学心塾 成瀬校

naruse_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県伊勢原市東成瀬22-2
電話
0463-95-5755

cpt_mail

  

よく「わかった」という言葉を聞きます。実際「わかった」ということと「できる」ということは違うと考えます。わかっていても実際のテストになるとできないということが多いのです。なぜそういうことが起こるのでしょうか?それは、「できる」ようになるには、良問を繰り返し納得いくまで解くというトレーニングが必要なのです。そのトレーニングが充分でないとテストで遺憾なく力を発揮することができないのです。

当教室では、個別課題学習の時間を充実させ、塾生個々できるようになるまでトレーニングを積ませます。また、学習に対して前向きに取り組む姿勢さえあれば、その子は必ず伸びます。預けて頂いたお子様は、一生懸命教えます。責任指導を実践しているため、募集定員がございます。入塾をご検討されている方は一度お問い合わせ下さい。

ohno_img

2016年の授業が終わりになります。

学心塾成瀬校

日頃より、当塾の教育活動に常に温かいご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。

今年も残り2日になりました。

今年1年、当教室にご通塾頂きありがとうございました。

また、来年も新たな気持ちで邁進してきたいと思います。

 

さて、当教室の冬期休校についてお知らせいたします。

誠に勝手ながら、12月30日(水)~1月3日(日)までお休みさせていただきます。

1月4日(月)より新年の授業を開始いたします。

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

では、みなさま良いお年を。

残り50日を切りました。


岡崎校のブログにいいものを発見したので拝借。

中3生の受験まで残り50日を切りました。

一気に入試色に染まっていきます。

今日も、5科目×5セットの3回目を行いました。

いかにミスしてはいけない問題での失点を防ぐか?

対ライバルをもう少し意識した実践練習が必要になってきます。

自分とその周りにいるライバルたちがどういう得点の取り方をしているかもう少し冷静に見ないといけません。

まだまだ、得点の伸びしろはあります。

実施した3セットの問題をしっかり解き直し、しっかり知識の吸収と知識活用型の問題の解き方に慣れておいてほしいと思います。

さてさて、今日、中3生には、『お年玉』をプレゼントしました。

とは言いましたが、5教科模試をプレゼントしました。

1日1科目でも構いませんが、必ず、○付け→振り返り→やり直しをするようにして下さい。

加えて、受験教材(エクシード)の解き直しや残りのページを完結させておいてほしいと思います。

次は、来年の1月4日。

5教科×5セットの4回目を実施します。

当然ながら、年末年始としっかり勉強しておいて下さいな。

冬期講習真っ只中!

14821546770571

冬期講習が始まり、4日が経ちました。

新年度への助走。

ここでしっかり力をつけて、3学期しっかり結果が出せるようにしていきます。

 

冬期講習

中3受験生へは毎年恒例の模試による特訓。

5科目5セット行います。

OneDay合宿に向けて、基礎基本をたたき込んできました。

冬期講習では、実践練習に入ります。

ミスしてはいけない問題の正答率を上げる(見直しを含む)

問題を解く順番の定着化

アウトプット

加えて、模試後の振り返りおよび解き直し。
解き直しについては、2~3日後にもう一度解いてみること。
模試を解いているだけで点が上がるのかという疑問を持つかもしれません。確かに、その後の自己メンテナンスが必要になります。(直しをするなど)

旧入試で出題されたような知識を問う問題ならば、教科書の章末問題などや一問一答問題を解いて基礎力をつけるという考え方もあるとは思います。しかし、新入試になってからの知識を活用する入試問題では、身に付けた基礎知識を問題の中で活用できる能力があるかどうかを見るようになっています。

活用の仕方については、練習次第でできるようになると思っています。部活動の世界でも、大会に向けて練習試合が多く組まれます。練習試合により反省点があがり、メンテナンスをかけ次の練習試合に臨む。

模試についても同様なことが言え、実践的な練習を積み重ねることで、知識を活用する問題が解けるようになると考えます。

 

毎年、受験生を見ますが、この冬期5科目5セットを越えることで一回りも大きく強くなってきます。

受験生はとかく一日一日の結果に一喜一憂してしまいますが、模試の解き直しをして、模試の問題のどれが出ても完璧に答えられるぐらいまで解きこむことが大切です。

 

頑張っていこう!!

開幕!!冬期講習。

日付は変わりましたか?

外は大雨です。

現在、明日の準備をしております。

いよいよ、23日(祝)。

冬期講習の開幕です。

新年度への助走!!

濃密な冬期講習にしていきたいと思います。

さて、冬期講習の初回です。
中3    23日 午後1時より
中1・中2 24日 午後6時30分より
小5・小6 24日 午後1時より
小3・小4 26日 午前11時より

時間を間違えないようにして下さい。

よろしくお願い致します。
775620l

マークシート考

いよいよ今年も残すところ、あと10日になりました。

気がつけば、21日は冬至だったのですね。

一年で一番昼の長さが短くなる日。

ゆず湯に入り、かぼちゃを食べる。なんていう風習もありますが...

