学心塾 成瀬校

naruse_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県伊勢原市東成瀬22-2
電話
0463-95-5755

cpt_mail

  

よく「わかった」という言葉を聞きます。実際「わかった」ということと「できる」ということは違うと考えます。わかっていても実際のテストになるとできないということが多いのです。なぜそういうことが起こるのでしょうか?それは、「できる」ようになるには、良問を繰り返し納得いくまで解くというトレーニングが必要なのです。そのトレーニングが充分でないとテストで遺憾なく力を発揮することができないのです。

当教室では、個別課題学習の時間を充実させ、塾生個々できるようになるまでトレーニングを積ませます。また、学習に対して前向きに取り組む姿勢さえあれば、その子は必ず伸びます。預けて頂いたお子様は、一生懸命教えます。責任指導を実践しているため、募集定員がございます。入塾をご検討されている方は一度お問い合わせ下さい。

ohno_img

学年末テスト対策の予定

2月26日~2月28日の3日間、成瀬中1・2年生は、学年末テストがあります。

 

それにより、2月10日(月)よりテスト対策を開始します。

今日より、お子様を通じて、学年末テストの日程表をお配りしております。

ご確認ください。

中1・中2 3学期期末テスト対策日程表

 

2月の予定表

今日より、お子様を通じて、2月の予定表および学心塾塾内報「のびんとす」をお渡しています。

ご確認ください。

2月の予定表

 

なお、新年度の時間割等の新年度要項は、2月上旬にお渡しする予定です。

お待たせして申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

マスク着用!

今日は、中3生の入試対策授業の日でした。

午前中Aクラスの教室に入ると、ほぼ全員がマスクを着用していました。

その光景にも驚きましたが、納得がいきました。

以前、受験を控えた塾生たちに、飯田先生も「必ずうがいと手洗いをするように!」と促していました。

受験生個々が自覚し、健康管理に気を配っているのです。

試験本番までがんばろうという姿勢が感じられました。

 

そんな私は、マスクをつけずに登場。

「先生もマスク着用!」。。。

マスクをつけて、再登場。

 

その後、数学理科の実践練習に入りました。

答え合わせのとき、受験生個々がしっかり一問一問理解しようと懸命になっていました。

ようやく、受験生になったのでしょうか?

 

泣いても笑っても2月14日一発勝負です。

常に、実践練習の時は、2月14日だと思って練習してほしいと思います。

よく、「今日は、たまたま調子が悪い!」と言う言葉を聞きます。

たまたまでは、済みません。本番でも必ず同じ失敗をすると思って、事の重大性に気づかなければなりません。

 

明日は、ファイナルゼミの2回目です。

2月14日本番だと思って、今ある自分の力を答案にぶつけさせます。

ITO0347

小6生 学力診断テスト

小6生の学力診断テスト(算数・理科)を行いました。

 

「事前に渡した学習教材をしっかりやってきた成果はいかに?」

 

テストが始まると、6年生の教室は鉛筆の音しか聞こえません。

かなり集中して問題を解いています。

傍らで、中3生も入試に向けた実践練習を行っているため、静寂な時間が過ぎていきました。

 

さて、小6現在までの結果速報です。

算数 平均点79点(最高90点)

理科 平均点75点(最高82点)

 

来週の月曜日は、国語と社会のテストです。

※6年生諸君、対策問題集を繰り返しやって、完璧にしてきてください。

ITO0347

公立高校入試まで残り22日。

中3生に以下のものをお渡ししました。

●1月12日(日)実施の会場模試の結果。

●1月18日(土)実施のG模試⑤の結果。

→G模試⑤の判定については、素点を使っています。

素点において計算されたS値と自分の志望する高校の合格目安S値を比較して下さい。

合格目安のラインは若干高めに設定されていますが、このラインを素点で超えられるように、残りのG模試⑥に向け、最終調整をはかっていきます。

高校判定テスト

今日は、中1・中2生対象の高校判定テストの日でした。

学心塾では、塾生たちに早めに高校を意識してもらうために、年5回、高校の判定がついてくるテストを行っています。

また、問題も良問揃い。

特に中2生は取り組む問題は、1年からの内容も出題されています。

 

私は昔、学力診断テストを「学力の健康診断」を言ったことがあります。

悪いところはないか?(どの分野ができていて、どの分野ができていないのか?)

そういったことをあぶり出す、絶好のチャンスがテストにあると思っています。

 

テストは終わりましたが、今日のテストを受け、弱点部分の補強に入ります。

数学について

中1生は、文字式・方程式・方程式の文章題。

中2生は、回転体の体積・一次関数の利用・図形の証明。

以上の内容を今度解説補強していきます。

ITO0347

 

※学心HPのトップニュースに塾長コラム成瀬校版がアップされました。

塾長コラムと言っても、私が書いています。あしからず。

中3ファイナルゼミ開催!

