学心塾 大井松田校

ohimatsuda_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県大井町金手8-15
電話
0465-83-4040

cpt_mail

 講師一同が考える学力アップとは、「学力アップ=子どもたちの集中力&素直さ+講師たちの情熱ある指導」であると信じて指導しています。また、大井松田校の講師たちは、子どもたちと、ともに笑い、ともに苦しみ、ともに喜びを分かち合いたいと考えております。そんな温かい教室で、授業を体験してみませんか。

ohno_img

Kの日本史 第5回

Kの日本史 第5回

●女王・ヒミコ 密着24時●前半

ヒミコって、結局どんな人??

舞台は弥生時代の「やまたいこく」。

新しいキャラ3人(+作者)が登場し、さらに日本の歴史に迫る!

(クリックして拡大↓)

 

ヒミコさま No.1

 

 今回のポイント

卑弥呼とは・・・ 今から約1800年前(西暦230年ごろ)生きていた、

倭(わ)という国の「邪馬台国」の女王様。

倭とは、今の日本のこと。

呪術(いのりの一種)を得意とし、時には天気をも変えてしまった、という話も。

女のめしつかいを従えて、卑弥呼の弟も世話をしていた。

 

邪馬台国(やまたいこく)・・・「倭=日本」の中にあった国。

当時の日本には、さらに国があり(今でいう県のようなもの)、周りの国を邪馬台国がしきって、支配していた。

そのリーダーが卑弥呼である。

 

 

(後半へつづく)

 

 

合格発表

●合格発表● 合格した人へ&

合格しなかった人へ●

 

雨の中いろいろな思いで、受験した高校へ行き、合格もしくは不合格の結果を受け止め、喜んでいる人、落ち込んでいる人、現実の話、それぞれいると思います。

今日は、合格した人と、惜しくも不合格だった人、両方にメッセージを書こうと思います。

 

不合格だった人に、あえて伝えます。

 落ちたことを「失敗した」と思うな!!

 

自分は、後悔が無いと言い切れるまで、受験勉強したのであれば、その不合格は、自分にとってのマイナスではありません。

むしろ、これからの人生の、貴重な、貴重な経験です。

長い人生、これから、大学受験、就職試験、資格試験、運転免許の試験など、

どこまでも「試験」は、人生についてきます。

こんなにたくさんの試験を受けて、「落ちたことがない人」なんて、誰もいません。

 

例えば、

学校の先生になるための「教員採用試験」は、年に1度です。

その年落ちたら、また1年後まで待たなくてはならないのです。

弁護士の試験は、倍率が何十倍という世界です。

落ちないで弁護士になれた人は、

相当運が良かった、ということです。(もちろん、実力も必要ですが)

 

勉強に悔いが無くて、落ちたのであれば、

胸を張って、堂々と次の高校生活を送ってほしい!

何も、負い目を感じることはないのです!!

 

 

合格した人には、

もちろん「おめでとう」の気持ちでいっぱいです。

自分で自分をほめて良いと思いますよ。

長い人生、試験がたくさんやってくる中で手にした、最初の「突破」です。

ぜひ、自信をもって、新しい生活に臨んでくださいね。

 

仮にもし、今後、くじけそうなことがあったとしても、

苦労で勝ち取った高校合格のことを思い出して、

がんばった自分、最高の結果を手にした自分に

あらためて自信を持って、困難を乗り越えてください。

 

合否に関係なく、受験したみんなと共に進んできた、講師からの、ちょっとしたメッセージです。

 

K

 

 

漢字検定に挑戦!

本日、小6生国語の授業では、「漢字検定」に挑戦と言うことで

6級(小6程度)と5級(中1程度)の過去問を解きました。

まず6級では、最高点177点(200点満点)で、第二位は1点差の176点

検定は140点合格なので、大きく突破しました。

そして、5級にもチャレンジしましたが、全員終わりきらず次週に持ち越し。

ただ、5級のほうが簡単と言っていたので、これは期待大ですね。

 

まだ検定は早いとか、興味ないとか言うものもおりますが、努力の結果や成果が目に見えてわかるので、来年度は是非チャレンジしてみてください。

「待つ」ということ

「待つ」ということ。

 

 だれもが日常生活において、「何かを待つ」ということは、よくあることである。

友達からのメール・LINEを待つ、お母さんが帰ってくるまで家で留守番して待つ、見たいテレビ番組が始まるまでもう少し待つ、ほしい本を注文して届くまであと○日待つ、等-。

そんな中で、今、「一番行きたい高校に合格したかどうか、ひたすら待つ」状態の全国の中学3年生。(もう合格している人はのぞきますが。)

受験勉強や、本番の入試から解放されて10日ほどたち、しばらくは勉強が終わったという解放感でいっぱいでしょう。

残りの中学校生活、学校が別々になる友達との時間を楽しんでいる日々でしょうか。

 

しかし、合格発表まで、いよいよあとわずか・・・。

そろそろ、そわそわ、イライラ、ドキドキしてきた時期ではないでしょうか。

しっかり眠れていますか?

