学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

「成績上位で学習時間が短い子どもの特徴」という記事

 

yahooの記事ランキングを見ていると、先月末に書かれている「成績上位で学習時間が短い子どもの特徴」という記事がまだランキングしているのを見つけ気になって読んでみた。

どうやらベネッセ教育総合研究所からの資料からつくられた記事らしい。

気になるのは、「上手な勉強のやり方が分からない」のは小学生で約40%、中学生で約55%、中学生の半数以上が思っているということ。こちらに関しては先日ブログでの触れたが、勉強をしたくないための理由としているケースもあるので一概には判断できないが、相当数の小・中学生の悩みなことがわかる。

また、「成績上位」の子どもであっても、小学生約6割、中学生5割が、1時間以下程度の学習時間、これまたすごい数字だ。

そして興味を引いたのは、「成績上位×学習時間短い」子どもは、「成績下位×学習時間長い」子どもと比較して、「何が分かっていないか確かめながら勉強する」で19.9ポイント、「○つけ(答え合わせ)をした後に解き方や考え方を確かめる」で21.4ポイント上回った。の部分。つまり、ただ勉強するよりも、何をやるか学習計画を立てたり、学習方法として間違い直しを重視する生徒が成績上位者には多いということ。
記事の中にも書いてあったが、学習効果は「量」にある程度比例はする。しかし、学習の工夫によって学習時間が短くても効果的に学習できるこということがわかる。記事の中にある『学習の「量」を増やすだけでなく、学習の「質」を改善していくことも、学力を高めるために重要だということがわかる。』という内容は全生徒が意識ながら実践できれば、必ず学習効果が上がるように思える。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05