学心塾 大磯校

ohiso_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県大磯町大磯1031
電話
0463-61-2970

cpt_mail

 

 学力低下以前に、学習意欲の低下が深刻です。「目標に向かって頑張りたい!」「今よりも良い自分になりたい!」そういう心を育てることこそが、今の子どもたちにとって最も必要なことではないでしょうか。『学力を磨く前に人間力を磨く』を指導の根幹に据え、子どもたちが『本気になれる場所』そして『自立への第一歩を踏み出せる場所』として、学心塾は地域の教育に貢献していきたいと考えています。

ohno_img

見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを(by赤い彗星)

こんにちは、山ちゃんです。

今日のブログのタイトルですが、マニアの若い人たちを除けば、わかる人はおじさん、おばさんですね。あ、大変失礼なことを申し上げました。

なぜ、このタイトルかと言いますと、今年の大磯校の友人紹介キャンペーンがこれだからなんです。

友人紹介
「見せてもらおうか!大磯校の生徒達の友情とやらを!」

mig

完全に山ちゃんが楽しんじゃってます。去年は足軽・大名・将軍の3種類のチケットでしたが、今年はMS(モビルスーツ)です。

足軽⇒MS-06 ZAKU 大名⇒MS-09 DOM 将軍⇒MSN-02 ZEONG のように古いチケットと交換も可能です。

絶対にZEONG(ジオング)をゲットしたいじゃないすか。男の子達は早速食いついてきましたね。小澤先生も密かにハマったらしいです。もしかしたら、小澤プレゼンツでジム(地球連邦軍の量産型MS)を10機撃破したら"赤い彗星のシャア"専用のMSがもらえるかもしれないです!!

そして、山ちゃんの密かな野望とは

大磯校が大磯公国として学心連邦から独立することです。

以上、山ちゃんでした。

 

試験対策勉強会に臨むにあたり

こんばんは、山ちゃんです。

今日は岡崎校にてこのブログを書いています。大磯校の金曜日は大魔神様にお任せして、山ちゃんは岡崎校へ出向いています。

先日、ヨ○コー先生から、最近ブログを更新していないとお叱りを受けてしまいました。またBKTが発動されるかもしれないため、急いでブログを書いている次第です。

さて、大磯中・国府中の1学期期末テストが来週に迫っています。大磯校では先週に引き続き、明日・明後日と試験対策勉強会を実施します。明日は学校の課題・提出物の期限となっています。3年生は早々と終わらせた人もいて、こちらがあれこれ言わなくてもしっかりと勉強に取り組めています。心配なのは2年生、特に"末っ子ファイブ"と山ちゃんが命名した大磯中の2年生です。中間テストの時も、課題・提出物の仕上がりが遅く、山ちゃんにカミナリを落とされているので、よもや今回は同じ轍は踏まないと信じています。

もし、同じ事を繰り返すなら…

山ちゃんは ギガデインを となえた!

DSC01408_convert_20131204203144

怒りの雷が降り注ぐ!

20080906201138

そして、このように昇天します…。

PIC_0697
ということにならないように、くれぐれも注意して下さい。

明日は13時からです。遅刻をしないように!また、技能科目の演習もありますので、準備を忘れないように!

以上、山ちゃんでした。

さぁ、試験まであと三日!

こんにちは、山ちゃんです。

今日は暑いですね~。まだ5月の初めだっていうのに、この暑さは肉体的にも精神的にもきついです。(ご承知の通り、山ちゃんは暑さに弱いんです。)

さて、そんな愚痴を言っている場合ではないです。GWも終わり、いよいよ11日・12日に中間試験が迫っています。6日が期限だった学校の提出物は、しっかりと終わらせました。本日8日は塾から出された課題等の提出日となっています。こちらも進捗状況を見るかぎり、ほぼ全員が終わらせると思います。学校の課題を終わらせるので精一杯だった去年と比べて、進歩と成長が見られます。また、演習中の集中力もかなりのものになってきました。あとは結果を出すのみです。

やる気③
さぁ、最後まで諦めずに頑張ろう!