落ちるという不安で、気持ちがブルーになっていませんか?

 

こういう心情は、合格発表を心待ちにしている人々なら、みんな一緒です。

もちろん、みんなの周りの人は、自分の合格を待ち望んでいます。 ただ、

「仮に」不合格だったとしても、それで今後のすべてが終わるわけではないですよ。

いま、この「待っている時間」は、(合格・不合格それぞれの)自分の気持ち、自分の未来、自分の進むべき道を、落ち着いてじっくり考える時間なのです。

喜びを実感させる気持ちと、別の結果を冷静に受け止めて新しいスタートを切るという、この2つの気持ちを同居させることができれば、どういう結果であろうとも、強い自分になれると思いますよ。

「結果を待つ」という、なにかと落ち着かない日々も、最後はすべて忘れて、笑顔で「あんなときもあったよねー」と、良き思い出として振り返ることができることを願っていますよ!

 

 

小6夜授業体感!

本日、小6生は平常授業に加え、祝日振り替え分の授業とともに90分授業+90分授業の180分(3時間)授業に臨みました。

内容は、中1数学の文字式の加法・減法。

最終的にはひたすら演習でしたが、みなが早さを競ったり、質問をしっかりぶつけたりして、成長しているなと実感するとともにもうすぐ中学生になるんだと再認識しました。

そしてバテながらも3時間をしっかり終え、いつもは味わえない達成感を感じたことでしょう。

(まぁ、疲労感のほうが強いとは思いますが(笑))

 その中でみんなが楽しみにしていたのは、なんと言っても「夕食タイム」でしょう(笑)。

ということで授業中の写真は撮れなかったのですが、夕食風景は撮れたので、載せたいと思います。

こんな感じで嬉しそうに食べてました。

IMG00542

IMG00543

IMG00544

 

Kの日本史

Kの日本史 第4回

コロンブスの旅-後半-

 

インドを発見するために、大西洋を船で渡ったコロンブス。

果たして彼の前に現れたものは・・・?

 今回のポイント

① コロンブスが発見したのは、インドではなく、アメリカ中央にあるカリブ海の「西インド諸島」。

  アメリカの島に「西インド諸島」と名付けてしまった!

② インドへの航路を発見したのは、バスコ・ダ・ガマ(冒険家)。

③ 世界一周を達成したのは、マゼラン(冒険家)の一団。しかし、船長のマゼランはフィリピンで原住民との争いに巻き込まれ、殺されてしまう。

●地図帳でアメリカ大陸を見てみましょう。なぜか「西インド諸島」とのっているはずです。これはコロンブスのカン違いからきていたんですね!

次回もお楽しみに ノシ

 

学年末テスト

●学年末テスト●勉強に向き合えっ!

 

入試が終わり、今度は中1生・中2生が頑張る番だ!

今の学年の、最後のテスト。 総決算である。

目の前のテストと向き合って、最善を尽くして新学年を迎えよう。

 

9科目もあるから、実に大変だ。 でもそれはみんな同じだ。

でも、人生をかけてつらい思いをした「高校入試」に比べれば、この大変さなんてどうってことないのだ!

(その分、テストへの緊張感も、入試ほどではないかもしれないが。)

 

だが、今、一生懸命、テストのために頑張ったという事実が、この先、みんなにとってどれだけ「見えない自信」になることだろうか!

努力は「形」としては残らないが、

自身の「勉強しようという意識」や

「努力したことで伸びた点数」に、つながってくれるものだ。

 必死になって勉強・暗記・集中したことが、これからの自分の「肥やし(=肥料)」になるのだよ!

 

とにかく、目の前の1科目1科目に全力をつくそう!

 

 

2月14日(金)の休講分の振り替えについて

先日14日(金)に大雪のため、休講となった授業の振り替えをお知らせします。

小5算数・小6英語→3月21日(金)16:50~18:20

中1英語・数学・個別→2月17日(月)19:25~21:50

※中1生には前もってお知らせしています。送迎等の確認もお子様を通じてお聞きください。

 

また、明日より中3生は高校入試の面接・特色検査が始まります。

本日面接対策を行いましたが、明日・明後日に生かしてください。

「受験生よ、最後の決戦だ!うまく話そうとしなくていい。言葉が詰まっても気にするな。要は中身が重要!

