学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

塾とご家庭で協力して取り組みたいと考えています

PIC_0636

最近は、小学生でも中学生でも文章をきちんと読めていない生徒が多いです。漢字が読めないということもありますが、ひらがなであっても読めていない。子どもから言わせれば「ひらがな?読めるよ。」と言うが、音読をさせたり、問題文の意味をはき違えて解釈している生徒をみると、“文章が読めていない”と痛感しています。文章は漢字やひらがな、句読点が組合わせれて意味が生まれます。例えば、「今日の班長の,AくんとBさんは・・・」と「今日の班長のA君と,Bさんは・・・」では班長の人数が異なりますが、何気なく読んでいると気が付かないこともあるでしょう。これがひらがなが読めないという意味です。

そこで、特に小学生のお子様には“本読み”の量を増やしてください。それもできる限り“音読”で。おそらく、1ページ読ませただけでも、おかしな読み方をしていることがあるはずです。もし、読み方がまちがえてるならば、指摘してあげてください。また、未習の漢字がでてきたらば、調べる習慣を身につけさせるためにも高学年ならば辞書を使って調べるようにアドバイスしてあげてください。

学心塾でも、できる限り“正しく読める”ように指導はしていきますが、やはり、日ごろの取り組みが大事です。この点に関しては塾とご家庭で協力して取り組みたいと考えています。ご協力よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05