自分の限界を乗り越えろ!

以上、山ちゃんでした。

GWも猛勉強あるのみ!

こんにちは、山ちゃんです。

今日はGWの合間の平日ですね。GWは天気さえ良ければ、気候も良く、お出かけするにはもってこいの季節ですね。塾の方も各校、GW休暇に入っていますが、ここ大磯校は営業中でございます。大磯中・国府中の1学期中間試験が5/11・5/12で行われるからです。

小学生は今週の授業は全てお休みになりますが、中学生は5/3~5/5の三日間を除き、毎日塾があります。今年初めての定期テストであることは言うまでもないことですが、中2と中3にとっては試金石でもあります。授業内で話した通り、去年と同じ気持ち、同じ勉強の仕方をしていては結果は変わりません。

昨年の同時期に比べて、意識や集中力の面で成長や変化がかなり見られます。このGWから試験までどれだけ自分を追い込めるかが勝負のカギだと思います。願わくば、「やらされる」のではなく、自らの意思で「やる」ようにしてほしいです。

さぁ、これから試験まで頑張るぞ!!

新学期

また、先週に行った模擬テストにつきましても、GW明けから追試のご指名があると思いますので、小学生の皆さんも覚悟をしておいて下さい。中学生も中間試験後に追試を行いますので、あしからず。

以上、山ちゃんでした。

 

今年度の目標

こんにちは、山ちゃんです。

新学期が始まってから一週間が経ちました。今期から岡崎校でも授業を担当することになりました。田村校・旭校・大磯校に続いて四つ目の校舎になります。それぞれの校舎で少しずつ子どもたちの様子も違います。また、他の校舎と現在担当している校舎の様々な比較もできるため、非常に勉強になります。

さて、既に新学期が始まった時期ではありますが、今年度の目標を掲げたいと思います。

今年度の目標は、ズバリ!

『何事においても"トップ、1位、勝ち"を目指す!』です。

山ちゃんには戦闘民族(サイヤ人?)の血が流れているので、基本的に"負ける"ことが嫌いです。かつてある政治家が「2位じゃだめなんですか?」と言っていましたが、"2位じゃだめなんです!"

少々話はズレますが、今年こそカープに"日本一"を奪還してもらいたいです。日ハムファンには申し訳ありませんが、日ハムごときに負けたのは、25年ぶりのリーグ優勝で選手も我々ファンも満足してしまったところがあったからだと思います。リーグ優勝止まりでは、所詮"2位"なんです。

具体的には、"学力(模試の校舎平均)1位"・"生徒数最多"・"退塾者数最少"の三冠王(トリプルクラウン)を目指そうと思います。野球で言えば、打撃タイトルを一つ獲ることや、テニスで言えば、四大大会の一つで優勝することだけでも大変な記録であることは間違いありません。しかし、野球の三冠王やテニスのグランドスラムは不滅の金字塔です。やるからには、そこまで目指さなければ意味はないと思います。

まず、"学力1位"に関しては、さほど難しくはない目標ですが、かつて、田村校が大磯校に勝つことを目標に頑張り、1位を勝ち取ったことがあります。だから、目標にされる程度ではだめなんです。他の校舎の先生や生徒が大磯校には絶対に敵わないと心を折るほどの差をつけての1位、"絶対王者"を目指します。

続いて"生徒数最多"に関しては、レベルの低い"最多"では恥ずかしいだけなので、現在の校舎では収容できず、移転を考えるようになるぐらいまでにしたいと思います。究極の目標は、"食堂・売店"付きの学心ビルの建設です。

最後に"退塾者数最少"は、保護者様や子どもたちの塾に対する満足度を表すバロメーターの一つです。したがって、"最少"ではなく"ゼロ"を目指さなければいけないと思います。

長々と書いてきましたが、何一つ戯れ言ではありません。自分に対するプレッシャーであるとともに、他の学心塾・KG神奈川の校舎に対する挑戦状のつもりです。

今年は大磯から"天下獲り"を目指します!

