学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

ケアレスミスという言葉で逃げるな

0071

春期講習も始まり、数日がたちました。新入生からも笑顔を見ることがあり、初日の緊張感から、塾へ馴染んできたように思います。

さて、春期講習の数学(算数)はほとんどの学年で計算が中心となります。生徒もすぐに理解し、どんどん問題を解き始めます。多くの生徒がスラスラと問題をこなしていくなか、「ケアレスミスだ~。」との声。

自分は、ケアレスミスという言葉があまり好きではない。

どうもミスを軽んじるときに使う言葉に感じる。生徒が図形問題や文章問題で解けない時は、「わからない…。どうしよう…。」という想いが生徒から伝わる。だから、「勉強しないと不味い。」という想いになり、生徒も一生懸命に取り組む。だが、ケアレスミスの時は、「やり方はわかった。」という気持ちがある生徒がいる。テストであれば同じ失点でも、わからない問題の失点より、ケアレスミスを軽んじる傾向は多くの生徒にみることができる。

「やり方はわかったけど。」という言葉と、「ケアレスミスをした」という言葉を使って、自分が採れなかったテストを誤魔化すときにつかっている言葉に思えます。

手っ取り早く成績を上げたいのならば、わからない問題や苦手な問題を克服するよりも、ケアレスミスをなくすトレーニングをした方が効果は大きい。入塾したての生徒が、すぐに成績がアップしたということはよくあるが、そのほとんどが、急激な学力アップよりかは、トレーニング量増によりミスの減少が一番の要因なことが多い。。

計算問題が多いこの時期は特に、ケアレスミスをとにかくなくす意識をもって普段から取り組んでもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05