学心塾 成瀬校

naruse_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県伊勢原市東成瀬22-2
電話
0463-95-5755

cpt_mail

  

よく「わかった」という言葉を聞きます。実際「わかった」ということと「できる」ということは違うと考えます。わかっていても実際のテストになるとできないということが多いのです。なぜそういうことが起こるのでしょうか?それは、「できる」ようになるには、良問を繰り返し納得いくまで解くというトレーニングが必要なのです。そのトレーニングが充分でないとテストで遺憾なく力を発揮することができないのです。

当教室では、個別課題学習の時間を充実させ、塾生個々できるようになるまでトレーニングを積ませます。また、学習に対して前向きに取り組む姿勢さえあれば、その子は必ず伸びます。預けて頂いたお子様は、一生懸命教えます。責任指導を実践しているため、募集定員がございます。入塾をご検討されている方は一度お問い合わせ下さい。

ohno_img

NEW! Pencil sharpener

小学生の強い味方。

鉛筆削り。

今まで、校舎に置いておいた鉛筆削りが壊れてしまったので、新しいものを購入しました。

IMG_1834

 

 

 

 

 

 

オレンジ色とライトグリーン色のコントラスト。なめらかなフォルム。

角張っていないので、角に手をぶつけて怪我する心配なし。

何かおしゃれでしょ!

IMG_1833

 

 

 

 

 

 

横からもどうぞ!

 

って、何の紹介しているのでしょうか?

新しい鉛筆削りをよろしくどうぞ。

みんな、大切に使ってやってください。

夏期講習2014閉幕。

今年度の夏期講習が終わりを迎えました。

夏期講習に参加してくれました講習生のみなさん、塾生のみなさん、そして保護者のみなさま、ありがとうございました。

 

学校の授業が1ヶ月以上ないこの期間、塾が果たす使命は何かを考え、夏期講習内容を煮詰めてきました。

100%の夏期講習を提供する。

○子ども達にこの夏、たくさん勉強させるためには?

○2学期に入り、他の子たちに負けないアドバンテージを塾生達につけさせるにはどんな授業手段が必要か?

○長期間、子ども達のモチベーションをいかに保させるべきか?

いろいろ思案しながら、形作りました。

 

実際、夏期講習を運営していくと、修正していかなければならないことがあります。その都度修正し、ベストな形を常に追求し、進めてきました。

そして、講習を振り返ると反省点が多々出てきます。

100%の講習はできたのか?

一つ一つ検証し、次なる冬期講習に生かしていきたいと考えています。

 

今日で、夏期講習が終わります。子ども達から「ああ、来週から学校だ!」という声を聞くと、ひとつの役目を終えた感がします。

しかし、また2学期、新たな気持ちで、成瀬校講師一同指導して参ります。

今後も、よりよい塾を目指し、邁進していきます。

ありがとうございました。

0225

 

 

 

 

 

 

0227

 

 

 

 

 

 

魂背負い…試験へ

今日は、夏期講習の講習授業の最終日。(明日、最後の指名学習を行います。)

 

中学生は、テストで締めくくりました。

中3生は、入試模試の2回目。今回は、昨年度の入試を意識した問題構成になっているので、1回目とは違う感覚を得たと思います。試験時間は50分。それでも解き終わらない塾生もいました。今回の模試でいろいろなことを学んでくれればいいと思っています。学習内容しかり、ペース配分しかり。塾生諸君は勉強になったことでしょう。

9月に入り学校で実力テストがあるので、今回行った1回目と2回目の模試をやり直すように指示しました。

 

さて、今日のテストに、オレンジの魂Tシャツを着てきた塾生がいました。

IMG_1760

 

 

 

 

 

今日の写真は撮っていませんが、合宿中の様子から、こんな感じです。(この写真に写っています。)

何ともうれしい限り。「魂を背負ってテストに挑んだな!」

 

今後、節目節目にTシャツを身にまとい、今回の合宿のことを思い出し、苦境を乗り越えてほしいと思います。

 

中1・中2のテストにおける今後の措置

今日の夜の授業は、オーラス、中1・中2の夏期講習テスト。

夏期講習中に行った内容をチェックしました。

ここで完璧に仕上がっていればいいのでですが。。。

充分に勉強してもらうために期間をとります。

 

●●●今回のテストについてのその後●●●

中1英語

9月3日に追試を行います。(きちんと答えの理由が答えられるように。)

間違えた単語の練習は、9月5日に提出です。

中1数学

9月3日までに間違い直しを提出。

途中式をしっかり書いて提出。乱雑な直しは再提出を求めます。

中2英語

9月4日に追試を行います。(きちんと答えの理由が答えられるように。)

中2数学

9月4日までに間違い直しを提出。

途中式をしっかり書いて提出。乱雑な直しは再提出を求めます。

 

明日は指名学習で教室を開放しています。こういう日を大いに利用して、勉強してください。

部活で大変とは思いますが、他の中学生も同じく頑張っているのです。

苦難に負けない精神力を!