以上、山ちゃんでした。

 

そして、(珍)伝説へ…

こんにちは、山ちゃんです。

小学生の定期テスト、中1・中2の学年末テスト、そして中3の高校入試と、怒涛のテスト月間だった2月も終わり、少しほっとしている今日この頃です。ほっとするのも束の間で、春期講習・新年度へ向けて気持ちも新たに、忙しい日々が続いていきます。

さて、今日は、今や学心塾の講師、中3生で知らない者はいないほどの有名人にして、大磯校が誇る(!?)生徒の珍伝説をお話ししたいと思います。

2月28日のことでした。28日と言えば、公立高校の合格発表がありました。彼は、合否結果が気になってしまい、朝からそわそわしていたそうです。家にいても落ち着かないので早めに家を出たそうです。受検した高校の近くまで行くバスの時間まで少し余裕があったそうなのですが、何を考えたのか、来たバスに飛び乗ってしまったそうです。これだけでも、どんだけテンパってるんだよって感じですが、これは珍伝説のプレリュード(序章)に過ぎなかったのです。 (つづく…)

 

さて、バスの終点に着いてみると、当然ながら彼の目的地とは違う所でした。仕方なく彼は高校まで徒歩で行くことにしたそうです。その途中に同級生に目撃されていたのですが、その同級生も「こんな時間にどこへ行くんだろう?合格発表に行くにしては早すぎない?」と感じたそうです。そうとは知らず、彼は高校へと急ぎ、8時40分頃に到着したそうです。当然、受検生は一人もおらず、発表の準備もまだできていない状況でした。早く行くことは良いことですが、発表の一時間以上前に行くなんて聞いたことがありません。そういえば、彼は入試の当日も会場に一番乗りしたと聞きました。こうして、早く着きすぎてしまったことが、思いもよらぬ珍伝説につながることになるとは、彼には知る由もありませんでした。 (つづく…)

 

合格発表の当日、あまりにも早く行き過ぎた彼は、当然することもなく、高校の先生方が発表の準備をするのをただ眺めていたそうです。「合格おめでとう」と書かれた茶色の封筒が積み上げられていくのを見ながら、「俺も合格したら、あの封筒をもらうんだ」と考えていたそうです。そうこうしているうちに時間が過ぎ、合格発表が始まりました。当然ながら、いの一番で合否結果が入った封筒を受け取りました。その時、彼は大きな衝撃を受けたそうです。何と彼が受け取った封筒には、あの「合格おめでとう」の文字が書かれていなかったのです。果たして彼の合否結果は? (つづく…)

 

「合格おめでとう」の文字が書かれていなかった封筒を受け取った彼は、不合格だったと早合点したそうです。がっくりしたものの周囲を見回してみると、ほかの受検生も彼と同じ水色の封筒を持っているではありませんか。さらに注意深く見ると、封筒の中から何やら小さい紙を出しているようです。そこで彼はようやく気付いたのです。この水色の封筒には合否結果が入っており、「合格おめでとう」と書かれた茶色の封筒は合格者が受け取る封筒だということに。そのまま中身を確認せずに帰って来ていたら、どうなったのでしょう。それはそれで珍伝説にはなったでしょうが…。 (つづく…)

 

さて、気を取り直して合否結果を確認するために、水色の封筒から通知を出してみました。合否結果が見当たりません。彼は通知の裏や封筒の裏まで「合格」の文字を探したそうです。すると、様子がおかしいことに気付いた高校の先生が声をかけてきてくれたそうです。先生は通知を見てくれて「君、合格しているよ。おめでとう。」と言ってくれたそうです。高校の先生に合否結果を見ていただくなんて、前代未聞の出来事です。この話を恥ずかしがる様子もなく、自慢げに話していた彼は、ある意味では勇者と言えるかもしれません。そして、珍伝説へ… (おわり)

珍伝説の主人公はこいつだ!

