学心塾 岡崎校

okazaki_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県平塚市岡崎5800-4
電話
0463-59-0855

cpt_mail

 

 岡崎校では、地域密着を基本に、各学校の進度に合わせて、授業を実施しています。子どもたちには、それぞれの目標に向かい、一生懸命に努力し、目標を達成してもらいたい。そして、目標を達成する喜びを知ってほしい。我々はその手助けができればと思い、講師一同、生徒と接しています。 

okazaki_img

「あと77日も!」なのか「あと77日しか!」なのか

Taro-冬期講習ポスター(ツリー)

今月も残すところ一か月となりました。

毎年、この時期に感じることは「一年というのはなんて早いのか!」ということ。

公立入試まで数えてみれば、今年の入試が2月16日ですから、あと77日。「あと77日も!」なのか「あと77日しか!」なのか。

これから入試まではさらに早く感じる日々となるでしょう。

だから中学3年生には特に時間を有効につかってほしい。

最近中3からこんな質問を受けた。

「得意科目を伸ばしたほうがいいですか?」

それとも、

「苦手な科目を克服したほうがよいですか?」

毎年、生徒から聞かれることな気がします。たぶん人によって答えは違うかもしれませんが、経験上自分は「苦手な科目を克服したほうがよい」と考えています。

得意科目を重視する生徒は、はまると高得点を狙える可能性が高まる。しかし、そうならない時は痛い結果になる可能性がある。

それに対して、苦手科目を重視する生徒は、出来・不出来の波が少なくなり、コンスタントな得点の確保が可能になる。何よりも合格することを第一に考えるのならば、コンスタントに力が発揮できる状態になるべきで、そうなるためには苦手な科目を克服したほうが良いというのが自分の考えにある。

また、子どもというのは得意科目は「やるように!」と指示をしなくてもやりますし、得意科目ならば、普段の講義や模試の見直しの中で対処できる可能性が高い。逆に、苦手科目は意識的に取り組ませないと後回しにしてしまう生徒もいるので、生徒たちにはこの時期苦手科目を中心に学習するように指示をしました。

本当に一年というのは早いものです。毎年、受験生たちの頑張りが私たちに元気をくれます。そんな受験生たちを我々は全力でサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05