学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

百マス計算って知っていますか?

百マス計算って知っていますか?

一時期ブームでしたよね。百ます計算の問題集が書店に並び、小学生は誰もが一度はやっているものでした。

ですが、最近は知らない小学生がでてきました。

小学生であれば誰もが一度は百マス計算をやった、もしくは少なくとも見たことくらいはあると思っていましたが、小学生に聞いてみると「やったことがない。」という生徒が増えてきました。

別の計算練習方法が生まれてきたわけではないのですが、時代の流れとともに百ます計算に取り組むことが少なくなってきました。

でも、自分はよく子どもたちに百ます計算や同様の計算基礎練習をやらせています。

「その単純計算に何の意味があるのでしょうか。」

マスを早く埋めることが目的なのか?

それとも、計算ミスをしないことが目的なのか?

どちらも正解ですが、一番の目的は集中力アップです。

大体、一分程度から、2,3分の間マスをいち早く埋めようと、子どもたちは必ず集中します。それが、算数が得意な生徒ならば生徒なほど、一心不乱に取り組みます。特に、百ます計算はお友達と競い合わせれば競うほど効果があります。

ですが、小学生の低学年や入塾したての生徒はその数分間でさえ集中できずに、鉛筆を眺めたりします。勉強の習慣がついていない子に「集中しろ!」と言っても難しいのです。

だから、単純で、短時間で終わる百ます計算が良い訓練になります。数分間ですが、普段集中力がない生徒には丁度よい学習方法と言えます。

集中力はどの科目にも必須なものです。勉強の基礎となる集中力アップの教材として百マス計算で練習をしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05