 

明日、閉幕!夏期講習。

明日、8月29日をもって、夏期講習が終わります。(8月30日は指名学習日です。)

最終日に、中学生はテストがあります。

 

中3生 第2回入試対策模試  午後2:00~午後6:40

中1・中2生 夏期講習テスト 午後7:00~午後9:30

 

<中1・中2生のテスト範囲は以下の通りです。>

中1英語

主に、Lesson4およびLesson5

その他、Lesson1~Lesson3の内容も出題します。

 

中1数学

主に、文字式の計算および方程式

その他、正負の数の計算も出題します。

 

中2英語

主に、Lesson5 不定詞

その他、Lessson1~Lesoon4の内容も出題します。

 

中2数学

主に、1次関数

その他、式の計算・連立方程式も出題します。

 

夏期講習の総決算。

テスト結果により、間違い直しの提出あるいは追試を実施します。

伊藤画伯?

伊藤K先生は、見事なまでの絵の才能。

かくいう私は、恥ずかしながら...。

 

字はうまい方だと小学生から言われるが、「絵はねぇ~。」と。

「トホホ。。。」

 

小学生から特訓を命じられました。

IMG_1831

 

 

 

 

 

 

これは何を書いたでしょうか?

IMG_1832

 

 

 

 

 

 

続いて、これは?

 

これでも最初に書いたものよりはましなほうですが...。(最初に描いたのは封印しました。)

9月の予定

夏期講習も最終週に入りました。

つい最近、夏期講習が始まったかのような錯覚に陥ります。

 

さて、来週からは2学期の平常授業が始まります。

9月は、全ての学年でテストがあります。

小3・小4生は第1回『到達度テスト』(国語・算数)

小5・小6生は第3回『学力診断テスト』(国語・算数・理科・社会)

中1・中2生は第3回『高校判定テスト』(英語・数学・国語)

そして、中3生は第1回『G模試』(入試5科目)

※しっかり勉強して、充分に力を発揮しましょう。

 

中学生は、10月9日から始まる中間テストに向けての対策演習授業が始まります。

どの学年もこの2学期のテストは重要になってきます。

中3生は待ったなしの結果勝負。中2生は3学期の内申UPに弾みをつけたいところ。中1生はここで踏ん張れるかどうか波に乗れるか乗れないかの正念場。

結果をしっかり残せるように、完全バックアップしていきます。

 

●なお、お子様を通じて、9月の予定表および検定のお知らせを配付しています。

ご確認ください。

●Kの日本史 第18回 成瀬発

こんばんは。大井松田校の伊藤Kです。

 

夏期講習では、何度か成瀬校の社会と国語の授業を担当させてもらいました。(特に中1~中3)

とてもまじめに、ひたむきに授業に取り組んでいて、良かったですよ! みなさん!

(社会のテストが不合格だった人は、Kがいなくてもしっかりと追試は受けてくださいね!)

ひとまず、成瀬のみんなとはお別れですが、同じ学心塾ですし、また何かの機会で会えることでしょう。

これからの成瀬の皆さんの飛躍に期待します!!

 

というわけで、Kの日本史、いきましょう!

江戸レンジャー2

 

今回のポイント

●船(航路)の発達→ 江戸←→大阪、本州をひとまわりする東回り航路、西回り航路など、定期的にものを運ぶ船が回るようになる。

蔵屋敷・・・その定期船などで各地から集めた年貢(=米)を保管する倉庫。大阪が有名。テストに出やすいので漢字で書けるようにしましょう。

株仲間・・・商業の同業者の組合。室町時代で言う「座」。組合を組むことで、幕府からの特権が得られるようになり、商業が発展するようになった。

 

 

 

初陣!

中3生は合宿が終わり、2学期の内申UPおよび入試突破に向け、頑張っています。(まだ、学校の宿題が終わっていない者もいますが...)