合格したいという気持ちをぶつけてこい!合格するしないうんぬんは終わってからでも遅くないから!」

【重要】2月14日(金)の授業について

天候悪化による通塾の安全面等への影響が予想されるため,本日の授業は休講と致します。以下,ご確認下さい。

①小5算数・小6英語⇒休講

→振替は後日連絡します。

②中1英語・数学・個別、中2指名学習⇒休講

→振替は後日連絡します。

③中3自己採点会・面接指導⇒延期

→明日(2/15(土)14:00より2時間弱)

→持ち物は面接シート・入試問題

 

また,明日以降は予定通り行いますが,変更がある際は,

2月15日(土)午前11:00までに当ブログにてお知らせ致します。

 

 

●公立高校入試前日● ついに3年間のすべてをぶつける時が来た。

 

自分が好きでやってきた部活を引退して、勉強。

ホントは休みの日のはずなのに、勉強。

定期テストが終われば遊び放題のはずだったのに、勉強。

入試なんかしないで、自動的に高校生になりたいのに、やっぱり勉強。

・・・・・・・・・・・。

 

みんな、本当によく頑張ったと思います。

 

したくもない勉強に向き合い、

点数が悪くて落ち込んでしまったり、

本当に合格できるのか、不安で不安で仕方なかった日々。

 

それもすべて、明日で終わる。

 

ただし、終わるのは、5枚の解答用紙に、自分の3年間をすべてぶつけてからだ。

 

入試だけは、情けは無用である。

自分自身のこれからの人生が、はたして晴れやかに始まるのか、

それとも、入試に後悔を残して、希望と違うスタートとなるのか。

気持ちが弱くなったら、その分自分の理想の未来に遠ざかってしまう。

 

倍率が低くても、決して油断するな。

倍率が高くても、決して失望するな。

周りの生徒はみんな頭が良く見えるものだ。

でもそれは、そこに来ている生徒全員、そう思っているものだ。

「自分は合格するんだ!!」

当日、どんな感情になっても、

その思いを頭から離しては いけないよ。

 

みんなの家族も、先生方も、友達も、

同じ学心で苦楽を共にした仲間も、

みんなの合格を、心の底から願っています。

 

当日は、自信を持って、慎重に、でも熱く、自分のために!!

 

 

立ち位置

「経験則がすべて正しいわけじゃない。一度捨てろ、思考しろ。」

「思考しすぎるな、行動しろ。」

「限界と考えるな。超えるものを作り出せ。」

「止めるな。継続することを優先しろ。」

「訳の分からんおごりはとっとと捨てろ。足元をしっかり見ろ。」

「まずは模倣しろ。そこから作り出せ。」

「一面ばかりで考えるな。表裏一体で考えろ。」

「感謝の気持ちを忘れるな。最優先事項にしろ。」

「新しいものを作り出せ。常にチャレンジ精神を忘れるな。」

「模範になれるような行動をしろ。言葉だけでは響くわけがない。」

「前を向け。今を大事にしろ、未来を創造しろ。」

「小手先の技術だけでは何も生まれない。中身を見つめ直せ。」

「ブレるな。信じた道はまっすぐ進め。」

「人の意見にしっかり耳を傾けろ。一人でできると思うな。」

「苦しいと思うな。受験生はもっと苦しいんだ。」

 

自分自身に言ってます。必要なことを冷静に言い聞かせています。

この時期だからこそ、今一度自分のいる立ち位置を見つめ直し、行動するために。

初心を忘れず、来てくれている生徒・通わせて頂いている保護者様のために頑張っていきたいと思います。

カテゴリーは講師より「講師へ」ですね。(笑)

明日は私立受験

いよいよ、明日2月10日(月)より受験が本格的に始まる。

明日は私立高校の受験。ほとんどの中3生にとって人生初めての受験。

単願・併願と違いはあるものの、

「今までやってきたことを解答用紙にぶつけるのみだ!」

そして、この私立受験を経て、公立高校の受験に挑む。

精神的にもつらい時期ではあるが、このつらさを乗り越えてこそ成長する。

 

「本当にもう少しだ!この1週間でひとまず終わる。いろいろと耐えてきたこともあるだろう、点数が上がらなくて悔しい思いをしたこともあるだろう。その労苦もあと1週間。最後の追い上げを見せてやろうぜ!」

 

2月9日(日)のお知らせ

 明日2月9日(日)の授業は、降雪による道路状況も考慮し、

中3ファイナルゼミ 13:00~17:40

●中1・2テスト対策授業 18:00~20:00

と変更します。

ともに送迎バスの運行はできませんので、ご了承ください。

また、天候次第で変更もございますので、その際は当ブログを通じて、ご連絡します。

変更する際は下記の時間までにお知らせいたします。

●中3ファイナルゼミの変更 2月9日(日)午前11時まで

●中1・2テスト対策授業の変更 2月9日(日)午後4時まで

 

