個別指導専科

news_mainv
kobetsu_01
kobetsu_01
kobetsu_01

kobetsu_h2_01

  • kobetsu_list_01
  • kobetsu_list_02
  • kobetsu_list_03
  • kobetsu_list_04
  • kobetsu_list_05
  • kobetsu_list_06
kobetsu_01

化学のポイント①

 春期講習では多くの高校1年生の諸君に化学の講座を受講頂きまして、ありがとうございました。かなりのハイスピードで進め、中には中間試験の内容をほぼ終了した生徒さんもいました。ここで簡単にポイントをまとめておきますので参考にして下さい。

1.元素記号:周期律表をHからKrまで書けること。もちろん物質名も覚えて下さい。周期律表の縦(族)に似たような性質が現れます。アルカリ金属、アルカリ土類金属、ハロゲン元素、希ガスの分類ができるように。

・アルカリ金属:Li,Na,K など

・アルカリ土類金属:Ca,Sr など

・ハロゲン元素:F,Cl,Br など

・希ガス:He,Ne,Ar,Kr など

2.物質:すべての物質は、純物質と混合物に分かれます。さらに純物質は単体と化合物に分かれます。それぞれに、どんなものが含まれるのかを確認して下さい。特に塩化水素(化合物)と塩酸(混合物)の違いはよく出題されます。

・単体:水素、酸素、銅、鉄など

・化合物:水、塩化ナトリウム、硫酸など

・混合物:石油、空気、海水、岩石、牛乳など

3.分離、精製:混合物から特定の物質だけを取り出すこと。ろ過、蒸留、抽出、再結晶、昇華などがあり、それぞれの方法や、どんなときにどの方法を用いるのかを確認すること。特に蒸留装置のリービッヒ冷却器の使用方法はよく出題されます。

次回は原子の構造について「化学のポイント②」でまとめます。 BY JJ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • side_06
  • side_02
  • side_03
  • side_05