さて、中3生は初めての5科目の入試対策模試に挑みました。

今回は、入試問題がどのようなものなのかどういう形式で出題されるのか把握してもらう意味があります。

 

採点をしていて気づくことがあります。

記述問題において、無解答や問いに対しての答えになっていない解答が見られました。

合宿中にもクラス別の記述対策がありましたが、答え方の指南及び特訓をしていかないといけないところです。

10月より入試対策講習が始まります。この講習において、記述問題突破指南をしていきます。

 

理科・社会は、例年と比べると得点できています。(しかし合格点とは言っていません。)この夏に課題として配付しているプリントの効果が少しあるのかもしれません。まだ定着と呼べる段階には至っていません。課題プリントや合宿で配付されたテキストはこの夏だけでなく2学期以降も充分に使い、知識の定着をはかっていきたいと思います。

 

テスト後、言いましたが、模試は終わった後が肝心です。

『間違い直しを必ずすること。得点結果に一喜一憂して終わらないこと。なぜその答えになるのか充分に考え、全ての問題の答えに根拠をつけること。』

今後多くの模試を行います。そのつど間違い直しを課します。完璧にこなしていけば力がついてきます。

 

第2回目の模試を来週の金曜日に行います。1回目より2回目。

得点の向上が見られるか!

合宿延長戦…

8月13日。。。合宿は終わったのだが。。。

PIC_0604

 

この男だけは終わらなかった。。。

総合第97位 S

課題テスト・社会の追試だけ終わっていない。

合宿2日目の夜、Sは顔面蒼白になり意識朦朧。私は苦渋の選択をし、深夜4時過ぎにストップをかけた。

翌3日目に大魔神大沢先生の計らいで急遽時間を確保し追試を行った。

しかし、終わらず。

 

場所を富士吉田から伊勢原は東成瀬に移し、追試!

IMG_1830

 

 

 

 

 

 

挑んでいる。

 

ようやく、合格することができた!

 

これほどまでに勉強したのは、初めてのことだろう。この経験が入試前にいきてくる。

 

数学検定の結果が届く…

去る7月12日(土)に行われました『第1回数学検定』の結果が届きました。

 

見事!3級合格しました!

 「おめでとうございました!」

 

IMG_1829

 

 

今後のさらなる躍進を期待しています。

 

次回の数学検定は、10月25日(土)です。

締め切りは9月17日(水)です。

申込用紙は、塾内に備えられています。

大いに検定を受検しよう!

また、塾外生の方も受検できます。

検定に興味のある方は学心塾成瀬校まで。

中3生今後の予定

中3生の今後の予定です。

8月22日(金)

入試対策模試①

時間は、午後2時からになります。間違いのないようにしてください。

この夏期講習から、5科目の模試を行います。神奈川県の入試に即した出題になっています。今までの高校判定テストは偏差値より高校の判定を出していましたが、今回より、2年次の成績3年次の成績を加え、簡易S値を使い精度の高い判定を出していきます。

今後この模試結果に基づき、進路指導や入試対策を行っていきます。

今まで以上に気合いを入れて臨みましょう。

 

8月25日(月)

英語の確認テスト

1限目に英語の確認テストを行います。

出題範囲:現在完了

It is...for人to不定詞.

make A Bおよびcall A B

so~that~構文およびtoo~to~構文

関係代名詞 that who which

その他復習事項

以上になります。

 

8月29日(金)

入試対策模試②

時間は、午後2時からになります。間違いのないようにしてください。

1回目の模試の反省をもとに2回目を実施します。1回目より2回目得点向上を狙います。

IMG_1760

夏期講習後期日程スタート。

今日より、夏期講習の後期日程のスタートです。

夏期休校中、いろいろな場所に出かけた塾生、学校の宿題をやるのに費やした塾生など様々。

夏休み、勉強だけに限らず、心身ともに充実した休みを過ごしてもらいたい。

 

さて、

中3は合宿明け、1回目の授業。

1時限目は、数学のテスト。

前期日程で学習したことを確認する内容でした。

2学期中間テストの過去問題より出題しました。

100点満点で、計測しましたが。。。

あの合宿は幻だったのか?

撃沈していました。

ある程度予想はしていました。まあ、それにしても。。。 (ショック)

学習内容の理解をはじめ、解くスピードの強化に努めなければなりません。

 

2学期中間に照準をあわせています。確実に得点を上げるために、演習量を増やし、さらなる強化をはかります。

DSC_0231

 

 

 

 

 

 

 

限界突破!中3夏期合宿2014③

8月13日。合宿3日目。

いよいよ、最終日です。

起床は昨日同様朝の7時。

2日目の朝はきちんと集合できていましたが、「うん?おかしい。」

各部屋のドアを叩いて確認します。

やはり、朝方までの勉強で、起きられなかった様子。

急いで準備し、食堂に向かいます。

IMG_1758

 

 