学心塾大井松田校 良原

【重要】2月8日(土)の休講お知らせ

〈中学生及び保護者様へご連絡〉

大雪に伴い、通塾は危険と判断したため、

2月8日(土)すべての授業・自習室を休講とします。

また、

2月9日(日)に関しては、当ブログを通じて午前8時までにお知らせ致します。

 

宜しくお願いいたします。

学心塾大井松田校 良原

●8日(土曜日)のお知らせ●

●大雪の場合の開室時間について●

 

本日、2月8日(土曜日)は、

中3生→ 入試対策授業 13:00~17:30 (送迎なし)

中1・中2生 → 学校ワーク提出日 

となっております。

ただ、今日は関東地方が大雪になるとの予報が出ています。

ワーク提出+自習開放は、通常13:00~21:50までですが、天候の悪化によっては、安全面を考慮して、早い時間帯で閉室とさせていただく場合があります。

夕方以降の開放・閉室については、16時までに、このブログにてご連絡いたしますので、

ご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

大井松田校

カリカリカリ・・・・

題名は怒っている訳ではありません。(笑)

本日中学生の授業は2年生と3年生。受験生予備部隊と受験生です。

今の時期(テスト前)、一番伸びるのは自分から吸収しようとする姿勢と「どれだけ問題をこなせたか」に限ります。

3年生は、ひたすら模試・過去問に向き合っています。

今日の2年生は、課題がほとんどでしたが、

「カリカリカリ・・・・」

生徒「先生、これ分かりません」

講師「ここはこう考えれば?」

生徒「あぁ、なるほど!」

 

と、こんな感じをひたすらに展開。集中力も持続して発揮できるようになってきた(テスト前パワーではないよな?)

今の時点では、自分がどこが出来て、どれが出来ないのかをしっかり把握すべし。

一回聞いてすべて出来てしまうなら、それは立派な天才だ。

残念ながら塾生に天才は見当たらない。

ただ天才を超えるには、とにかく努力する以上の方法を知らないし、楽する方法は教えてない。

そして、

「努力の天才なら何人も見てきた!君たちもきっとなれるはず!」

中1・2はテスト対策!!

中学校1・2年生は、定期テストの範囲も配られ、いよいよ本格的に対策が始まった。

まずは、学校ワークを2月8日(土)にすべて終わらせて塾に提出。

自分自身の勉強に使える時間を増やし、弱点とひたすら向き合うべし。

 

中3受験生も佳境に入っている今、刺激を受けてがんばって欲しい。

あと2週間、全員で乗り越えて新学年を良い気持ちで迎えるぞ!

●お知らせ●

●休講のお知らせ●

いつもお世話になっております。

 

本日2月4日(火)の授業ですが、

大雪による悪天候が予想されるため、

安全面を考慮しまして、

休講とさせて頂きます。

 

振り替え授業等に関しましては、

後日ご連絡致します。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、

どうぞよろしくお願いします。

 

大井松田校

 

科目を絞るべし!

中3公立高校学力検査まで11日。

あと○○点足りない。

その分の努力は必要だが、そろそろ目先を変える頃。

そんなこと言ってられないと思うかもしれないが、今こそ冷静に分析すべき。

5科目すべての点数が伸びれば、越したことはないが、現実問題時間が足りない。

1~2教科にポイントを絞り、徹底的に重点を置く。教科に特化した勉強にする。

すべての科目において半年前に比べ、知識もついてきた。問題も解いてきた。しかし、思った以上の結果が出ないのであれば、自分で伸びそうな科目、伸びしろのある科目に集中すべき。

 

本日3年生全員と面談をし、数名には科目を絞るよう指示した。本人たちも引っかかってきたところもあり、納得してくれた様子。

他科目の勉強を捨てろと言っている訳ではなく、時間との戦いも視野に入れることが必要である。

倍率発表・・・の心構え

「倍率に踊らされるな!」
 とうとう後期選抜の倍率が発表された。
予想通りに高い。しかし、予想をはるか上回っているわけでもない。
受験生は、この倍率をみてどう感じただろうか。弱気になっているかもしれないし、志望校を変更するものも少なからず、出そうだ。
しかし、高い壁に見えるかも知れないが、実力で突破することに何ら変わりはない。
やるべきことは、決まっている。後期受験が終わるその一瞬まで、闘志を燃やし、全力を尽くすまでよ!
いいか、受験生よ、倍率に踊らされるな!!自分の力を信じるんだ!!
旧大井松田校ブログで昔書いた記事を載せました。
この頃は、まだ前期選抜と後期選抜があった時代でしたが、今でも上記のことは変わってないと思っています。
「受験生よ、合格は天から降ってくるものでは無く、自分の力で勝ち取るものだ!」
再確認して、最後まで乗り切って欲しいです。
  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05