学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

得点アップの鍵

0066先週から、悩みに悩んでいた中3の生徒たち。

志望校がほぼ固まってきました。

まだ、数名悩んでいる生徒もいますが、将来への進む道が決まれば、その道に沿って進むのみです。

そして、前回の会場模試の結果が戻ってきました。まだ、模試結果に一喜一憂することはないが、戦略をたてる材料にしなくてはいけない。

志望校合格には、ただ勉強すれば合格するのではなく、『戦略をたてて学習』することが効果的な学習方法になる。

何を学習すれば、最も効果的に得点をあげることができるのか。

それぞれ近道がある。

逆に頑張ることは大切だけれども、時間だけが過ぎていく問題に、何時間もかけるのは時間がもったいない。

『何を学習するか』は生徒それぞれにアドバイスをしていくが、『各自の模試結果』から考える方法と『入試の正答率』から考える方法がある。

『各自の模試結果』から考えるのは、生徒個々でポイントが違ってくるが、もう既に完成されている科目を頑張っても、大きく得点は伸びない。

それぞれ、伸びしろがある科目が何かを考えて学習することが大切。

うちの生徒なら、社会か。

全県平均と比較しても、社会に伸びしろがある生徒が多くいる。

そして、『入試の正答率』から考える方法。

神奈川県では毎年入試の『正答率』が公開されている。模試でも同様のデータはある。

特定の一部の生徒を除いては、正当率が低い科目に執着する必要はない。

正答率が30%を切る問題があるならば、正答率が50%を超える問題を解けるようにすることが大切です。

もちろん、正答率が70%を超えていく問題は絶対だが、差は正答率が50%前後の問題をどれだけ解くのかが、得点アップの鍵になる。

あと、入試まではわずかなのだが、

『合格しないとわかっていれば、自分はみんなにその志望高校を受験させようとはしない。大丈夫です。みんなは合格できる。そう思うからその高校への受験を進めている。もう一度言います。「大丈夫」、自分自身の努力と自分の実力を信じていきましょう。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05