 

 

 

 

 

さあ、3日目の勉強開始です。

テキスト演習

確認テスト社会・理科に向けての勉強開始です。

IMG_1761

 

 

 

 

 

 

 

確認テスト 社会B

IMG_1759

 

 

 

 

 

 

 

確認テスト 理科B

IMG_1760

 

 

 

 

 

 

 

確認テストBの直し

ここでは、社会Bと理科Bの解説授業が行われました。

社会は、渋沢校の山本先生。現在成瀬校でお手伝いしてもらっている先生。

PIC_0528

 

 

 

 

 

最後の追い込み。山本先生の生徒たちを飽きさせない軽快な解説が行われました。

内容も、第2次世界大戦後の歴史について。

塾生たちも真剣にノートしていました。

続いて、大野校簑島先生の理科の解説。丁寧でわかりやすい授業が展開されました。

内容は、仕事とエネルギー。

1学期躓いた塾生にとっては、再確認の場となりました。

PIC_0573

 

 

 

 

 

これにて、すべてのメニューが終了しました。

開放感にあふれた塾生たちの姿がありました。

「お疲れ様でした!」

DSC_0251

 

 

 

 

 

 

全テストの結果が掲示されました。

(詳細な結果については、後日塾生に伝えます。)

 

IMG_1773

 

 

 

 

 

全日程終了後、合宿担当の良原先生が写真を撮ってくれました。

その後、昼食を食べ、自由時間。

記念撮影がありました。

まずは、正面。

PIC_0604

 

そして、背面。『学心魂』が輝いています。

IMG00639

 

いよいよ、閉会式

その前に。

PIC_0591

 

 

 

 

 

塾生たちに、ご褒美が配られました。

2泊3日戦い抜いた塾生たちのために用意されました。

 

さて、閉会式。

確認テスト、課題テスト含めてのベスト10が発表されました。

見事、Kさんベスト10に入りました。「おめでとう!」

 

最後に学心塾代表からの言葉

PIC_0624

 

 

 

 

 

 

これにて、全日程が終了になりました。

IMG_1772

 

 

 

 

 

最後に、富士カーム前で、記念撮影。旭校の小澤先生が撮ってくれました。

 

無事、中3勉強合宿が終了しました。

今回、合宿参加を許していただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

この3日間の経験は、かなり生徒たちを成長させてくれました。そう思います。3日間弱音を吐かずひたすら勉強する姿を見ることができました。これから始まる入試勉強や一番苦しい入試直前期に踏ん張りがきくと思います。

2学期以降、2学期の内申UPとともに本格的な入試対策授業が始まります。きっと今回の合宿を通じて乗り越えてくれると信じています。

 

ありがとうございました。

限界突破!中3夏期合宿2014②

8月12日。合宿2日目。

7:00 起床

成瀬校の塾生たちはみな起きておりました。優秀優秀。(年によっては、たたき起こしても起きない輩もいますので。。。)

まず、2日目の朝は、目標シートに『1日目の振り返りと2日目の目標』をしたためます。

IMG_1745

 

 

 

 

 

 

浅間神社お参り

富士吉田のパワースポットと言われている『北口本宮冨士浅間神社』にお参り。

PIC_0275
 

 

 

 

2日目の勉強が開始されました。

テキスト演習

確認テスト 理科Aに向けての勉強が始まります。

クラス別少人数学習

昨日のテスト結果でA~Fまでの6クラスに編成されました。

Eクラスの少人数学習のときに事件は起きました。(笑)

合宿担当の良原先生から理科の授業をしてほしいと頼まれました。

いきなり振られたので、かなり焦りましたが、要点を押さえた授業を展開しました。

内容は、中3で学習する「仕事とエネルギー」。

IMG_1766

 

 

 

 

 

 

特色検査対策講座(希望制)

平塚江南・小田原・厚木といった進学重点校で行われている筆記型の自己表現検査対策です。

6教科目として非常に比重を占めている検査なので、きちんとした対策が必要です。

PIC_0292

 

 

 

 

 

写真は、大磯校長谷川先生の文系分野の指導風景。
確認テスト 理科A

確認テストAの直し

確認テスト直しの前に、岡崎校の武山先生から間違い直しの重要性が語られました。

PIC_0313

 

 

 

 

 

これで、1セットのテストが終了。1科目100点満点で5つのテストが終了。

現時点でのベスト10が発表されました。

IMG_1750

 

 

 

 

 

 

おお、Kさん見事ベスト10に入っていますね。

 

さて、ここからテストのレベルが上がります。

確認テストBに向けての勉強が始まります。

テキスト演習

PIC_0339

 

 

 

 

 

我々講師たちも、質問にバンバン答えていきます。

確認テスト 数学B
確認テスト 英語B

成瀬校の塾生たちは撃沈しておりました。(汗)基本重要表現や文法事項の欠如が目立ちます。答案を見て、個々の目標シートに私がコメントを返しました。

2日目もあっという間に夜を迎えました。
クラス別記述対策講座

1日目同様、記述対策が行われます。今日は、社会がメイン。この2日間である程度記述の仕方がわかっただろうか?

