個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

面接試験の基礎知識③

面接試験の基礎知識③

 

*対策をしよう

 

・面接の流れを掴もう

面接試験の流れと注意点をまとめました。一つひとつの動作にも注意が必要です。

 

1. 控え室

係員の指示に従い、静かに待ちましょう。面接試験は、控え室からすでに始まっています。

 

2. 入室

名前を呼ばれたら大きな声ではっきりと返事をしましょう。入る前には、ドアを2回ノックします。中から「どうぞ」と言われたら入室します。入室後、両手で静かにドアを閉めます。

 

3. 着席

「○○高等学校から参りました◇◇です。よろしくお願いします。」と述べた後、前を向き丁寧にお辞儀をします。挨拶をしながらお辞儀をすることのないよう、分離礼を意識しましょう。「どうぞ」と言われたら、「失礼します。」と述べ、着席します。

 

4. 回答

質問されるときは、面接官の口元から首辺りを見ると良いでしょう。答えるときは、質問者の方を向き、1問1問面接者の質問の意図をしっかりと汲み取り、視線を合わせて答えましょう。目をきょろきょろと動かしたり、下を向いて話をすることのないように意識しましょう。

 

5. 退室

ゆっくりと立ち上がり、「ありがとうございました。」と述べた後、前を向きお辞儀をします。このときも分離礼を心がけましょう。ドアを閉める前にもお辞儀をすると印象が良いでしょう。

 

*面接の流れは掴めましたか?流れを頭に入れた後、一度は家の人や先生・友だちの前で練習するとよいでしょう。当日の緊張感を柔らげるためにも、何度か練習をしておくと、それが自信につながり、堂々と面接試験に臨めるはずです。また、自分では気がつかない癖をチェックしてもらうこともできます。少しでも自然体で臨めるようになるといいですね。

ガンバレ受験生!!  BY JJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05