個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

休校のお知らせ

回数調整のため各校舎とも下記の予定で休校となります。ご注意下さい。

*旭校:10月30日、11月3日
*大野校:10月29・30日、11月3日
*大磯校:10月28・29・30日、11月3日
*岡崎校:10月29・31日
*田村校:10月31日、11月4日
*渋沢校:10月30日、11月1日
*大井松田校:11月1日

注1)田村校→11月3・24日は休校の予定でしたが、台風の影響により急遽10月6・13日を休校としたため、その振り替え日として通常に開校することにしました。

注2)大磯校→10月29日は通常授業はありませんが、4限から補講を行います。参加希望者は自由に参加して下さい。

注3)大野校→10月31日・1限から補講を行います。参加希望者は自由に参加して下さい。

以上 間違えのないよう注意をお願いします。 BY JJ

推薦入試とAO入試について③

本日は、「私立大学の推薦入試」と題してお届け致します。

私立大学の推薦入試は、入学者比率が40%を占めており、一般入試と並ぶ私立大入試の大きな柱といえます。

私立大学の出願要件は国公立大学ほど厳しくなく、なかには成績基準を設けない大学もあり、とくに中部・関西地方ではその比率が高くなっています。選抜方法は、小論文や適性検査、面接、基礎学力試験、調査書等の書類審査をさまざまに組み合わせて選考されています。先に述べた、推薦入試における学力検査の免除はそれほど徹底されておらず、適性検査、基礎学力検査といった名目で学力選抜が行われている大学も目立っています。

さまざまなタイプの推薦入試

私立大学の推薦入試では、一般入試と同様に多様な選抜が実施されています。その代表格が「自己推薦」と「スポーツ推薦」です。自己推薦は、能力・意欲・特技などを受験生自身がアピールして評価してもらうシステムです。多くが出身高校長の推薦を必要としない代わりに「自己推薦書」の作成・提出が必要となります。スポーツ推薦は、その名称の通りスポーツに秀でた学生の獲得を目的とした入試で、出願にあたっては高校時代の競技成績が基準となります。ほかにも、資格・技能をもつ受験生を優遇する「有資格者推薦」や、生徒会活動や社会・地域奉仕活動、芸術・文化活動で活躍した人を対象にした「課外活動推薦」などが実施されています。

コラム:評定平均値と学習成績概評

評定平均値は履修した全科目の評定を平均したもの。この評定平均値をもとに、高校3年間の成績をA~Eの5段階で表したものが学習成績概評です。評定平均値と学習成績概評の関係は、評定平均値 5.0~4.3がA・4.2~3.5がB・3.4~2.7がC・2.6~1.9がD・1.8以下がEとなります。なお、Aのなかでも特に学校長が優秀と認めた生徒にはA+を標示することができます。国公立大学の推薦入試のなかには出願条件としてA+の者に限定しているところもあります。

次回は「AO入試」についてお話しをしたいと思います。 BY JJ

 

 

推薦入試とAO入試について②

今日は「国公立大学の推薦入試」ついてお話ししたいと思います。

推薦入試も国公立大学と私立大学ではやや状況が異なります。国公立大学は私立大学に比べて募集人員が少なく、出願条件のうち成績基準も「評定平均値4.0以上」など厳しくなっています。また、国公立大学の場合はセンター試験を課す場合と課さない場合の2タイプに大別され、その入試日程も大きく異なります。大学での試験は「面接」「小論文」が課されることが多くなっています。学力試験を課す大学は多くありませんが、口頭試問を含んだ面接や学科に関連した専門的知識を要する小論文が課されることもあります。受験にあたっては、推薦入試向けの準備も必要です。

コラム~国立大学の医学科で「地域枠」推薦入試が拡大

国立大学の推薦入試で近年増加しているのが、将来地元で活躍することなどを出願条件にした「地域枠」推薦入試です。とくに医学科では、2014年度入試で42大学中28大学が「地域枠」を設けた推薦入試を実施しました。地域によっては医師不足が深刻となっており、将来地元に残って活躍する医師の育成は各大学の課題となっています。 なお、公立大学は大学設置の趣旨上、学部を問わず対象を特定地域(県内・市内など)に絞った推薦入試を実施していることが多くなっています。

コラム~東大が2016年度から推薦入試を導入

東京大学が2016年度入試から後期日程を廃止して、推薦入試を導入します。 東京大学が推薦入試を実施するのは創立以来初めてとなります。現在の東京大学の入試は一般入試のみで、前期日程と後期日程に分けて実施されています。後期日程では、前期日程とは異なる人材を求めるとして、教科横断型の総合問題が課されています。しかし実際には、前期日程の敗者復活戦の色合いが濃くなっているのも否めません。東京大学では推薦入試を導入することで、一般入試の合格者とは異なる潜在的な能力をもった学生を受け入れたいとしています。推薦入試の募集人員は大学全体で100名と入学定員のごく一部に限られます。また、学部単位で募集するため、選抜方法は各学部により異なることになるようですが、いずれの学部もセンター試験の成績を基準点として利用します。具体的な出願要件や選抜方法は、2015年7月に公表されます。

次回は「私立大学の推薦入試」についてです。  BY JJ

 

 

試験対策のお知らせ

以下の日程で試験対策を実施します。

旭校:12日(日)A、18日(土)A、19日(日)A

大野校:14日(火)AB、18(土)B

大磯:12(日)A、13(月)AB、18(土)B

岡崎:12(日)A、 18(土)A

田村:18(土)B,19(日)AB

渋沢:11(土)AB、18(土)AB

注)A時間帯:13:00~16:30  B時間帯:17:30~21:00

担当講師は各校舎に掲示しますので確認下さい。質問を受け付けますので、分からないところは事前にまとめておきましょう。   BY JJ

 

 

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05