今後、9月以降入試対策授業でより深く突っ込んでいきます。

 

さあ、2日目もやってきました課題テスト!

課題テスト 社会

昨日同様、90点以上が合格。90点未満は0点。

実施前、2日目の社会は、なかなか合格できないのではと言われていましたが、1日目の理科よりも合格者が多くいました。

Kさん、Hさんは見事に合格!

残りの4人は見事に追試部屋へ。

Sさん、M君は1発合格。

E君も時間はかかりながらも合格。

しかし、S君。。。昨日同様追試地獄にはまり。朝方4時過ぎまで。顔面蒼白でした。

夜間勉強会

2日目になると、やはりこの時間を乗り越えるのが難しくなってきます。

ここで、学心塾本部長石川先生から心温まる言葉をいただきました。

PIC_0435

 

 

 

 

 

そして、合宿の顔ともなる合宿Tシャツが配られました。

今年の色は。。。

オレンジに決定!

PIC_0410

 

 

 

 

 

3日目は、このTシャツを身にまとい、最終勝負に挑みます。

夜も深まると、腹が減ってきます。

これまた、恒例の夜食。おにぎりがみなに配られました。

1日目は出すのが遅れたのですが、2日目はしっかり全員に渡すことができました。

1日目は鮭。2日目は梅。

IMG_1763

 

 

 

 

 

 

腹ごしらえして、一踏ん張り。

深夜と言いますが、朝方まで勉強は続きました。

いつの間にか外は明るくなっていました。

IMG00606

 

 

 

 

 

 

なぜか、深夜、他校舎のSYさんに追い回されました。逃げています。(理由は覚えていません。)

 

3日目に続く。

限界突破!中3勉強合宿2014①

8月11日。

合宿1日目。

今回の合宿先である『富士カーム』に到着。

SN3S0404

 

 

 

 

 

 

ここから、過酷な2泊3日の勉強合宿が始まります。

13:00 開会式が始まりました。

大磯校の長谷川先生による今回の合宿の意義についての話がありました。

塾生たちは覚えているだろうか?

『努力が結果に結びつけば自信が湧いてくる。努力なしで結果が出れば慢心が生まれる。努力せずに結果も出なければ後悔が残る。努力が実らないこともある。しかし、そこには必ず経験が残る。越えられそうにない壁に直面したとき、自らを奮い立たせるのは過去に頑張った自身の経験だけだ。そういう経験の大切さ、努力の価値をこの合宿で体感するんだ。』(大磯校blogより)

PIC_0174

 

 

 

 

 

その後、塾生一人一人の決意を込め目標シートに書き始めます。

IMG_1732

 

 

 

 

 

 

みなしっかり決意をしたためていました。

 

さあ、いよいよ勉強開始。

第1日目のスケジュールは以下の通り。

テキスト演習 各テストの前に勉強時間が与えられました。

IMG_1742

 

 

 

 

 

 

確認テスト 数学A

IMG_1739

 

 

 

 

 

 

確認テスト 英語A

確認テスト 社会A

IMG_1740

 

 

 

 

 

 

写真後ろのホワイトボードには、即採点されたテスト結果が張り出されました。

すでに、数学Aと英語Aの結果が張られています。

普段、テスト結果を張り出される経験していない塾生にとっては、一つの刺激になったのではないかと思います。(はじめは嫌がっていましたけど。。。)

さあ、確認テストはここまで!

続いては、クラス別記述対策講座

IMG_1741

 

 

 

 

 

 

神奈川県の入試は変わりました。知識だけでは解くことのできない問題が増えました。通称記述問題と呼ばれるものです。この記述問題も1問4点~8点に及びます。おろそかにはできません。しっかり問題を読み取りどのように答案を作ったらよいか勉強しています。

 

日付が変わり、24:20。。。

1日目の課題テスト・理科の始まりです。

このテストは1問1答の100問テスト!

