個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

2018年度入試の概要②

*英語外部試験活用の拡大

 

英検やTOEICなどの民間の英語資格・検定試験を大学入試に利用する動きもますます広がりをみせています。入試に外部の試験を利用することから、これらの資格・検定試験を英語外部試験と称しています。外部試験には英検やTOEIC,GTEC,TEAPなど様々なものがありますが、2021年1月から実施される「大学入学共通テスト」では、英検を採用する可能性が濃厚のようです。いずれにせよ、外部試験の導入はほぼ間違いなく導入される見込みで、このような動きの中、各大学の入試では先行して利用が広がっているようです。

下記は2018年度入試における利用状況・利用方法です。

英語外部試験 利用状況(2018年度入試)

*一般入試 

<国立大学>         <私立大学>

利用する    17校(10%)        140校(24%)

利用しない   154校(90%)       444校(76%)

 

*推薦・AO入試

<国立大学>         <私立大学>

利用する    60校(35%)        239校(41%)

利用しない   111校(65%)       345校(59%)

 

2018年度の一般入試で、少なくとも1つの学部で英語外部試験を利用している大学は、国公立大で10%、私立大で24%にのぼります。推薦入試ではもう少し多くなり、国公立大で35%、私立大で41%が利用します。利用する大学の割合は年々高くなっています。

英語外部試験の利用方法は、一般入試では国公立大と私立大で傾向が異なります。国公立大では出願要件として利用するところは少なく、多くは加点や換算など英語外部試験のスコアを合否判定に利用します。一方、私立大では出願要件として利用する大学が多くなっています。私立大ではアラカルト方式の1つとして導入する大学が多いためです。推薦・AO入試では国公立大・私立大ともに出願要件として利用する大学が多くなっています。

現在、中学3年生の代から導入される新方式ですが、英検の重要性が高まるのは必至です。当塾では、英検準1級までの対策ができるよう体制を整えております。

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05