1476507192550

以上、山ちゃんでした。

ネガティブボーイズって嫌ですね

こんばんは、山ちゃんです。

昨日の学力検査と今日の面接で大磯校の生徒の受験はひとまず終了しました。12月の初めから昨日まで、3年生は塾が開いている日には欠かさず勉強に来ていました。その3年生が来なくて、少し寂しい気がします。一応、断っておきますが、ヘタレ三銃士のことではないですよ。あいつらは、いるだけでうるさいので、いなくて少し気持ちが安らぎます。

そう思っていたのも束の間、やはり来ました。特にチキンな二人が…。

S汰君は面接が終わった後、小田原でポケモンのゲームを買うか塾に行くか迷った末に塾に来たそうです。何でも面接の時間が他の生徒よりも短かったことが不安だったのと、昨日の入試の得点が気になって仕方がなかったようです。本当に気が小さい奴です。見た目は男らしいのに、ハートは乙女ちゃんなんです。

J矢君は午前中に面接が終わった後、S汰君同様、昨日のことが気になって仕方がなく、塾が開くやいなや電話をしてきました。結果が知りたければ、直接塾に来いと電話を切りました。しばらくして、S汰君と示し合わせたかのように現れました。何でも時間をつぶすために独りで平塚で遊んでいたそうで、UFOキャッチャーでウン千円もすったと馬鹿なことを言っていました。そんなことに大金をつぎこむなら、罰金箱に入れろっちゅうの!きっとDMC(大魔神徴収)がかかると思います。

いやぁ、気の小さい男って見苦しいですよね。女の子は塾に顔を出すどころか、電話すらしてこないっていうのに…。それもどうかって思いますけど、女の子ってそんなもんですよね。終わったことをウジウジと引きずるのは、決まって男ですもんね。

まぁ、何はともあれ、みんなお疲れさん!やるだけのことはやったんだろうし、あとは「果報は寝て待て」ってことだ。

以上、山ちゃんでした。

 

出願を控えた君たちへ

こんにちは、山ちゃんです。

いよいよ、来週から公立高校の出願期間が始まります。

願書
仕方のないことだけど、不安を口にする生徒も少なくない。だけど、入試まで20日を切ったこの時期、最も点数が伸びる時期だということを忘れちゃいけない。不安を感じるなら尚更勉強に取り組むべきだし、余計なことを考えている時間がもったいない。以前にもよく話していたことだけど、悩んでいて点数が伸びるなら、とことん悩めばいい。勉強する以外に点数を伸ばす術はないわけだから、勉強に集中すること。それに、苦しいのは自分だけじゃない。志望校合格を目指す受験生ならば、この時期は誰でも苦しいってことを思い出せ。最後は志望校に対する"執念・執着心"が勝敗を分ける。先に諦めた奴が負ける。これから自分の弱い心に負けて自滅する奴が必ず出てくる。

「他人に負けるのは決して恥ずかしいことではない。自分に負けるのは恥ずべきことだ。」と俺は思う。

◆勝つためにするべきこと◆

①他の生徒が言うことを、いちいち気にしない。

②自分の点数はまだ伸びる、自分は絶対に合格すると信じる。

③ネガティブなことは言わない、考えない。

◆君たちが勝つと言い切る根拠◆

①点数が伸びてきている。

→まだまだ伸びるから心配するな!しかも志望校を下げてくるのは得点力に自信がない"ヘタレ"どもだ。そんな連中に負けるはずがない。

②他の受験生よりも厳しいことをやってきた。

→俺は強制はしなかったし、あれこれと具体的なことも言ってこなかった。つまり、ここまで自分自身の力でやってきたのだから、他人の力を借りてやってきた他の受験生になんか負けるはずがない。

③学心魂を持っている。

→ここまで諦めずにやってきたのは、知らず知らずのうちに君たちに学心魂が植え付けられてきたからだ。さらに"学心魂の権化"である俺がついているから、粘りに粘って最後には必ず勝つに決まっている。

合格③
それでも不安な"ヘタレ三銃士"は、これを"御守り"として持っていろ!