中3の入試対策もファイナルゼミの時期を迎えると佳境に入ったと毎年感じます。

この時期は、模試の結果で一喜一憂してしまいます。

受験生もそうですが、我々講師も受験校にGOサインを出していいものか悩むことがあります。

 

今日、塾生は、岡崎校に移動し、アウェー状態で戦わせました。

本番は、受験する高校に行って受験するので、こういう経験をするのは大切なことです。

2014-01-19 10.17.58

先ほどまで、3会場で行われたファイナルゼミの模試結果を集計していました。

この仕事も、2007年から行っているので、もう7年になります。

取り急ぎ集計し、志望校別に並べた結果を全校舎に配信しました。

今後、この結果に基づき、塾生個々の合格可能性をはかっていきます。

 

今日の問題からすると、やはり数学と理科の問題が易しかったと言えます。

理高文低の第1回。昨年の入試をベースに問題が作られているせいなのかそういう結果になるのでしょう。

 

ということは、今日、数学や理科で失点している塾生は結果を真摯に受け止め、間違い直しをしなければなりません。どういう問題でミスしたのか?どうしてミスしたのか?問題を解いているときの心理状態はどうだったのか?よく自己を分析しなければなりません。

 

今日の結果では、まだまだ、納得がいきません。

まだまだ、点数は伸びるはずです!

 

ファイナルゼミは残り3回あります。この3回で、合格目標ラインをしっかり超えられるように、指導し直しです。

ITO0347

 

最終追い込み。

中3生は、金曜日・土曜日を使い、G模試を行いました。

問題の難易度としては、やや簡単だったのかなと感じました。

そんな中ですが、一様にみな点数がとれるようにはなっています。

しかし、点を伸ばさなければならない科目をもつ塾生や気分屋の塾生がいますが。。。

 

今回のようなレベルの問題では、うっかりミスは致命傷になります。

必ず取らなければならない問題・みんなが正解できる問題で失点する。

そうすることで、当然ながらライバルに大きく水をあけられてしまいます。

 

模試の直しの時間に「ああ、こここんなミスしていた!」と楽観的に言う者もいますが、入試本番では許されません。

50分は自分との戦いなのです。プレッシャーのかかる中、1点でも多く得点できるように、冷静に何度も何度も見直しをして、自分の答えに確定打を打っていくのです。

 

また、模試の後に、「内申1点=入試4点(4:4:2)」の話も振り返りました。

内申1点がたかだか入試問題1問のできで逆転できるのです。

 

泣いても笑っても残り1ヶ月。。。1ヶ月切りました。

受験生が入試の練習ができる場は、明日から始まるファイナルゼミ4回分および塾内模試2回分そしてG模試⑥。

残り僅かになりました。

私たちも合格目標ラインに近けるようにラストスパートをかけていきます。

ITO0347

新年度募集に向けて

現在、新年度のお問い合わせを数件頂いております。

ありがとうございます。

 

ただいま、新年度の時間割、指導内容につきまして、検討している段階です。

早ければ、2月より、募集を開始いたしますので、しばらくお待ち下さい。

 

学心塾の指導3本柱である

「集団一斉授業」「個別課題学習」「指名学習」。

このうち、成瀬校で一番重視している個別課題学習の時間を拡大し、よりいっそう自主的に勉強できる塾生を育成していきます。

2014公立高校入試まで1ヶ月。

今日は、1月14日(火)。

そう来月の14日、2月14日(金)は、神奈川県公立高校の学力検査の日だ。

この1ヶ月。。。さらに伸びる。

地道に勉強してきた受験生諸君なら必ず伸びる。

 

今、何を勉強しているだろうか?

日曜日の会場もしの解き直しか?冬期模試5回分の解き直しか?過去問か?その他渡している問題プリントか?

 

この1ヶ月は、徹底的に自分を追い込め!

自分の力不足を他人のせいにするな!自分に力が足りないなら、真摯に受け止め、目一杯勉強しろ。

決して、あきらめるな!

 

泣いても笑っても残り1ヶ月。

徹底的に自分を追い込め!