これからは夏至に向かって、昼の長さが長くなっていく。『一陽来復』となるのです。

 

さて、

先日、神奈川県教育委員会のHPで来春の公立高校入試で採用されるマークシートについて掲載されていました。

マークシート方式の導入について

今春の入試問題をベースに解答用紙が作成されていました。

選択式の問題の解答はオモテ面、記述問題の解答はウラ面と基本なっています。

これにより、採点誤りがなくなってほしいと願うばかりです。

 

さて、そんなマークシートに移行する段階で、数学はどうなるのか?話題になっていました。(私だけでしょうか?)

大学センター試験のような空所に適する数値をマークする形式になるのか?はたまた、数学はマーク式ではない?

答えは、記述式と選択問題にできる問題はマーク式になることでした。

県から発表された数学問6の問題を見ると、選択式にすることにより、真の数学処理能力を測ることが希薄になるのではと思えることもあります。

言い方は悪いですが、1~6の中から選ぶので、空間図形が苦手な子にとっては、6分の1の確率で当たります。

また、計算して答えを出して正しい答えがなかった(計算ミスなど)としても、近似値で番号を選び正答を得ることが可能になります。

加えて、自分で導いた答えが選択肢にあれば、記述式の時よりも正解か不正解か自信を持つこともできるでしょう。かなりの心の余裕も生まれます。

選択式の問題を作成する際には、その問題と選択肢の解答は十分に吟味しないといけないと思いました。

 

明日より、冬期講習が始まります。

中3受験生には、来春を想定したマーク式の模擬試験を受けてもらっています。冬期で実施する模試も同様です。

マーク式になったからとはいえ、確固たる知識を頭に入れていくことには変わりありません。

来る来春の入試に向け、一歩一歩前進です。

OneDay合宿2016が終わりました。

中3生受験応援イベント『OneDay合宿2016』が18日の日曜日に行われました。

成瀬校の皆さん、そして学心塾・KGMARKSの受験生の皆さん、お疲れ様でした。

期末テスト明けから早1ヶ月。

OneDay合宿までの事前課題を使い受験勉強をしてきた受験生。

まずは、学習してきた成果は出せたでしょうか?

先日のブログでも書きましたが、OneDay合宿は受験の一つの通過点です。
↓↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今まで努力してきた成果が存分に発揮できるか?はたまた...

入試本番のリハーサル。

十分に力が発揮できなかったのであれば、どこに原因があるのか?どういう点を修正していけばいいのか?

十分に考える機会になります。

その反省をもとに、さらに精度を増し、入試本番、完全なるコンディションとメンタルをもって挑んでいきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果を見る限り、満足のいくものではないと思います。

個々、今回の反省をもとに、入試に向け、学力面の向上はしかり、気持ち面での向上もはからないといけないと感じます。

入試は一発勝負。

「嗚呼~、だめでした。」では済まされません。

「いかなる状況においても、全力を尽くす。」

「自分を信じて、踏ん張る!」

「弱音をはかない!自分の負けを悟るな!」

 

ちょいとヒートアップしてしまいました。

23日より冬期講習が始まります。

1日1日を噛みしめて、受験に向けて邁進して下さい。

さてさて、OneDay合宿の様子を写真でどうぞ!!
↓↓↓
会場の相洋高校
dscn0795
開会の挨拶(山口先生)
14821546552541
Aクラス
14821546609941
Bクラス
14821546770571
Cクラス
14821546593661
Dクラス
img_3534

閉会の挨拶(石川先生)
14821546859981

OneDay合宿前の土曜日

夜は一段と冷えますね。

昨夜は氷点下を下回りました。

ですが...来週からは暖かくなるとか。

中3受験生はこの寒暖の変化に気をつけてほしいところです。

 

さて、OneDay合宿2016まで残り1日になりました。

そんな前日、中3合同入試講習会の最終日を迎えました。

理科・社会・国語の模試および解説・演習になります。

 

午後1時、チャイムとともに国語のテストが始まりました。

Aクラス
img_3517

Bクラス
img_3518

Cクラスimg_3520
img_3519

今回の国語・理科・社会の問題の難易度は?
国語は、平均66点前後の問題。(平易)
理科は、平均35点前後の問題。(難)
社会は、平均42点前後の問題。(やや難)

平易な国語であれば、一つの失点が命取りになります。
難しい理科・社会であっても、確実に取っていかないといけない問題があるはずです。

国語の解説の横川先生。
img_3522

理科の解説の大澤先生。
img_3521

社会の解説の山口先生。
img_3529

ポイントを絞った解説をされていました。

今日、学んだことに関しては、次の模試にはしっかり生かすようにしてほしいと思います。

さらに、演習の時間では、
国語の漢字チェック。
img_3526

社会の用語チェック。img_3523

以上、文系科目のチェックを行いました。

基本をなすものばかり。

できなかった、書けなかったものについてはしっかり復習して、知の整理をしておこう。

 

 

さて、明日は、いよいよOneDay合宿2016になります。

朝の8時より入場開始になります。

この1ヶ月間勉強してきた成果を存分に発揮しよう!

