個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学別学習アドバイス(慶応大学・数学編)

慶応大学(数学編)

2016年度は、5題中、客観式が3題、客観式と記述式が混在する問題が2題(混在する問題の数は年によって変わる)。第1問は、2015年度は大問だったが、2016年度は小問2問になった(第1問は、大問の年と小問集合の年がある)。2015年度と比べて、難度が若干増加したが、全体に標準以上の実力が要求されることには変わりない。また、問題文が長い設問も多く、典型的とは言えない独特の難問も必ず出題されるので、事前に十分な研究と対策が必要になる。

  • 思考力と論証力が問われる 例年、客観式問題の方が記述式問題よりも思考力と計算力が要求される。たとえば2016年度の第4問などは、忍耐強く出題の意図と論理を読み取らなくてはならない問題である。また、記述式では証明問題が例年出題されるので、簡潔に記述する論証力も養っておく必要がある。

 

  • すべての分野の学習が必要 数学Ⅲの微分・積分の問題は必ず出題されるので確実に身につけておきたい。さらに、複数の分野にまたがった融合的な問題が多いので、すべての分野にわたってまんべんなく学習する必要がある。なかでも、三角関数、指数・対数、数列、確率の基本的な計算はしっかりと身につけておきたい。また、空間の問題など、受験生が苦手とする分野も頻出なので、意識して重点的に問題を解くようにしたい。

 

  • 要領のよい計算力を身につけよう 客観式の問題が多いので、迅速に、しかも正確に計算を行う練習を積んでおきたい。全体でかなりの量の計算が必要になるが、客観式だからこそ細かなことを気にせずに答えの数値に素早くたどり着けるような問いもあるので、要領のよい計算もできるようにしたい(2016年度なら第3問、第5問など)。難しめの問題は、普段から幾度も繰り返し最後まで自分で計算して、計算力の向上に努めたい。

 

  • 過去問を研究しよう 標準的な問題集ではあまり見かけないような内容や形式での出題も多いので(2016年度なら第4問、第5問など)、過去問を数年分解いて研究しておきたい。特に、客観式の問題は、誘導に沿って解いていく形が多いので、題意を的確に把握する読解力を十分身につけておきたい。

 

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

大学別学習アドバイス(早稲田大学・数学編)

2016年度は例年と同じく記述式が5 題。難易度と計算量は、2015年度と比べて大きな変化はなかった。いずれの問題も標準か標準以上であり、充分な実力が必要とされる。容易に解ける問題はないが、いずれも良く練られた良問であるので、確実な実力が身についていれば解きやすい問題のセットとなっている。とはいえ、全分野漏れなく確実な力をつけるのは大変であり、全問を解ききる力を得るまでには相当の努力が必要になる。基本的な問題を一通り学習して苦手分野をなくしたうえで、さらにその一歩先の問題まで進まなくてはならない。

 

  • 総合的な力を身につけよう

全分野から出題されるだけでなく、複数の分野にまたがる問題が多いので、偏りのない総合的な実力を身につける必要がある。とりわけ、確率、数列、数学Ⅲの微分・積分の問題は中心的なテーマとして出題されることが多いので、重点的に学習しておきたい。

 

  • 数学の問題をたくさん解こう

ここ数年、数学Ⅲの難問は減少傾向にあるが、数学Ⅲの微分・積分の問題は毎年必ず出題されているので、十分な時間をかけて取り組んでおきたい。もちろん、数学Ⅲの問題を解くためには、三角関数や指数・対数の計算等は自在にできるようにしておく必要があるので、数学Ⅱの基本的な計算に習熟しておかないとならない。

 

  • 思考力を問われる問題に注意しよう

典型問題のパターンには収まらないような柔軟な思考力が問われる問題が例年出題される(2016年度では第Ⅰ問や第Ⅴ問)。こうした問題を解く鍵は、ある程度は手探りで探していかなければならない。一通り標準問題をこなしたら、新しい問題を自分でじっくりと考えて、試行錯誤をしながら道を探していく力を養うようにしよう。また、思考力を必要とする過去問の研究もしておこう。

 

  • 確実で迅速な計算力を身につけよう

時間内で解くにはかなりの計算力が要求される問題が多く出題されている。特に、微分・積分の基本的な計算は、どのような問題でもできるようにしておけば心強い。面倒な計算も嫌がらずに最後までやり遂げるようにしよう。ミスをしたら何度でも繰り返そう。そうした地道な努力が計算力をつける早道だ。

 

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

大学別学習アドバイス(青山学院大学・数学編)

青山学院大学 数学

 

今がヤマ場ですね。あと一息です。頑張りましょう。

2016年度入試の問題分析

数学Ⅰから「数と式(論理)」「2次関数(決定)」「整数の性質(1次不定方程式の整数解)」、数学Aから「確率(コイン)」、数学Ⅱから「図形と方程式(円と直線)」、数学Bから「数列(分数型の隣接2項間漸化式、連立漸化式)」「ベクトル(空間ベクトルの成分表示、大きさ、内積、三角形の外心の位置ベクトル、平面の方程式、軌跡)」、数学Ⅲから「複素数平面(円、楕円、軌跡、ド・モアブルの定理)」「微分・積分(関数のグラフの概形、定積分で表された関数、関数列、最大・最小、面積、回転体の体積)」などが出題された。難易度は基本~標準レベルの問題である。また、問題数は、理工学部と社会情報学部B方式については、すべての日程で大問5題である。さらに、解答形式は、理工学部と社会情報学部B方式の個別学部日程では第1問と第2問がマーク式、第3問、第4問、第5問が記述式となっている。また、全学部日程では、全問マークシート方式である。

