学心塾 成瀬校

naruse_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県伊勢原市東成瀬22-2
電話
0463-95-5755

cpt_mail

  

よく「わかった」という言葉を聞きます。実際「わかった」ということと「できる」ということは違うと考えます。わかっていても実際のテストになるとできないということが多いのです。なぜそういうことが起こるのでしょうか?それは、「できる」ようになるには、良問を繰り返し納得いくまで解くというトレーニングが必要なのです。そのトレーニングが充分でないとテストで遺憾なく力を発揮することができないのです。

当教室では、個別課題学習の時間を充実させ、塾生個々できるようになるまでトレーニングを積ませます。また、学習に対して前向きに取り組む姿勢さえあれば、その子は必ず伸びます。預けて頂いたお子様は、一生懸命教えます。責任指導を実践しているため、募集定員がございます。入塾をご検討されている方は一度お問い合わせ下さい。

ohno_img

だるまの目。

IMG_2106

公立高校入試までのカウンターが登場しました。

公立高校入試まであと23日です。

残り3週間になりました。

来週は、いよいよ出願です。

この時期、模試の結果と今後の塾生の伸びと力とを総合的に判断し、出願校をどうするのか頭を悩まします。

「この模試で○○点取ってこられればGOだな!」と私の頭の中でぐるぐる数字がまわっています。

今日は、G模試前に、各自の取らなければならない点数を再確認しました。

最低値・中央値・最大値の3つを用意しました。

塾生には話しました。

「今日のような平易なレベルの模試であれば、ケアレスミスは致命的なミスになる。1問の大切さを充分に理解しなさい。」と。

1問1問正答していく大切さを再度意識付けする模試であったと思います。

なので、模試前に提示した最大値を超えていない塾生には、別室で話しました。

ここでの話は、私も身をさく思いです。

頑張ってきているだけに、つらい話です。

 

明日のファイナルの結果と木曜日金曜日で行う模試である程度の決着をつけなければなりません。

もう後には引けない真っ向勝負の戦いが始まろうとしています。

ファイナルゼミ初見参!

1月18日。今春の入試に向けた入試対策授業の2回目が岡崎校にて行われました。

入試予想問題の演習(模試なので500点で得点を出します。)および解説授業という2段構えの講習会です。

今日は、私も参加し、受験生の様子を見ることができました。

このファイナルゼミでは、入試までの得点力をつけることはもちろんのこと、ほかの受験生と切磋琢磨することが目的です。隣に座っている子は同じ高校を受験するライバルだと言っていいでしょう。

また、受験校にGOを出せるかどうかを判断する大切なテストでもあります。

毎回のファイナルゼミで行うテストは常に入試本番だと思って、全神経をつぎ込めと命じています。

 

さて、岡崎校の様子をご覧ください。

解説授業の講師陣です。
英語は簑島先生。
PIC_0915

 

 

 

 

 

国語は石川先生。
PIC_0932

 

 

 

 

 

数学は若輩ながら私が。。。
PIC_0927

 

 

 

 

 

理科は海鋒先生。
PIC_0920

 

 

 

 

 

社会は山口先生。
PIC_0903

 

 

 

 

 

講習中の様子です。

PIC_0930

 

 

 

 

 

真剣に解説授業を聞いています。

PIC_0904

 

 

 

 

 

PIC_0931

 

 

 

 

 

受験まで残り29日。

待ったなしの戦いが始まりました。

まだまだ、点数は伸びます!

不安はあるでしょうが、それは勉強量で払拭できます。

自分に鞭打って、もう一踏ん張り頑張らせます。

そして、『合格』を勝ち取ります!

模試4連戦。

DSC_08482015年が始まり、早10日がたちました。

中3生にとっては、正念場となってきました。

公立の入試まで、あと36日です。

 

さて、中3生は、昨日から模試が続いています。

金曜日は、中学校での模試

今日は、G模試⑤

明日は、最後の会場模試

明後日は、ファイナルゼミ

と続いています。

 

金曜日に話しましたが、模試は行き当たりばったりで受けて、結果がああだのこうだの言うためにやっている訳ではありません。

点数のたし算でも話したとおり、確実に取れなければならない問題をコンスタントに得点出来るようになっているか?出来ていないならばどう補っていけばクリアーできるのか考えなければなりません。

まだまだ答案を見ると、数打ちゃ当たるといった計画性のない答案が目立ちます。

不安から、色々手を出してしまうのでしょうが、こちらで示した指針通り答案作っていけば、確固たる理想的な得点を得ることが出来るのです。

テストが始まる前に、自分が得点しなければならない問題は何なのか?頭の中でシュミレーションをたててから、試験に挑むことが大切です。

模試の回数も少なくなってきました。1回1回の模試を大切にし、得点力の精度を高めていけなければなりません。

 

Fight!

2015年の授業開始。

DSC_0856

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます!!

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、1月平常授業より、新スタッフを加えスタートします。(4月からの新学期に向けての序章に過ぎませんが。。。)

地域密着型進学塾として、成瀬地区に通う生徒達の『成績向上』『学力向上』ために、教壇に立ちます。

複数の中学を抱えず、成瀬中単一(小学生も石田小・成瀬小・緑台小と限定)にこだわり、単一中学を対象とした利点を生かし、高校受験まで導いて参りたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05