なんと、90点未満なら即0点。何とも過酷だ。しかし、入試はこういうもの。1点の違いは雲泥の差なのです。

1点の違いで、合格になり、不合格にもなる。そんな入試の過酷さを伝えたかったのです。

そして、この100問テスト、追試あり。

追試は95点以上で合格。

再追試は満点で合格。

PIC_0453

 

 

 

 

 

そうなるとこの人の登場!

PIC_0428

 

 

 

 

 

長年、学心塾の教室で指導に当たっていた大沢先生。

今年から、ベトナムにて日本人学校の生徒を対象に指導に当たっています。

この先生に当たってしまっては、なかなか追試地獄から抜け出せません。

伝説の「99点不!」が飛び出すか?

この追試地獄の餌食に、E君、S君が。。。

IMG_1743

 

 

 

 

 

 

まあ、3日間で完全にE君、餌食になりました。(笑)

まあ、食後のたびに、追試部屋へ。S君それでも終わりません。大沢先生ご迷惑をおかけしました。

しかしながら、合宿を通じて、この過酷さと格闘し一回り成長したと思います。

最終日になるにつれて、目が生き生きしていました。そう感じたのは私だけだったのでしょうか?

 

さあ、毎年恒例となりました夜間勉強会。

明日のテストに向けての勉強や課題テストの追試など様々なことに当てられました。

PIC_0350

 

 

 

 

 

我々講師陣も質問に答えています。

1日目。。。ゆうに深夜の3時を超えていました。

塾生たちに疲労の色はありましたが、充実した勉強ができていたようです。

 

1日目終了。2日目は朝の7時起床。ですが、追試地獄にはまったE君S君は朝の6:30から追試です。

 

2日目に進む。

限界突破!中3勉強合宿2014

2014年の中3勉強合宿が終わりました。

無事、帰ってまいりました。

この3日間、成瀬校の塾生たちは一生懸命頑張っていました。

過去13年、合宿に参加し、塾生たちとともにしてきましたが、統率がとれ、一人も脱落することなく頑張った年があっただろうかと思わせるほど最高の年になりました。

一人一人、この合宿にかける思いがあったからこそだと思います。

勉強を楽しみ、テスト結果に一喜一憂する塾生たちの姿が見られました。

 

詳細は、学心塾HPのトップニュースにて報告させていただいております。

そちらもご覧ください。

また、数回に分けまして、合宿中の様子を書いていこうと思います。PIC_0604

 

いよいよ明日『中3勉強合宿』。

今年もこの季節がやってきました。

『中3勉強合宿』

SN3S0268

021

さあ、今年はどんな合宿になるのか?

 

さて、明日の確認です。

8月11日(月) 午前9時 成瀬校集合

      送迎バスにて、岡崎校まで行きます。

      岡崎校で、観光バスに乗り換えます。

 

持ち物

●当たり前だが、筆記用具

●自習用勉強道具(ノートやルーズリーフなどメモ出来るものは必ず持参。)

●学校や塾の課題

●保険証のコピー

●着替え、洗面道具(タオル・バスタオル等)※シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー完備

●栞

第1日目のお弁当

合宿専用テキスト(青の表紙)

●必要に応じて学校の教科書・高校入試過去問題集等

合宿にかける思い(一番重要)

以上です。

夏期講習前期日程終了

夏期講習2014も前半戦を折り返しました。

前期期間は、どの学年も2学期の先取り授業がメインでした。

中学生にとっては、2学期中間で高得点を取るための準備期間です。2学期にどういった内容を学習するのか?何がポイントなのか?説明していきました。当然ながら、ポイントを押さえただけではダメ!そう充分な演習が必要です。後期期間は、前期で学んだことを生かし、定着期に入ります。充分な演習をし、『わかる』から『できる』の状態に持って行きたいと考えています。また、科目によってはまだまだ先取らなければならないものもありますので、同時並行で先取り授業も展開します。

 

小学生にとっても同じことが言えます。2学期はどんな勉強をするのか?躓きやすいところを丁寧に教えていきました。小学生で学習する内容はどれも学問の土台を作るものばかりです。分からないできないでは許されません。後期期間は、できるまでくり返しくり返し反復演習をしていきます。

 

さて、明日から塾は夏休み期間に入ります。

塾生諸君!

学校の宿題を終わらせることはもちろんのこと、塾の夏課題をしっかりこなすこと。

 

◇◇◇夏期講習後期期間初日◇◇◇

8月18日

小5 10:10~

小6 12:40~

中3 14:50~(時間が変わります。)

中1・中2 19:00~

8月19日

小4 10:30~

小3 12:40~

上記の日時になります。間違いのないようによろしくお願いします。

 

成瀬発●Kの日本史 2

こんばんは、伊藤Kです。

成瀬校にお世話になり、1週間が経とうとしています。早いものですね。

 

さて、お盆休みに入ります。いよいよ「中3合宿」直前となりました。

中3以外の皆さん!