学習アドバイス
  • 全分野偏りなくまずは基礎を 基本から標準レベルの問題が多いので、まずは全分野の基礎事項の徹底した理解とその定着をしておくことが大切である。出題分野の数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲの教科書をしっかりと理解したうえで、標準的な問題集を繰り返し演習しておくことが大切である。ただし、やや難しい問題が出題されることもあるので、過去問で研究しておこう。
  • 理工学部は数学 全分野から偏りなく出題されるのであるが、理工学部では、特に、数学Ⅲ分野に注意したい。毎年少なくとも1題は数学Ⅲ分野からの出題(2題出題されることが多い)がある。面積、体積に関する問題(求積問題)など典型問題は必ず解けるようにしっかり演習しておこう。また、被積分関数がどんな関数であっても素早く積分計算や微分計算ができるようにしておこう。さらに、極限の問題もよく出題される。数列の極限、無限級数、関数の極限などしっかり対応できるようにしておこう。その際、かなり工夫を要する変形を要求されることもあるので様々なタイプの問題演習をしておく必要がある。また、複素数平面も出題されるので、しっかり対策しておこう。
  • 記述・論述もしっかり 記述式の解答形式の部分についてはきちんと解答過程を書けるようにしておくことが大切である。決して式の羅列になったりして採点者が見て何をやっているのかわからないということがない答案にしてもらいたい。採点者に自分の考えがしっかりと伝わるような解答を書くことが大切である。そのためには、日頃からきちんと解答を書いて演習することが必要であろう。きちんとした解答には、正答でなくても部分点が与えられるはずである。1点を争う入試では、部分点が大切になるケースもあるので、十分気をつけよう。
  • 計算ミスに注意 解答形式がマーク式の問題では計算ミスは致命的となる。普段から、工夫して計算することによって計算を簡略化してミスを防ぐことを考えよう。例えば、式の値を求める問題での整式の除法の活用や、積分計算における6分の1公式の利用などである。これらは、正しく用いないと意味がない。正しく用いられるように公式の意味を理解して使うようにしておこう。

 

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

大学別学習アドバイス(明治大学・英語編)

明治大学(英語) 2016年度入試の問題分析

 

2月に入り私立大学の入試が本格化してきました。明治大学の学習アドバイスを参考にして下さい。

 

全学部とも中心となっているのは長文読解問題で、長さは短いもので500語前後(農学部、総合数理学部)、長いものでは1,000語(法学部)を超えるが、中心となるのは700~800語である。いずれも論説文が主体で、テーマは現代社会に関わるものが中心。内容は具体的かつ興味深いものが多い。設問は選択問題が主体で、空所補充、下線部の意味内容、指示語の指す内容、整序英作文、内容一致などからなる。活用形や派生語・関連語を問う学部もある(理工学部、農学部)。発音アクセント問題が組み込まれることもある(農学部)。学部によっては記述式の問題も出題されている。特に理工学部は記述式解答の割合が高い。また会話文を出題する学部も多く(国際日本学部、情報コミュニケーション学部、経営学部、総合数理学部など)、会話文中に設けられた空所に語句を補充する形式が主体となる。読解問題以外では、文学部、国際日本学部、経営学部、農学部、総合数理学部などで、文法・語法の独立問題が出題された。また法学部では2015年度に消えた段落整序問題が、段落ごとの文補充に形を変えて出題された。

学習アドバイス

  • 読解力を高めることを中心に 明治大学の入試問題は読解問題が中心である。英文の長さは700~800語程度の標準的な難易度の英文が主体で、問われていることは、英文中の細部に及ぶことが多い。語の意味をパラフレーズさせたり、類義表現を選択させたりする問題がよく出題される。また、文脈を読み取ったうえで、空欄に語句を補充させる問題も多い。指示語の内容を指摘させたり、論理関係を把握させたりする問題も出ている。こうした問題を確実に解いていくためには、普段の勉強で、全体を何となく読むというやり方をしていては駄目で、いわゆる精読が必要となる。S、V、O、Cといった文の要素と、それらにかかる修飾部分をつかみつつ構造を把握しながら読むという、的確で確実な読解が要求される。一つひとつの英文を曖昧なまま読み進めていくということがないように注意したい。これに加えて、英文全体の内容も筋道立ててきちんと理解していく必要もある。こうした力を養うためにも、学校や塾での、英語の授業に向けた予習や復習は必須である。またこうしてじっくり読んだものは、意味を考えながら繰り返し音読することも忘れないようにしたい。音読を繰り返すことによって、英文を左から右にテンポよく理解する力を養うことができる。毎日取り組もう。
  • 単語・熟語の力をつけよう 明治大学の入試問題には単語・熟語に関する問題も多く含まれる。早い段階で、高校生が学ぶべき基本単語・熟語は漏れなく習得しておきたい。特に動詞は文脈に応じて多様な用法があるので、疑問を持ったら辞書を引き、正確な理解を心がけてほしい。また熟語は、設問で直接問われることも多い。熟語集などを利用して、基本的な熟語が頭に入っているかどうか確認しておきたい。
  • 他学部の過去問も ある程度勉強の進んだ受験生は、過去問題を解いておきたい。明治大学の入試問題は学部ごとの出題傾向はある程度一定しているが、問題パターンが変化することもよくあるので、自分の受ける学部の問題だけでなく、他学部の問題も解いておくとよいだろう。

 

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05