以上、山ちゃんでした。

 

 

 

 

早いもので師走です

こんにちは、山ちゃんです。

ボーッとしてたら、もう師走ですね。いや、冗談です。一年で最も忙しい11月が、あっという間に終わってしまい、気がついたら12月になっていたというのが本当のところです。

大磯校の中学生たちは頑張ってますよ。昨日は(ここのところ毎週です!)女子生徒が二人、田村校まで山ちゃんを追って(!?)勉強しに来ました。男子生徒は大魔神様の招集で岡崎校に行っています。もはや校舎の垣根を越えています。これはすごいことです。大磯校にも他の校舎から勉強に来てくれないですかね。大歓迎しますよ!

さて、中1・中2は期末テストも先週で終わり、答案が返却されていることと思います。今回は特に中2のテスト前の頑張りが光っています。どんな結果が出るのか楽しみです。

さぁ、これで一段落つきましたし、これからは小学生、中学生ともにテンションを上げていきましょうか!何と言っても、年末年始にかけてクリスマス・○○○○・お正月と、お楽しみが盛り沢山じゃないですか。

(問)○○○○にあてはまる言葉を漢字4字で答えなさい。

中3なら100%正解できるはずです。

正解は"冬期講習"です。

ということで、大磯校ではただ今、冬期講習生を募集しております。

%e5%86%ac%e6%9c%9f%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_0001
%e5%86%ac%e6%9c%9f%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_0002

子どもたちには「何でラグビーなの?」と突っ込まれていますが、それは個人的な問題です。

冬期講習のテーマは変革です。大磯校は新たな大磯校へ変わっていく途上にあります。新しい大磯校を作るのは、現在通ってくれている子どもたちと、新たに迎える皆さんです。

新しい大磯校を一緒に作りませんか?

※詳細は校舎までお気軽にお問合せ下さい。

以上、山ちゃんでした。

 

教室長が恐れる”Y・K・K”

こんばんは、山ちゃんです。

地獄の忙しさを感じる11月もあと1週間です。田村校のブログで書いたことがあるのですが、こういう時ほど分身の術が使えたらとか、コピーロボットがあればいいのにと思うことはありません。まぁ、忙しいのは他の人も同じで、山ちゃんだけが忙しいわけではないので文句も言えません。中1・2と中3の試験の時期がずれるので、11月は丸一月試験期間になります。いよいよ来週から中1・2の期末試験が始まりますので、もうひと踏ん張りってところですね。

さて、この忙しいさなかに"恐怖のY・K・K"から"デス・ライン"が来ました。

「忙しいのはわかるけど、ブログを更新しろ。」という内容が書かれていました。そういうわけで、このどうでもいい内容のブログを書いているわけです。時刻は現在午前2時です。"Y・K・K"に睨まれたら大変なんです。バックにY原という学心塾きっての"Bad Boy"もついているので気が気じゃないです。

"Y(横)・K(川)・K(晃一)"& "Bad Boy" Y原です!
1463893151442

Y・K・Kさん、とりあえず今日はこれで勘弁してください。次はもう少しマシなこと書きます!

以上、山ちゃんでした。

 

平尾誠二さんのご冥福をお祈りいたします

こんばんは、山ちゃんです。

本来、このブログには私的なことはあまり好ましくないのですが、あまりのショックと悲しみを抑えることができず、思いに任せて書かせて頂きます。

10月20日にラグビーの元日本代表主将、そして元日本代表監督の平尾誠二さんが53歳という若さで亡くなられました。ラグビー選手と言えば、昨年ワールドカップで大活躍し、イケメンでもあり一躍有名になった五郎丸選手が記憶に新しいところです。平尾誠二さんは五郎丸選手を凌ぐ名選手であり、またイケメンなどというよりもむしろ男前で、男から見ても全てがカッコいい人物でした。見て下さい、この勇姿!