弾みをつけて、冬期講習へと入って行きましょう!!

OneDay合宿が迫ってきました。

中3生受験応援イベント「OneDay合宿2016」まであと4日と迫りました。

期末テストを終え、受験モードへ。

期末テストが終わってから早1か月が経ちました。(さらに1か月後は、私立高校の推薦試験間近になります。)

page001
塾生たちに配付しているOneDay合宿2016の事前課題の一覧表。

今日のこの日まで黙々と課題をこなしてきました。

課題の出来をOneDay合宿当日に測ります。

思うに、OneDay合宿はいわば試験当日を想定します。

今まで努力してきた成果が存分に発揮できるか?はたまた...

入試本番のリハーサル。

十分に力が発揮できなかったのであれば、どこに原因があるのか?どういう点を修正していけばいいのか?

十分に考える機会になります。

その反省をもとに、さらに精度を増し、入試本番、完全なるコンディションとメンタルをもって挑んでいきます。

さあ、今年もOneDay合宿が始まります。

私も、受験生ともに走ります!!

第3回 中3入試対策合同講習会

12月に入り、忙しなくなってきました。

中3受験生にとっても気が休まない時期へと突入しました。

 

さて、今日も、中3入試合同講習会がありました。

旭校
asahi_mainv
大磯校
ohiso_mainv
会場の岡崎校
okazaki_mainv

Aクラス
テスト明けの直しおよび弱点補強。
img_3504

Aクラス
英語の模試の解説
img_3503

Bクラス
数学問1・問2特訓 72問に挑戦!
img_3499

Cクラス
Bクラスと同時に、数学問1・問2特訓 72問に挑戦!
img_3500

img_3502

その他、全クラス共通、英単語100問テストを敢行!!

img_3505

模試については、数学の採点を行いましたが、
難易度に比べ、あまり得点できていないように思えました。
中でも関数式のxの付け忘れ、符号ミス、問題をよく読んでいないがためのミスなどで得点を落としています。

今日、私が入るのも最後なので、Aクラスの模試解説に入った際に
「50分という時間でどれだけ答案にぶつけることができるのか?見直しの時間を5分とする。その5分でしっかりとミスを発見できるようにすること。せっかく正解しているのに、関数式のxの付け忘れ、符号ミス、問題をよく読んでいないがためのミス。もったいない。人間は誰しもミスを犯す。ミスを責めているわけではなく、ミスしたことを軽んじていることを責めたい。自分はミスしやすいんだ。しっかり見直しをしないといけないんだという意識をもっと持つこと。そして、これから冬期講習では5回の模試を行う。1回1回の模試において、自分がどういうミスを犯しやすいのかしっかり把握していく。
把握しておけば次に同じミスは防ぎやすくなる。模試を繰り返す度に精度が高まっていく。」
という内容の話をしました。

Aクラスという誇りとプライド。わかります。
難しい問題に時間をかけるよりかは、問1・問2をしっかり見直す勇気を持ってほしいと思いました。

次回、17日が最後になります。理科・社会・国語の模試および弱点補強で締めくくります。

そして、翌18日のOneDay合宿を迎えます。

中学準備

今日の小学生の国語の授業。

品詞についての学習に入る塾生がおり...

動詞や形容詞、形容動詞...活用する...副詞、連体詞...と要点のまとめにびっしり書いてある。

現中2生が学習するような細かい所までテキストには書いてある。

「難しいなあ!...」と言いながらもペンを進める。

「細かいところは中2で学習するから、品詞の区別ができればいいよ。」とは言ってみた。

 

休憩の際に、「中学に行ったら」という話になった。

この時期、小学生は、新しい環境・学舎となる中学校をいろいろととらえているようで。

友達のこと。勉強のこと。部活のこと。

わくわくと同時に不安も抱えている様子。

少し、時間をとって、今の中学生の状況を小学生に伝えた。

 

何事も真剣に取り組む子どもたちだからこそいろいろ考えるのであろう。

 

新しい環境で学習することはいろいろ心配な面もある。

私はその不安を少しでも解消し、明るい中学校生活を送ってほしいと願い話をした。

 

中学校生活に慣れるまで普段以上に十分ケアしていくつもりである。

 

冬期講習生、受付中です。

page001

12月に入りました。

年の瀬、師走です。

本当にあっという間の1年ですね。

 

さて、さて、

現在、冬期講習生受付中です。

学心塾成瀬校 冬期講習のご案内
↑↑↑

上記をクリック頂きますと、冬期講習のご案内が見られます。

 

塾をご検討の方は、学心塾をよろしくお願いいたします。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05