学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

最良の勉強方法は人それぞれ違います。だから、自分にあった勉強方法を探しましょう。

0364

勉強方法はさまざまある。方法は一つではない。もし、最良の勉強方法があれば受験生は全員がそれを真似すればいいわけで、それがないから受験生たちが苦労する。つまり、個々にあった勉強方法を見つけていくしかない。自分に合った勉強方法はそれぞれ違う。よく、優秀な生徒の学習方法を真似しようとする子はいるが、おススメはできない。偏差値が60を超えている生徒と、超えていない生徒の学習方法はどうしても同じにはできない。個々のレベルにあった学習スタイルが大切になる。

でも、長年この仕事をやっている、いくつかやり方はみえてくる。すべての生徒に当てはまるわけではないし、正解の方法ではないが多くの生徒に当てはまる方法というのはある気がしている。それをよく生徒には話している。

塾での授業は、勉強を教えるが、それ以上に大切なことは、「勉強の仕方を教えること」

自然と勉強方法が身につく生徒はまれで、なかなか自分では見つけることができない。だから、勉強方法のアドバイスは塾屋の大切な仕事となる。

最近生徒に話したことは、よくノートをまとめることを優先する生徒いる。特に女の子に多いが、一通り、ノート整理をしてから問題にチャレンジしていく。

わるいことではないけれど、自分は「勉強⇒問題」の順よりも「問題⇒勉強」順の方が理に適っていると思う。もっといえば、「問題⇒課題の発見⇒勉強」だろうか。例えば、英語を話せる人の多くは、「英語を勉強」してから、「英語を話せる」ようになって、「英語を話す環境」に行ったのだろうか。その順の人も多くいるかもしれないが、「英語を話す環境」に行くから、「英語を勉強」して、「英語を話せる」ようになるのではないか。

つまり、どんどん問題を解き、個々課題を発見し、その課題を学習するような学習方法もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05