学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

私たちが『習熟度別』『個別学習指導』にこだわる理由

岡崎校では、月曜日と火曜日個別課題学習の時間があります。通常の授業以上に課題の準備やテストの準備に時間を費やし、この両日は一週間の中でも最も授業準備の時間がかかります。そもそも、受動的になりがちな塾の講義を能動的なカリキュラムへと考え始まった個別課題学習。たくさんの問題を解かなくてはいけないこの時間は生徒にとっても普通に講義をうける以上に大変なようで、課題がドンドンたまる生徒も続出しています。ですが、これを一つ一つこなすことで学力向上が実証できていますので、これまで以上に生徒には頑張ってもらうことになります。

DSC_0129[1]

古くから授業は先生が黒板の前に立ち、それを子どもたちは聞くという形を取っています。しかし、この方法をとるのは、学校や塾など限られたところだけです。スイミングやピアノのレッスンなど習い事はこのような方法を取っていません。やり方を説明したら、すぐに子どもたちに練習させます。指導者は練習の様子をしっかり捉え、個々に直した方が良いところを伝えます。そしてまた練習させます。実際、この方法で子ども達は泳ぎ方や弾き方を習得していきます。「できる」というゴールがはっきりしていて、確実にマスターさせることができます。
私たちは、勉強も習い事も同じだと考え、トレーニングを通じて、「できる」状態にしていくことが大切だと考えています。
問題を通じて、子ども達一人一人に、「この問題は良くできているから、こういうパターンの問題に挑戦していこう!」「この問題では、こういうミスが多いので、こういうやり方をしてみよう!」など声をかけていきます。つまり、私たちは子ども達の能力を伸ばすために、コーチングをするのです。
このようなやりとりから、自ずと子ども達の演習量は増えます。子ども達の演習量が増えれば増えるほど必ず伸びます。問題を通じて、「できる」ようにすることが成績UPの近道だと考え、子ども達の指導に日々あたっています。

コメント

  • gakushin より:

    お久しぶりです。元気にやっているとのことで嬉しい限りです。

    新しいステージで頑張っている瑛聡くんの姿が思い浮かびます。

    時間があればたまには顔をみせてください。

    学心塾 岡崎校
    大澤 伸一

  • 髙木瑛聡 より:

    久しぶりです。無事に高校を卒業しました。今は医療の専門学校で頑張って勉強しています

    • gakushin より:

      お久しぶりです。元気にやっていますか?
      新しい環境で頑張っている瑛聡くんの姿が思い浮かびます。
      時間があればたまには顔をみせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05