学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

計算中心のプリントを解かせてみました

春期DM(中1)

今週の個別課題の時間に、中1と中2には復習の一環として、計算中心のプリントを解かせてみました。全員が、スラスラと解けると思いきや・・・。大体3グループに・・・。「解くスピード、正答率共に全く問題ない人たち」、「解くには解けるけど、ミスが多い人たち。」、「時間内に終わらない人たち」

「解くには解けるけど、ミスが多い人たち。」は間違った問題をを再チャレンジ。そうすると正解を持ってくる生徒が多数。解法は身についているということか?ならば、どれだけミスを減らすことができるのかが鍵。ここは泥臭く、正解できるまで何度も解かせることに。

「時間内に終わらない人たち」はさらに二グループに。「単純に解くスピードが遅い」のか、「解法を忘れた」か。解くスピードが遅い生徒たちは、練習あるのみ。解いた問題数だけ、スピードも解ける問題を増えていくでしょう。でも、解法を忘れた人たちは、個々の指導が必要になる。解けない問題を見てみると、等式変形の問題と一次関数の求式で詰まっている生徒が多い。この辺りは毎年のことなので、解けなかった生徒には一人ずつ、教えていくことに。

これが、個別課題学習の真骨頂。上位者にはどんどん先に、演習不足の生徒には数多くの問題を、さかのぼって学習する必要がある生徒は、個々さかのぼり学習を。

あとは我々ができるまで何度でも指導&チェック。この泥臭い反復こそが結果へつながると信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05