個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

大学入試についての基礎知識①

 新年度が始まり約1週間が過ぎました。新高校1年生は生活には慣れてきましたか? 新高校2年生は1番だらけるときです。気をつけましょう。 新高校3年生=受験生! センター試験まであと9ヶ月です。

 さて、高校準備講座のガイダンスの中で大学受験についていくつかお話ししましたが、今一度、大学入試についての基礎知識を数回に分けてまとめておきましょう。

 大学入試と聞いて、まず「センター試験」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? センター試験は毎年1月中旬の土・日曜の2日間に全国で一斉に実施され、毎年50万人以上が受験する日本最大規模の試験です。国公立大学の一般入試受験者は、原則、センター試験を受験しなければなりません。また、多くの私立大学でもセンター試験の成績が利用できる「センター試験利用方式」を設定しています。受験生にとって、このセンター試験対策は今や必須です。

*センター試験はマーク式で基礎的な内容

 センター試験は国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語の6教科31科目で構成されます。この中から、最大8科目を受験できます。受験生は、志望大学が指定する教科・科目を選択して受験することになります。

*2015年度入試から新課程対応に

 2012年度に入学した高校生から教育課程が変わっています。これにあわせて大学入試も2015年度から数学、理科で、翌2016年度から英語、国語など他の教科も新しい教育課程に対応した内容に変わります。センター試験も出題科目・範囲等が変わります。

 出題は全教科とも「マークシート方式」で実施されます。問題はそれぞれの教科の基礎の部分をしっかりと身につけているかどうかに重点が置かれています。平均点は6割程度となるように作問されており、それほど難問が出題されることはありません。高校の授業や教科書の内容を着実に身につけていれば解答できる問題です。ただし、科目によっては問題数が多く、解答するスピードが要求されます。過去問に取り組むなどして、時間内に解答する力をつけておくことが重要です。   「英語」受験者は必須となっているリスニング対策も欠かせません。リスニングは各受験者に配られるICプレーヤーで実施されます。試験内容はもとより、その独特な試験形式にも慣れるべく、しっかりと準備をしておきましょう。

次回はセンター試験の受験科目や注意点について話しましょう。 BY JJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05