個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

1学期スタート=入試対策スタート①

1学期が始まりました。つまり、入試に向けてのカウントダウンの始まりを意味します。「エンジン全開で頑張りましょう」とは言いませんが、あっという間に入試になりますよ!

センター試験についての基礎知識を持っておきましょう。

日本最大規模の試験「センター試験」

 

大学入試と聞いて、まず「センター試験」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? センター試験の正式名称は「大学入試センター試験」で、独立行政法人「大学入試センター」が実施する試験です。センター試験は毎年1月中旬の土・日曜の2日間に全国で一斉に実施され、毎年50万人以上が受験する日本最大規模の試験です。 国公立大学の一般入試受験者は、原則、センター試験を受験しなければなりません。また、多くの私立大学でもセンター試験の成績が利用できる「センター試験利用方式」を設定しています。大学進学を考える受験生にとって、このセンター試験対策は必須といっても過言ではないでしょう。

これからの大学入試~2020年度から変わるセンター試験~ 現在の大学入試には切っても切れない大学入試センター試験(以下センター試験)。2020年度よりこのセンター試験を廃止し、新しく「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入する動きが文部科学省で進んでいます。 従来の知識偏重型のテストから、知識を前提にそれを活用する思考力・判断力・表現力を問うテストへと変えるのが狙いです。大きなポイントは従来のようなマーク式の問題に加えて記述式の問題が導入されることです。記述式導入の対象教科は当面「国語」と「数学」とされており、設問の条件に沿って短文で解答する問題となる予定です。一方従来のマーク形式の問題に関しても、複数の資料から様々な情報を組み合わせる必要のある問題や正解が1つに限られない問題など、より思考力・判断力を重視した出題が検討されています。基本的な知識が定着していることを前提に、より高度な能力が求められることになるでしょう。 このような入試改革と同時に、高校教育改革の一環としてもう一つの新テスト「高等学校基礎学力テスト(仮称)」導入の動きも進んでいます。こちらは2019年度より実施される予定です。必履修科目である「英語」「数学」「国語」の学習到達度を把握することを目的としており、生徒の学習意欲の喚起や学習の改善に利用します。基礎学力の把握が主な目的ですが、将来的には大学入試や就職の際に用いられることも想定されています。 問題の例はある程度公表されていますが、まだまだ検討中の部分が多く残っています。これらの新テストの具体的な内容については、2017年度初頭に「新テストの実施方針」として文部科学省より公表される予定です。

つづく

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

 

新高1・2生へのアドバイス③

新高1・2生へのアドバイス③

 

文理を選択しよう

 

多くの高校では、高2生から「文理分け」が行われます。文系・理系どちらのコースを選択するかは、将来大学や学部を決める際に、非常に大きく関わってきます。比較的時間に余裕のある1年生のうちから、学びたい分野について考えてみましょう。 文理選択で大切なことは、「数学が苦手だから」、「国語が苦手だから」といった「苦手」を理由に選択してはならないということです。将来自分が就きたい職業や、興味のある学問が文系、理系のどちらで学べるのか、という観点で考えるようにしましょう。進みたい進路をどう見つけたらよいかわからない、という人は、新聞を読んで、自分が興味のある内容はどういう記事かな?と考えるなど、身近なものから興味のあるものを探すのも有効な手段です。

万が一、文理選択で迷い、どちらかに決められない状況なら、理系に籍を置く方が後々有利に働くことが多いと思います。私の生徒さんの中にも高3の夏頃に文転する生徒さんがまれにいますが、理転した生徒は未だかつておりません。というより理転はほぼ無理ですね。何れにせよ、将来に関わる大事ですから慎重に決めましょう。

ガンバレ受験生! BY JJ

新高1・2生へのアドバイス②

新高1・2生へのアドバイス②

文理を選択しよう

苦手科目や苦手分野は誰にでもあります。この「苦手」と向き合い、克服できるかどうかが、志望校合格のための鍵となります。国公立大では、受験に必要な科目が「7科目」とかなり多いのが一般的です。高3生になると、理科や社会の暗記にも時間が必要になってきます。英・数・国の主要3科目の苦手は高1・2生のうちに克服しておきましょう。間違えた問題や理解ができていない箇所は、教科書を繰り返し読んだり、先生に質問したりと十分な時間をかけましょう。時間に余裕のある高1・2生のうちに、とことん苦手と向き合いましょう。
苦手科目の克服には夏休みなどの長期休暇が絶好の機会です。しかし、一人で計画を立てていても、なかなか「苦手」を克服することは難しいでしょう。
長期休暇中に開講される個別指導部の講習では、生徒一人ひとりに合った学習カリキュラムを作り、自分の苦手箇所を効率よく勉強することができます。

ガンバレ受験生!! BY JJ

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05