塾の宿題や学校の宿題をいろいろ抱えてますよね!?夏休みも残り半分になりましたよ。最後の3日間とかに大量の宿題をするハメにならないように、ちゃんと計画的に終わらせていってくださいね!!

そして中3の皆さん!

今までの夏よりも「本気度」の高い夏にしなければなりません!

なにせ、高校合格という人生がかかっているんですからね!!

入試が終わってから後悔しても遅いですよ!!?

 

(今回は、大井松田校とメディアミックスです。)

江戸レンジャー1

今回のポイント(江戸時代 その5)

●江戸時代の農業・水産業・鉱業・船・商業の発展のようす●

◆農業→「新しい田んぼの開発」に力を注ぐ。荒れ地を田んぼに変え、米作りを発展させる+先が割れたクワ「備中(びっちゅう)ぐわ」の開発

◆水産業→各地で漁業がさかんに行われる。

例▽千葉の九十九里浜・・・いわし ▽四国や西日本・・・かつお・クジラ

◆鉱業→今はほとんど取れませんが、昔は日本で金・銀・銅が取れたのです!!(オリンピックじゃなくて、本物の金です)

有名な鉱産・・・佐渡金山(新潟)石見銀山(いわみぎんざん・島根・世界遺産)足尾銅山(栃木)

 

ぶれの修正

夏期講習の前期期間が終わろうとしています。

夏期講習期間中は、ほぼ毎日塾生達は塾に通ってくれています。

感謝!感謝!です。

 

この夏期講習『得点力は演習量に比例する』を合い言葉に進められています。

前期期間は、2学期の先取り授業がメインになっているので、鳴りを潜めていますが、同時並行で、復習期に配付した夏の課題に取り組んでいなければなりません。

 

中3は、入試に向けて、理科社会の基本事項の定着。

入試は、内申も大切ですが、学力検査が一番大切です。学力検査で得点できるか否かで合否が決まるといってもいいのです。

そんな学力検査に打ち勝つために、まず重点科目としてあげた理科社会の復習をしなければなりません。

中1・中2は、1学期の復習。

中間・期末で目標通りの得点はできたであろうか?1学期の内容で不安なところの洗い出しと強化。特に、中2生にはチェックテストを実施し理科の強化をはかっています。

小学生は、復習もさることながら学習習慣の確立。

小学校で学習することは今後の学習を左右するものばかり。ひとつでも分からないところできないところがあれば、すぐに強化しなければなりません。

 

講習も半ばに入ると、講習前の意気込みや目標がぶれてしまうことがあります。

「学校の宿題が終わらない。」

「何となく家でだらだら過ごしてしまった。」

などなど

そうならないように、今一度、振り返る時期にきているのです。

小学生の学力診断テストが返ってきました。

IMG_1729

小5・小6生を対象として行いました『第2回学力診断テスト』の結果が返ってきました。

本日より、塾生個々に返していきます。

 

小学生のテストはテスト結果も大切ですが、テストに向けての勉強や姿勢も大切にしています。

●事前学習教材を配付。次週までの課題とします。

●難しそうな問題の解説。

●事前学習教材を使っての自宅学習。間違えた問題を中心にくり返し、やり直しをする。

●テストを受検。

●テスト結果を受け、弱点部分の強化をする。

基本的ですが、この流れを大切にしています。

小学生なので、仕方ない部分がありますが、塾生個々が計画を立てて勉強をするこということができません。

上に書いたような流れにうまく乗せ、テスト勉強がいかに大切なのかを理解させたいと思います。

 

プレッシャースタディー?

夏期講習前半戦も残すところあとわずかになりました。

塾生諸君は、しっかり夏休みの宿題や塾の夏の課題をこなしているだろうか?

 

さて、今日も、元気いっぱいに、4年生が登場しました。

以前ブログで、猛者という表現をして4年生の記事を書きました。

今日も、その4年生について。。。

夏期講習中は、私が国語と算数の両方の科目を担当しています。

私が4年生に国語の授業をするのは昨年の9月以来なので、どても新鮮です。

講習では、45分の授業の中で必ず『漢字』と『文章読解』(教科書単元でない文章)を行います。

文章読解については、一人一人音読をさせています。しっかり読めているかのチェックを兼ねます。

そんな音読の一コマ。

今までは、ある程度行を区切って読ませていましたが、マンネリを防ぐために、音読の順番を決め、『つっかえたらそこで終了!次の人に移る。』というルールを作りました。『みなで力を合わせ、最後まで読み終わらせる。』というゲーム感覚の音読を始めました。

だいたいそうなると、女の子の方がすらすら読んでいくので、行数を稼いでくれます。音読を苦手とする男の子達は女の子頼み。

しかし、今日は、男の子が大奮闘!

