個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学別学習アドバイス(明治大学・数学編)

明治大学(数学) 2016年度入試の問題分析

 

センター試験も終わり、2月からは本格的に私立大学の一般入試が始まります。MARCH、早慶上智、理科大の大学別学習アドバイスをお届けします。参考になれば幸いです。

 

数学Ⅰから「数と式(必要条件・十分条件)」「三角比(余弦定理、三角形の面積)」、数学Aから「場合の数(箱に玉を入れる方法)」「整数の性質(約数と倍数、素因数分解)」、数学Ⅱから「式と証明(分数式の計算)」「指数・対数関数(桁数)」「図形と方程式(点と直線の距離)」「微分・積分(極大・極小、定積分で表された関数、微分法の方程式への応用)」、数学Bから「ベクトル(空間ベクトル)」「数列(漸化式)」、数学Ⅲから「複素数平面(ド・モアブルの定理、複素数の図形への応用)」「関数と極限(関数の極限、関数の連続性)」「微分・積分(定積分、斜回転体の体積、面積、速度と道のり、最大・最小)」などが出題された。入試問題としては標準レベルの問題が中心であるが、やや難度が高い問題もある。解答形式は学部によって異なっているが、大体マークシート方式が中心である。ただし、理工学部では、記述式の解答形式の問題もある。また、試験時間は、学部によって異なるが、60分か90分、あるいは120分となっている。

学習アドバイス

  • 融合問題も出題される 出題範囲からまんべんなく出題される。高校数学全般から出題されることや複数分野の融合問題が多いことに注意しよう。2016年度でいえば、数列と図形と方程式の融合問題が見受けられた。それに対応するには、まず、教科書の基本事項を正しく理解し公式などを正しく的確に用いられるようにすることである。そのうえで苦手分野をなくし、各分野のつながりをつかむことが大切である。融合問題に対処するには、各分野のつながりをしっかり押さえておくことが何より大切なのである。したがって、自分の苦手分野克服に努めておこう。
  • 数学の微積分を最重視 理工学部では、数学Ⅲの極限や微積分など解析系からの出題が多いのが特徴である。特に、理工学部・総合数理学部・政治経済学部の全学部統一入試の数学Ⅲ型では、出題範囲が数学Ⅲに限定されているので、計算量が多く重厚な問題(面積・体積といった求積系が多い)となっている。したがって、この分野についてはかなり力をいれて演習しておきたい。被積分関数がどのような関数でも積分計算は素早く正確にできるようにしておこう。標準レベル以上の問題集を繰り返し解いて解法・計算方法を自分のものとしておいてほしい。そうはいっても限られた時間内で解く入試では、時間内で解くのが困難であるような問題は捨てても構わない。問題の難易度を見る目を養っておくことも合格を勝ち取るうえでは大切なのである。また、理工学部の記述式の問題は、微分・積分の応用問題がよく出題されるので、この分野を強化しておこう。
  • ケアレスミスに気をつけよう マークシート方式の問題が多いので、計算ミスなどケアレスミスをしないように日頃から気をつけてほしい。計算ミスの克服には計算過程をきちんと書いて見直す作業ができるようにすることが大切である。また、記述式の問題では解答の書き方にも注意してほしい。答案は自分の考えを相手(採点者)に伝えるものであるから、決して独りよがりの解答にならないようにしてもらいたい。式の羅列などにならないように十分気をつけて解答するようにしよう。

 

ガンバレ受験生 BY JJ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05