学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

正しい手順で問題を解く練習をすれば、大抵の生徒は理解できるようになる

Microsoft PowerPoint - 新入生受付中2015春

一番効果的な勉強方法ってなんだろう?

この仕事をやっていると常に考える。ある程度これが正解だろうと思われることは、自分の中にはあるのですが、それがすべての生徒に当てはまるとはいかない。理解するスピードも違えば、問題を解くスピードも違う。不得手の科目が異なれば、勉強方法も勉強時間も人によって変わる。

だから答えが一つではない。

でも「正しい手順で問題を解く練習をすれば、大抵の生徒は理解できるようになる」とは思っている。

学力をアップさせにはある程度の勉強時間の確保は必要。でも、‟何時間も机に向かえばOK”ということはない。「正しい手順」で練習することが大事だ。

生徒の中には長時間勉強している生徒がいる。でも、多くの生徒がそれは勉強ではなく、‟作業”になってしまっています。例えば、英単語を覚えるとき、どうしますか?『12月』という単語覚えようとして、『December』とノートに何度も書く練習をします。ノートが埋まることで、勉強をしているという実感も得ることができます。でも、その勉強は頭をつかっていない。そこに思考はなく、ノートに写しているだけでは単なる‟作業”と言えます。

学力アップさせるための勉強方法とは、‟自分で考え、そこから正しい答えを引き出す”ようになることが必要です。だから、意図のない反復練習は全く意味がないとは言えませんが、効果的な学習方法とは言えません。

以前、このブログで‟何を学習するのか考えて、勉強することが大切である”と書いたことがありますが、生徒が正しい勉強方法ができるようにアドバイスすることが自分の役目であり責任なんだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05