個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学別学習アドバイス(早稲田大学・数学編)

2016年度は例年と同じく記述式が5 題。難易度と計算量は、2015年度と比べて大きな変化はなかった。いずれの問題も標準か標準以上であり、充分な実力が必要とされる。容易に解ける問題はないが、いずれも良く練られた良問であるので、確実な実力が身についていれば解きやすい問題のセットとなっている。とはいえ、全分野漏れなく確実な力をつけるのは大変であり、全問を解ききる力を得るまでには相当の努力が必要になる。基本的な問題を一通り学習して苦手分野をなくしたうえで、さらにその一歩先の問題まで進まなくてはならない。

 

  • 総合的な力を身につけよう

全分野から出題されるだけでなく、複数の分野にまたがる問題が多いので、偏りのない総合的な実力を身につける必要がある。とりわけ、確率、数列、数学Ⅲの微分・積分の問題は中心的なテーマとして出題されることが多いので、重点的に学習しておきたい。

 

  • 数学の問題をたくさん解こう

ここ数年、数学Ⅲの難問は減少傾向にあるが、数学Ⅲの微分・積分の問題は毎年必ず出題されているので、十分な時間をかけて取り組んでおきたい。もちろん、数学Ⅲの問題を解くためには、三角関数や指数・対数の計算等は自在にできるようにしておく必要があるので、数学Ⅱの基本的な計算に習熟しておかないとならない。

 

  • 思考力を問われる問題に注意しよう

典型問題のパターンには収まらないような柔軟な思考力が問われる問題が例年出題される(2016年度では第Ⅰ問や第Ⅴ問)。こうした問題を解く鍵は、ある程度は手探りで探していかなければならない。一通り標準問題をこなしたら、新しい問題を自分でじっくりと考えて、試行錯誤をしながら道を探していく力を養うようにしよう。また、思考力を必要とする過去問の研究もしておこう。

 

  • 確実で迅速な計算力を身につけよう

時間内で解くにはかなりの計算力が要求される問題が多く出題されている。特に、微分・積分の基本的な計算は、どのような問題でもできるようにしておけば心強い。面倒な計算も嫌がらずに最後までやり遂げるようにしよう。ミスをしたら何度でも繰り返そう。そうした地道な努力が計算力をつける早道だ。

 

ガンバレ受験生!! BY JJ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05