左から二人目が平尾選手です。同志社大学が大学選手権を三連覇した時の写真です。

%e5%b9%b3%e5%b0%be%e8%aa%a0%e4%ba%8c%e2%91%a3
神戸製鋼では新日鉄釜石に並ぶ日本選手権七連覇を達成しました。

%e5%b9%b3%e5%b0%be%e8%aa%a0%e4%ba%8c%e2%91%a2
在りし日の平尾誠二さん、カッコいいですよね。

%e5%b9%b3%e5%b0%be%e8%aa%a0%e4%ba%8c%e2%91%a0
ご存知の方もいると思いますが、平尾選手といえば、山ちゃん一押しの「スクール☆ウォーズ」のモデルになった京都市立伏見工業が全国大会初優勝を果たした時の中心選手です。上記の通り、その後は大学で三度の優勝、社会人チームで七度の優勝と、常に所属するチームが優勝するという勝負強さを持っていました。さらに、日本代表選手として強豪国のスコットランドに初勝利を収めた時も、ジンバブエを相手にワールドカップで初勝利を収めた時も選手として勝利に貢献していました。個人的には、次回日本で開催されるワールドカップの時には代表監督に復帰して欲しかったのですが、それももはや叶わぬ夢になってしまいました。

最後にものすごい壮大なこじつけを言わせて頂きます。

平尾誠二様、もしあなたがいなかったら、今の自分はないと思います。なぜならば、もしあなたが伏見工業に進学し、全国優勝を果たさなかったら「スクール☆ウォーズ」というドラマが作られることはなかったでしょう。あなたが、ラグビー人気を高め、あまたのラグビー選手を誕生させたのです。言ってみれば、五郎丸選手の生みの親のようなものです。また、自分もラグビーをかじることはなかったでしょうし、教師になることもなかったでしょう。したがって、あなたは元ラガーマンの熱血教師、"山ちゃん"の生みの親なのです。どうか、天から日本のラグビー界と山ちゃんを見守ってください。

ご冥福をお祈りいたします。

以上、山ちゃんでした。

スクール☆ウォーズを観ましょう!

こんにちは、山ちゃんです。

今日は久しぶりに10月10日が体育の日になりましたね。そこで、体育の日にちなんでというわけでもないんですが、スポーツについて話したいと思います。皆さんは何かスポーツを経験、または現在やっていますか?山ちゃんは小中学生の頃は甲子園を目指す野球小僧でした。高校生の頃はラガーマンとして勉強そっちのけで日々を過ごしていました。この時点でかなり強引に「スクール☆ウォーズ」に話を持っていっていますね…。

でも、お父さん、お母さん、なかなか言うことを聞かないお子さんに口が酸っぱくなるほどお説教をするよりも「スクール☆ウォーズ」を一度観せてあげて下さい!

世の"中高生男子諸君!"、および"草食系男子諸君!"、勉強も大切だが君たちは「スクール☆ウォーズ」を観て"漢(おとこ)"ってものを学びなさい!

ラグビー日本代表のワールドカップでの大活躍や五郎丸選手の人気などで、空前のラグビーブームが起こり、ラグビーの競技人口が増えた話などは記憶に新しいことですね。しかし、1980年代後半から1990年代半ば頃は、それを上回るほどラグビー人気が高い時代でした。

新日鉄釜石の日本選手権7連覇、同志社大学の大学選手権3連覇、国立競技場を満員にした早明戦、神戸製鋼の日本選手権7連覇など多くのドラマがありました。さらにラグビー人気に火をつけたのが「スクール☆ウォーズ」なんです。このドラマを観てラグビーを始めた選手は多いと聞きます。何を隠そう、山ちゃんもその一人です。今となっては運命的だったとも感じます。その理由は主人公のモデルとドラマの舞台となった高校の名前にあります。

