学心塾 大井松田校

ohimatsuda_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県大井町金手8-15
電話
0465-83-4040

cpt_mail

 講師一同が考える学力アップとは、「学力アップ=子どもたちの集中力&素直さ+講師たちの情熱ある指導」であると信じて指導しています。また、大井松田校の講師たちは、子どもたちと、ともに笑い、ともに苦しみ、ともに喜びを分かち合いたいと考えております。そんな温かい教室で、授業を体験してみませんか。

ohno_img

授業(講義)の受け方

いきなりだが、点数アップに大切なことは?と、問われたら、おそらく「一生懸命勉強する」という返事がほとんどであろう。

生徒に聞いても十中八九、上記の答えを出すであろう。

もちろん間違ってはいないし、やる気を持って一生懸命取り組むことはとても重要である。

是非ともやる気を持って取り組んで欲しいものである。

 

だが、まじめに取り組んでいるのも関わらず、成績が上昇しない生徒に意外な落とし穴が・・・

それは授業の受け方である。

一生懸命勉強している生徒は、至って授業もまじめに受けていると思う。

しかし、ただ授業を聞いているだけでは、身につかないことが多い。

では、どんな受け方が良いかというと、これだけが正しいとも思わないが、一つの要因としては「予想すること」である。

まじめな生徒は、例外なくノートもきれいにまとめる(特に女子に多い)。

そのため手は動いても頭は動いていないことが多い。

また、ただただなんとなく授業を聞いている受け身な生徒。

そういう生徒は、単語・語句に対する「予想」、初めての問題に対する「予想」、類題に対する「予想」を授業内で出来ない。

その結果、自分で考える余地無く、ノートに書いてある事実だけを勉強する。

「こうではないか」「ああではないか」と考えた末に分かった問題解き方を与えられた問題とでは記憶に差が出てくるのは当たり前である。

その積み重ねによって、同じくらいの時間授業を受けて、同じくらい勉強していても、結果は変わってくる。

 

単純に授業に時間が長くて「疲れた」と思うのでなく、頭をフル回転させた結果「疲れた」と感じるようになれば、自然と結果もついてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05