学心塾 成瀬校

naruse_mainv

ohno_h2

住所
神奈川県伊勢原市東成瀬22-2
電話
0463-95-5755

cpt_mail

  

第一志望校に受かるにはコツがあります。入試で高得点を取ることもコツがあるのです。神奈川入試を熟知した適格な進学指導と入試高得点を取らせる授業を実践しています。内申対策も任せて下さい。完全無料の成瀬中準拠定期テスト対策授業を実施しています。

学習に対して前向きに取り組む姿勢さえあれば、その子は必ず伸びます。預けて頂いたお子様は、一生懸命教えます。責任指導を実践しているため、募集定員がございます。入塾をご検討されている方は一度お問い合わせ下さい。

ohno_img

点数のたし算

今日より、本格的に冬期講習が始まりました。

DSC_0904

 

 

 

 

 

 

冬期講習、石川本部長に一部文系科目をお手伝い頂いています。

 

午前中から、少々てんてこ舞い。(不測の事態に備えてシュミレーションしていても起こるのですね。)

 

さて、午後からは、中3の模試がスタート。

冬期で使う模試は難しいとはいえ。。。G模試に比べ明らかに点の取りかたがおかしい。

以前、入試問題は、「点数のたし算」だと言ったことがあります。

定期テストであれば、100点から何点マイナスなのかの勝負なので、全問題に対し全力を尽くします。しかし、入試では、落としてはいけない設問を拾い、入試目標点まで各設問の得点を足していくことなのです。

数学で言えば。。。

トップ記事で、海鋒先生が『入試に向けての心構え<数学編>』という記事を書いています。受験生諸君は一読すべし!

問1・問2で44点

問3のアイで8点

問4のアイで8点

ここまでの60点では、全体落としてはいけない。

受験生によっては、この60点で合格ラインにのってしまいます。

 

成瀬校の生徒はここに問5の論述、問6のアイ、問7の証明をいかに加点できるかが勝負なのです。。。

 

今日のミスは、明らかにおかしい。

もう一度、原点に立ち、点数の取り方を思い出してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05