個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学入試の基礎知識⑧

今日は、「日程による2次試験科目の傾向」と題し「第8話」となります。国立大学の入試に関しては最終回となります。次回からは、私立大学の入試制度について見ていきたいと思います。

「2次試験科目は日程によって傾向が異なる」

2次試験の入試科目もセンター試験同様に大学によって異なります。また、同じ学科でも日程により異なるケースがほとんどです。

前期日程の入試科目は、一般的には文系学部で「外国語、数学、国語、地歴・公民」から2~3教科、理系学部では「外国語、数学、理科」から2~3教科が課されます。ただし、東京大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、九州大学など一部の難関大学では4教科を課す学部・学科もあります。

一方、後期日程では前期日程に比べ教科数を1~2教科に減らすケースや、総合問題、小論文や面接などを課すところも多くなっています。なかには、2次試験を行わずセンター試験の得点で合否を決定する大学もあります。

配点についてもセンター試験、2次試験ともに大学ごとに設定されています。多くの大学で、専攻する学科に関連する教科の配点を高くする傾向が見受けられます。例えば理系学部では数学や理科の配点が高くなっているケースが目立ちます。また、センター試験と2次試験の配点比率も大学によってかなりの差があるので注意が必要です。

  • 国公立大学 入試配点比率の例

*2次試験の配点比率が高いパターン(京都大学 教育<文系>前期)

センター試験 : 2次試験

外国語→      50  :  200

 数学→      50  :  150

 国語→      50  :  200

 理科→      50

 地歴・公民→      50  :  100

*センター試験のみを利用するパターン(埼玉大学 教養 後期)

センター試験 : 2次試験

外国語→     200

 数学→     200

 国語→     200

 理科→     100

 地歴・公民→     200

*特定教科の配点比率が高いパターン(弘前大学 理工 数理学科 前期)

センター試験 : 2次試験

外国語→     200

 数学→     200  :  800

 国語→     200

 理科→     200

 地歴・公民→     100

(※表中の科目・配点はいずれも2014年度入試のもの)

入試科目や重視される科目によって、必要となる受験対策も変わってきます。志望校の入試科目や配点、センター試験と2次試験の配点比率などはきちんと押さえる必要があるでしょう。各大学の入試科目・配点は、入試前年の7月に「入学者選抜実施要項」として発表されます。また、入試科目などが大きく変更となる場合は、これより早くホームページ等で公表されています。受験候補の大学は早めにチックをしておきましょう。このHPでも各大学の入試変更点などをまとめ、随時発信していこうと思っていますので、ぜひ活用してください。

次回は「多様な選抜方法のある私立大学入試」と題しお話しします。 BY JJ

大学入試についての基礎知識⑦

今回は「第7話」となります、「 国立大学入試におけるセンター試験と2次試験の関係」についてです。

*センター試験は7科目以上の受験が基本

・国公立大学  センター試験必要教科・科目数の状況

・7科目以上 75%

・5~6科目 11%

・3教科以下 9%

・4教科型 5%

(※センター試験の教科・科目構成パターン別に募集人員の占める割合を表したもの)

(※数値は2014年度入試のもの)

センター試験の受験科目や2次試験(個別学力検査)の受検科目は、ともに受験する大学により異なります。主な傾向として: センター試験では、国公立大学の75%が7科目以上を課しています。国立大学だけに絞ると、7科目以上を課す大学は9割近くに達します(一部の学科のみの実施を含みます)。

なお、この7科目以上の構成も大学により異なりますが、大別すると次の4つのパターンに分けられます(理科①は2科目セットで1科目とカウントします)。(理科①とは、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」の4科目の中から2科目を選択する型。)

●(総合型)外・数・国・理2・地公2

●(文型)外・国・地公2必須、数・理から3(数2必須のパターンを含む)

●(理型)外・数2・国・理2・地公

●(選択型)外・国必須、数・理・地公から5(数2必須のパターンを含む)

学部系統別に教科パターンをみていくと、文系学部では地歴公民2科目が必須の文型、理系学部では理科2科目が必須の理型が一般的となっています。また、教員養成系と医療系の学科の一部では、負担感の強い総合型を課しているところもあります。  国公立大学でも少数派ながら少ない教科・科目数で受験できる大学はありますが、受験科目を絞れば負担が減るかわりに、志望校の選択幅がぐっと狭まります。国公立大学志望者は「5教科7科目を勉強すること」を基本姿勢とするべきでしょう。

次回は「日程による2次試験科目の傾向」と題してお話しします。

BY JJ

試験対策の報告

17(土)、18(日)を利用し試験対策を実施しました。多くの生徒さんに参加をして頂きありがとうございました。高校1年生にとっては高校生活初の定期試験になりますね。頑張りましょう!

試験前には毎回、試験対策を実施していますが今回も数学、化学、物理の質問が多かったですね。日頃からコツコツ勉強する習慣を身に付けることが大切です。基本的に個別指導部で使っている教室は、自習室として開放していますので第2勉強部屋としてどんどん使って下さいね。今週から多くの高校で中間試験が始まりますが、最後まで気を抜かずに頑張りましょう!私も頑張ります!  BY JJ

 

中間試験対策のお知らせ

GWも終わり十分に充電しパワーアップできました。これから中間試験に向け、頑張りましょう!

さて、多くの高校が4週目から中間試験を迎えます。高校1年生にとっては初の試験ですね。気合を入れて行きましょう。下記の日程で試験対策を実施しますのでしっかり勉強して高得点を狙いましょう。

10日(土)・渋沢校 14:00~22:00  ・大井松田校19:00~22:00

11日(日)・旭校17:00~20:00

12日(月)・大野校17:00~22:00

17日(土)・岡崎校13:00~16:00 ・大磯校17:00~20:00

18日(日)・田村校13:00~16:00 ・旭校17:00~20:00

BY JJ

 

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05