学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

スマホ使うほど生徒ほど正答率が低く、新聞やニュース見る生徒ほど正答率が高いという結果≪全国学力テスト≫

0485

昨日、そして今日と酷暑からは少し離れて、若干過ごしやすい気温となっております。

つまり、「夏も終わり」の時期になりました。「夏が終わる」という響きは誰しもが悲しげに聞こえるのではないですか?

そして、受験生にとっては「いよいよ」と気合の入る秋へとなります。夏に頑張った仕込みの成果を、秋は実力へと育てる季節です。ここでどれだけ実力を育てることができるかで、今後の成績や偏差値の上がり具合がかわります。つまり、受験へ向けて本格的な学習が始まるのです。一気に学力が上がるなど都合の良い話はありません。地道に2月に向け学習をしていきましょう。

さて、ご存じな方も多くいるとは思いますが、先日、14年度の全国学力テストの結果が発表されました。お子様以上に保護者様が気になられたのではないでしょうか。神奈川県はというと、47都道府県中26位。“並”の平均程度結果です。設問の解答率を見れば中3「招待する」これが書けなかったのか・・。。学心の生徒にも書けなかった生徒がいそうな気がします。漢字はすべての科目の基礎。パソコンやスマフォに頼ってばかりいるとどんどん書けない生徒が増えてくると予想できます。これからは、漢字の読み書きにもこれまで以上に生徒たちには取り組ませないといけない時代になったのでしょう。

それと、今回の結果で興味を引いたのは、学力とスマホの相関関係。ある程度は結果を予想はできましたが、子どものスマホの使用時間が多いほど全科目において、正答率が低くなるという結果になりました。

それと、新聞やニュースををみる頻度が高いほど正答率が上がるという結果。これらについては、これから様々な専門家の方がコラムを書くと思うので、その意見も見てみたいですが、スマホに関しては便利なものだけに子どもたちはついつい使用します。でも、その使用方法をご家庭と協力して子どもたちに指導していかないといけないと思わされました。また、新聞やニュースをみる頻度が高いほど正答率が上がるというのは、様々な事柄に関心があるかどうかで、無関心な子どもほど「なぜ勉強するの?」に落ちいているのではないかと思われます。

学力テストの結果以上に、「スマホ」の記事や「新聞、ニュースを見る生徒が正答率が高い」記事方が自分は気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05