学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

受験生へ《入試まで心がけてほしいこと》

入試まであとわずかになってきました。何も言わなくても、もう大丈夫だとは信じていますが、入試までに心がけてほしいことを5つ教室に掲示しました。

すべて当たり前のことです。これからは、当たり前のことを当たり前にすれば必ず目標は達成されるはずです。

頑張りましょう。

ToDo(オレンジ1)

『努力』これなくして合格はありえません。『努力』ができない生徒は学心生にはいないと信じています。

 

ToDo(オレンジ2)

もっとも大切なことかもしれません。手洗い・うがいは当然、夜遅くまで勉強したり、休日に遅くまで寝ているようなことは必要ありません。

規則正しい生活ができる人は、何事もきちんとできる人です。つまり、くだらないミスをしない人だと思います。

 

ToDo(オレンジ3)

あれこれやらないで、とにかく入試問題を何度も反復してください。公立の入試では教科書を逸脱した問題は入試で出題されることはありません。だいたい教科書の基本問題が中心に出題されるのが普通です。このため、特に上位校を受験する場合、合格点が非常に高くなり、「ミス」が致命傷になります。この「ミスをしないこと」こそ、公立高校の入試対策のポイントなのです。
 ミスをしないためには、特に意識しなくても間違えることのない知識を身につけることが必要になります。そのためには、わかったことを繰り返す作業が必要なのです。繰り返しはどちらかというと単純な作業ですが、これを怠っては基本的な学力はけっして身につきません。

 

ToDo(オレンジ4)

こちらも3の入試過去問と同じです。学心塾で使用している模試は、神奈川県の問題を研究し尽くした問題です。つまり同様な問題が出題される可能性が高いのです。類題が出題したときに必ずきちんと解けるようにしっかりと反復演習をしておいてください。

 

ToDo(オレンジ5)

最後はやはり、己を信じることです。入試まで頑張った分だけ自信を持つことができます。

自分を信じることができるまで、徹底的に勉強をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05