個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学入試についての基礎知識⑥

本日は「第6話」になります。その前に・・・昨日、コメントを初めて頂き大変、感謝しております。コメントをくださった方、本当にありがとうございます。より正確に、より丁寧に情報を発信していければと思っておりますので今後ともよろしくお願い致します。(ちょっと緊張しますね・・・)

では、「2段階選抜」についてのお話しです。

■出願しても、センターの得点によっては2次試験を受けられない?「2段階選抜」

国公立大学の一般入試でもう1つ気をつけなければならないのが2段階選抜という制度です。これはセンター試験の成績を用いて2次試験の受験者を事前に選抜したうえで(これを第1段階選抜といいます)、2次試験を実施する制度です。選抜が2段階に分かれていることから2段階選抜と呼ばれています。 また、「第1段階選抜」を「足切り」と言う人もいます。2段階選抜の実施の有無は大学により異なります。また、第1段階選抜の実施方法も大学に委ねられています。多くの大学では「志願者が募集人員の◎倍を上回った場合、第1段階選抜を実施する」という条件付で実施しており、志願者数の状況によって第1段階選抜の有無が決まります。そのため、実際に2段階選抜が実施されるのは、志願者が集まる難関大学や医学科のような人気学科が多くなっています。なお、一部の大学では志願者数に関係なく「センター試験の点数が◎点以上の者を第1段階選抜の合格者とする」といったように、予め設定した第1段階選抜の合格ラインをクリアした者だけが2次試験を受験できる大学もあります。  2段階選抜の実施を予定している大学では、センター試験の成績次第で2次試験を受けることなく不合格となる場合もあるわけです。国公立大学志望者は、まずセンター試験でしっかりと得点できる力を身に付けることが重要な課題となるでしょう。

次回は「国立大学入試におけるセンター試験と2次試験の関係」です。(この表題はちょっと硬いですかね?)   BY JJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05