 

受験の先輩より「心の叫び」

学力診断テストに向けて、勉強開始しました。<小学生>

今月は、小学生のテストがあります。

特に、小5・小6生は、国語・算数・理科・社会の4科目受験です。

結果も重要ですが、テストに至るまでの道筋も重んじています。

中学生になれば、年5回の大切な定期試験があります。

塾でも、テスト対策授業として、授業展開していきます。

ただ、テスト勉強に対しての素地ができていないと、1週間前でもダラダラ、テスト直前でもダラダラしてしまいます。

そうならぬように、小学生のうちから、テストに向けて勉強することの重要性を伝える一貫としてテスト対策を行っています。

こういった取り組みが、最終的には高校受験のときや、塾を巣立っていき大学受験をするときにも活きてくるようにと願っています。

今日、小5生には、対策問題集を渡しました。

宿題としては、算数の2ページおよび理科のページをやってくるように指示しています。

理科は、普段行っていない科目でありますが、教科書をしっかり読み、課題に取り組んでくるように言っています。

 

ITO0347

明日は、中3最後の会場模試

いよいよ、受験シーズンを迎えました。

1月も気づけば、11日。

29日からは、公立高校の出願が始まります。

残り僅かになってきました。

昨日の金曜日は、文系科目の演習後、面接練習を開始しました。

学校でも練習するとは思いますが、「面接時の動作確認」を行いました。

公立入試では、面接も大きな比重がかけられています。

公立高校合格に向け、毎週金曜日は、面接の練習を行っていきます。

 

さて、それと同時に最も重要な学力検査対策。

明日は、最後の会場模試です。

中3受験生は、12月より、かなりの量の問題を解いてきました。

1月の結果に反映できればいいのですが。

 

泣いても笑っても、残り33日。

ITO0347

 

ご確認ください。

以下のものを生徒を通じて配布しています。

ご確認ください。

父母面談のお知らせ3学期

お知らせファイナル

1月予定表

3学期平常授業開始

冬期講習を終え、8日より3学期の平常授業が始まりました。

この3学期、中3生にとっては、いよいよ受験追い込みの季節です。

今日は、冬期に行った模試の解き直しを行い質問にも対応しました。

必ず言えることは、模試は終わった後が肝心。

解きっぱなしでは、意味がありません。

一問一問答えになる根拠を探しながら、復習しなければなりません。

今後もファイナルゼミで行われる模試、G模試、会場模試と続きます。

全て解き直し、自分の頭の中にインプットしなければなりません。

約1ヶ月後の私立受験を皮切りに、公立高校入試が始まります。

自分の置かれた立場を考え、真摯に受け止め、受験に邁進してほしいと思います。

ITO0347

冬期講習終了。

冬期講習の最終日を迎えました。

今日は、中3の授業のみでしたが、その一方で、小学生の指名補講を行いました。

漢字100問テストの追試や欠席したところのケアーが主でした。

普段の授業は、90分一本勝負ですが、今日は、できるまで残ってやるという形をとりましたので、塾に長く滞在していました。

課題をクリアーして帰っていくときの塾生の顔は充足感に満ちていました。

 

明日より、3学期平常授業が始まります。

3学期もよろしくお願いいたします。

ITO0347

冬期講習後半戦。1月6日。

今日で、小学生の授業および中1・中2の授業が終了しました。

「しか~し、小学生の授業は終わらない!」

明日、指名されている塾生は、午後1時から補講及び追試を行います。

主に、漢字100問テストの追試が多いのですかね。

また、指名はしていませんが、勉強しに来ると言う小学生もいます。

 

まだまだ、冬期講習、終わるわけにはいきません。

ITO0347

冬期講習後半戦。1月5日

今日は、新年が始まってから全学年が集合しました。

小学算数は、本格的に3学期の予習内容に入りました。

小3・・・2けた×2けたの計算

小4・・・分数のたし算・ひき算

小5・・・角柱と円柱

小6・・・中学内容「正の数・負の数の加法」

以上の単元を進めています。

新年1回目ということや3学期の内容ということもあり、みな真剣に授業を聞いていました。

今日は導入部で終わっているので、明日は練習を積んでいきます。

 

冬期講習で勉強したことを、学校の授業に役立てていきましょう!

ITO0347

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、新年を明けたら、公立高校の入試まで約40日に迫ってきました。

「まだ、40日ある!」のか「もう40日しかない!」のか。

今の受験生の状況を見ると、「もう40日しかない!」と思えます。

 

悔いのない受験をすべく、3学期の平常授業から対策授業をプラスしていきます。

水曜日は、18:30~、金曜日は、17:00~の授業に変更になります。

もちろん自習室は、15:30~開放します。(曜日によって、小学生の授業ですべての教室を使ってしまうときがあります。)

 

受験生諸君!まだまだ、合格の可能性を信じ、一日一日大切に勉強することが大切です。

息を抜いている場合ではありません。

人の顔色見て、勉強している場合ではありません。

 

2月27日、見事に桜が咲くことを願います。

ITO0347

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05