いつも落ち着いて読まないので1行程度でつっかえてしまう男の子が、文章の3分の2程度まで読み進めたのです。

「やったな!」

歓喜の輪ができました。

3分の2まで読み進めた結果、最後手堅く女の子達が最後まで読み進めゴールすることができました。

その後の問題を解く時間もみな意欲的にトライしていました。

 

ちょっとしたきっかけで、子ども達の苦手意識がなくなってほしいと願うところです。

 

自習および質問可能な時間について

夏期講習前期の最終週に入りました。

2学期に好スタートが切れるように、どの学年も先取り授業が展開されています。

さて、欠席者や理解不足の塾生のケアや課題の質問については、『指名学習』の時間に充てています。しかし、予定が合わないなどの理由から、来られない塾生もいます。

今週は、以下の時間も対応しますので、大いに活用してください。

8月4日 15:50~18:50

8月5日 13:00~18:50

8月6日 指名学習日 15:30~18:50 現行通り

※この日は、小6・中2・中3の授業があります。

8月7日 15:50~18:50

8月8日 13:00~18:50

8月9日 指名学習日 14:00~21:00 現行通り

0358

第2回高校判定テストの結果が返ってきました。

去る7月18日に行いました『第2回高校判定テスト』の結果が返ってきました。

本日より、塾生個々に返却しています。

IMG_1728

今回のテスト結果より。

●前回より、偏差値がUPした塾生。

塾生全体の72%が前回よりUP。

最大、偏差値11UP

最小、偏差値1UP

最頻値、偏差値4UP

 

●偏差値別割合

偏差値50以上55未満 塾生全体の6%

偏差値55以上60未満 塾生全体の22%

偏差値60以上65未満 塾生全体の22%

偏差値65以上70未満 塾生全体の6%

 

●その他

◎中1塾生男子 学心塾団体内1位を獲得!

◎中1 ベスト20に4名

少数ながら、一生懸命頑張っています。

 

みな一様に、前回より、偏差値がUPしています。

塾生達の頑張りもさることながら、今年より、さらに個別課題学習の時間を増やし、充分な演習時間を確保していることが良い結果をもたらしていると思います。

この結果に甘んじることなく、第3回目のテストに向け、精進していきます。

 

成瀬初登場 Kの日本史

こんばんは。伊藤です。

あっ、伊藤は伊藤でも、大井松田校の伊藤Kですよ!

先日もブログで伝えましたが、夏期講習で成瀬校にたびたび登場させていただきます。

中学生の社会と国語を担当します。

 

わたくしのブログの記事のひとつに「Kの日本史」があります。

日本の歴史の一部分をマンガで書くとどうなるか?といったものです。

大井松田校田村校で不定期連載しております。今回は成瀬校から発信させてもらいます。(ちなみにもう1校からも同時発信しているので、「メディアミックス」です(笑))

まだご覧になっていない方は大井松田校田村校のブログでぜひどうぞご覧下さい。

 

Kの日本史第16回・江戸時代(4)「日本がもし100人の村だったら・・・」↓

 

江戸100人

今回のポイント

「江戸時代は厳しい身分差があったのだ!」

当時の日本が人口100人というわけはないですが、もし100人で考えると、

百姓(農民)→武士→町人→えたひにん の順に人数が多くて、

立場が偉い順に並べると

武士(バラモス)→町人(ポイズントード)→百姓(スライム)→えた・ひにん(スライムベス)の順になります。

100人中7人の武士が、85人の百姓よりもえらかったのですね。

徳川家康も家光も吉宗も、サムライとして刀を持ち、日本を仕切る「政治家」でもあったのです。

中でも「ひにん」は、漢字で書くと「非人」となり、「人間じゃない」的な立場で扱われたのです。

なんともひどい話ですね。

 

身分差がない現代は、なんて幸せな世の中なんでしょう!!

 

おまけに、百姓達は、5~6人(5~6軒)を1グループとして、税金(=年貢=米)をおさめさせる、「五人組」という連帯責任制度がありました。

だれか1人がサボると、全員が同じ罰を受けるという、なんとも納得いかない集団行動を組まされたのです。

 

次回をお楽しみに!

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05