主人公は滝沢賢治、モデルはラグビーの元オールジャパン(日本代表)山口良治さんです。舞台は神奈川県立川浜高校、モデルは京都市立伏見工業です。苗字が同じ山口な上に、進学した高校が神奈川県立川和高校でした。偶然にしては出来過ぎじゃないですか?高校1年生の時は山口先生に憧れて、同じポジション(7番のフランカー)でした。キャプテンになってからは大木大助(松村雄基)と同じNo.8(ナンバーエイト)をやっていたぐらいです。

元オールジャパンのフランカー滝沢賢治

img
なれるはずもないのですが、山ちゃんもオールジャパンの"桜のジャージ"に憧れていました。

img_0002
あの頃と今では当然ながら視点が全く違います。今は滝沢先生の言葉や行動がものすごく勉強になります。「所詮はドラマ」と侮ってはいけません。確かに大映テレビ特有の荒唐無稽なストーリーも随所にあります。岩崎良美さんが演じる女子マネージャーが交通事故で亡くなるのと、梅宮辰夫さんが演じる中華料理店のマスターがチンピラに刺されて亡くなるのは作り話です。あと、伊藤かずえさんが演じる薄幸の美少女もフィクションです。それ以外は、ほぼ実話をもとに作られています。

・赴任先の高校がものすごく荒れていたこと→実話

・相模一高に109対0の大敗した→実際は花園高校に112対0の大敗した

・試合後のロッカールームで選手を殴った→実際はグラウンドで選手を殴った

・屈辱の大敗から1年で同じ相手に奇跡の勝利を収める→実話

・国体の決勝でロスタイムで追いつかれ両校優勝になる→実話

・赴任から5年で全国優勝→実際は7年

まぁ、こんな感じです。なんでここまで詳しいのかといいますと、今回Blu-rayを買うだけではもの足りず、原作も読んでみたのです。おかげで松村邦弘さん以上の「スクール☆ウォーズ」オタクになってしまいました。というわけで、これからも時々「スクール☆ウォーズ」ネタを書きたいと思います。くどくどと書いてきましたが、とにかく一度観て下さい!

あなたもきっと"泣き虫"になりますよ!

以上、山ちゃんでした。

 

痛い!痛い!痛い!

こんばんは、山ちゃんです。

先週、三日も病欠してしまいました。生徒並びに保護者の皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。病欠とは言いましても、病院でも世間でも病気として認められない情けない病気です。

その、病名とは"尿管結石"尿道結石尿路結石とも言います。腎臓から膀胱への管に石のようなものが詰まってしまう病気です。聞くだけで何とも情けない病気ですよね。

そこの笑っているあなた、この病気は、なめたらいかんぜよ!

この病気は罹った人しかわからないですが、とにかく猛烈に"痛い"んです!

皆さん、吐き気をもよおすほどの痛みって経験ありますか?

山ちゃんは、3度ほど経験があります。

1度目は中学生の頃に腕を骨折した時です。この時は文字通り、あまりの痛さに顔から血の気が引いたと思ったら、吐き気がしました。

2度目は高校生の頃にまたまた腕を複雑骨折&粉砕骨折した時です。しばらく夢にまで見て、うなされた記憶があります。

3度目が初めて尿管結石に罹った時です。2時間近く痛みと格闘していましたが、しまいには痛くて吐き気がしましよ。

皆さん、どれぐらい痛いかご理解いただけたでしょうか?

いや、いくら説明してもわからないでしょうね。

まぁ、病気そのものは書いた通り、病気扱いしてもらえない程度のものですから、たいしたことはないんです。

もし、山ちゃんを見かけたら、笑ってやって下さい。

 

以上、山ちゃんでした。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05