学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

あれこれやるよりも、反復学習したほうが学習効果は高い

Taro-冬期講習ポスター(ツリー)

我々にとって毎年のことだがこの時期の忙しさは半端ない。

冬期講習の準備や新年度の計画、中3進路の相談に受験対策など。

生徒たちにとってはクリスマス、お正月と子どもにとっては楽しい冬休みがやってきます。年末のあわただしさとお正月ののんびりとした雰囲気の中であっという間に過ぎてしまうのがこの冬休みです。しかし、この時期から学年末にかけて授業のスピードもアップし、学習内容は前期と比較にならないくらい多くなります。

ですから、よほどきちんとやらないと、消化不良の単元がいくつも残ってしまいます。この消化不良の単元を後々まで引きずると苦手な単元が生まれるわけです。ですから、こうした理解がじゅうぶんでない単元の徹底的な復習がこの時期の課題になります。
特に中学生の場合は、これまでの中間テストと期末テストをもう一度やり直してみると、理解が不十分なところがハッキリします。重要なものはだいたい中間と期末テストで出題されていますので、弱点を発見するには最適の教材です。

先週の土曜日に中2と中1は今回の定期テストの結果から復習が必要な生徒を中心に指名学習を実施しました。今回はテストの解きなおし。一度は学校でもやっているはずですが、まだスラスラ解けない。つまり、学習が中途半端なのがよくわかりました。

多くの教材を学習する必要などはありません。学習内容を絞り、それを反復し、確実に定着する。あれこれやるよりも、反復学習したほうが学習効果は高いと思います。それには中間や期末の問題をもう一度やり直すことが良いといえます。
また、中3はそれが模試です。これから、受験の日まで30回は実施する予定です。それらを、しっかりと復習することで、学習の未習分野はなくなります。しっかりと復習することを心がけてください。

もちろん塾でも復習領域の弱点補強が進められますが、学校や塾の授業の後、家でもう一度自分一人の力で問題を解いてみることが重要です。というのは、「自分一人の力で解けるようになった」という自信を持つことが、弱点を克服していく過程では最も効果的だからです。 弱点が補強できたら応用問題まで進みたいところですが、またそこで引っかかってしまうとその単元だけで冬休みが終わってしまいますので、家庭学習ではまず「基本問題がすらすら解ける」段階を目指しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05