喜多は確か竹下景子さんが演じていた。伊達政宗の右腕の片倉小十郎の姉で、喜多にあやかりたいと、良くないことだとは思うけど墓石を削って持ち帰る人が後を絶たないという伝説の人だ。

他にも、伊達政宗に対して、本当に言ったかは不明だが「へそ曲がりになれ」と育てた虎哉禅師とのやりとりなど、当時まだ子どもだった自分には難しかったが、今この大河ドラマを見ると、大変興味深く視ることができる。

実は、私は『大河ドラマ伊達政宗』は数年前に大人買いで全話DVDを所有している。若い頃の伊達政宗の方が有名なエピソードはたくさんある。山ちゃんのブログにも書いてある喜多とのやりとり、正室愛姫とのままごとセットのお話、秀吉とのやりとりなど。

でも、晩年の伊達政宗の姿もすごい。家康、秀忠、家光という三人の将軍が一目置いていた伊達政宗の姿には自分は心惹かれるところがある。

山ちゃんの記事をみて、もう一度「大河ドラマ伊達政宗」を一気見してみたくなってしまった。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05