学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

期末テストもあと一日です。

PIC_0682

実施された大住中と金目中の期末テストを解いてみた。

まだ全科目を解いてはいないが、時間配分など心配な点はある。昔と比べると、内容で踏み込んだ問題は少ないが、時間内に終わったか心配な科目がいくつかあった。やはり、これからは生徒に解かせる問題数を増やして、解くスピードを上げる訓練が必要だと感じる。だが、他は大方の予想通りな感じの問題か。
数学の文章題は、事前に配布されていた予想問題の数字を変えただけの問題が多く出題されていた。ただし、その予習問題をきちんとといたかどうか。
国語の文法も、白プリを学習していれば、ほぼそのまま出題され、技能科目も試験対策問題集から、多く出題されていたようです。
やはり、事前に生徒に話していた通り、しっかりと準備ができれば簡単に対応できたと思います。
大切なのは〝その準備をおろそかにしていないかどうか″
試験対策勉強に大切なのは、「まず何から勉強すべきか計画を立て、それを反復すること。」コレにつきます。
今、自習にきた生徒から話を聞くと「結構いけました。」と強気な言葉。
しかし・・・、全員が「大丈夫!」と言えればよいのですが、今ひとつな生徒も少なからずいます。
たまに、「なぜ同じ問題を何度もやっているのに解けないのだろう・・・。」と思うこともあるが、自分たちはプロなのだから、このような生徒に点を取らせるのが仕事。
どちらかと言うと、優秀な生徒よりも、心配が多い生徒の方が指導するのは大変です。
優秀な生徒には、勉強を教えるのですが、そうではない生徒には、勉強の他にも、「何のために勉強するのか。」とか、「がんばることの大切さ。」なども一緒になって教えていかないと、勉強時間ばかり過ぎて、効果が低くなる。
この点については、塾の講師の力ではなく、学校の先生との協力も間違いなく必要な点。
そして、さらに重要なのは、親御様の言葉。子どもたちは言葉によってやる気も変わってきます。
期末試験もあと一日。
まだ間に合います。
もう一度、何をやればよいか、自分たちが言ったことを思い出してください。
あと、学校の先生が言っていたことも大切です。必ず、試験に出るポイントを授業中に話しているはずです。
そこから「何を勉強すべきか考えて。」実践してください。
塾の教室も本日は22時まで開放しています。既に、自習に来ている生徒もいます。ご家庭だと、集中して勉強ができないような生徒は自習室を利用することも勉強方法のひとつです。eトレもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05