個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

新しい2つのテスト(その1)

新しい2つのテスト(その1)

今回から2回に分けて「2つのテスト」につて見ていきたいと思います。

1回目は「高等学校基礎学力テスト」について。2回目は「大学入学希望者学力評価テスト」についてお届けします。

ここでは、検討が進められている新しい2つのテストの概要について、現在公表されている内容を確認してみましょう。尚、2つのテストはまだ議論・検討中です。公表されている内容は変更される可能性がありますので、今後の議論の推移を見守っていく必要があります。

*以下の内容は2016年3月に公表された「高大接続システム改革会議」の「最終報告」の内容を基にしています。

「高等学校基礎学力テスト」

「高等学校基礎学力テスト(以下、基礎学力テスト)」は、後述の「大学入学希望者学力評価テスト」と一緒に検討されていますが、その位置づけ・機能は異なります。「基礎学力テスト」は、高校生の基礎学力の定着度の把握と、その結果を基に学習意欲の喚起、学習改善を図ること、また先生の指導改善に生かすことを目的に実施するテストです。つまり、高校段階で身につけるべき基礎学力を確実に育成しようという高校教育改革の一端を担うテストといえます。「基礎学力テスト」は、2019年度からスタートします。

当初、大学入学者選抜においても、このテストを大学が基礎学力の把握のための方法の一つとすることが想定されていました。しかし、高大接続システム改革会議で検討された結果、2022年度までは「基礎学力テスト」を大学入学者選抜に利用しないことが明示されました。それ以降についても、テストの定着状況や利用時の影響を考慮しながら検討していくとしています。

実施時期や回数、対象の学年は各高校で判断できる仕組みとすることが検討されています。導入当初は、英語、数学、国語の3教科で実施、出題範囲は共通必履修科目である「コミュニケーション英語Ⅰ」「数学Ⅰ」「国語総合」を上限とすることが予定されています。また、英語については、「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能を測るテストとなりそうです。実施する教科についても各高校が判断、つまり一部の教科・科目を選択して受検することもできるようです。

実施にあたってはCBT、IRTの導入が検討されています。CBTは「Computer-Based Testing」の略で、コンピュータ上で実施する試験のことです。具体的にはタブレットなどのモバイル端末の利用などが想定されています。CBTを活用すれば、様々な技能を測定しやすいうえ、従来できなかったような出題の仕方や解答方法が導入できるとされています。例えば、画面上で動画を活用した問題の出題や、特定の問題のみで計算機能や辞書機能を使用したりすることが可能です。

IRTとは、統計的な処理を行うことで、複数の異なるテスト間の結果を比較することができる「項目反応理論」の略称です。各高校で年複数回の実施が可能となる「基礎学力テスト」では、生徒の学習の定着度を客観的に把握できるようにするため、過去に受検したテストの結果と比較できるようにする必要があります。そのためにIRTの導入が検討されています。すでにTOEICや医療系共用試験などで導入されています。

CBTやIRTが導入されると、従来のテストとは出題内容や実施方法が異なるものとなることから、テストに対するイメージも変わる可能性がありそうです。ただし、これらのCBT、IRTの導入には課題が多く残されており、導入の有無は今後の検討課題とされています。

次回は、「大学入学希望者学力評価テスト」についてお届けします。

ガンバレ受験生! BY JJ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_02
  • side_03
  • side_05